TOP > 病名から探す > 炎症 > 細菌性腟炎はクセになる!膣が生臭い?乳酸菌が効く?完全治癒を目指そう

細菌性腟炎はクセになる!膣が生臭い?乳酸菌が効く?完全治癒を目指そう

細菌性膣炎という病気は女性にとって非常にやっかいな存在です。治ったつもりが何度も再発を繰り返してしまうことがあります。しかもその症状はかゆみに、嫌なおりものの匂いなど不快なものばかりです。細菌性膣炎は性病?と勘違いされてパートナーに疑われるなんていう悲しい話もあるみたいです。細菌性膣炎は性病ではありません。正しい知識を身につけて、繰り返す細菌性膣炎ときっぱり縁を切りたいというあなたは必見ですよ。



なかなか完治しない細菌性膣炎

陰部のかゆみに悩まされることは女性ならば誰しもが経験があるかと思います。陰部のかゆみを起こす病気には、様々な種類がありますが細菌性膣炎もその一つです。細菌性膣炎と聞くと性病?と思う方もいるかもしれませんが、性病ではありません。細菌性膣炎は自分の体にいる常在菌が繁殖して発症するものです。

この細菌性膣炎がやっかいなのは、なかなか完治しないということです。自分の膣の自浄作用が落ちてしまっているので、治ってもまた何らかのタイミングでぶり返すことが多いといわれています。この自浄作用が落ちてしまうのは何故なのでしょうか?どうしたら完治できるのでしょうか?

細菌性膣炎については悩んでいてもなかなか他人にも相談できずに困っている方が多いと思います。婦人科にかかることはもちろんですが、自分でも日常で気をつけることを知ってセルフケアをすることが大切です。ここでは細菌性膣炎についての正しい知識をご紹介していきたいと思います。

細菌性膣炎とは大腸菌などの菌に感染する病気

http://gty.im/683732037

膣炎といっても原因によって、カンジダ膣炎やトリコモナス膣炎などが種類がありますが、細菌性膣炎は特に大腸菌などの体に常在している菌に感染することが原因になる病気です。

細菌性膣症は「魚臭帯下」と呼ばれる、悪臭の強いオリモノが特徴です。細菌性膣症は性感染症ではなく、膣内環境が損なわれている状態で発症するので、特定の菌をもらってうつる性病とは違います。

膣の中は通常、乳酸菌によって強い酸性に保たれていて、菌が繁殖しない環境になっています。しかし、過度なセックスや膣洗浄のしすぎ、疲労や体力の低下、加齢などが原因で乳酸菌による自浄作用がなくなってしまうと、さまざまな菌が膣の中で繁殖して、不快なかゆみの症状やおりものの変化が起きるといわれています。

細菌性膣炎の3つの症状とは

http://gty.im/954873076

陰部のかゆみや痛みで気がつく

細菌性膣炎になると、陰部にかゆみを感じて気がつくことも多いといわれています。膣内のかゆみや痛み、外陰部のかゆみなど陰部周辺がむず痒くなってくるのです。しかしかゆみの強さはそれほど強く無いこともあり個人差があるようです。

生理後にむずがゆいなあと思って、生理用ナプキンでかぶれただけかな?と思っていると、実は細菌性膣炎にかかっていたということもあるので、注意が必要です。

生臭いおりものの匂いがする

細菌性膣炎の特徴として、その独特な匂いがあります。生臭い匂い、魚の腐ったにおい、魚臭帯下とよばれるおりものが出るのが特徴になります。

トイレでパンツを下ろすたびにいやな匂いがプーンと漂ってきになるようになったりします。また、ひどい匂いになると普段生活していても匂いが気になってしまう人もいるようです。

陰部が匂うようになると自分が気持ちが悪いのはもちろん、周囲にも匂っていないか気になってしまいます。また、パートナーがいる場合は、性交渉の時にも恥ずかしい気持ちになってしまって相手にも不快にさせてしまうこともあるかもしれません。しかも、この匂いは性交渉後に強くなることがあるともいわれています。

水っぽいおりものが出る

灰色または黄色の水っぽいおりものがあり、魚のような生臭い悪臭のある「おりもの」が出るのが特徴になります。また、他のカンジダ膣炎などは黄色っぽいどろっとしたおりものが出たり、カッテージチーズ様などの特徴がありますが、細菌性膣炎ではさらっとしているのが特徴のようです。

細菌性膣炎の5つの原因とは

http://gty.im/851173680

膣の自浄作用が低下して細菌感染してしまう

健康な女性の膣の中には、デーデルライン菌という乳酸菌の仲間が住んでいます。これは膣を他の病原菌かの感染から守ってくれている善玉菌です。この菌は乳酸を作り,そのおかげで膣の中はpH4~5くらいの弱い酸性状態が維持されているのです。

病原性のあるカンジダや細菌(感染症を起こす悪玉菌)は酸に弱いので,膣内を弱酸性環境に維持することで、感染を防いでいます。また、デーデルライン菌という「先住民」がたくさん存在しているので、外来の菌が入り込みにくい状態になっています。

しかし膣の自浄作用が低下してしまうと、このバリアーが破られて、病原菌が異常繁殖して腟炎になってしまうのです。この時に感染する大腸菌は例えば、肛門などから来た自分の常在菌だといわれています。

膣炎というと性病と思われて、パートナーの男性に怪しまれたりする場合もあるようですが、細菌性膣炎は自分の常在菌が原因なので正しく理解してもらうようにしましょう。

膣フローラという膣の中にある乳酸菌の低下

膣の中に存在している乳酸菌たちのことを膣フローラと呼びます。同じ様に、大腸の中の大腸菌たちが生活している部分を腸内フローラというのを聞いたことはないでしょうか。それと同じ様に膣にもフローラがあるのです。

乳酸菌はとてもデリケートな菌でちょっとしたことでも死んでしまいやすいのです。例えば、風邪の治療で抗生物質の飲み薬を使うと、その影響を受けて数が減ってしまうことがあります。

乳酸菌が減ってしまうと膣内が中性~弱アルカリ性に変化し、細菌性膣炎の原因となる悪玉菌が繁殖するのに好都合な環境になります。 膣内細菌のバランスが崩れた結果として細菌性膣炎が起こるといわれています。膣フローラが十分でないと、何度も細菌性膣炎を繰り返してしまうのです。

風邪などで免疫力・ホルモンバランスの低下

風邪をひいたり、ストレスや疲労がたまっていて免疫力が低下していると細菌性膣炎を起こしやすくするといわれています。特に何度も繰り返して細菌性膣炎を起こしてしまう方は、慢性的に免疫力が落ちている可能性もあります。自分の生活を見直して、自分の体をいたわってあげることを優先してあげましょう。

また加齢にともなって、女性ホルモンのエストロゲンが低下すると細菌性膣炎と同じ症状を起こすことがあるといわれています。これは若い女性でもホルモンバランスが乱れていると起きる可能性が考えられます。

生理ナプキンの付けっぱなし

毎回生理後になると細菌性膣炎を繰り返してしまうという方がいます。ナプキンだけが原因とはいえませんが、もしかしたら生理用ナプキンが原因になっている可能性もあります。

生理用ナプキンは経血だけでなく、自分の常在菌なども含んでいて、湿り気と体温が細菌の繁殖にちょうどよく細菌の温床となっているのです。忙しい、面倒くさいなどの理由で生理用ナプキンを何時間もつけっぱなしにしていると細菌が増えてしまいます。

特に生理の終わりかけの時期にはナプキンを変えるのを怠りがちになるので注意が必要です。なるべくナプキンは2、3時間に1度は変えるようにしましょう。また、肌にやさしいタイプのナプキンや布ナプキンなどに変えるだけでも症状が改善する可能性もあります。

妊娠中は特に注意

妊婦さんには19%の頻度で細菌性腟症が認められるというデータがあります。これはホルモンのバランスなどによるものと考えられています。

問題となるのは、細菌性腟症に関連した菌が、子宮頚管炎を起こしたり、羊膜炎などを起こして破水や早産を起こす原因になるともいわれています。妊娠中は特に細菌性膣炎の治療をすすんで受けることが大切になります。妊娠中でも使える薬があるので産婦人科医に相談するようにしてください。

細菌性膣炎の検査とはどんなことをするの?

http://gty.im/964175954

腟分泌物の細菌培養を行って原因菌を特定していきます。婦人科にいくと膣の内部の分泌液を採取されて、その検体が検査に回されることになります。細菌性膣炎では、大腸菌が主な原因菌になり、通常は検出されないはずの膣分泌液中に検出されることになります。

また、細菌性膣炎の場合にも、念のためクラミジア・トリコモナス・淋菌などの検査を合わせて実施して、原因の特定を行うことがあるそうです。

細菌性膣炎の4つの治療法とは

Embed from Getty Images

膣洗浄を受ける

膣内に繁殖した細菌を洗い流して減らすことを目的として病院では膣洗浄がおこなれるのが一般的だそうです。膣洗浄はあくまでも病院で行うもので、ビデによる自宅洗浄では腟円蓋部と呼ばれる腟の奥まで洗浄することは難しいとされており、通院による洗浄ほどの効果を期待できないといわれています。

ただし逆に何度も膣洗浄を受けることで、大切な常在菌を減らしてしまうこともあるので、繰り返している場合には注意が必要です。医師と相談して判断していくようにしましょう。

細菌を抑えるために膣錠を使う

膣に繁殖した細菌をやっつけるため、抗生物質の含まれた膣錠などが使われることがあります。抗生物質の腟錠を挿入する治療を7~10日間ほど行うことで細菌を退治していきます。病院によっては、診察の時に膣錠を入れてくれる場合もあるでしょう。

あくまでも洗浄により病原菌の数を減らし、残りの菌を腟錠 でたたくのが治療の基本となるので病院での洗浄を受けることが大切だそうです。

抗生物質による治療は大変有効だといわれていますが、その一方で、抗生物質は悪玉菌だけでなく善玉菌も殺してしまうというデメリットもあるのだそうです。

抗生物質によって善玉菌も悪玉菌もいなくなった後,どちらが先に再生するかが大切なポイントになりますが、もし悪玉菌が先に増殖して優勢になってしまうと、結局、細菌性膣炎を繰り返すことになってしまいます。実際に、細菌性膣炎の再発率は50%を超えているといわれているのです。

抗菌剤の入った外用薬をぬる

膣の中だけでなく外陰部にもかゆみや炎症がある場合も多いので、その場合は陰部に使用できる抗菌剤の入った塗り薬や、症状によってはかゆみ止め成分の入った軟膏やクリームを使うことがあります。

ステロイド性のお薬は非常にかゆみを抑える作用は強いのですが、免疫力を低下させてより細菌を繁殖させてしまう恐れもあるため、自己判断で使うことは避けたほうが無難です。

乳酸菌製剤を使う

膣の内部の乳酸菌のバランスが崩れて悪玉菌が優勢になることで細菌性膣炎の症状が現れるということから、乳酸菌製剤が良いということも言われています。

実際に口コミなどを見ると、整腸剤であるビオフェルミン錠を膣に入れて対処しているという人も見受けられます。またヨーグルトを毎日食べるとよいという噂もあるみたいです。

ビオフェルミンについては、認められた使い方ではないのでおすすめはできませんが、論理的には合っていると話すドクターもいるようです。ただし膣錠として開発されたものではないので、膣の中でどのように溶けて吸収されるかのデータがないので効果は不明です。

しかしながら、欧州では乳酸菌(プロバイオティクス)を積極的に用いる方法が行われているのだそうです。この背景をもとに、乳酸菌製剤を飲んで細菌性膣炎を改善する「ラクトフローラ」という商品も登場しているようです。この製品は一部の医療機関でも使用されているので調べてみると良いでしょう。

予防するには

http://gty.im/1016758568

日常の生活に気をつけて免疫力を上げる

細菌性膣炎の原因は、膣の自浄作用の低下です。善玉菌が低下するのは免疫力が落ちていたり、疲労や精神的ストレスなども無関係ではありません。いつも細菌性膣炎の症状が出るときは決まって体調が悪い時であったり、疲労を感じている時だという場合には日頃の生活を見直すことが大切でしょう。

睡眠や休息を十分にとって、食事のバランスに気をつけて、適度な運動をするなどが免疫力を上げることにつながります。女性の体は非常にデリケートなので無理をしないで生理中などは特に体をいたわってあげるようにしましょう。

普段から陰部は清潔にしておく

ふだんから陰部の清潔を保つ様に注意し、腟や外陰部の粘膜が傷つかないように心がけることが大切です。また、過激な性行為を避けるようにし、月経中にタンポンを使用する場合は、こまめに交換するようにして付けっぱなしは避ける様にしましょう。パンティーライナーやナプキンもこまめに交換して、細菌を繁殖させないようにしてください。

トイレの後の拭き方を気をつける

膣に悪い菌を入り込ませるのに高いリスクとなるのが、排便後の肛門の間違った拭き方だといわれています。排便をした後に、後ろから前にふくと、ペーパーについた雑菌が膣に入りやすくなってしまいます。

トイレットペーパーでお尻を拭くときは、軽く腰を浮かせて、後ろ側から手を入れて、前から後ろに向かって拭くように心がけましょう。めんどくさいと思うかもしれませんが、大切な予防のポイントになります。

普段の生活を見直し、しっかり治して再発を防ごう

http://gty.im/1017367500

細菌性膣炎は再発を繰り返す厄介な病気です。もし悪臭を感じたら放置しないでなるべく早く婦人科を受診するようにしてください。ただのかゆみと思って放置していると、細菌が深くまで入り込んで別の病気を起こしたり、不妊や流産などの原因になるともいわれているので甘く見ないほうがよい病気なのです。

日頃からショーツの内部は生活に保って、体の免疫を落とさない様に心掛けることも重要です。細菌性膣炎を繰り返すということは、体を守る作用が落ちているということですから、日頃の生活習慣などを見直すきかっけとして、自分の生活を見つめ直すことが大切といえるでしょう。