TOP > 部位から探す > > 耳鳴りと頭痛って重大な病気かも?7つの原因と自分で出来る対処方法!

耳鳴りと頭痛って重大な病気かも?7つの原因と自分で出来る対処方法!

耳鳴りだけでも煩わしいものですが、同時に頭痛が起こる場合があります。耳鳴りが起こる原因から、頭痛を伴う場合はどのような状態なのでしょうか。また、自宅で始められる対処法をご紹介します。



耳鳴りと頭痛の関係性

耳鳴りはかすかな音が聞こえるだけでも、一度気になってしまったらずっと聞こえてきて不快感を感じますよね。それだけでも辛いのに、さらに頭痛まで重なってきたらとても不安になることでしょう。耳鳴りと頭痛を同時に引き起こした場合、何かの重大な病気のサインかもしれません。

そんなときはどのような病気が潜んでいるのか、どのような対処方法があるのかなどの知識を知っておく必要があるでしょう。

耳鳴りとは

http://gty.im/851790218

耳の筋肉が痙攣している音

耳鳴りとは、耳の筋肉が痙攣している音などが聞こえる現象で、一般的に「キーン」「ピー」「ジー」のような音が聞こえてくる特徴があります。

耳の一番外側にある外耳で音を収集し、その先にある中耳を通過して、一番奥にある内耳の「蝸牛(かぎゅう)」という器官で、空気の振動を電気信号に変換して脳に伝えられます。耳鳴りは、この時になんらかの異常が発生して起きると考えられています。このため、実際にはしない音がするように感じてしまうことがあります。

耳鳴りの症状

Embed from Getty Images

自覚的耳鳴り

自覚的耳鳴りとは、なにも音がしていない時、周りの人には聞こえていないのに、自分にだけ聞こえてしまう耳鳴りのことで、耳鳴りがすると思うときの大半はこのタイプです。

自覚的耳鳴りは、耳や聴神経、脳の病気だけでなく、全身の病気やストレスなどによっても起こる場合があるようです。ですが、まだ解明されていない部分がたくさんあるため、病院で検査をしても原因が突き止められないケースも少なくありません。

ちなみに、夜中や早朝などの静かなときに「シーン」という音がしているように気になるときがあると思いますが、これも自覚的耳鳴りの1つです。健康な人にも起こる生理的な現象なので心配の必要性は低いようです。

他覚的耳鳴り

他覚的耳鳴りとは、体の中に実際に音源があるもので、筋肉の痙攣や拍動などが聞こえる耳鳴りのことをいいます。聴診器を耳の周辺に当てれば、同じ耳鳴りを他の人も聞くことができます。

他覚的耳鳴りで聞こえてくる音は、身体の内側の音が聞こえてくるという特徴があるようです。心臓の鼓動の「ドクドク」という音や、血液が血管を流れる「ザーザー」という音、他にも「スーハー」という呼吸音や、耳の筋肉が収縮するときの「コツコツ」という音などがあるようです。

これらの音は健康な状態なら聞こえることがないのですが、血管が狭くなっていたり、筋肉が痙攣を起こしている際に、その音を感じてしまうことがあるそうです。

またそれ以外の原因としても、耳垢が溜まっていたり、耳の中に髪の毛やゴミ、虫などの異物が入って耳鳴りを感じることがあるようです。

耳鳴りの原因

Embed from Getty Images

自律神経失調症

自律神経失調症が耳鳴りの原因となる場合もあります。生活のリズムが乱れたり、過剰なストレスやホルモンの影響など、様々なことが引き金となって自立神経のバランスを崩してしまうと、身体のいろんなところが不調を来たして、耳鳴りを引き起こしてしまうこともあるようです。

ストレス

ストレスが原因で耳鳴りがする場合、異変を感じて病院などで検査をしてもらっても、耳鳴りの原因がわからないというケースも少なくありません。また、仕事や家事、育児などの日常生活の疲れが蓄積することによって、自律神経のバランスを崩してしまい、耳鳴りが生じる場合もあるようです。

ストレスの根源を見つけたら、難しいかもしれませんがそれを緩和するよう心がけてみましょう。また、少しでも趣味の時間を作ったり、運動をするなどリフレッシュするのもオススメします。

疲れが原因の場合は、ぬるめのお湯にゆっくり浸かったり、早めに体を休めて体調を整えたりするなど、疲れを溜めないようにしてみてはいかがでしょうか。

加齢

加齢や更年期障害が耳鳴りの原因となる場合があります。加齢によって聴力が低下すると、耳の奥の蝸牛で電気信号の変換をする働きが年齢とともに衰えたり、難聴を伴うこともあるようです。

また「老人性難聴」と呼ばれるものもあり、耳鳴りだけを感じて人の声が小さく聞こえずらくなったり、他の音や雑音の中では相手の声が聞き取りにくくなったりといった症状が現れたりするそうです。

内耳性の病気

内耳性の病気には様々な種類と症状があります。

■突発性難聴突然聴力

突然、聴力が悪くなる特徴があり、ウイルスの感染や血流障害などが原因といわれている

■メニエール病

回転性のめまいと同時に難聴や耳鳴りが起こる特徴があり、内耳のむくみが原因であるといわ

れている

■音響外傷

ライブやカラオケ等で大きな音を聞いた後、聞こえにくく症状

■中耳炎、外耳炎

細菌感染症や様々なことが原因で炎症を起こした状態

異物・耳垢

耳の中に耳垢や異物が詰まっていることが原因で耳鳴りを引き起こすこともあります。この場合のことを、耳垢栓塞(じこうせんそく)と呼びます。異変を感じたら自分で無理に取り除こうとせず、すぐに耳鼻科を受診しましょう。

硬膜動静脈瘻

硬膜動静脈瘻(こうまくどうじょうみゃくろう)とは、硬膜動脈という心臓から脳や脊髄をつつむ膜に血液を送る血管の血液が、直接静脈に流れ込む病気です。頭痛や耳鳴り、目の充血やけいれんなどの症状を引き起こします。悪化すると脳出血を起こしてしまい、後遺症を残す場合もあるので要注意です。

長期間続く耳鳴りや異変を感じたら、すぐに病院で受診するようにしましょう。

その他

その他にも耳鳴りを引き起こす原因としては、筋骨格系の緊張やゆがみが影響している場合や、生活習慣の乱れも影響するようなので、日頃の生活を見直すことも大切になってくるようです。

耳鳴りと頭痛が併発する病気

http://gty.im/824781478

脳過敏性症候群

脳過敏症候群(のうかびんしょうこうぐん)とは、様々な原因から脳の興奮が収まらない状態が続き、刺激に対して過敏に反応してしまう症状を伴う病気です。刺激がなくなってもずっと脳が興奮し続けてしまうため、激しいめまいや耳鳴りが長く続いたり、不眠になったりしてしまうのです。

片頭痛体質の人が、頭痛を放置すると脳過敏症候群にまで発展することがあるとも言われているので、自覚症状がある方は特に注意が必要です。

肩こり・首こり

肩こりや首こりからも耳鳴りは起こるようです。長時間同じ姿勢でいることが多いデスクワークの方などは、肩や首がこったり、体の歪みなどの不具合が生じやすでしょう。さらには頭痛やめまいを感じ、それが慢性化すると耳にも影響が出て、やがて耳鳴りを引き起こすことにも繋がるようです。

顎関節症

顎関節症(がくかんせつしょう)とは、あごの関節の周りで何らかの要因で歪みが生じ、痛みや口が開かなくなったりする症状のことをいいます。あごの関節は耳の近くにあるため、耳にまで影響を来たしてしまい、顎関節症から耳鳴りを引き起こす場合も考えられるようです。

耳鳴りの薬の副作用

耳鳴りの症状を緩和させる薬には、副作用を引き起こすことがあるようです。個人差がありますが、眠気や倦怠感などの症状が表れたりするようです。服用を始めて副作用がひどく出るようでしたら、すぐに医師に相談しましょう。

自宅で始める耳鳴り・頭痛の治し方

Embed from Getty Images

耳鳴りは身体からの病気のサインとして現われることもあるので、その原因の解明は専門医に診てもらうことが大事です。しかし、血行不良やストレスが原因で起こる耳鳴りの場合は、ご自分で解消できる方法もあります。それらをいくつかご紹介したいと思います。

ツボ押し

ツボ押しで耳鳴りや頭痛を緩和させる方法があります。まずは手の甲にある「中渚」というツボです。このツボは手の甲側の小指と薬指の間、指の付け根の関節の手首側のくぼみに位置します。ここを強く押しこむように刺激しましょう。

また血行を促進させるツボは、耳の手前で口を開けたときにへこむところにある「聴宮」と、聴宮ツボの指1本上に位置する「耳門」を刺激すると効果的です。また、耳たぶの上で髪の生え際に位置する「角孫」、そして耳たぶのすぐ後ろの付け根にあるくぼみに位置する「翳風」と、耳の斜め下にある「完骨」などがあります。

ストレスを和らげるたいときは、頭のてっぺんにある「百会」をマッサージして身体と精神をリラックスさせるとよいでしょう。他にも、足の内くるぶし近くにある「太谿」も有効なツボとされています。

食事療法

耳鳴りの改善を助ける成分が多く含まれる食材などを摂取することもオススメです。血流やリンパの流れを促進して耳鳴りを軽減させるには、血行を良くする成分が豊富な「亜鉛」や「リノール酸」、「レシチン」、「EPA」や「DHA」などがあります。「亜鉛」は、牡蠣や豚肉、卵黄などに多く含まれています。また血管を広げるには「リノール酸」がよいとされていて、黒豆も耳鳴りの改善として摂るようにするとよいでしょう。

末梢神経の代謝を促すことで、耳鳴りなどの改善に効果があるのが「ビタミンB」だといわれています。レバーやあさり、シジミやサンマに多く含まれているので、積極的に摂ることをオススメします。

私たちの身体を形成しているのは「タンパク質」ですが、このタンパク質を作り出す成分には「アミノ酸」が大切になってきます。また、自律神経の乱れから来る耳鳴りの改善には、この「アミノ酸」が必要となってくるので、肉や魚、卵や大豆、また乳製品などを摂るようにしましょう。

漢方薬・サプリメント

漢方薬やサプリメントを活用するのも、耳鳴りの改善に役立つといわれています。食事のバランスや改善に効果的な成分を摂取することは大切ですが、つらい症状が出ている中、毎日となると難しいですよね。

そこで、漢方薬やサプリメントなどをうまく活用することで、安全で手軽に効率よく摂取できるでしょう。

耳鳴りは何科を受診すればいいか

Embed from Getty Images

耳鳴りが起こっても、どの科に行けばよいのか、また耳鳴りがしたらすぐに受診した方がよいのかなど、分からないために迷ってしまうという方も多いと思います。そんなときの症状別に受診するべき病院を調べてみました。

耳鼻咽喉科

一時的なすぐに治まる耳鳴りではなく、長時間続く耳鳴りや、頭痛やめまいなどの異常性も感じるといった生活に支障を来すほどの耳鳴りが続いているときは、まずは耳鼻科や耳鼻咽喉科を受診しましょう。

耳の病気から発生している場合は、耳の疾患を治療することで耳鳴りが解消する場合があります。また耳鼻科や耳鼻咽喉科で受診しても、原因がわからない場合は、神経内科や脳神経外科などに紹介状を書いてもらい、さらに詳しく精密検査をしてもらうこともできるようなので、心配な場合は医師に相談してみましょう。

脳神経外科

しばらく耳鳴りが治まらないときは、まず耳鼻科や耳鼻咽喉科に受診しましょう。それでも治まらない場合は、なにかしらの病気のサインとして耳鳴りを引き起こしている場合もあるので、脳神経外科で検査を受けた方がいいでしょう。

左右どちらか一方で脈拍に一致した耳鳴りが生じた場合は、脳神経外科で検査をするようにしましょう。また耳鳴りが両方で起こったときは高血圧による場合が多いようです。さらに、めまいもする場合は、まれに小脳という、平衡感覚を司る脳に異常があることも考えられますので、ひどい時は、脳外科で検査を受けた方がいいでしょう。

総合病院

耳鼻科や耳鼻咽喉科などのクリニックにくらべて、総合病院はたくさんの患者さんが訪れます。それに大変混雑している場合が多く、最初の検査の順番が回ってくるまでに長時間待つということを、理解した上で行かれると思います。ですので、総合病院に行かれる際は、症状を詳しくまとめたメモを持参していくなどの準備をしていると、スムーズに受診できるでしょう。

具体的な内容としては

・耳鳴りがいつから始まったのか

・どちら側の耳に起きているのか

・どんな音がするのか(ジー、キーンなど具体的に)

・どんなときに耳鳴りが悪化するのか

・仕事や生活にも影響するほどなのか

などを伝えられるようにしておくとよいでしょう。

まとめ

http://gty.im/530615828

耳鳴りだけでも不安なのに、さらには頭痛やめまいを引き起こしたり、それが長引くと本当に辛いですよね。身体の歪みやコリからくる場合は、整体や鍼灸治療などに行かれてみたりするのも改善策の一つかと思います。

また、ストレスなどメンタル面から引き起こった耳鳴りの場合は、ひとりで悩まずに、カウンセリングなどの心のケアなど、専門家に問い合わせてみることも覚えておいていただきたいと思います。

みなさんも身体と心のサインを見逃さないで、ご自分を大切にしていきましょう。