TOP > 薬を探す > 炎症・傷 > アンテベートクリームはステロイド剤?やけどや切り傷にはNG?効果は?

アンテベートクリームはステロイド剤?やけどや切り傷にはNG?効果は?

アンテベートクリームという薬をご存知ですか?割と皮膚科では処方がされやすい薬であるのが、アンテベートクリームです。家にアンテベートクリームが余っているんだけど、何に使用したらいいのか分からない…ということもあるのではにでしょうか。今日は、アンテベートクリームの効能や効果、使用上の注意についてまとめてみました。



アンテベートクリーム0.05%の効能と副作用は?

アンテベートクリームは、私が勤務していた皮膚科でもよく処方されていました。一般的にアンテベートクリームという名前を聞いて、「あ、あの薬ね」「あれに使う薬ね」とわかる人は少ないと思います。医療従事者ならば把握出来ても、薬の名前を聞いて何の薬なのかわかる人は早々居ないでしょう。

では、アンテベートクリームは、一体どのような症状に使用するのでしょうか。また、アンテベートクリームの効能や効果の他に、注意すべき点はあるのでしょうか?今日は、アンテベートクリームの使用上の注意や、どんな時にしようして良い薬なのかを紹介させていただきたいと思います。

アンテベートクリーム0.05%について

http://gty.im/916193920

皮膚の炎症を抑える効能・効果

基本的にアンテベートクリームは、皮膚の炎症を抑える働きがあります。赤み、腫れ、かゆみなどの症状を改善するステロイドの薬です。

通常は、虫刺され、皮疹、薬疹、乾癬に使用されることが多いです。冬場になると、手荒れが流行し手荒れに使用されることもあります。ですが、手荒れの場合は、アンテベート軟膏の方が処方される事が多いようです。

その他にも、使用できる症状はたくさんあります。どのような時に使用したら良いのか、知りたいのであれば下記を参考にしてください。

湿疹・皮膚炎(手湿疹、進行性指掌角皮症、脂漏性皮膚炎)・乾癬・虫刺され・薬疹、中毒疹・痒疹(ストロフルス、蕁麻疹)・紅皮症・紅斑症・円形脱毛症・ケロイド・水疱症 など

薬の強さは?

アンテベートクリームは、ステロイド外用薬です。ステロイド外用薬の強さは、最も強い1群から弱い5群の5段階に分けられているのですが、この薬は2群の二番目に強い(非常に強力)に部類されている薬です。

結構強力な薬なので、症状の重いときに使用するか苔癬化(たいせんか)した湿疹など、皮膚が厚くなっている部分に適している薬です。一般的には、顔や皮膚の薄い部分には使用されません。

その他の特性としては、局所作用が強い割には全身性副作用がでにくいという点があります。

アンテベートクリームの特徴としてまとめるとすると、下記のようなことが挙げられます。

・2群の非常に強い薬に部類

・ハロゲン系ステロイド

・局所抗炎症作用と全身性副作用の分離が大きい

・同成分の市販薬はない

湿疹や皮膚炎等の治療に使う

ステロイドには、炎症を沈める強い作用があります。アンテベートクリームは、短期間で皮膚炎を抑えることが可能で、腫れや赤みを速やかにとって、かゆみや痛みを和らげたり、症状の改善を目的として使用されています。

このため、アレルギー疾患などのアトピー性皮膚炎や乾癬に使用されているのです。そして、様々な皮膚疾患に用いることができるのも特徴の一つです。例えば、紫斑病・アレルギー性疾患・ケロイド・悪性リンパ腫・その他色々な皮膚疾患に使用されています。

用法・用量について

用法・用量は、医師の判断によって異なってきます。症状によって、どのくらい使うかは変わってくるかもしれませんし、どのくらいのペースで1本使い切るのかも変わってきます。ですが、通常1日数回適量を患部に塗るとされています。ですが、ステロイド薬なので、長期の使用はしないようにしてください。

アンテベートクリームの副作用は?

Embed from Getty Images

老人のしわのような皮膚萎縮

ステロイド外用薬の副作用で最も多いのが、この「皮膚萎縮」という症状です。「皮膚萎縮」とは、皮膚が薄くなることを意味しています。見た目は、シガレットペーパー様の老人のしわのような外観を示す他にも、独特な光沢のある局面を示すこともあります。

下の静脈が透けて見えたり、つまんでみると薄い感じがしたりします。このような症状が出るのが皮膚萎縮です。ですが、直接的な痛みやかゆみがないので、注意してみていないとなかなか気づきません。

ステロイド外用薬は、皮膚に炎症を起こす細胞の働きを抑えることで、皮膚疾患を治します。

ですが、ステロイド外用薬が、同時に炎症のない細胞の働きまで抑えてしまうのです。皮膚繊維芽細胞(ひふせんいがさいぼう)という、細胞にまで作用してしまっているということです。

この細胞は、肌内部の真皮にある細胞で、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸といった肌の弾力や潤いをキープする成分を作り出す細胞です。この細胞の活動が抑えられてしまうことによって、皮膚が薄くなってしまうのです。

長期間の使用で起こる毛細血管拡張

主に、ステロイドを長期間使い続けることによって出る副作用が「毛細血管拡張」です。ステロイドには、高炎症作用があります。炎症が起きた肌というのは毛細血管が拡張して腫れや痛み、血管が透けて見えることで赤く見えて、時には幹部がリンパ液を出すこともあるのです。

ステロイドは、拡張してしまった(炎症が起きてしまった)毛細血管を収縮させて、炎症を鎮める働きがあるのです。ステロイドでこの毛細血管の拡張を抑えているので、一見良いのではないか?と思いますが、そうすることによって、更に毛細血管が拡張をしようと作用し始めてしまうのです。

このような、毛細血管拡張のように外用薬をぬった部分に現れる副作用のことを、局所的副作用と呼んでいます。他にも、多毛症や酒さ様皮膚炎などがあります。

多毛症は、ステロイドを長期間塗っている部分の怪我濃くなることをいいます。ステロイドには男性ホルモンに近い作用があるため、通常男性ホルモンが少ないとされている女性や子供に、多く現れやすい副作用です。

酒さ様皮膚炎は、ニキビのような発疹が目立つようになってしまうことを意味しています。これは顔面に多くでる副作用で、顔面はステロイドの副作用を起こしやすいとされています。ずっとステロイドを塗り続けてしまうと、症状が悪くなる一方なので注意する必要があります。

大量使用で起こる全身性副作用

ステロイドを塗ると、どのくらいかが体内に吸収されて血液の中に入るという問題は、たくさんの研究結果が出ています。非常に強いステロイド剤を、物凄い大量に使用しない限り、体内に吸収されることはないですし、滅多に全身的な副作用が起こることはありません。

ステロイド内服薬を多く服用している人の中には、全身性副作用が起こることがあります。例えば、肺炎などの感染症を起こしやすくなたっり、高血圧、糖尿病、顔が丸くなる、骨粗鬆症、白内障、緑内障などが挙げられています。

実際には、ステロイドの外用薬で、このような副作用が出ることは全くと言っていいほどありません。

アンテベートクリームの使用上の注意

Embed from Getty Images

妊娠中や授乳中の場合

妊娠中は、飲み薬よりも安全な外用薬が用いられているものです。ステロイド外用薬の一般的な用法・用量でしたら、体内への吸収量は無視出来るほどのもので、お腹の中の赤ちゃんに影響することもありません。

ですが、万全を期すのならば、長期にわたる大量な使用は避けたほうが無難であると言えます。長期というのは数ヶ月以上、大量というのは両腕全体への使用、あるいは1日に10gチューブを使い切るような量の事をいいます。それ以下の通常の用法・用量でしたら問題はないでしょう。

使用してはいけない場合

細菌やウイルス、真菌(カビ)などによる皮膚感染症には、原則的に使用はできません。特に、皮膚結核、梅毒性皮膚疾患、単純疱疹(口唇・顔面ヘルペス、カポ時水痘様発疹症、性器ヘルペス)、水痘(水ぼうそう)、帯状疱疹などは、使用はしない方が良いでしょう。

また、重いやけどや皮膚潰瘍、切り傷には向いていない薬です。これらの症状にステロイド薬を使用すると、返って症状が悪化してしまう場合があります。また治りが遅くなる可能性もあります。

そして、皮膚の薄い顔や首、陰部などには薬が効きやすく、体内に吸収されやすいです。このような部分にはステロイドのランクを弱くしたり、使用回数を少なくしたり、試用期間を短くする必要があります。

赤ちゃんの肌もデリケートなので、医師が重賞度に応じて薬の強さや使用量、試用期間を慎重に検討しています。特に、乳児アトピー性皮膚炎には、とびひが合併しやすいので注意が必要です。

おむつで覆いかぶさることによって、局所作用や副作用が強まってしまうことがあります。そして、体内への吸収が促進されてしまうので気を付けましょう。

高齢の人は皮膚の代謝が遅く、薬剤の残留時間が長いので薬が効きやすく副作用も出やすいといわれています。なので、薬のランクを下げて使用する必要があります。

顔への使用は控える

アンテベートクリームは、ステロイドの中でもランクが二番目に強い薬です。なので、ステロイドの中でも非常に強い薬に部類されます。顔や首・顎・陰部など、敏感な部分への使用は控えるのをオススメしています。

このような部分には、ランクの低いステロイド薬を使用した方が良いでしょう。例えば、ランクの低いキンダベートなどが良く使用されています。

他薬との併用は避ける

基本的に、他のステロイド薬との併用はしないようにしてください。医師の指導がある場合には併用をしても平気ですが、基本指示がなければ併用は避けましょう。また、他にも保湿剤などと混ぜて使用される場合もあるため、保湿剤などとの併用は問題ないでしょう。

アンテベートクリームと軟膏の違い

http://gty.im/913648860

皮膚への浸透度の違い

アンテベートクリームと軟膏の違いは、なんなのだろうと感じますよね。軟膏は、ベタベタした油脂性基剤の塗り薬です。皮膚を保護する作用は強いのですが、浸透性が良くないのが欠点です。

クリームは、水と油を混ぜ合わせて作った乳剤性基剤の塗り薬です。軟膏ほどのベタつきがなく、薬が皮膚へ浸透しやすいのが特徴です。なので、ベタつきが嫌いな人はクリームを、気にならない人は軟膏を処方してもらうと良いでしょう。

クリームや軟膏によっても、使用の仕方が変わってくる場合があるので、一度病院へ確認してみるのも良いかもしれませんね。

刺激の有無

軟膏は、書き壊してしまった湿疹や、亀裂が入ってしまった手湿疹などに塗っても刺激にならず、あらゆる状態の皮膚に使用ができます。アトピー性皮膚炎や、皮脂欠乏性皮膚炎に使用されることもありますが、軟膏はニキビに使用されることもあります。

アンテベート軟膏には、抗炎症作用と収斂作用があります。抗炎症作用によって、赤ニキビや炎症を引き起こした、ニキビ跡の赤みを鎮める作用があります。

収斂作用には、たんぱく質を変性させることによって、血管や皮膚組織を収縮させるさようがあり、その作用が働くことによって、皮脂の分泌を抑える効果が期待出来るのです。

アンテベートはステロイドの中でも強い部類なので、長期間の顔への使用はやめたほうが良いです。ですが、強い薬おかげで1~2週間でニキビの赤みが落ち着いてくるでしょう。

アンテベートローションについて

http://gty.im/518792807

使い方

アンテベートローションは、皮膚への浸透性が良いことから、効果がすぐに現れます。ですが、比較的効果の持続が短いとされています。ローションタイプなので、頭皮に使用されることがほとんどです。顔にも塗りやすいのですが、医師の指示がある場合以外顔には塗らないでください。

塗り方は、そのまま頭皮につけて使用してください。手に液を出して頭皮に塗るよりも、容器のまま頭皮に付けたほうが付けやすいと思います。

同成分市販薬の有無

アンテベートクリーム、軟膏、ローションの主成分は、「ベタメタゾン酪酸エステルプロピオン酸エステル」という成分です。この成分と同成分の市販薬はありません。ですが、病院で処方してもらう際に、ジェネリック薬品に変更してもらうことは可能です。

アンテベートにはいくつかジェネリック薬品があるので、調剤薬局や病院で確認するようにしましょう。アンテベートローションのジェネリック薬品は下記の2つです。

・アンフラベートローション0.05%

・ベタメタゾン酪酸エステルプロピオン酸エステルローション0.05%

使用上の注意

妊娠中、または妊娠している可能性のある人は、大量または長期にわたる使用は避けるようにしてください。そして、医師から支持はある場合を除いて、12歳以下の子供に対しては使わないようにしてください。安全性と効果が明らかになっていない部分があるため、使用には十分に注意しましょう。

また、アンテベーとローションを使用する上で、添付文書をしっかりと読んで、それに従って使用をするようにしてください。万が一何か症状が現れた場合には、すぐに皮膚科に連絡をするようにしましょう。

アンテベートクリームはどんな皮膚疾患にも使える

Embed from Getty Images

アンテベートクリームは、皮膚科に受診するとよく処方される薬です。ですが、強さのランクが高いため、使用するときには注意が必要になってきます。

基本的には、どんな皮膚疾患にも利用できる幅が広い薬ですが、使用したら逆効果の症状もあります。なので、使用する際には十分に注意して使うようにしてください。