TOP > 薬を探す > 漢方 > 生理不順に漢方薬は効果がある?漢方から見る5つの原因と効果的な6つの漢方薬!

生理不順に漢方薬は効果がある?漢方から見る5つの原因と効果的な6つの漢方薬!

「生理がこない」「生理が重い」「生理が長い」など生理不順による症状の悩みはつきないものです。そんな生理不順に、身体によいイメージのある漢方薬は効果があるのでしょうか?効果があるのなら、どんな効果があるのでしょうか?そもそも漢方では生理不順の原因はなんなのでしょうか?漢方から見た生理不順について解説していきます。



漢方で!生理不順を改善する方法

通常の生理というのは、生理周期が25日~38日で、生理期間は3~7日間続きます。また経血量は20~140mlで、ナプキンの取り替えは多い日で2~3時間に1回程度の出血量とされています。この生理状態からはずれてきた状態を、「生理不順」と呼ばれ要因はさまざまです。

生理不順の方で「通常の薬が不安」「体質から改善したい」といった思いがある方もいるかもしれません。そういった方の中には、生理不順に漢方を活用する方もでてきているそうです。では漢方は生理不順にどのような効果があるのでしょうか?

そしてその前に漢方では生理不順の原因をどのように捉えているのでしょうか?生理不順のための漢方について解説していきます。

生理不順の原因ってなに?4つの原因

http://gty.im/926485732

不安定になる時期「思春期・更年期」

思春期と呼ばれる時期は、子宮や卵巣など生殖器官がまだまだ発達中です。そのため思春期の女性は病気といった理由がなくても、生理不順が起こることがあるそうです。同様に更年期(50歳前後)は徐々に卵巣の機能の終わりが近づいて、生理不順になるようになってきます。どちらもホルモンの分泌の不安定さが要因で、生理不順となっています。

自力でできない「排卵障害」

本来月一で、脳下垂体のホルモン分泌により一個の卵胞が成長・成熟します。そして卵子が卵膜を破り、卵巣の外に飛び出す流れを「排卵」呼ばれます。しかしなにかの理由で自力で排卵がうまくできない状態にになることがあります。

これを、排卵障害と呼びます。この排卵障害は、女性不妊原因の30%を占めているとされます。それから排卵障害は、原因はがまだはっきりわからないと言われます。ただホルモン分泌の異常や卵巣機能の低下、そしてストレスなどが引き金になっているのではないかと考えられています。

20代に増加「子宮内膜症」

生理不順の原因に、子宮内膜症もあります。これは本来子宮内のみの子宮内膜が、なんらかの理由で子宮の壁や卵巣内などに発生する病気です。このときの生理の特徴は、ひどい生理痛と経血量が多いことです。

卵巣からの女性ホルモンによって子宮内膜は増え生理で剥がれて出血して出ますが、子宮以外にできた子宮内膜出血しても出ていけずできた部分で古い血液たまっていくことになります。

たまった血液によって子宮や卵巣がくっついてしまい強い痛みや経血量に繋がってくるようです。

現代子宮内膜症は、20代の女性を中心に増加傾向にあるそうです。子宮内膜症は、一生の経血量が多くなればなるほどリスクが高いとされます。かつては初潮後すぐ妊娠という感じで生理がない期間が多かったのですが、近年は妊娠が遅く出産回数も少ないため20代~30代で子宮内膜症となってしまう方が増えてしまっていると言われています。

30代~40代に多い「子宮筋腫」

子宮の筋肉に良性の腫ようができる子宮筋腫も、生理不順を引き起こすとされます。初潮後と閉経後には発生が少ないことから、この子宮筋腫の発生や進行には女性ホルモンの影響が大きいと考えられています。子宮筋腫のときの生理の症状は、強い生理痛や経血量が多いそして生理期間が長いそうです。

ただ、子宮筋腫のできる部位や大きさによって症状に差がでる病気です。そのため全く症状がない方もいるとされ、妊娠できず診察を受けてみて初めて病気に気づくこともあると言われます。子宮筋腫は、30~40代の女性の3~4人に1人の確率で発生していると言われる病気です。

漢方からみたら?生理不順の原因5つ

Embed from Getty Images

腎虚(じんきょ)

東洋医学での生理不順の原因に、腎虚があります。東洋医学での腎は腎臓のことだけでなく生殖器や成長・生命力に関わる部分です。腎虚というと、腎の機能が低下している状態のことをさしています。

いわゆる虚弱体質の方で生まれつき身体が弱く風邪を引きやすかったり、成長が遅くなって初潮が遅くなりがちです。生理を起こす力が足りない状態なので、生理周期が遅くなります。時には2~3ヵ月こないこともあるようです。

腎虚の状態が悪くなると、無月経や排卵がないといったことが起きてきます。腎は血を作るサポートをする部分でもあるために、腎の弱る腎虚の経血は色が薄く量も少ないとされます。生理の症状以外にも、足腰の倦怠感・耳鳴りや難聴などの耳の症状・不眠・無気力感といったものがあげられます。

血虚(けっきょ)

血が不足した状態である血虚は、生理不順の原因と東洋医学では考えられます。血が不足してしまうのは、「材料が少ない」「血を作る力が弱い」「血を作るための血流が悪い」といったことがあげられます。血虚の生理症状は経血の色が薄く量も少ない上、生理期間が短くなります。

その他症状に、貧血・基礎体温が低いまま・顔色が白い・肌が乾燥しがち・食欲不振・冷え性などがあります。不妊症などになりやすいのもこの血虚と言われます。

瘀血(おけつ)

生理の血に塊が生じるといった場合は、瘀血と考えられます。瘀血は、滞りがちな流れの悪い血液を示しています。言い換えれば血液の流れが悪さで、古く汚れた状態です。

瘀血の生理の症状は生理周期が不規則であることと、生理痛が強く経血にレバーのような塊が混じり色が黒いとされます。本来生理では基礎体温が低下しますが、瘀血であると低下しにくくなります。

生理の症状以外には、吹き出物・腰痛・頭痛・冷え性あるいはのぼせやすい・便秘などが起きやすいそうです。子宮筋腫や子宮内膜症などは東洋医学では瘀血の症状とされ、瘀血であると発生しやすくなります。

気滞(きたい)

ストレスの影響を受けやすい気滞も、生理不順の要因となります。ストレス・心配・不安などが続くと、本来循環しているはずの気の状態がコントロールできず乱れ滞ってきます。すると気と一緒に体内を循環している血液の状態までも悪化していきます。

気滞の生理症状は、生理周期が安定しない・生理が止まるといったことがあげられます。また生理前に生理痛を感じたり、胸に張りで強く痛みがでたり、イライラした状態になりやすくなります。生理の症状以外に、基礎体温の変動が激しいとされています。

陽虚(ようきょ)

生理不順の原因と言われる陽虚は、身体を温める力が弱い状態です。中から外からと、身体を温めても温めてもなかなか温まらないようです。「冷えは女の大敵」と言われるくらいで、身体のあらゆる部位の機能が下がってしまうことが多いとされます。

陽虚の生理の症状は、「経血の色が薄く量が少ない」「生理痛がひどい」「生理周期が遅い」と言われます。また瘀血をかねることが多く、経血は塊があることが割と多いようです。その他の症状には、腹部や腰の冷え・むくみ・全体的に低い基礎体温があげられます。陽虚も、子宮筋腫や子宮内膜症・不妊症などになりやすい状態です。

生理不順に効果があるといわれている漢方薬6つ

Embed from Getty Images

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

当帰芍薬散という漢方は、生理の症状の改善を含めた女性特有の症状の緩和に使われることが多いそうです。それはホルモンバランス・血液循環などの状態の改善への働きがあるからとされています。血流が悪く冷え性であったり、経血量が少なく生理周期が遅れがちな方におすすめの漢方と言われます。

また当帰は血を増やす力のあるので、貧血傾向の女性や熱を自力で作れない虚弱体質の女性にも向いている漢方となります。加えて消化の悪いときやむくみが気になるときにもによいとされる漢方です。

加味逍遥散(かみしょうようさん)

血流のトラブルによって、生理不順が起こっている際に向いているとされるのが加味逍遥散です。血流の問題がみられるのは、血流が停滞している瘀血と血流不足を起こしている血虚です。加味逍遥散は血の流れをよくして身体を温めたり、のぼせ・ほてりのような上半身の熱を冷ます働きもあります。

またストレスが多く生理前にイライラした状態がある方や周期が一定しない女性にも向いている漢方とされます。加味逍遥散に含まれる柴胡(サイコ)といった成分が、自律神経系に作用するからです。

桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)

加味逍遥散と同様に、桂枝茯苓丸も瘀血や血虚の改善に繋げる漢方です。割合しっかりした体格で体力がある女性に効果がでやすいとされるそうです。生理周期の乱れや生理痛のある女性向きの漢方とされます。

生理不順による症状の改善以外に、肩こり・頭痛・便秘などの症状にも有効とされる漢方です。ちなみに桂枝はシナモンのことです。

十全大補湯(じゅうぜんだいぼとう)

十全大補湯は、生理周期が早い方、生理期間が長い方におすすめされる漢方です。このタイプの方は、エネルギーが不足している状態でもあり不正出血がみられることもあります。そのため十全大補湯は桂枝(シナモン)などが含まれ、エネルギーと血両方を補うような配合になっている漢方です。

ですから「疲労倦怠感がある」「体温が低い」といった場合にも効果的と言われます。

温経湯(うんけいとう)

温経湯は、生理周期の乱れの元となる身体の冷えやホルモンバランスの乱れの改善に繋がる漢方とされます。当帰・芍薬という成分が血を増やし血液循環をよくしてくれるので、ほてりなどにもよいとされます。血の失調を調整するというのが温経湯という漢方の役割です。朝鮮ニンジンが配合され、滋養強壮にもよいと言われます。

八味地黄丸(はちみじおうがん)

八味地黄丸は、初潮が遅く経血量が少ない上周期が遅れがちな傾向の腎虚の方に適する漢方とされます。また附子(ぶし)という成分により、生理不順の元となる身体の冷えや冷え性のトラブルがある方にもよいようです。

加えて腎虚であると皮膚の乾燥が見られがちになります。八味地黄丸が含む地黄(じおう)や山茱萸(さんしゅゆ)は、乾燥しがちな皮膚の改善にも繋がると考えられています。

漢方薬の入手方法って?3つの手段

http://gty.im/56903491

「保険適用で安い」病院

漢方薬というのは、症状が同じでも人それぞれの体質によって合う薬が違います。含まれる成分にアレルギーがある方もいるでしょう。そのために漢方薬の処方のある専門の病院で診察を受けるのはおすすめされます。

病院での漢方薬処方のメリットとして、保険が適用され他の入手方法よりも安く手にできる可能性があることがあげられます。例えば一定の期間の漢方薬の処方となると、ドラッグストアなどで買うよりも安くなるようです。ちなみに病院で処方される漢方薬はツムラのものが多いそうです。

病院によっては漢方薬を取り扱っていないこともあるため、ネットで漢方の取り扱いのある産婦人科があるかどうか検索してから行きましょう。

「漢方薬の専門」漢方薬局

漢方薬局とは、一般的な薬局とは違って漢方薬専門の薬剤師さんのいる薬局のことです。まず症状についての話をしたり、脈や舌の状態などを確認しながら状態をみていきます。その後に生薬を配合をしてあなたにあったオリジナルの漢方薬を処方してもらえます。

そのために価格としては、病院での処方された漢方薬と比べても市販の漢方薬と比べても高めになります。

「手軽」ドラッグストア

漢方薬は市販のものもあり、ドラッグストアでも手に入ります。有名な漢方薬であれば、ドラッグストアでも十分見つけることはできます。病院の診察や漢方薬局での問診などがないため、ドラッグストアでの購入なら手軽さは一番です。

ただ自己判断での入手になるので、あなたに本当に合っているかわかりかねます。そのため効果が出ないこともありえますし、副作用が起こる可能性があることは頭に入れておきましょう。

その他の生理不順を改善する方法2パターン

http://gty.im/98680033

婦人科系疾患の治療

「生理不順かもしれない」と感じたら、ひとまず産婦人科の病院に受診してみましょう。生理不順での受診に予約はいらないことが多いとされますが、念のため電話したりして確認はとった方がよさそうです。

一般的な診察手順としてはまず、最終月経・生理周期・生理痛・経血量・初潮時期・妊娠や出産の有無等を言葉で診察されるそうです。そして子宮・卵巣の状態をチェックするために、内診やエコー検査をします。加えてホルモン量を調べるため、血液検査が行われます。

もしも日頃基礎体温を測っているなら、その基礎体温表をもっていくとなおよいそうです。排卵があるかどうかやホルモンバランスを判断する上で役立つ資料となります。エコー検査というのは、膣から器具を入れて子宮・卵巣の状態をモニターでチェックする検査です。

初めての検査であれば誰でも、他の方に身体に機械を入れられるのは多少抵抗があるでしょう。医師も含めた病院スタッフが女性のみの病院もありますし、検査台はカーテンで仕切られているので他の方の目にふれることはありません。また細長い器具なので痛みはほとんどないと言われています。

検査内容で変動はありますが、料金は1万円前後とされます。ちなみに下着のみの着替えで済むので、スカートで行くこともおすすめです。

生活習慣の見直し

生理不順は、ホルモンバランスの乱れが大きな原因となります。ホルモンバランスには、日々の生活習慣が大きく影響します。

まず睡眠不足であるとホルモンの分泌量に乱れが生じるので、早寝早起きの心がけは大切です。また仕事上などの過度なストレスは、女性にとっては本来大敵でホルモンバランスに影響が起きやすいです。ただ仕事をしないわけにいかない方もいるでしょうから、ストレスを溜め込まないような工夫が必要になります。

そして食事のバランスはとても重要で、食べたもので身体ができるからです。3食の食事は意識して、できれば決まった時間にとった方がよいそうです。栄養バランスも大事で、魚・肉・野菜など偏りのないように食べましょう。

加えて夏場なども冷たいものは避けて、常温や温かいものを口にしてください。これは身体の冷えを防ぐためです。冷えで血流が悪くなると生理不順になってしまいがちだからです。

生理不順漢方

Embed from Getty Images

病院などの検査で生理不順のさまざまな原因がわかるように、漢方からの視点でも生理不順の原因は色々あるようです。そのためその原因にあった漢方薬の摂取が大事ということです。また漢方薬に含まれる成分や成分の配合が、あなたの体質にあっているかどうかも効果の出具合いに変動がでるそうです。

もしも漢方の効果を期待したいのであれば、市販でもありますが病院や漢方薬局での受診や問診は重要とされます。