TOP > 手術・検査・入院 > 人間ドック > 人間ドックの費用っていくらかかる?日数や検査内容、費用まとめ!

人間ドックの費用っていくらかかる?日数や検査内容、費用まとめ!

年齢の節目ごとに人間ドックを受けようかなと考える方はいらっしゃるのではないでしょうか。身体に不調人間ドック費用についてを感じたら、気のせいかなと思う前に年齢の節目ごとに一度人間ドックを通して自分を知ってみても良いのではないでしょうか。人間ドックにかかる費用や、検査内容、おすすめの病院などをまとめましたので是非御覧ください。



人間ドック費用について

年齢の節目ごとに人間ドックを受けようかなと考える方はいらっしゃるのではないでしょうか。テレビ番組でも人間ドックを取り上げられているものも多くあります。人間ドックは年齢の条件を満たせば誰でも受けることができます。

身体に不調を感じたら、気のせいかなと思う前に一度医師への相談をおすすめします。ひょんなことから早期発見に繋がることもあります。その他にも、年齢の節目ごとに一度人間ドックを通して自分を知ってみても良いのではないでしょうか。人間ドックにかかる費用や、検査内容、おすすめの病院などをまとめましたので是非御覧ください。

人間ドックの費用

http://gty.im/772227523

日帰りの全身ドック

人間ドックの日帰りドックの費用は、大体30,000円前後~50,000円前後かかります。その他にも調べてもらいたいオプションを追加すると、追加する毎に料金は加算されていきます。安いから日帰りで人間ドックにするとお考えの方は、追加検査をされる場合は、計画的に行うようにしましょう。

人間ドックは保険が適用されません。協会けんぽでは人間ドックの費用補助も行なっておりませんが、健康実施機関によっては、生活習慣病予防検診のオプションとして、検査項目の追加で受診出来る場合があります。それぞれの機関に確認をとることをオススメいたします。

二日コース

人間ドックの二日コースの宿泊をしないで検査を行う場合の大体の相場は50,000円~70,000円前後です。日帰りと比べ、より詳しい検査を行うことが出来、隠れた疾病まで調べることができます。料金が高いのはただ単に時間をとって長々と同じ検査をするわけではありません。

医療費などは、確定申告を行うことで、所得税からの医療費控除を受けることが出来ますが、人間ドックは健康診断の一種であるため医療費控除には含まれません。ただし、検査の結果重大な疾病が発見され、なおかつ診断に引き続き治療を行なった場合は、治療に先立った診察と判断され、医療費控除の対象になります。

一泊二日コース

人間ドックの一泊二日コースは、様々な機関によって料金は大幅に異なりますが、ボリュームのある検査内容だと、60,000円以上から200,000円前後は費用がかかると考えると良いでしょう。朝食や昼食なども用意してもらえる病院もあります。

バタバタと急がず、ゆっくりと検査をしてもらえることがメリットだといえます。生活指導も行なってもらえることもあるので、ちょっとした旅行気分で検査をうけられるかたも中にはいるようです。

三日コース

人間ドックの三日コースの費用は、機関によって変わりますが100,000円~400,000円かかります。宿泊でない場合は、検査内容を1週間のうちに3日間に分けて検査を行います。コース料金の他に、オプションも付け加えることが出来ます。

通うことに抵抗のない方は、たくさんの検査を受けた後、落ち着ける自宅でリラックスできるのでオススメできます。ただし、足を悪くされていたり、日頃めまいやフラつきなどで移動が困難な方にはオススメできません。

二泊三日コース

人間ドックの二泊三日コースの費用は、これも機関によって大きく異なりますが、150,000円~高級なサービスのついた機関では200万円を超えるところもあるほど、ピンからキリまであります。使用されている設備が最新のものになるほど料金が高くなる傾向があります。

その他にも、病院ではなく近隣のホテルが用意されていたり、エグゼクティブルームが使用できたり、高級スパを利用できるなど様々な特典が付いていることが多いようです。日々疲れが溜まっている、ストレスからの不調が身体に出てきているといった症状がある方は、たくさん身体を癒すことができるので宿泊出来る人間ドックを受けると良いかもしれません。

人間ドック検査項目

Embed from Getty Images

基本検査

人間ドックの基本検査は、主に問診や身体の計測や尿検査など、風邪の症状で受診するときのような検査が主に行われます。基本検査をまず初めに行い、人間ドックの終わりにもう一度問診や診察、今後の生活指導として、一般診察が行われることが多いようです。

家族歴、既往歴、自覚症状、聴打診、身長、体重、肥満度、BMI,腹囲、血圧測定、心電図、心拍数、眼底検査、眼圧検査、視力検査、聴力検査、呼吸機能検査などがあります。基本検査は大体どの機関でも内容はほぼ同じです。

血液検査

人間ドックでは血液検査も基本的に行います。血液の一般的な赤血球数、白血球数、血色素、血小板数、MCV(ヘモグロビンの平均容積)、MCH(ヘモグロビンの量)、MCHC(ヘモグロビンの濃度)、ヘマトクリット、といったものや、血液型検査、血清反応、血糖値などの代謝系、中性脂肪などの脂質の代謝系、尿酸値や肝臓機能・胆嚢機能、肝炎ウイルスや膵臓機能、腎臓機能と言った、臓器に関わる成分を検査します。

それぞれの詳しい内容は、検査の日数によって変わるものもあります。調べたい血液の内容がある場合は、日数の確認を行うことが大切です。血液検査の内容が追加オプションである場合もあります。

胸部X線

人間ドックでは胸部X線検査を基本的に行います。一般的にレントゲンと言われているものです。呼吸器の検査として、胸部の撮影を行います。主に肺の状態を見ます。

腹部超音波

人間ドックでは、腹部の検査として超音波検査を行います。妊娠検査で行うようなエコー検査と同じように、腹部を超音波で見ることで、肝臓・胆嚢・膵臓・腎臓・脾臓を確認します。異常な反応が見られる場合は、超音波で血液の流れなども確認する事があります。

胃カメラ

人間ドックでは、胃の検査も行います。その際に、胃カメラや胃X線透視などを使います。胃カメラを選択した場合、料金が少々上がることがあります。選択制の時は、一度確認をすることをおすすめします。

バリウムなどなれない検査も多いかと思いますが、人間ドックではしっかりと医師の指示に従いスムーズに検査が運べるようにしましょう。

さらに詳しい検査項目

http://gty.im/158652133

MRI/MRA

人間ドックでは、オプションでMRI検査やMRA検査を受けるかどうかの選択ができるようになっていることが多いです。それぞれに検査できる内容が違ってくるので、選び方が重要となります。

MRIは身体を輪切りにした画像で検査を行います。体の内部を画像として検査することができます。全身を見ることができるので、多くの病気を発見することが出来ます。普段の診察では見つけられないこともMRI検査をすることで早期発見に繋がることも多い検査方法です。対してMRA検査は、脳の血管を調べるものです。くも膜下出血を引き起こす原因となる脳動脈瘤などを調べることができます。MRIとセットになっているからとなんとなく受ける方もいらっしゃると思いますが、脳動脈瘤に掛かる人は、400人に1人と言われています。

特に身体への異常が感がじられない場合は受けなくても良いと言われています。ただし、以前血管や血液に関係のある病気にかかった、物忘れが激しい、めまいが頻繁に起こる、といった身体の異常を感じた場合は、MRAを受けても損はないでしょう。

乳腺・前立腺エコー

人間ドックでは、多くの場合はオプションで乳腺や前立腺のエコー検査を行うことができます。視触診で主に癌の有無を検査します。乳腺の場合不審なしこりなどの発見、前立腺の場合、癌の場合前立腺が大きくなる上、形がゆがんで左右非対称になることから、大きさや形を確認するためにエコー検査を行います。

痛くない検査のうえ、癌の早期発見をすることで早い回復が期待できるので、一度は乳腺や前立腺のエコー検査を行いたいとされる検査です。

PET-CT検査

人間ドックでは主にオプションでPET-CT検査を行うことができます。PET検査とは、陽電子放射断層撮影(ポジトロン・エミッション・トモグラフィー)の頭文字をとった略語で、癌を検査する方法の一つです。

身体に害のない検査薬を投与することで、検査する上で全身細胞にあるがん細胞だけがはっきりと目印として表示されるようにすることができるため、小さな癌までも早期発見することが期待できます。

PET検査と、コンピュータで撮影を行えるCT検査を併用することで、より高精度に検査を行うことができます。一度の検査でほぼ全身を調べることができ、癌の早期発見や病期診断、転移、再発の検査において重要な役割を果たしています。

しかし、PET-CT検査にも発見しにくい苦手な種類の癌もあるため、全部を発見することができません。その他の検査と併用して診断を続ける必要があります。

おすすめの病院

Embed from Getty Images

東京

東京にある医院で人間ドックを受ける方にオススメ出来る病院は、山手メディカルセンター、衛生病院それぞれとても人気のある病院です。

山手メディカルセンターは新宿区にある病院です。一泊人間ドックや、半日で終わる人間ドック、協会けんぽ生活病予防検診も個人に向けて行なっています。都合に合わせて忙しい方でも健康管理をできます。休日は行なっておらず、平日のみの対応となっています。

衛生病院は杉並区にある東京衛生病院です。女性向けの人間ドックコースや、年齢に合わせたコースなどが設定されており、悩みに対応してもらえる病院です。負担の少ない検査方法なども紹介されているので、親身になって相談をされたい方におすすめできる病院です。

新宿区にある女子医大と呼ばれている東京女子医科大学病院では、健康診断を月火木で実施されていますが、人間ドックは実施しておりません。付属の成人医学センターで詳しい健康診断を行なっています。

埼玉

埼玉県の人間ドックができる病院のオススメは、さいたま市にある新生会大宮共立病院です。人間ドックを行うスペースが、病院内の人間ドック専用施設であるため、他の患者さんもおらずスムーズに検査を行うことが出来る点で評価が高いクチコミが多くありました。

最寄り駅からシャトルバスも出ているため道に迷う事無く安心して検査に向かうことが出来ます。電話対応や、医師の対応も全て丁寧でテキパキとしているため、長く利用していきたいという意見も多くおすすめできる病院です。

神奈川

神奈川県でおすすめできる人間ドックを受けられる病院は、横浜東口クリニックです。人間ドックや健康診断を専門に行なっているクリニックです。横浜駅からすぐ近くにあるため、どんな年齢層でも気軽に検査を受けに行くことができる環境です。

更衣所は小さな部屋が個室で設けられているほか、受診をスムーズに受けることができると評判です。人間ドックで異常が見つかった場合専門機関への紹介も紹介してもらえるので、安心して検査を受けることができます。女性限定のレディースデーも設けられており、医師もスタッフも全て女性なので、安心、リラックスして検診を受けることが出来る特別な日があることも魅力です。

大阪

大阪府でおすすめできる人間ドックを受けられる病院は、北野病院です。著名人なども利用している北区にある駅近くの大きな病院です。一泊二日のコースと、日帰りコースがあり、それぞれに利用できるオプションが用意されています。

多くの専門医が同病院で勤務しているため、人間ドックで病気を発見した場合、最初から最後まで北野病院で診察・治療を行うことができます。経過も全て同じ医師に診てもらうことが、一番安心できる環境です。

札幌

北海道でおすすめできる人間ドックをうけられる病院は、札幌市にある厚生病院です。人間ドックを6ヶ月先まで予約することができます。また、厚生病院のホームページ上から人間ドックの予約が出来るため、電話での予約時間が無い方も安心して予約することができます。また、月に一度レディースデーがあり、全ての女性が安心して人間ドックを受けることができます。

福岡

福岡県でおすすめできる人間ドックを受けられる病院は、福岡市にある博多ひのきクリニックです。柔軟な対応で人間ドックの検査を行ってくれるので、午前中に検査を受けた場合、午後には検査結果を出してもらうことができます。その他にも、海外赴任などで健康診断を受診した場合、ワクチンなどの案内もしてもらえます。

インターネット上で予約もできるため、忙しい方も安心して人間ドックを受けることができます。駅に近いため、アクセスもとても便利です。

人間ドック受診に適した年齢

Embed from Getty Images

20代

人間ドックは何歳から受けるべきだと言われているかご存知でしょうか。対象年齢は20歳以上であれば誰でも人間ドックを受けることができます。ただし、受ける前に一度加入している保険組合や会社に補助があるかを確認してみると良いでしょう。

年齢によって制限がある場合もありますが、対象となっている場合人間ドックの料金補助をしてもらえる可能性があります。

30代

人間ドックは、30代に入ると一度は受けておいたほうが良いと言われています。特に30代の女性は、3年から5年に一度の頻度で検査を受けることをすすめられています。乳がんや子宮がん、卵巣がんなどの疑いが高くなる時期です。

人間ドックに年齢制限や回数制限はないので、何か不安がある場合は今後の人生を考えたうえでもしっかりとした検査を受けることが大切です。人間ドックだけではなく部分的な検査も行うことができるので、医師に相談の上健康状態を知ることが大切です。

40代

会社では健康診断を受けることが義務付けられているため、働いている方の多くは健康診断を毎年受けていると思います。40代以上は会社によってより詳しい健康診断を行うこともありますが、そうでない会社もあることは確かです。

40代を過ぎると、生活習慣病や癌などのリスクが高まる時期です。特に男性は40代を過ぎると社会的責任も重くなってくるためストレスなどによる心身的な負担も増える時期でもあるため、より詳しく調べられる人間ドックを受けることをおすすめします。

50代以上

働き盛りになる50代だからこそ、一度は人間ドックを受けることをおすすめします。女性は更年期障害が始まる時期でもあり、男女それぞれ体の不調が出る頃です。体力が衰え始めるとともに、飲酒や喫煙の負担もかかり始めることで、癌や急性心筋梗塞、脳卒中のリスクが高まります。

年齢を重ねる毎により詳しい検査をすることで、病気の早期発見をすることができます。

まとめ

Embed from Getty Images

人間ドックは、20歳以上なら誰でも受けることができます。まだ若いからと言って、まだ元気だからといって検査をおろそかにすることで病気の発見が遅れる可能性があります。年齢の節目ごとに一度検査を受けることをおすすめします。

ただ、金銭的負担を考える方もいらっしゃると思います。人間ドック自体にも敷居が高いと感じる方も多いのではないでしょうか。人間ドックを受ける前に、かかりつけ医に相談することも一つの手です。

女性も男性もそれぞれ歳を重ねる毎に体力の衰えとともに様々な病気のリスクが高まります。身体を一番知っているのは自分です。無理をせず、体の状態に敏感に反応することが大切です。