TOP > 病名から探す > 皮膚の病気 > 突発性発疹で外出しても大丈夫?機嫌の良し悪いで判断して解熱後1日は状態を見て判断!

突発性発疹で外出しても大丈夫?機嫌の良し悪いで判断して解熱後1日は状態を見て判断!

突発性発疹では外出していいの?保育園は行ってもいいの?というママさんに必見の記事です。突発性発疹の症状をはじめ、治療法まで解説しました。気になるワクチンとの関連まで書いてみたので、ぜひ最後まで読んでください。



突発性発疹で外に出て良いの?

突発性発疹は0~1歳の子どもが99%かかる病気であると言われています。子どもが初めにかかる風邪であるようです。原因となるウイルスは、HHV6(ヒトヘルペスウイルス6型)、HHV7(ヒトヘルペス7型)の2種類であると解明され、人によっては、2回突発性発疹を発症する人も中にはいるようです。

治ったからといってすぐに外出しても良いのか?保育園などに通っても他の子にうつしてしまったりしない?などを解説していきます。

突発性発疹の機嫌

Embed from Getty Images

高熱でもあまりぐずらない

小さな子どもが発熱をした場合、大人はきちんとした知識、正しい知識を持ち、救急処置が必要なのか、あるいはすぐに病院に行かなくてもいいのか判断をすることが重要になってきます。突発性発疹の発熱は、機嫌のいい発熱と呼ばれることもあります。高熱が出ても機嫌が良いことが多いようです。

逆に、機嫌が悪すぎるといったときは、別の病気を考える必要があります。風疹(はしか)や川崎病では、機嫌が悪く、また発疹も出現するようです。

治りかけは機嫌が悪くなる

せっかく高熱が引いて一安心したのも束の間,突発性発疹との第2の戦いが始まります。子どもの夜泣きが始まってしまうのです。熱が下がり、発疹が出現してくる頃に機嫌が悪くなることが多いようで、夜泣きに悩まされるお母さんたちもたくさんいるようです。この夜泣きはいつまで続くのでしょうか?

夜泣きはしばらく続くお子さんもいれば、一時的なものであるお子さんもいるようで、個人差があるようですが、機嫌は尋常でないくらい悪くなるようです。

突発性発疹の外出

Embed from Getty Images

治ってもすぐに出歩かない

突発性発疹の原因となるHHV6やHHV7は感染力は弱いですが、完全に他の子にうつらないかと言われますとそうではないようです。発熱中は他の子にうつしてしまうことがあるため注意が必要です。感染経路は3つ存在します。一つ目は「飛沫感染」と呼ばれるもので、HHV6やHHV7のウイルスを持った人がくしゃみや咳をした際の飛沫から感染してしまうものです。そして二つ目は「経口感染」と呼ばれるもので、ウイルスを持った人の唾液が食事等の際に口に入ってしまい感染してしまうものです。

三つ目は「接触感染」と呼ばれるもので、ウイルスを手や肌で触ってしまい、それが間接的に口に入ってしまい感染するものです。

インフルエンザウイルスのように感染力の強いものではないので、集団感染の心配はあまりないようです。しかし、すぐに出歩くのは避けましょう。ただ、感染力が非常に弱いですので、買い物の付き合いぐらいであれば、問題ないという医師も多くいるようです。

解熱後1日以上経過

解熱後1日以上というのは、厚生労働省が目安として提唱しています。「保育園における感染症対策ガイドライン」に、保育園登校の目安として「解熱後1日以上経過して全身状態が良い」こととされています。ですから熱が下がったからといって、すぐに外出するのは控えた方がよいでしょう。

突発性発疹の期間

Embed from Getty Images

潜伏期間

原因となるHHV6、HHV7ですが、初感染(初めて感染すること)を経験した後は、潜伏感染状態となり、断続的に唾液中に排出され続けるようです。では、どのようにして感染することが多いのか考えてみましょう。家庭内感染というのはご存知でしょうか?過去に感染したことのある親、兄弟から感染することが多いと考えられています。

よく赤ちゃんや子どもが食事を食べられないからといって、食器や食べ物の共有をされる親の方がいらっしゃいますが、その行為は結構危険であるということが分かります。また、経口感染が多いとも言われていますので、避けた方が良いですね。

高熱が続く期間

ウイルスに感染してから、高熱はおよそ3日くらい続くようです。基本的には38度以上であるようです。39度以上になったら、早急に小児科を受診するようにしましょう。

発疹が治るまでの期間

発疹は熱が下がったのちに出て来ます。熱が下がって3日くらい発疹は続きます。感染力は弱いですから、お風呂に入ったくらいではうつりません。機嫌が極端に悪かったり、食欲があまりにもなかったり、といったとき以外は普通に入浴しても問題ないようです。

お風呂に入ると血行が良くなるなどの理由で、発疹が増えたように感じるかもしれませんが、突発性発疹がぶり返したわけではないようです。

突発性発疹の病院へ行く目安

Embed from Getty Images

高熱が出ている時は病院へ

39度以上の高熱が出ている場合は、突発性発疹ではない別の重い病気である可能性があります。早急に小児科を受診するようにしましょう。そのほか、嘔吐や下痢を繰り返している場合は、脱水となっているため、点滴などによる治療が必要ですから、このケースもまた小児科を受診する必要があります。

顔色が悪かったり、苦しそうだったりするときも病院に行った方が良いでしょう。けいれんが止まらない場合もすぐに受診するようにしましょう。

元気な場合は様子を見ても良い

病院に行くべきか行かなくてもよいのか、判断するのが少し難しいのが突発性発疹です。病院に行っても3~4日高熱が続き、発疹が出るまでは突発性発疹の可能性が高い、としかいうことが出来ず、髄膜炎や尿路感染症との区別がやや困難なようです。

そこでポイントとなるのが、高熱にも関わらず元気であるか否かということです。高熱なのに元気である場合は様子をみても良いでしょう。一方で、高熱でひきつけを起こしていたり、水分を摂取できず元気がなかったりするときは、病院を受診するべきです。

突発性発疹の症状

Embed from Getty Images

40度の高熱

昨日までは元気だったのに急に高熱を出すというケースが多く、熱も38度から40度まで上がるようです。しかし、高熱でぐったりする事も少なく、食事も普通にできることが多いようです。しかし、39度以上があまりにも続くようでしたら、医療機関を受診した方がよいです。基本的に突発性発疹では、3~4日で熱が下がることが多いです。

全身の発疹

高熱が下がってきたかなという頃に、体中に一気に赤い発疹が現れます。一見、痒そうに見える発疹なのですが、本人は痒みをあまり感じることはなく、一週間程度で治まるようです。発疹の出る部位としては、全身です。顔、手足にも出ますが、数日で消失することが多いです。発疹は跡にならないのも特徴です。

咳や鼻水

普通の風邪とは異なり、咳や鼻水は目立たないことが多いです。ですが、高熱が出ますから咳や鼻水が出る場合は、インフルエンザの疑いがあります。インフルエンザは突発性発疹と異なり、感染力が高いですから、検査するという意味でも病院を受診するのが良いでしょう。

下痢

突発性発疹は高熱の症状と発疹だけでなく、下痢を起こす場合もあるようです。その症状としては、発熱してから発疹が出るまでの数日間に、ゆるい便や下痢状の便が出るというものです。その子によって下痢の状態は異なりますが、脱水を起こさないように注意をする事が大切です。

便の状態にも注意深くなる必要があるかと思われます。ゆるさもポイントですが、色によっては下痢の症状が深刻であるという注意信号となるので見逃さないように心掛けて下さい。

熱性けいれん

突発性発疹では、39~40度の高熱が出ますから、熱性けいれんを起こしてしまうことがあります。突発性発疹の10%で見られるようです。熱性けいれんは熱の上がり始めに起こすことが多いと言われていますが、高熱の時に起きるとも言われています。しかし原因はわかっていません。

症状は寝ている時に、急に体をこわばらせて、手足が震えます。ほとんどが意識のない状態で白目になることもあります。あきらかに普通の状態ではなくなるので、すぐ熱性けいれんだと気づくかと思われます。

けいれんは注意しなければなりません。けいれんが10分以上続く、あるいは何回も繰り返す場合や、けいれんの左右差が激しい時、意識が回復しないときは早めに病院を受診するようにしましょう。

吐き気

下痢をしているので、胃腸は弱っている状態だと考えて良いかと思われます。時には嘔吐の症状が出る事もあるようです。ですから、離乳食は今までの固さより一段階戻して消化が良いものにするようにしてみてください。

熱があるので、のど越しの良いもののほうが食べやすいかと思われます。ゼリーやドロドロしたものでも良いでしょう。無理に食べさせなくてもミルクを欲しがるようならばそれでも大丈夫です。嘔吐が治まるまでは焦らず様子を見ながらにしてみて下さい。下痢に嘔吐にと重なってしまうと、脱水症状を引き起こしますので、病院で点滴治療を受けるようにしましょう。

突発性発疹の治療法

Embed from Getty Images

様子を見る

突発性発疹の原因となるウイルス、HHV6、HHV7に対する特効薬は今のところありませんので、熱に対してであったり、下痢に対してであったり、という症状を和らげる療法、いわゆる対症療法しかありません。安静と十分な睡眠で免疫力が落ちないようにすることしかできません。

解熱剤で熱を下げる

突発性発疹では、高熱が出ることもあります。基本的には38度とのことですが、40度を超えることもあるようです。インフルエンザとは異なり、ウイルスに対する特効薬はありません。

ですから、まず解熱剤で熱を下げることしかできません。解熱剤を使ってもしばらく時間が経つと、再び高熱になることもあるので注意しましょう。熱を下げることで熱性けいれんの予防にもつながるようです。

あまりにも熱が下がらない場合は、感染症が疑われ、抗生物質が使われることがあります。しかし、突発性発疹だからといって、いきなり抗生物質が処方されることはないです。それは、抗生物質がウイルスには無効であることが理由として挙げられます。

また、下痢や嘔吐がありますと、脱水症状を引き起こしますから、水分補給も必要になります。しかし、ただの水では意味がありませんから、電解質が含まれている飲料を飲むのが良いでしょう。おススメは、OS1です。OS1という経口補水液には電解質がしっかりと含まれています。ですから、下痢や嘔吐の際の水分補給に適しており、ゼリータイプも発売されるなどメジャーとなってきています。

また、熱性けいれんを起こした場合は、病院から抗けいれん薬が処方されることが多いかもしれません。

突発性発疹とワクチン

Embed from Getty Images

ワクチンによる予防?

現在のところ、ワクチンによる突発性発疹の予防法は確立していないようです。おそらく突発性発疹による死亡例や重症例があまり見られていないことがその要因の1つであると考えられます。突発性発疹は、ヒトが最初にかかる風邪のほとんどを占めると言われます。ですから、ワクチンを作る必要はないのかもしれませんね。

ほかのワクチンへの影響は?

突発性発疹によるほかのワクチンへの影響はないと言われています。ですが、突発性発疹にかかってしまった場合は、回復すれば問題なくワクチンを接種することが出来ます。突発性発疹が治ってから最低でも2週間は間隔を空けて、ほかのワクチンを接種するのが原則となっているようです。

食器や食べ物の共有などは避けよう!

Embed from Getty Images

突発性発疹の症状や、治療法を紹介しました。子どものときにほぼ全員がかかっていることを知り、少し驚きました。ですから、赤ちゃんや小さい子どもなどに食器や食べ物の共有などをするのを避けた方がいいと思われます。うつしてしまうのは、大人であるあなたかもしれませんよ。