TOP > 薬を探す > 漢方 > 不妊には漢方が効く?!妊娠しやすい体づくりを!おすすめ薬局を紹介!

不妊には漢方が効く?!妊娠しやすい体づくりを!おすすめ薬局を紹介!

漢方薬が不妊治療に効果があることを知っていますか?病院での不妊治療とは違ったアプローチで、身体全体を整えて「妊娠しやすいカラダ」を目指していきます。不妊に良く使われる漢方薬や、漢方薬の入手方法、全国の評判の良い漢方薬局などについて詳しく紹介します。



不妊にこそ漢方が効く!病院での不妊治療とはどう違う?

不妊治療に漢方が有効なことを知っていますか?漢方薬といえば、「効き目が穏やか」、「長く飲まないと効果が無い」…といったイメージがありますが、実は漢方薬は不妊治療を得意としています。

一般に病院での不妊治療は、まず原因となる疾病や器質的な問題(黄体機能不全や卵管狭窄、排卵障害など)を検査し、それらに合わせた治療(人工授精、体外受精、ホルモン療法など)が行われます。

漢方での不妊治療は、「妊娠しずらくなっている」身体の状態を本来の「妊娠しやすい」身体へ改善していく方向で行われます。漢方の得意とする「体質改善」で、心身を健康な状態に戻すことで、自然な形で妊娠ができるようにサポートするのです。

漢方の不妊治療のは、漢方単独で行うことも出来ますし、病院での不妊治療と併用することも可能です。西洋医学の不妊治療にしか出来ないこともありますし、漢方の不妊治療だからこそ出来ることもあります。上手く両方を利用して、妊娠しやすい身体を整えていきましょう。

そもそも、漢方とは?

Embed from Getty Images

日本独自の伝統医学

漢方とは、奈良時代に中国から伝えられた伝統的な医学が、日本に伝わった後、日本の風土や気候に合わせて独自に発展したものです。

「漢方」という呼び名は日本だけのもので、江戸時代に西洋医学が「蘭方」と呼ばれたのに対して「漢方」という呼び名を使ったことが始まりと言われています。ちなみに中国では伝統的な医学を「中医学」といい、使用される薬は「中薬」と呼ばれています。

漢方薬とは複数の生薬(植物や動物由来の原料、鉱物などの天然物)を組み合わせて作られています。生薬はその組み合わせによって、様々な効能を持っています。そして、その組み合わせごとに一つ一つ名前が付けられています。現在使われている漢方薬には、中国から伝わった処方だけでなく、日本で生まれた独自の処方もあります。

漢方薬には生薬を煮出す「煎じ薬」と煎じ薬のエキスを粉にした「エキス剤(粉薬)」があります。それぞれにメリットデメリットがあるので、専門家と相談しながら自分に合ったものを選ぶ事が大切です。

患者さんの症状だけでなく、体質や身体の状態を詳しく診る

漢方の大きな特徴は、症状に対して薬を処方するのではなく、患者さん一人ひとりの体質や状態に合わせて薬を選びます。そのため、診察は症状が出ている所だけを診るのではなく、身体全体を見ます。

患者さんの脈、舌の色、お腹の硬さ、顔色、体格、声などから、その人の持って生まれた体質(漢方では証と言います)を判断します。さらには漢方でいうところの身体の血・気・水のめぐりや、熱のバランスを診ます。

何らかの症状が出ているということは、身体のバランスが崩れた状態と考え、その崩れたバランスを整えていく方向で薬が処方されます。身体の状態が整うと、出ていた症状もやがて収まっていくと考えられています。

漢方からみる不妊の原因

Embed from Getty Images

冷え

漢方からみて身体の冷えは不妊の最大の原因ともいえるでしょう。特に下半身の冷えは、子宮や卵巣の冷えを引き起こします。子宮や卵巣は冷えによって十分な血行が行き届かなくなると、その機能が落ちてしまい、排卵や月経などに異常をきたすようになります。

冷えは、身体全体に大きな不調をもたらします。排卵痛や生理痛なども冷えが原因のことが多いですし、肩こり、腰痛やアレルギーさえも冷えが原因のことが多いです。

冷えを起こしやすい人は、筋肉量の少ない人、冷たいもの甘いものを多く摂る人、いつもエアコンの効いた室内にいる人などです。

漢方では、まず全身の冷えの状態を診て、それらを改善するような処方がなされます。そのため、冷えが改善すると、不妊だけでなく、肩こりや肌の状態など全身の状態が良くなってきます。

瘀血(おけつ)

瘀血(おけつ)というのは、血液の粘度が高くなり、血流が悪くなっている状態をいいます。

瘀血も不妊の一因と考えられています。血の巡りが悪くなると、子宮や卵巣に必要な栄養分が十分に行き届かなかったり、老廃物がスムーズに排出されなかったりします。瘀血はその他にもニキビなどの皮膚の疾患や、肌のくすみ、肩こりなどを起こします。

子宮内膜症や子宮筋腫、卵巣のう腫なども瘀血が引き起こしていることが多く、不妊の原因にもなります。漢方では血の巡りを良くする処方が用いられます。

瘀血になりやすい人は、肉やが好きな人や、運動不足の人、便秘がちな人などです。

水毒(すいどく)

水毒とは体の中の水分の巡りが滞って、余計な水分が溜まっている状態を指します。体内に取り入れられた水分は、普通は尿や汗などで排出されますが、水分の巡りが悪いと、むくみや冷えを起こします。このような状態を水毒と呼び、これも不妊の一因とされています。

水毒を起こしやすいタイプの人は、甘いものや冷たいものが好きな人、尿の回数が少なく、汗をあまりかかない人などです。

血熱症

漢方において血熱症とは、血液が熱を持っている状態をいいます。よく言う「赤ら顔」のような顔のほてり、のぼせ、顔の吹き出物、イライラなどの症状をいいます。

血熱は身体の中の気のバランスが崩れて、自律神経の乱れた状態です。自律神経が乱れるとホルモン分泌に異常をきたすことがあり、月経不順や排卵障害を起こして不妊の原因になることがあります。

血熱症になりやすい人は、脂っこいものや、甘いモノが好きな人、強いストレスにさらされている人、睡眠不足の人などです。

不妊の治療に用いられる漢方薬

http://gty.im/56903491

女性の場合

漢方薬は症状から薬を選択するのではなく、体質や身体の状態を診て、不妊の原因となる不具合を改善する漢方薬を選びます。同じ「冷え」という原因があっても、体質が違うと処方される漢方も違ってくるのです。

不妊の治療によく使われる漢方薬は

・当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)…冷え、水毒など

・温経湯(うんけいとう)…冷えの改善など

・当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう)…冷えの改善など

・加味逍遥散(かみしょうようさん)…血熱症の改善などが、代表的です。

特によく処方されるのが当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)という薬で、血行を良くする当帰(とうき)や川芎(せんきゅう)、むくみを解消する蒼朮(そうじゅつ)、沢寫(たくしゃ)などが配合されています。

不妊治療中に当帰芍薬散を飲んでいるという人は多く、個人のブログなどによく体験記が載っているので、気になる人はチェックしてみてください。

男性の場合

不妊の原因が男性にある場合も、漢方薬が有効なことがあります。男性不妊の原因の多くは造精機能障害(精子の数が少ない、運動が足りない、奇形が多いなど)だと言われています。

漢方から見ると身体のエネルギーが落ちた状態の時に起こると言われています。その場合、生殖機能だけでなく、ホルモン、免疫などの身体全体の働きが落ちていることが多いそうです。よく処方されるのは以下の漢方薬です。これらも、患者さんの体質や身体の状態を診て処方が決まります。

・補中益気湯(ほちゅうえっきとう)…滋養強壮作用のある人参(にんじん)と黄耆(おうぎ)、水分循環をよくする蒼朮(そうじゅつ)、胃腸の働きをよくする陳皮(ちんぴ)や生姜(しょうきょう)などが配合されています。

・柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)…特に精神疲労が強い人に処方され、体の炎症をしずめる柴胡(さいこ)と黄芩(おうごん)、気分を落ち着かせる竜骨(りゅうこつ)と牡蛎(ぼれい)などが配合されています。

漢方薬の入手方法

Embed from Getty Images

不妊に漢方薬を試してみたいと思った場合、いったいどこで入手できるのでしょうか?先にも説明したとおり、漢方は症状から薬を選ぶのではなく、体質や体の状態から薬を選ぶので、自分で「これ!」と簡単に選ぶことは難しいのです。漢方薬と言っても、体質に合わなければ副作用も出るので、初めて飲む場合は専門家の診断を受けることをおすすめします。

病院で処方してもらう

現在、漢方薬は保険適用されているものも多くあり、不妊に使う漢方薬も含まれています。特に産婦人科では漢方薬を積極的に取り入れている先生が多く、ツムラやクラシエなどのエキス剤がよく処方されています。漢方薬での不妊治療を希望する場合は相談してみるといいでしょう。

病院で処方してもらうことのメリットは、保険適応になるため費用が自己負担額で済むことです。不妊治療は長期に渡ることが多いので、費用を抑えられると助かりますよね。また、薬の効果を検査の数値で客観的に判断出来るという点も、病院で処方してもらうことのメリットになります。

デメリットは、産婦人科の医師のすべてが漢方に精通しているというわけではないので(日本の医学部では専門的な漢方の授業が必須ではない)、すべての医師が漢方の診察に長けているわけではないということです。漢方薬は選択を間違うと副作用などが起きることもあるので、漢方に詳しい医師を探すようにしましょう。

漢方薬局で購入する

漢方薬は市販されているので、自分で買うことも出来ます。ドラッグストアにも置いてありますが、自分に合った漢方薬を選ぶことは難しいので、不妊治療に漢方を取り入れたい時には、漢方を専門に取り扱う漢方薬局をおすすめします。

漢方薬局には漢方に精通した薬剤師がいます。街で目にしたことがある人も多いかもしれませんが、敷居が高そうな感じがして、気軽に入っていいのか、躊躇する人もいるかも知れません。筆者は現在漢方薬局を継続的に利用していますが、漢方薬局かかる時の流れはだいたい次のような感じです。

漢方薬局では、まず最初に相談といって、じっくりと時間を掛けてあなたの体質や身体の状態について話を聞く時間が取られます。そのため、初回は予約が必要なことが多いです。

最初にあなたの体質(漢方では証といいます)をチェックするために、細かな問診がされます。疲れやすいかどうか、汗をかきやすいかどうか、一日の尿の回数、甘いモノが好きか…「そんなことまで?」と思われるかもしれませんが、こうした細かい問診によってあなたの体質や、今の身体の状態を正確に判断することが出来るのです。

その後、薬剤師さんがあなたに合った漢方薬を選んでくれます。薬剤師さんの中には中医師(中国で中医学を学んだ人が取れる)の資格を持っている人や、漢方薬・生薬認定薬剤師という漢方専門の知識を持った薬剤師さんなどがいますので、薬局を選ぶ時の参考にしてください。

薬が決まったら、服用指導があります。煎じ薬の場合は薬の煎じ方、飲むタイミングや回数、他の薬との飲み合わせなどが詳しく説明されます。

大体はじめは一週間分くらいで様子を見ます。飲みきった頃、もう一度薬局を訪ねてその薬で良いかどうかのチェックをしてもらいます。薬が合っていない場合は、別の処方を変えて、一週間ほど様子を見ます。

漢方薬は何かの症状を取るために飲むのではなく、身体全体の不具合を整えたり、体質を改善したりといった目的で飲むので、薬が効いているかの判断も専門家のもとで行うことが望ましいです。

高い薬を、大量に売りつけられるのでは?!なんて心配はありません。予算などもこちらの希望を伝えれば相談に乗ってもらえます。漢方薬局は漢方のエキスパートがいる薬局です。上手く味方につけて、不妊治療をサポートしてもらえるといいですね。

不妊治療で評判の良い漢方薬局

東京

漢方の松澤薬局(東京都葛飾区)

不妊治療に力を入れている漢方薬局です。漢方を熟知した子宝カウンセラーがじっくりと相談に乗ってくれます。妊娠しやすい身体を作るためのセミナーを開催するなど、不妊治療についての正しい知識の普及に努めています。セミナーでは食生活や、生活習慣など不妊治療を成功させるために必要な情報を提供しています。

薬局のブログには不妊治療にまつわる様々な情報が随時発信されています。数々の妊活雑誌にも掲載されています。

http://matsuzawa-kanpou.com/

漢方サロンアクシスアン(東京都港区)

http://www.acsysun.co.jp/counseling/

国際中医専門員の先生が、漢方の相談に乗ってくれます。東京・青山という立地の良さが魅力で、サロンのようなくつろいだ雰囲気で漢方相談が出来ます。

漢方薬だけでなく、妊娠に向けての身体づくりのための様々な提案(食生活や生活習慣の見直し)なども行ってくれるので、妊娠しやすい身体づくりに向けて、様々な角度から改善に向けてアプローチすることができます。

HPには妊娠に向けて、様々な病気や、不妊の原因など役立つ情報がたくさん掲載されているので、是非読んでみてください。不妊の人むけのメールマガジンもオススメです。

■患者さんの口コミ

・無排卵、無月経で病院でのホルモン治療を受けていましたが、治療が長期化することに不安を感じて漢方を試すことに。途中何度か薬を変えながら一年が経った時、自発的な生理が見られるようになりました。その二ヶ月後に無事妊娠することができました。

埼玉

子宝漢方のますや|升屋栄貫堂薬局(埼玉県大里郡)

トップページ

埼玉で有名な不妊の漢方治療を行っている薬局です。HPには不妊の漢方治療の豊富な情報があり、数々の雑誌にも紹介されている人気の漢方薬局です。

■患者さん口コミ

産婦人科を3箇所も変え、人工授精を試みたけれど、妊娠に至らず、薬の副作用にも苦しんでいたので科漢方を試すことに。病院では一年半かかって、妊娠できなかったのに、漢方と鍼の治療でわずか2ヶ月かからずに妊娠できました。体質改善んでこんなに早く妊娠出来ることがわかっていたのなら、もっと早く相談すればよかったと思いました。

また、こちらの薬局は子宝に関する情報をブログで発信しています。妊娠についての医学的な知識や、通院に関するアドバイス、不妊の原因になる病気の解説など不妊治療に役立つさまざまな情報を掲載しています。こちらもチェックしてみてくださいね。

千葉

山崎薬局(千葉県柏市)

https://yamazaki-yakkyoku.jimdo.com/

不妊の漢方治療を専門とする漢方薬局です。数々の実績や口コミで評判になっています。HPから予約が出来るので便利ですね。中医学を学んだ専門の薬剤師さんが相談に乗ってくれます。

■患者さんの口コミ

・病院で体外受精に何度も失敗、ホルモン療法と漢方を併用してみたのですが、排卵誘発剤の副作用で基礎体温が高すぎる状態になりました。山崎先生のアドバイスで1年間病院の治療をストップすることを決断し、漢方治療をしたところ、3か月で落ち着いてきました。その後無事人工授精が成功しました。諦めないで良かったです!

横浜

高木漢方(横浜市中区)

http://www.yokohama-kampo.com/

創業慶応二年の老舗漢方薬局です。子宮内膜症や多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)、習慣性流産(不育症)など不妊に関する様々な病気の治療をしています。また男性不妊やEDなどの相談にも乗ってくれるそうです。

口コミでは、漢方によって自然妊娠をした人などの体験談が数多く載っています。石川町駅から徒歩6分のアクセスの良さも魅力です。

■患者さんの口コミ

・子宮内膜症の持病があり、結婚後は流産を3回、体外受精を2回試みたが妊娠しなかったので来院。生理痛と貧血がありました。月経前、月経中、月経後の漢方薬を飲み分けて1ヶ月後くらいから、生理の状態が良くなり、基礎体温も上昇してきました。さらに1ヶ月後卵胞の大きさが大きくなり、その1ヶ月後に自然妊娠しました。

大阪

廣田漢方堂薬局(大阪市港区)

廣田漢方堂薬局

漢方による、体外受精のサポートに力を入れている漢方薬局です。高い体外受精の成功率を誇る独自のプログラムが魅力です。鍼灸院も併設しているので、漢方薬と組み合わせることで、より高い妊娠率を目指すことが出来ます。

体外受精にかかる高い費用や、患者さんの心の負担を考え、「3か月」という短期の目標を設定しています。患者さんが無理なく取り組めるようにサポートしてくれるのは心強いですね(3か月で必ず妊娠出来るというわけではありません)。

■患者さんの口コミ

・情緒不安定をきっかけに漢方治療を始めたところ、徐々に改善しまいした。その後人工授精、体外受精二回目で妊娠することが出来ました。

・結婚後タイミング法から、人工授精7回失敗、その後漢方にて血液のドロドロを改善する漢方薬を処方してもらいました。1ヶ月後には血液もさらさらになり、その後一回目の体外受精でそのまま妊娠しました。

名古屋

漢方薬局綾心|あやごころ(名古屋市中区)

http://ayagokoro.com/

不妊の漢方相談に加え、普段の食生活を見直す薬膳のスクールや、身近に薬膳に触れられる薬膳カフェを併設しています。漢方薬とともに普段の食生活を見なおして、妊娠しやすい体づくりをサポートしてくれます。口コミには多くの不妊治療の体験談が寄せられています。

■患者さんの口コミ

・43歳になってから体外受精を始めました。2回の流産で先生には卵が老化しているからだと言われて、漢方相談へ。相談する中で、仕事のストレスが大きかったことに気づきました。その後、数回トライしたのちに無事妊娠、46歳でしたが、無事出産できました。

福岡

漢方薬なごみ堂(福岡市南区)

http://www.kanpou-nagomidou.com/

不妊の漢方治療に力を入れている漢方薬局です。不妊の原因になる様々な病気の治療の他、男性不妊の漢方治療も行っており、夫婦で相談に行くことが出来ます。また、電話での漢方相談も受けているので、遠方の人も電話で相談した後、漢方薬を発送してもらうことが出来るので便利です。

スタッフのブログには、不妊治療を経て無事妊娠した人の報告や、治療経過などがたくさん載っていますので、参考にしてみてくださいね。

漢方の力で「妊娠しやすいカラダ」を手に入れよう

Embed from Getty Images

不妊治療に漢方薬が有効なのが分かっていただけたでしょうか?漢方薬といえば、長く飲まないと効かないイメージがあるかもしれませんが、口コミでは「3か月で妊娠した!」など、早くに効果が出ている人もたくさんいることがわかりました。

漢方が目指す「妊娠しやすいカラダ」とは、生殖機能だけでなく、心と体全体が健やかな状態のことです。漢方治療が上手く行くと、不妊だけでなく、肩こりが無くなったり、吹き出物が出なくなったり、便通が良くなったりと様々な不調が改善していく人も多いと言います。

また、不妊治療は長引くと、心身に強いストレスを感じることがありますが、そういう場合にも漢方はあなたの味方になってくれるでしょう。

長い歴史があり、今も人々に愛されている漢方。上手く取り入れて、不妊治療を乗り切ってくださいね。