TOP > 薬を探す > 塗り薬 > 【ロコイド軟膏を大解説!】効果的な使い方や気になる副作用についてご紹介!

【ロコイド軟膏を大解説!】効果的な使い方や気になる副作用についてご紹介!

ロコイド軟膏という名前を知っていますか?知らない人もステロイドという言葉は聞いたことがあるのではないでしょうか。ステロイドというとなんだかあまり使わないほうがとか、名前を聞くだけで拒否してしまう人も。でも効能や注意点をよく理解してうまく付き合えば、様々な効能が得られそうですよ。気になる効能や注意点、副作用まで徹底紹介します。



赤ちゃんにも使えるロコイド軟膏とは

ロコイド軟膏はステロイド成分を含んだ塗り薬の一種で、赤ちゃんのおむつかぶれや虫さされ、あせもなどにも処方されるお薬のようです。顔を含めて全身に使用可能で、湿疹などに処方されることが多いようですね。また、アトピー性皮膚炎にも用いられるようですが、ステロイドと聞くと使いたくないと思われがちなお薬ですが一体どんなものなのでしょうか。白色から微黄色の軟膏でワセリンを含んでいて臭いはあまりないのが特徴のようですよ。

ロコイド軟膏とは

Embed from Getty Images

ロコイド軟膏は一般名をヒドロコルチゾン酪酸エステルといい、皮膚の赤みやかゆみをとるための塗り薬で、お医者さんの処方が必要だと言われています。お子さんや赤ちゃんにも使えると言われていますが、実際のところはどうなのでしょうか。

一般名はヒドロコルチゾン酪酸エステル

ロコイド軟膏の主成分はヒドロコルチゾン酪酸エステル(hydrocortisone butyrate)というもので、それにワセリンなどを調合した合成副腎皮質ステロイドホルモンの塗り薬だそうです。血管からの吸収、皮膚貯留に優れていて皮膚疾患、虫刺されなどに用いられます。また水には溶けないようです。

皮膚の赤みやかゆみを摂る薬

ロコイド軟膏は湿疹、脂漏性皮膚炎などの皮膚炎や、蕁麻疹などに効能があると言われていますが、その中でも脂漏性皮膚炎は皮膚に赤みを生じ、乾燥肌のような状態になりフケのようなものが出たり、顔や首だけではなく全身に油っぽい赤い班が出てくることがあります。ニキビのアクネ菌によるものではありませんが、マラセチア菌と呼ばれる菌により背中や胸、時には足の指などにも現れるニキビには、ロコイド軟膏が治療に用いられることもあるようです。ただし、通常ニキビと呼ばれるものに関してはロコイド軟膏は効果は認められないようですね。

顔や陰部は血流が豊富で吸収率が良いため、1ランク低めのもの、マイルドやウイーククラスのものが適していると言われており、非常に炎症の強い湿疹のみに使用を限定するのが良いようです。しかし、カンジタなどの感染症には効力が薄いと言われていますので、医師と相談されるのが良いでしょう。

軽いやけど(赤くなる、腫れる程度)のものであれば、ステロイドを使用する場合もあるようですが、水ぶくれができるような2度の熱傷の場合は禁忌になっていますので、ご自分で判断せずに医師の指示を仰ぐ方が良さそうですね。

湿疹や皮膚炎の治療に使われる

ロコイド軟膏の効能は、湿疹や皮膚炎、蕁麻疹や乾癬などが主な治療対象であり、これらの皮膚疾患に有効だと言われています。

具体例を挙げると、接触性皮膚炎、アトピー性皮膚炎、神経性皮膚炎、急性湿疹、慢性湿疹、尋常性乾癬(いぼの1種)、蕁麻疹などに有効なようですね。

処方箋が必要なステロイドの外用薬

ロコイド軟膏はタイトルにある通り、医師もしくは薬剤師の処方箋が必要な塗り薬ですが、ロコイド軟膏に含まれるステロイドの成分の半分量の市販の薬があるようです。ロコイド軟膏より効き目は少し弱めのようですね。

フルコートf、コートfと呼ばれる市販薬で、大人用のものがフルコートf、子供用のものがコートfという名称のようです。いずれも湿疹、皮膚炎、かゆみ、赤ちゃんであれば、あせもやオムツかぶれなどにも効果を発揮するもののようですね。1週間を超える長期間の使用や広範囲の使用は勧められていないため、その場合はかかりつけ医や薬剤師さんに相談する方が良いみたいですね。

子供や赤ちゃんにも使える

ロコイド軟膏は乳児湿疹を含むアトピー性皮膚炎やオムツかぶれによる湿疹や皮膚炎などにも効果があると言われています。乳児湿疹を含むアトピー性皮膚炎の場合にはその85%に改善が見られたとの実験結果があり、その有用性は確認されているようです。

しかしオムツかぶれに使用するときにはオムツの中で密閉状態となってしまい、真菌症(カンジタなど)、細菌性皮膚炎、ウイルス性感染を起こしやすくなるため、観察するなどの注意が必要だと言われています。

その場合は直ちに使用を中止してかかりつけ医の診察を受けられるのが良さそうです。オムツかぶれに使用するときは相談してから始めるのが最適のようですね。

ロコイド軟膏の効能と用法

Embed from Getty Images

それでは具体的に、ロコイド軟膏はどんな効能があるのでしょうか。また用法はどのようにすれば容易のでしょうか。一般的にステロイドといえば、アトピー性皮膚炎や、湿疹、虫刺され、蕁麻疹(じんましん)、手や唇の荒れ、乾癬にまでと使用用途は多岐に渡るようですよ。また、用法としては1日1~数回、また症状により適宜増減させることが必要なようですよ。

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は、皮膚のバリア機能の低下、アレルギー体質、などに環境因子が加わり発症すると言われています。悪くなったり良くなったりを繰り返し、かゆみを伴う湿疹が主症状として現れるようです。

ロコイド軟膏などのステロイドの塗り薬はアトピー性皮膚炎を完治するものではなくあくまでも炎症を起こしている皮膚に対する対処療法であるため、十分な知識が必要なようですね。保湿などを主体に炎症時にはステロイドを使って落ち着いた状態にすることができ、有効な治療法のひとつと言えるようですね。

湿疹

湿疹は皮膚科の病気の中でも多くを占める病気のようです。湿疹は、刺激により起こることがあると言われています。具体的な刺激はどのようなものかというと、衣服のスレや洗いすぎ、気候やストレスなどの外的要因と皮膚の乾燥、寝不足、アレルギーなどの内的な要因があると言われています。

慢性化した湿疹やひどい場合にはロコイド軟膏などのステロイド塗り薬と保湿が良いと言われており、急性、慢性の湿疹に対してロコイド軟膏は7割以上に効果が実証されたと言われています。

虫刺され

小さなお子さんでは虫に刺されると稀にアレルギー反応が強く出てしまうこともあるようです。その場合には赤く腫れ上がったり、水疱を作ってしまうケースもあるようですよ。そのような場合には、かゆみ止めの飲み薬やロコイド軟膏などのステロイドの塗り薬を使用することもあるようです。

じんましん

蕁麻疹(じんましん)とは突然皮膚科赤く痒くなって腫れ上がることを言います。数時間で出たり引いたりする状態のようで、24時間以内に消えてなくなるといった特徴があると言われています。じんましんは、からだの中の血管から刺激物質が染み出しかゆみを誘発したりすることで起こるようです。

その原因としては食物や肝臓の病気、膠原病、感染症、ストレスなど多岐にわたりますが、原因不明のものも7−6割存在すると言われています。抗ヒスタミン薬やアレルギー薬を飲むことが一番の選択ですが、ロコイド軟膏などのステロイドの塗り薬もある程度の効果があると言われています。

手や唇の荒れ

手荒れも慢性的に経過する症状の一つであり、慢性にガサガサ感が取れない、指紋が薄くなってしまっているなど様々な症状が現れるようです。ひどい場合には、ロコイド軟膏も炎症を抑えるために使われるようですが、原因である刺激による皮脂の減少や、体質やかぶれなどに直接作用するわけではありませんので、プロテクトすることが必要なようです。また基本的には保湿することが最も必要な方法で、ステロイドと併用されることが多いようですね。

また子供の場合は稀に風邪の症状を引き金に、唇や目の周りなどが腫れてしまう血管性浮腫(クインケ浮腫)と呼ばれ、蕁麻疹の一つと考えられています。このような蕁麻疹の一種のような口の周りの腫れにはロコイド軟膏も効果を発揮するようです。

乾癬

乾癬とはフケのような皮膚の粉を伴い、赤くなり盛り上がったような状態になることを言うようです、できやすいものは機械的な刺激を受けやすい、頭、肘、膝などで半分ぐらいの人はかゆみを訴えるようです。

小さなものから背中全体に広がる大きなものまで様々なようですが、慢性的でひどくなったり良くなったりを繰り返すため、ロコイド軟膏などのステロイドの塗り薬が使用されることもあるようですね。

食べ物のバランスや生活環境、起こりやすい体質などがあるようです。カロリーの摂りすぎには気をつけたほうがいいようです。また日光浴なども効果的だと言われています。

1日1~数回適量を塗布

ロコイド軟膏などのステロイドの塗り薬の塗り方はどのようにすれば良いのでしょうか。関節一つ分の長さをチューブから搾り出したもの(約0.5g)を両手のひらほどの広さに伸ばすのが良いとされているようですよ。多少べとつきますが、ティッシュペーパーをくっつけ逆さにしても落ちない程度が良いようです。

かゆみや炎症が強いときには1日2−3回しっかりと使い、症状が落ち着いたら徐々に減らしていく方法が好ましいようで、アトピー性皮膚炎などでは湿疹が治った後も週2−3回続けて塗り薬を続ける方が、再発を抑え、トータルでのステロイドの使用量は抑えられると言われています。この方法をプロアクティブ法と呼ぶようです。いきなり辞めてしまうのも良くないということですね。

症状により適宜増減する

先ほどの項にも書いた通り、症状が強いときには1日2−3回の塗布、症状が治まってきたら、1日2回、1回と適時減らしていくのが良いようですね。

特にアトピー性皮膚炎の場合はやめてしまわずに、炎症が落ち着いた後も週に2度程度の使用により、急激な悪化を防ぐことができると言われています。

ロコイド軟膏の正しい塗り方

Embed from Getty Images

そのロコイド軟膏に正しい塗り方はあるのでしょうか。1日のうちでいつ塗るのか、たくさん塗れば塗るほど効くのかなどきになるところです。では詳細を見てみましょう。

夜塗る?

ステロイドの塗り薬を使用されている方で、皮膚の黒ずみを訴えられることが多ようです。タイトルにもあるように夜に塗れば直射日光を浴びることがなく皮膚が黒ずまないのでは?と思われがちなようです。

しかし、正しくは炎症を起こした皮膚が治癒する過程で皮膚の炎症回復を繰り返すことにより、皮膚が厚くなって黒っぽく見えるということがあります。これは体の防御反応であってステロイドのせいではないとのことです。ですから、夜に塗らなければということもありません。1日2−3回、1日1回など回数についてお話しされることがあるようですね。

お風呂上りに塗る

ステロイドの塗り薬に関してはお風呂上がりに塗るという限局された時間が適しているというわけではありませんが、皮膚の治癒過程において乾燥や肌がカサカサしてくるということが認められるようです。ステロイドの塗り薬とともに保湿剤などの併用を進めるお医者さんや薬剤師さんが多いと言われていますのでお風呂上がりにはしっかりと保湿をするという意味合いから風呂上がりに塗るということが多いのかもしれません。

ちなみに保湿剤は入浴後5分以内に早めに塗るのが効果的であるとされています。保湿剤の前にステロイドを塗る事を進めているお医者さんは多いようですから、順序を考慮すると風呂上がりの使用は理にかなっていると言えるでしょう。

塗りすぎない

大量または長期間にわたる広範囲のロコイド軟膏の使用は、副腎皮質ステロイドを全身投与した場合と同じ症状が現れることがあるといわれています。たくさん塗れば効くというものでもないようですね。

疑わしい症状が出たら、使用するのをやめて医師の診察を受けられることをお勧めします。

ロコイド軟膏の強さは?

Embed from Getty Images

ロコイド軟膏はステロイドを含んだ塗り薬であると説明しました。ステロイドの塗り薬には幾つかの強さのランキングがあると言われているのはご存知でしょうか?

それではその強さのランク、またロコイド軟膏の強度はどのくらいなのか、そしてその特性は?というのが気になるところですね。

ステロイドの強さにはランクがある

ステロイドを含む外用薬には幾つかの種類があり、その吸収具合、強さにもより様々なランクがランクがあるようです。その段階は5段階に分かれていますが、ステロイドの含有量がその基準には関係はないようですね。

最も強い1群(SG:strongest)、かなり強力な2群(VG:very strong)、強力な3群(S:strong)、中等度な4群(M:medium)、微力な5群(W:weak)に分かれていると言われています。

ロコイド軟膏は強度4

先にも述べたように、ステロイドの塗り薬には一般的に最も強力な1群から微力な5群まであると言われていますが、今回のテーマであるロコイド軟膏は中等度である下から2番目に分類される4群に分類されるようです。

その他の強度4群のステロイド製剤としてはキンダーベート、ケナログ、アルメタなどもあるようです。

皮膚に優しく効き目が穏やか

ではステロイド外用薬の4群とは一体どんな効き目の強さなのでしょうか。中等度とは言っても、それって強いの?弱いの?という疑問を持たれる方もいると思います。中等度は下から2番目の強さであることは前項でも書きましたが、効き目は穏やかで、大人よりも皮膚が菲薄なお子さんなどにも使えると言われ、皮膚にも優しい軟膏のようです。

ロコイド軟膏の副作用

Embed from Getty Images

みなさん、ステロイドと聞くと副作用が気になるところですね。ステロイドの副作用は具体的にどんなものがあるのでしょうか。

皮膚の症状、緑内障や白内障、頭痛や吐き気、ステロイド性の皮膚症、皮膚感染症の誘発や悪化、副腎障害などさまざまなものがあるようですよ。ではその一つ一つについて見てみましょう。

皮膚症状

ロコイド軟膏により時々、肌荒れ、赤み、皮膚炎、刺激感を感じるなどの過敏症が起こることがあると言われています。もしそのような症状が現れたら、直ちに中止するのが良いようですね。またそれと同時に、医師に相談されることをオススメします。

緑内障や白内障

重大な副作用の一つとして、目の周りの皮膚に使用すると緑内障、白内障などの副作用を起こす可能性があるといわれています。大量または長期の使用によりこれらの症状が現れることがあるといわれています。

緑内障の症状としては見えない場所が出現し、見える範囲(視野)が狭くなることが一般的な症状ですが、眼圧が亢進した時には目の痛みや充血、目のかすみを訴えることもあるといわれています。

白内障の症状としては、目がかすむ、物が二重に見える、眩しく見える、見えにくい(視力の低下)などを引き起こすと言われています。

頭痛や吐き気

前項の目の周りに塗った時の副作用として、眼圧亢進という症状が起こることが稀にあります、その場合には、目の痛みや充血などとともに頭痛や吐き気を伴い事もあるようです。

ステロイド皮膚症

ステロイドの副作用としてお酒を飲んだ後のように顔が赤くなる酒さ様皮膚炎、口唇周囲炎(頬や、唇の周りが赤くなるもしくは毛細血管が拡張する)、多毛や色素が抜けるなどを引き起こすことがあります。

もしこの様な症状が現れた場合には直ちに使用を控えて、ステロイドを含まない軟膏に帰ることが望ましいと言われている様です。

皮膚感染症の誘発や悪化

ロコイド軟膏の副作用として、皮膚感染症(細菌(毛嚢炎やあせもなど)や真菌症(カンジタや白癬など))やウイルス感染症などが誘発されたり、また悪化される場合があると言われています。これらは密封法と呼ばれるステロイドの上から保湿剤やガーゼで覆ったりする方法を使用するに多いと言われている様です。

もしも、皮膚感染症が誘発したり悪化したりした場合にはお医者さんに相談するのが良いでしょう。

副腎障害

そもそもステロイドというホルモンは身体の中の副腎と呼ばれるところで生成されているもので、活動性や恒常性を維持し、糖や脂質の代謝に関与しているホルモンと言われます。通常の使用量でロコイド軟膏を始めステロイドの塗り薬を使用していて、副腎機能が障害されたり廃絶することはないと言われています。

しかし、長期にわたる使用や大量、広範囲の使用や密封法(前項参照)で起こることが多いと言われていて、下垂体、副腎皮質系機能を抑制をすることがあるために十分な注意が必要だと言われています。

ロコイド軟膏の注意点

Embed from Getty Images

さまざまな皮膚疾患や年齢層にも使われるロコイド軟膏ですが、使用する時の注意点などはどうなのでしょうか。妊娠授乳中の方は相談するのがいいようですね。他にも、長期の使用は診察を受ける、化粧の下やひげそりの後には使わないようにする、顔への使用は短期間が望ましい、副作用を恐れて勝手にやめないことがすすめられているようです。また、ウイルス性皮膚感染症には効かないと言われています。

ではそれぞれの注意点について詳しく見ていきましょう。

妊娠授乳中の人は相談する

妊娠中もしくは妊娠している可能性がある人に対しては、大量の長期間また広範囲の使用は避けた方が良いとされています。動物実験においては、胎児に奇形を起こす作用があると報告されていることからこのように言われているようです。

長期間の使用は診察を受ける

ロコイド軟膏などのステロイド系のお薬は皮膚の症状や炎症だけでなく細胞の増殖も抑えてしまうため、長期にわたり必要以上に強いステロイドの使用は皮膚が薄くなったりして血管が浮き出て見えることがあるようです。長期にわたり使用するときにはその点を注意されるのが良いようです。

このように、ご自分にあった強さのお薬を担当のお医者さんと相談して使用するのが望ましいようですね。

化粧の下やひげそり後には使わない

化粧の下にロコイド軟膏を使用するとお化粧ノリが良くなるといったことを言う方も以前はいた様ですが、原則として化粧の下、ひげそり後に使用することは製薬会社、医師など各方面からも勧められておらず、お勧めできないと言われている様です。

顔への使用は短期間

顔や陰部の皮膚は血流が良く、ステロイドの吸収率も良いため穏やかなミディアムからウイークが進められるようですが、基本的には他の部位と比べても皮膚に負担をかけない使用量が少なく見積もられます。明確な使用範囲などの規定はないようですが、体のどの部位に関しても長期にわたる使用は好ましくないという考えのようですね。

特に、子供や赤ちゃんの場合は、大人より皮膚が薄くさらにステロイドの吸収が良いため、ロコイド軟膏などのミディアムクラスのものの短期間の使用が勧められるのではないでしょうか。

副作用を恐れて勝手にやめない

ステロイドの塗り薬には依存性がある、やめるとリバウンドがあると言われているからと勝手にやめてしまう人も中にはいらっしゃるようです。以前、マスコミがステロイド製剤についてひどくバッシングしたことにより、中には間違った認識を持たれたことが原因だと言われています。

2、3日塗って急にやめてしまうという方がいるようですが、長期にわたって皮膚が炎症を起こしてしまったような場合にはそれだけ落ち着かせるのにも時間がかかります。炎症が落ち着かないうちに、使用をやめてしまうと再び悪くなるということもあるようです。

ウイルス性皮膚感染症には効かない

ロコイド軟膏の禁忌として、細菌や真菌、ウイルス性の皮膚感染症、動物性の皮膚疾患(毛ジラミなど)には原則使用しないことが明記されているようです。

具体的には、水痘(水ぼうそうのこと)、帯状疱疹(帯状ヘルペス)などには適さないようです。

まとめ

Embed from Getty Images

いかがでしたか?ステロイドの塗り薬と聞くと副作用の心配ばかりが先行してしまいがちですが、正しい知識を持って使用すると、皮膚の赤みや皮膚炎など様々なものに効果を発揮するお薬のようですね。ただし間違った使い方や、素人考えでの使用は避けるのが好ましいようです。

ロコイド軟膏自体が医師や薬剤師さんの処方箋が必要な医薬品ですので、かかりつけのお医者さんや皮膚科医、薬剤師さんに相談しながら使用するがいいようですね。