TOP > 手術・検査・入院 > 検査 > CT検査の費用は保険適用なの?3割負担でどのくらい?MRIとの違いは?

CT検査の費用は保険適用なの?3割負担でどのくらい?MRIとの違いは?

身体に不調が出た場合、検査をしてもらいたいけど、精密検査にどれくらいの費用がかかるか心配ですよね。表面にはわからない身体の不調は、細かく検査してもらう必要がありますし、CTスキャン等の検査は、精密機械を使用するもので保険適用じゃないかもしれない…そんな心配もでてきます。そんな人に、CT検査についてどれくらいの費用がかかるのか、予め知っておくとよい情報をお伝えします。



保険で適用されるCT検査の費用はいくら?

何か身体に異常がある場合、医師に相談しにいくと「CTスキャンをしてみますか?」と言われ、費用についても漠然としている為、一体いくら位費用がかかるのか、不安になることでしょう。

CT検査は、基本的に保険適用内で受ける事ができます。しかし、保険適用内であっても精密機械を使用するのですから、高額になってしまうイメージがありますよね。

また、CTスキャンは身体に害があるのかどうかもわからず、全てが曖昧なイメージの為、中々お願いします!と即答もしにくいものです。そんな不安を取り除く為、予めCT検査のことを知っておきましょう!

種類別のCT検査にかかる費用が知りたい

Embed from Getty Images

CT検査は、保険適応されますので、3割負担の人や1割負担の人によって、支払う費用が異なります。また、それぞれの部位によって、料金が異なるのかどうかという事を紹介しましょう。

腹部の場合

CTの検査費用に限った話ではなく、全般的に言えることですが、病院のホームページなどを見てみると、治療費に関して詳細に載せているところは少ないようです。その辺にどういった事情があるのかはわかりません。ただ、検査費用を載せている病院に関しても、費用はまちまちであったりします。

ちょっと話がそれましたが、一般的にCTスキャンにかかる費用は、3割負担の場合でだいたい5000円前後という病院が多いようです。1割負担の場合は2000円前後ということです。

胸部の場合

胸部のCT検査にかかる費用は病院によっても異なりますが、大体3割負担で4,000円~7,000円が相場です。肺等を撮影してもらう場合は上記の費用で済みますが、例外として、心臓のCTを撮る場合は、少し費用が高くなることも覚えておくと良いでしょう。

通常3割負担で4,000円~7,000円の負担料に対し、心臓のCTは4,000円~13,000円かかる場合もあります。また、その病院で初めて受診する場合は、初診料が必要となります。一回目は+2,820円、二回目以降でも+720円かかることとなります。

また内訳として、必要な項目とそうではない場合の組み合わせによって、かかる費用が異なってきます。

・CT検査料(基本料金、機械によって料金異なる)/4,000~10,000円

・初診料(必要な人)/2,550円

・画像診断管理処理料(月に一回必須)/700~1,800円

・CT断層診断料(病院によって異なる)/4500円

・造影剤使用料(必要な人)/5,000円~10,000円

・情報診療提供料(必要な人)/2,500円

・電子処理加算料(基本的に必須)/1,200円

これらを合算した額の1割~3割が、費用としてかかることになります。

頭部の場合

頭部のCT検査にかかる費用は病院によっても異なりますが、大体3割負担で4,000円~7,000円が相場です。鼻や顔等はCT検査で対応するものが多いですが、脳など更に調べる必要がある場合は、MRIを使って検査する必要が出てきます。

それ以外の部位の場合

事故等で、あらゆる所に損傷を受けている可能性がある場合や、疑わしい部位があると、何度か部位を変えて撮影する場合があります。基本的に撮影する部位としては、頭部、頸部、胸部、腹部を撮影します。

また、組み合わせを変えたり、全身CTが必要な人には全身撮影を行います。

また費用については、一度に撮影されたものについては、一回の撮影費用となり、一回の料金しか発生しません。足等のCT検査にかかる費用は病院によっても異なりますが、他の部位と同様に大体3割負担で4,000円~7,000円が相場です。

また、この際だからと言って、あらゆる部位を撮影してもらった方が得なような気がしますが、X線検査であり、少なくとも放射線を浴びることになりますので、余計な放射線を浴びないよう、必要な部位だけの撮影にしてもらう方が良いでしょう。

CT検査とMRI検査はどう違うの?

Embed from Getty Images

CT検査とMRI検査って、そもそもどう違うのかわからない人も多いことでしょう。CT検査とMRI検査についての違いを紹介します。

技術面の違いについて

分かりやすく言うと、CTはハムを薄くスライスするように、体を輪切りにした映像が見られる画像診断法です。一歩いで、MRIの方は、ハムを好きなところから好きな角度で切ってその断面が見られるような画像診断法のことをいいます。また、CTは放射線を使用するのに対し、MRIは電磁波を使用します。

特徴として、MRIの方が解析するのに時間を要しますが、CTの方が早く解析が終わるので、時間で言えばCTの方が早いと言えます。

費用の違いについて

検査費用においては、CT検査もMRI検査もさほど値段の差異はなく、単純検査費用においては、健康保険1割負担であれば2,600円、3割負担で4,000円~7,000円程度、造影検査をすると、1割で3,500円、3割で1万円前後となっています。

MRIの方が高額になってしまうと思われがちですが、費用においては変わりはありません。

CT検査とMRI検査のメリットとは?

CT検査は放射線を使用して撮影するのに対し、MRIは電磁波を使用して撮影します。ですので、心臓ペースメーカーを使用している人は電磁波を使用できない為、CT検査しか受ける事ができません。

また、放射線を浴びる事ができない人には、電磁波で撮影するMRIで撮影を行う事が出来るので、どちらも選択する事が出来るという点においては、それぞれメリットがあると言えます。

CT検査とMRI検査のデメリットとは?

CT検査は放射線を使用し撮影する機械ですので、被爆の心配があるという事がCT検査のデメリットと言えます。まず、CTの放射線量は、他の各種放射線検査の中でも放射線量の値が高い方だとされています。

被曝量については、放射線をあてる場所や、検査方法、また機械によっても異なるようです。

検査によっては、一度につき数十mSV~百mSV(マイクロシーベルト)を越える放射線を浴びる事になります。一回の被曝の影響では、被害はわかることもないですが、数ヶ月から数十年検査し続けることにより、被曝し続ける事でガンを発症する確率は高くなるとされています。

また、一回では影響はほとんど皆無であるとされていますが、被曝するということは、ある程度のリスクを追うという事になりますので、医師は、無駄な被曝をさせないようにというのが原則としてあります。

CT検査で造影剤を使用する検査とは?

Embed from Getty Images

CT検査において、静脈より血液に造影剤を注射するのが必要な場合があります。造影剤を使用することによって、血液とともに造影剤が流れるので、血液の流れを撮影する事が出来るようになります。

例えば、脳梗塞や心筋梗塞等を診る場合、本来血液が出てはいけない部分から出ていたり、詰まっている所の原因を発見する為に使用します。

より正確な診断をする為に必要

血液に造影剤を流す事によって、通常のCT検査だけではわかりにくい部分にも、更に掘り下げて検査することができます。時間も注射をして撮影するだけなので、10分程度で終了します。また造影剤を使用することによって、血管が細くなっている事等を確認する事が出来る為、大きな病気を未然に防ぐ事も出来ます。

造影剤を使用すると副作用はある?

イオン性造影剤を使用すると、100人のうち3人に発症するとされている副作用があります。かゆみが出るだけの場合もありますが、稀にアレルギーを引き起こし、死亡する事もありますのでリスクがあります。

最近では、非イオン性造影剤を使用すると副作用も少ないというので、非イオン性造影剤を使用する病院が増えています。

造影剤を使用した際にかかる費用について

造影剤を使用する際にかかる費用は病院によって異なりますが、5,000円~10,000円が相場となっています。

PET-CT検査って何?

Embed from Getty Images

がんを検査する方法の一つである

PET-CT検査というのを聞いた事はあるでしょうか?PETというから、ペットのCT検査だと思う人もいる事でしょう。しかし、残念ながらペットのCT検査ではありません。

PET-CT検査というのは、PETとCT撮影を同時に行う事が出来る機械の事であり、機能画像と形態画像を融合することで、より見やすく精度の高い検査を受ける事ができるので、がんの発見に大変役立っている検査の一つです。

また、同時に撮影することによって、単体で撮影するよりも時間を短縮できるという利点があります。

PET-CT検査の限界について

目視できないがん細胞の場合もある為、精度が高いPET-CT検査だからといっても、機械と人間の限界もあり、がんの早期発見についてはまだまだ限界があるようですが、医療機器の発達も著しい為、どんどん進化していっているのも確かです。

インプラント術前のCT検査とは?

インプラント術前のCT検査というのがあります。この検査はレントゲンとは違い、3Dで撮影する事が可能であり、歯の形や、歯の周りの状態、また神経や骨密度等も診る事ができるので、インプラントをする前と後の顎の状態等も、しっかりと把握することができるので、とても有効的に使用されています。

費用については、基本的にインプラントを行う場合は、全て自費となり10割負担となります。

相場は、方顎で9,000円、上下顎で18,000円です。

検査前の準備と注意事項について

紹介状や、情報診療提供料などの余計な費用を抑える為にも、何かわからないけれど疑わしいなと思う症状や、小さな病院では手に負えないだろうと、予め予測出来る場合においては、始めから大きな病院か、CT機器を持っている病院を探して行く事をおすすめします。

たらい回しにされ、料金がかさむのを避ける事が出来ます。インターネット等で、予め機器の所有の有無については、調べる事が出来ますので、リサーチしてから行くと良いでしょう。

しかし、大病院であれば、紹介状がなかった場合、受診するのに時間が長くかかってしまう事や、予約の人が優先なので、早い時間に受付をしておく事が大切です。

急な患者であれば、すぐに対応してもらえますが、そうではない場合は後回しになる場合もありますので、大病院の場合はその覚悟で受診するようにしましょう。また、電話等で予約が出来る場合は、予約してから検査を受けることが、時間短縮にもなりますので、予約する事を覚えておくと良いでしょう。

精密検査を受けて不安を取り除こう!

Embed from Getty Images

中々知っているようで知らないCT検査について、費用の内約や内容についてお伝えしましたが如何でしたか?CT検査によってかかる費用は人それぞれであり、病院によって様々ですが、大まかな費用の概要がわかってもらえたと思います。

費用のまとめ

・CT検査料(基本料金、機械によって料金異なる)/4,000~10,000円

・初診料(必要な人)/2,550円

・画像診断管理処理料(月に一回必須)/700~1,800円

・CT断層診断料(病院によって異なる)/4,500円

・造影剤使用料(必要な人)/5,000円~10,000円

・情報診療提供料(必要な人)/2,500円

・電子処理加算料(基本的に必須)/1,200円

上記の料金を予め大まかに計算することで、CT検査にかかる費用を知る事が出来ますので、是非計算してみてください。無駄が省けるような工夫も出来ることでしょう。

また、MRIとの違いについてや、PET-CT検査、インプラントCT検査等も紹介しましたが、精密機器のイメージとして、高額だから多少の事では検査してもるのが経済的にも不安だな、と思っている人も多いと思いますが、予め知っておく事で不安も解消される事でしょう。

不調や何かの症状がある人は、不安を抱えてそのままにせず、思い切って精密検査をしてもることをおすすめします。

CT機器は、あらゆる健康の不調を、検査することによって科学的にも証明することができる精密機器のひとつであり、親切な事に保険適応内ですので、現在では受ける事も安易になり様々な人々を救ってくれています。

現在の医療の発達によって、CTもMRI、PET-CT検査も様々な発展を遂げ続けています。これからもっと機械の機能が発達し、更に人々の私たちの健康に役立ってくれる事でしょう。