TOP > 部位から探す > 頭・顔 > 受け口は芸能人にも多い?手術や矯正以外の治療法は?自分で治す方法を解説!

受け口は芸能人にも多い?手術や矯正以外の治療法は?自分で治す方法を解説!

受け口で悩んでいる方って、芸能人にもいるようです。一般的によく聞くのがしゃくれているという表現でしょうか。軽度であれば気にならないかもしれませんが、この受け口というのは、実は虫歯や歯周病の原因にもなってしまう場合があります。いま悩んでいるという方へ、治療方法の種類や、自分でトレーニングする方法をご紹介します。



芸能人にも多い受け口とは?

下顎前突(かがくぜんとつ)

下顎前突とは、噛み合わせた際に下顎に位置する歯全体が、上顎に位置する歯全体よりも前に突き出ている状況のことを言います。

反対咬合(はんたいこうごう)

反対咬合とは、下顎に位置する前歯が、上顎に位置する前歯よりも前に突き出ている状態のことを言います。奥歯の場合でも下の歯が上の歯よりも外側にある場合を反対咬合と言うそうです。

原因は、下顎が上顎よりも成長してしまう場合や、逆に上顎の成長が少ないために起こるようです。遺伝的要因も少なからず考えられるそうです。

Eラインから下唇が出ている

Eラインとは、横顔を見たときの鼻の先端と顎の先端を結んだラインのことを言います。「Esthetic(エステティック)」の頭文字をとってEラインです。

このEラインでは、鼻先と顎先を指や定規などでつなげたときに、唇が当たらなければ良いとされているようです。ですが日本人の場合はもともと鼻が低いので、なかなか綺麗なEラインの人はいないのかもしれません。鼻が低くなくても、唇が厚ければぶつかる可能性もあるかと思います。

舌に問題がある

芸能人などで、喋るときに舌が前に出る人がいますが、そういう場合はたいてい受け口です。顎や歯は、舌の筋肉の力で、形や歯並びが変わります。舌はとても強力で、筋肉のかたまりだそうです。なので、舌の位置や、食べ物などを飲む込む際の動きが悪いと、顎の形や歯並びにも影響してくるそうです。

見た目でなく口の機能も問題

受け口というと、見た目にコンプレックスを持っている方は少なくないかもしれません。しかし見た目だけでなく、機能的にも少々困った点があります。

まず食べるとき。前歯の突出が上下反対になっているので、前歯で食べ物を咬み切ることができません。奥歯でも噛みにくいので、上顎と舌を使って、食べ物を潰してしまう癖がつきやすいそうです。そのため、かたい食べ物ではなく柔らかい食べ物に偏ってしまうのです。

また、サ行やタ行を発音するのが難しいという場合も少なくないようです。咬み合っているのが奥歯だけなので、どうしても発音が悪くなってしまいます。

虫歯や歯周病のリスクが高い

受け口をそのままにしていると、虫歯や歯周病のリスクが高くなってしまいます。歯と歯の間や噛むところの隙間が多くなり、汚れが残りやすく、虫歯の原因となってしまうのです。噛み合わせが良い部分の歯でも、そこだけに負担がかかりすぎてしまうので、歯周病の原因になるそうです。

受け口の原因

Embed from Getty Images

遺伝要因

受け口の原因のひとつとして考えられるのは、遺伝要因です。もともと顎の発育には時間差があるものなのですが、両親のどちらかや、祖父母が受け口の場合は、遺伝しやすいようです。

骨格などは遺伝の影響も受けやすいとされているので、遺伝の可能性があるのも頷けますね。ちなみに、下顎は出生時には2割ぐらいしか完成していないそうです。あとの8割は、成長とともに生え変わる歯とともに成長を続けます。

後天的要因

次に考えられるのが、後天的要因。つまりは成長とともに、または普段の生活の中での癖による要因です。上唇を噛んだり、舌を突き出したりする癖は、顎が前に突出してしまう原因になります。また、口呼吸も受け口の原因になることがあります。

舌がずっと下の位置にあるというのも原因のひとつです。つまり下顎を前に出してしまう癖があると、それ自体が下顎の形のクセになってしまう可能性があると言うのです。もしお子さんがそのような癖をお持ちであれば、やめさせるようにしてあげたほうがいいかと思います。

芸能人にも人気!受け口の治療

Embed from Getty Images

手術

成長期が終わった時点で、受け口が強い場合は外科矯正という手術をするようです。外科矯正とは、歯ではなく顎そのものを外科的に前後に移動させるものです。歯並びを治すだけでなく、顔の形まで全体を治してくれます。

この治療法の期間は約3~4年とされているようです。保険診療3割負担の方の場合だと、約60~80万円だそうです。

矯正

手術ではなく、矯正という方法もあります。この目的は、子どもと大人で変わってきます。子どもの場合は、骨格的な改善のために治療を行います。しかし大人の場合は骨格的な成長はすでに終わってしまっているので、骨格的な改善のためではなく、歯の移動をして治療ということになるそうです。

顎自体が突出しているのは、成人している場合は骨格を矯正することになりますので、歯の矯正ではできません。しかし、矯正をして噛み合わせをよくすることで、発音や食べるときの変なクセが改善されます。

受け口の手術とは

Embed from Getty Images

一泊の入院が必要

受け口の外科手術をする場合には入院が必要となってきます。

初診・相談→精密検査→診断→術前矯正→外科手術→術後矯正→装置除去・保定開始→保定終了

という流れだそうです。

外科手術では、顎の骨を切って移動させる手術をするので、2~3週間程度の入院が必要になるようです。また、術前・術後矯正とありますが、これはそれぞれ半年~2年ほどかかります。術後矯正の後も、装置除去・保定開始をしたら約2年間は数ヶ月毎に通わなければなりません。保定が終わったあとも、年に1~2回の定期検診が必要なようです。

痛みの心配なし

歯の治療をしてもらうときって、麻酔してもらっても削られてる振動とかを感じて痛いと感じることがあるかと思います。しかし麻酔科の医師からきちんと説明があり、麻酔をするので痛みはないようです。

傷跡は全くわからない

受け口の外科手術は、すべて口の中で行われます。なので、顔の見えるところに傷跡が残らないか心配…という方も安心して受けることができるかと思います。顔のパーツにメスが入るので、傷跡が残らないかというのはかなり重要ですよね。

受け口の矯正治療とは

Embed from Getty Images

入院不要

受け口の矯正治療は、手術と違って入院は不要です。通常の矯正治療と変わらないブラケットというものを歯の表面に1つずつ装着し、ワイヤーで動かしていくものです。場合によってはこの矯正治療では足りない場合がありますが、事足りる場合にはこの方法が用いられます。

抜歯+セラミック矯正

セラミック矯正というのは、歯を削って、仮歯をつけます。この治療を行ったらその日に受け口ではなくなります。次に、セラミックの歯をつくるために歯型をとります。そして最後に、セラミックの歯を接着すれば完成です。

この方法だと、普通の矯正とは違って時間はかかりません。芸能人の方などは、少し歯並びが悪かったり受け口だったとしても、いつの間にかキレイに治っていることがありますよね。芸能人だとすぐに治したいという人も多いでしょうから、こういう治療をしているのかもしれません。

しかし、この方法は歯を削るので、少なからず歯の根に負担はかかってしまうようです。

腫れや痛みが少ない

歯を抜く治療でない場合は、腫れや痛みは少なくて済みます。大人になってから歯を抜くということは、それなりに痛むことを考えていなければなりません。もし痛いのは嫌だという方は、手術や抜歯をしなくて済む方法を選択できるのであれば選択したほうがいいかもしれません。

手術せざるを得ないという場合もありますので、その場合は医師と良く相談して決めることをおすすめします。

治療費が手術より安い

手術の費用に関しては、内容によって変わってきます。ですがやはり外科手術ということなので、保険診療で3割負担の場合でも60~80万円程度。

矯正治療の費用に関しても、手術と同じく内容によって変わってきます。おおよそですが、15~40万円と言われています。もちろんそれより安く済む場合もありますし、高くなってしまう場合もあります。費用のことも含めて細かく確認しておきましょう。

自分で治すトレーニング

Embed from Getty Images

軽症の場合は効果がある可能性も

受け口が軽症である場合、トレーニングをして改善される場合があります。すぐによくなるというわけではありませんが、習慣化して根気強く続けていれば効果は期待できます。

矯正の治療といっても、決して安いものではありません。内容によっては何百万とかかってしまう場合もあります。自力で治すことができたら不安な気持ちだけでなく、金銭面でも助かりますよね。

舌を使ったトレーニング

受け口の後天的要因として考えられるのは、舌の位置も関係しています。では、舌の位置を正しい位置へ戻せるようにすれば、改善に向かう可能性があります。舌の先端の正しい位置は、上顎の前歯の根元の少しだけ後ろのほうにあります。

この位置はスポットと言うそうです。このスポットを意識して舌の先端を置くようにすれば、舌の位置が安定します。普段の生活で簡単にできますね!

次に舌の筋トレをしましょう。舌の先端をさっきのスポットにおき、口の上面に舌全体をくっつけたまま口を開閉します。この逆に、舌を裏返しにして口の上面に付けて、口を開閉する方法でも舌の筋肉を使えるようです。これ、簡単そうですがやってみると結構きついんです。

割り箸を使ったトレーニング

やり方はカンタンです。割り箸をくわえて、下の歯を支点に割り箸の持ち手を顎側に入れて引く形でやります。上の前歯を前面に出すようにやるのがポイントだそうです。簡単なので、家で寛いでるときなどにやれますね!

まとめ

Embed from Getty Images

いかがでしたでしょうか?

受け口に悩んでいるという方は、治療方法がたくさんあるので、歯医者へ行った際に相談だけでもしてみるといいかもしれません。それだけを聞きに行くと、やらなくてはという雰囲気になってしまいますので、定期検診などの際に聞けるといいかと思います。

自力でトレーニングして改善する方法も紹介させていただきましたので、そちらも参考にしていただければと思います。もしお子さんの受け口が気になる場合は、トレーニングなどをしたらかなり改善されるかもしれません。受け口を改善して、芸能人のようなきれいな口と歯を目指してみましょう!