TOP > 部位から探す > 頭・顔 > のど > 咳止めのツボって?「すぐ止めたい!」効果的なツボや押し方|飲み物・食べ物やよく効く市販薬や注意点など

咳止めのツボって?「すぐ止めたい!」効果的なツボや押し方|飲み物・食べ物やよく効く市販薬や注意点など

咳が長引いて呼吸が苦しくなることはありませんか?そんな時に効果的なツボや、飲み物・食べ物、よく効くと言われている市販薬を一挙にご紹介します。



咳止めにツボとは?

「風邪は治ったはずなのに、いつまでも咳が止まらない」、「咳がひどくてうまく呼吸ができず苦しい」というような経験はありませんか?咳は止めたいと思っても、なかなか止まるものではありません。

あまり咳が長引くと、職場などでの視線も痛いですよね。今回はそんな咳を止めるために効果的なツボや、ツボ押しと併せて摂るとさらに効果的な飲み物や食べ物、ツボなどでも治まらないときにオススメの市販の咳止め薬をご紹介します。

市販の薬などを飲んでも咳が長く続くようでしたら、風邪以外の病気の可能性がありますので、病院へ行きましょう。

咳止めに効果のある方法は?

Embed from Getty Images

ツボを押す

咳止め効果が期待できるツボを押すことで、症状の改善や緩和が期待できます。咳止めのツボは手、腕、足裏などにあり、自分で簡単に押すことができます。

ツボ押しは、夜咳が出て眠れないようなときでも、布団に入ったまま行うこともできます。後ほど、咳止め効果が期待できるツボを詳しくご紹介しますので、参考にしてみてください。指圧の際は、痛気持ちいい程度の力で押しましょう。

温かい飲み物を飲む

咳の大敵は喉の乾燥です。喉が乾燥すると痰を排出しにくくなるだけでなく、咳自体も出やすくなります。

また、喉が冷えると甲状腺の働きが弱まり、免疫力が落ちてしまいます。そのため、咳を止めるには温かい飲み物などで喉を温めることも大切です。

ただし、熱過ぎる飲み物は喉の粘膜を傷つけて、痰の分泌を増やしてしまうため、咳を増やす原因になることもありますので注意しましょう。温かいお茶などをゆっくり飲むことで、蒸気による加湿効果も期待できます。

咳止め効果のあるものを食べる

咳がなかなか止まらないときは、咳止め効果のあるものを食べるのも良いでしょう。後ほど咳に効く食べ物をご紹介しますので、それを参考に食事にも気をつけてみてください。

背中を温める

肩甲骨の間に、咳に関する神経や風邪の症状の改善に効果が期待できるツボがあるため、背中を温めたりマッサージすることで咳止め効果が期待できます。背中にある、咳止め効果が期待できるツボは次の3つです。

・肺兪(はいゆ)

背骨と肩甲骨の間2分の1、肩甲骨の高さ2分の1のところにある肺兪というツボは、風邪の症状や咳、喘息などの症状の緩和に効果的なツボです。使い捨てカイロを貼って温めるだけでも、呼吸が楽になります。

・心兪(しんゆ)

頭を下に向けて首元あたりに背骨が一番盛り上がるところを探し、そこから背骨の山を5つ下に移動し、5つ目と6つ目の谷から指幅2本横に移動したところにある心兪というツボは、咳止め、動悸や息切れ、胸の痛みなどの心臓疾患の症状の緩和に効果的なツボです。リラックス効果もあるので、イライラや気分が落ち着かないときにも活用できます。

肺兪と同じように使い捨てカイロで温めたり、自分で指圧するのは難しいので、人に押してもらうか、棒などで場所を確かめながらグリグリと押して刺激しましょう。

・大椎(だいつい)

頭を前に曲げて首の後ろに手を回し頚椎を下へなぞると、骨の出っ張りがあり、そのすぐ下にある骨のくぼみにある大椎というツボは、風邪のひきはじめ、鼻づまり、肩こり、首こり、咳、気管支炎などの症状の緩和に効果が期待できます。指圧したり、ドライヤーなどで温めると良いでしょう。

薬を飲む

どうしても咳が止まらないときには、自分の症状に合った薬を飲みましょう。咳止め薬はドラッグストアなどで色々な種類が販売されています。

咳止め薬を選ぶ際にポイントとなるのが「痰が絡んだ咳が出ているかどうか」です。痰が絡んだ咳が出ている場合、去痰成分や気道を広げる成分が入った薬を選ぶと良いでしょう。

痰が絡まない咳の場合は、気管支や気道の炎症によって咳が出ていることが多いので、咳中枢に直接作用する鎮咳薬が効果的です。薬剤師さんなどに相談できる場合は、「痰が出るか出ないか」に加えて、「いつから咳が出ているか」、「咳の他に風邪の症状はあるか」、「喘息などの持病はあるか」を伝え、症状に合った薬を選んでもらいましょう。

市販薬を使用する場合、用法・用量をきちんと確認することも忘れずに。

お灸をする

お灸はツボ押しよりもさらに高い効果が期待できます。後ほどご紹介する、咳止めに効果のあるツボを参考にお灸をしてみてください。

お灸はドラッグストアやネット通販などで購入することができます。火を使わないタイプや、アロマの香りつきでリラックスできるタイプなど、様々なタイプのお灸があります。20点入りで400円~500円程度です。

咳止めに効果のあるツボは?

http://gty.im/156415712

尺沢(しゃくたく)

尺沢(しゃくたく)は、ひじの内側の関節のしわ上で、親指側にある筋肉の外側にあるくぼみに位置します。発熱時の咳や痰、喘息、肩や背中の痛みなどを抑えるツボで、即効性が期待できます。

腕と反対側の手の親指の先にツボを当て、他の4本の指でひじの外側を包むように抱え、親指の先をツボに押し込むような感じで指圧しましょう。3~5分程度指圧すると良いでしょう。

孔最(こうさい)

孔最(こうさい)は、先ほどの尺沢から手首の方向に指4本分下がったところに位置します。肺経に属していることから、呼吸器系の疾患に使用され、強い咳や急な咳、痰、のどの痛み、鼻づまりなどの改善に効果が期待できるといわれています。

反対側の手の親指で、ツボを揉み解すように刺激すると良いでしょう。

天突(てんとつ)

天突(てんとつ)は、首の付け根、左右の鎖骨を結んだ中央部の窪みにあります。喘息や気管支炎、咽頭炎などに効果が期待でき、気道を緩めて、咳を沈める効果や、喉のヒリヒリする痛みを緩和する効果が期待できます。

押し方は、座って中指の腹で斜め45度くらいの角度で体の内側に向けて指圧します。息を吐くときに指で軽く押さえ、息を吸うときに指の力を抜きます。これを1日3回、1分間程度繰り返します。

咳喘点(かくぜんてん)

咳喘点(かくぜんてん)は、手のひらの人差し指と中指の付け根の間のやや下にあります。押すと圧痛がある場所が咳喘点です。咳き込みや、喘息の症状改善に効果が期待できるツボです。

反対側の手の指の爪の先を当て、ぐりぐりと刺激します。数本の爪楊枝を束ねて押し当てるのも効果的です。5秒間の指圧を5回程度繰り返しましょう。

ツボ押しと併用したい飲み物は?

Embed from Getty Images

はちみつ入り紅茶

はちみつ入り紅茶は、紅茶に含まれる成分である「カテキン」の殺菌作用と、はちみつに含まれる「グルコースオキシダーゼ」という酵素の殺菌作用のW効果と、喉を温める効果で、咳などの症状の緩和が期待できます。

甘いので子供でも飲みやすく、普通の紅茶にはちみつをスプーン1杯程度加えるだけで簡単に作ることができます。

しょうが湯

咳の緩和には、すりおろした生姜をぬるま湯に混ぜた「しょうが湯」を飲むのも良いでしょう。喉も温まりますし、生姜には殺菌作用がありますので、ウイルスを除去して咳などの症状を緩和してくれます。

生姜とぬるま湯だけでは飲みにくいという人は、はちみつやレモンを加えると飲みやすくなり、はちみつの相乗効果で咳止め効果アップも期待できます。また、生姜をはちみつ紅茶に入れるのもオススメです。

緑茶

咳の緩和には緑茶を飲むのも効果的です。緑茶に含まれる「カテキン」や「ポリフェノール」には殺菌作用がありますので、外部から侵入したウイルスを排除し、咳止め効果も期待できます。

喉を温めることができるホットで飲むことをオススメします。

ツボ以上に効果的?咳に効く食べ物は?

Embed from Getty Images

はちみつ

喉に良い食べ物といえば、はちみつを想像する人も多いのではないでしょうか?はちみつには殺菌効果や去痰効果があるので、咳止めに効果が期待できる食べ物です。

スプーン1杯程度の量のはちみつを、お湯で溶いて飲むだけでも十分な効果が期待できます。レモンなどを加えることで、さらに飲みやすくなります。

ただし、子供にはちみつを食べさせるときには注意が必要です。はちみつに含まれるボツリヌス菌は毒素型の食中毒菌です。

1歳未満の乳幼児が摂取することによって体内で菌が繁殖することがあります。体内で菌が繁殖すると、「乳児ボツリヌス症」に感染してしまうことがあります。1歳未満の乳幼児には、はちみつを食べさせないようにしましょう。

1歳以上になれば、この菌が体内で繁殖することはありませんので安全です。

にんにく

にんにくには殺菌効果と消炎効果、去痰効果が期待できますので、風邪をひいたときや咳が止まらないときには最適な食材です。火を通すと効果が弱まってしまうので、すりおろしたものを料理に混ぜるなどして、生で食べることをオススメします。

過剰摂取してしまうと、胃に負担がかかってしまいますので注意しましょう。

大根

大根に含まれる成分には、殺菌作用と去痰作用がありますので、咳止め効果が期待できます。大根も生で食べたほうがより高い効果が期待できるので、大根おろしにして、焼き魚などと一緒に食べるのが良いでしょう。

はちみつと組み合わせた「はちみつ大根」は、喉のトラブルには非常に高い効果が期待できるのでオススメです。はちみつ大根は、いちょう切りした大根をたっぷりのはちみつで漬け込んだシロップです。

生姜

生姜には殺菌作用があるので、喉に侵入したウイルスを除去し、咳を止める効果が期待できます。生姜もなるべく生のまま食べると良いでしょう。

薬味として他の食材と一緒に食べることをオススメします。

ツボでもダメならこれ!市販の咳止め薬

Embed from Getty Images

大人用

・新ブロン液エース

大人用の市販の咳止め薬で一番効くといわれているのは、エスエス製薬の「新ブロン液エース」です。液体の鎮咳去痰薬であり、咳や痰によく効く爽やかな服用間のメントール配合シロップ剤です。

咳の中枢に作用して咳を鎮めるジヒドロコデインリン酸塩と、気管支筋の緊張を和らげて呼吸を楽にするグアイフェネシンの働きで、苦しい咳を鎮めてくれます。さらに、グアイフェネシンは、気管支拡張作用に加え、気道粘膜の分泌機能を高める働きがあり、喉に絡んだ粘稠な痰を薄めて排出を促してくれます。

授乳中の人は服用をしないか、服用した場合は授乳を避けてください。まれに発疹やかゆみ、吐き気やめまい、排尿困難などの副作用が起こる場合がありますので、症状があらわれた場合は直ちに服用を中止し、医師に相談するようにしましょう。

ブロンエースは一人一個限りの販売になります。120mL、本体価格1200円(税抜)です。

・ストナ去痰カプセル

シロップ剤が苦手な人や、痰がからむ咳が出る人には、カプセルタイプの市販の咳止め薬もあります。ストナ去痰カプセルは、医療用からスイッチされた2つの基準外成分配合の早く溶ける液状溶解カプセルです。

L-カルボシステインが痰の通りをスムーズにし、痰、痰のからむ咳に効果をあらわします。8歳の子供から服用することができます。まれに、発疹やかゆみ、吐き気や頭痛などの副作用が出ることがあります。症状があらわれた場合は直ちに服用を中止し、医師に相談するようにしましょう。

18カプセル入り、本体価格1000円(税抜)です。

子供用

子供用の咳止めにはシロップタイプがおすすめです。ライオンの「キッズバファリンせきどめシロップS」は、生後3ヶ月~8歳未満の子供の咳・痰の症状を改善してくれます。

麻薬成分を含まないノンコデイン処方と、安全キャップ・プラスチックボトル採用で、小さい子供にも安心して服用させることができます。いちご味なので、薬が苦手な子供にも飲みやすいです。

ドラッグストアなどで購入することができます。内容量120ml、本体価格980円です。

まとめ

Embed from Getty Images

いかがでしたか?咳を止めるには、ツボを押したりお灸をしたり、温かい飲み物や咳止め効果のある食べ物を摂ったり、背中を温めたりすると良いでしょう。どうしても治まらない場合はお薬を飲むようにしましょう。

咳止めに効果のあるツボの中には、即効性が期待できるツボもありますので、是非試してみてください。また、ツボ押しやお灸と一緒に、はちみつ紅茶やしょうが湯などの殺菌作用や咳の緩和効果が期待できる飲み物を摂ると、さらに効果的です。

ツボや飲み物、食べ物でも治まらない場合は、シロップタイプの咳止めなど、よく効くといわれている市販のお薬もありますので、無理せず飲むようにしましょう。日頃から栄養バランスの良い食事を心がけ、風邪を予防しましょう。