TOP > 薬を探す > 漢方 > 半夏厚朴湯って漢方薬聞いたことある?不快感や不安や不眠、喉など様々な8つの症状や病気・効果的な飲み方や注意点など詳しく解説!

半夏厚朴湯って漢方薬聞いたことある?不快感や不安や不眠、喉など様々な8つの症状や病気・効果的な飲み方や注意点など詳しく解説!

半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)という漢方薬を知っていますか?不安や不眠などに有効と言われており、特にストレスによる喉の違和感や不快感に高い効力を発揮すると考えられているようです。半夏厚朴湯はどのような薬なのか、その成分、作用、どんな病気の治療に使われるかなどをまとめてみました。服用時の注意点についても紹介しています。半夏厚朴湯について知りたいという方の参考になれば幸いです。



半夏厚朴湯は精神安定剤

半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)とは漢方薬の一種で、不安などの精神症状を和らげる効果があると言われています。他にも、不眠、胸や喉に何かが詰まったような感覚、吐き気、息苦しさ、動悸などにも効果を発揮するようです。

漢方治療では、患者一人一人の症状に合わせて自然治癒力を高める治療法を行うそうです。特定の症状に強い効力を発揮する西洋薬に対し、漢方治療で処方される漢方薬は患者にとって不足しているものを補い、体や心の調子を整えていくことを目的とするようです。

漢方医学において「気」という概念があるのですが、これは身体も精神も活動させるためのエネルギー、言ってみれば生命エネルギーのようなものを指すようです。この気の流れが滞った「気鬱」という状態になると、気持ちが沈んだり喉に詰まったような感覚があったりといった症状が現れるそうです。

半夏厚朴湯はこの気の流れを改善させる効果があると考えられています。滞った気の流れを整えることによって、不安などの精神症状、喉の不快感や吐き気などの身体症状に効力を発揮すると見られています。

こんな症状に有効

のどの奥が詰まっている気がする

検査をしても何の異常も見つからないのに、喉の奥に何か詰まっているような感じ、何か引っかかっているような感じがある――こうした症状を漢方医学では「梅核気(ばいかくき)」もしくは「咽中炙臠(いんちゅうしゃれん)」と呼ぶそうです。

梅の種が喉に詰まったように感じることから「梅核気」、喉に炙った肉片が詰まっているように感じることから「咽中炙臠」という呼び名がついたようです。こうした症状は主にストレスが原因となり、喉の気の流れが停滞することによって引き起こされると考えられています。半夏厚朴湯はこうした喉の不快感に効果があると言われています。

動悸やめまいがする

漢方医学においてめまいは、血の量が足りない状態を指す「血虚」、体内の水の量が足りない、体内の水が偏っているといった状態を指す「水滞(水毒)」が原因とされているようです。

因みにこの水とは、漢方医学の概念のひとつとされており、体内を潤している無色の液体と考えられているそうです。漢方薬でめまいを治療する場合は、症状や体質に合わせ、この血虚や水滞を改善させる処方がなされると言われています。

半夏厚朴湯もめまい治療において処方される漢方薬のひとつとされており、特に不安などの神経症状、頭痛なども見られる場合に有効と考えられているようです。また、半夏厚朴湯は動悸にも有効とされています。動悸は「水」や「血」と同じく、漢方医学の概念のひとつである「気(生命エネルギーのようなもの)」の乱れが原因となっていると考えられています。

停滞した気の流れを改善するなど、気の乱れを整えることにより、半夏厚朴湯は動悸の改善に効果を発揮すると見られているようです。

不安、気分が落ち込む

気分が落ち込む、不安、イライラなどにも半夏厚朴湯が効くと言われています。こうした症状は、漢方医学では気が滞ることにより引き起こされると考えられています。半夏厚朴湯は気の流れを改善させることで、不安などの症状を抑える効果があるようです。

また、場合によっては、半夏厚朴湯は喘息の予防にも効力を発揮すると見られています。喘息の患者さんの中には、「また発作が起きてしまうのでは」という不安を抱えている方が多いと言います。一説には、この不安が喘息発作を引き起こす一因となり得ると考えられているそうです。半夏厚朴湯は、このような不安が関係する喘息に関して、発作を予防する効果が期待されています。

吐き気がとまらない

吐き気が止まらない、食欲不振、胃炎といった消化器症状にも半夏厚朴湯が効くと言われています。中でも、ストレスが原因となっているものに効果を発揮するようです。

ストレスによる吐き気の他にも、つわりを抑えるためにも、半夏厚朴湯が使われることもあるそうです。

半夏厚朴湯が処方される病気

不安神経症

半夏厚朴湯が処方される病気のひとつとして、不安神経症が挙げられるようです。不安神経症はストレスが原因となって引き起こされる病気で、自分の体のことや生存のことなどに対し不安を感じるものとされています。この不安は漠然としたもので、明確な対象や理由がある訳ではないと言われます。動悸、呼吸困難、頻脈などの症状も一緒に現れることが多いようです。

不安神経症の中には、全般性不安障害というものも含まれるとされています。これはいろいろなことに対し不安や心配に駆られ、常に緊張してしまっている病気で、震えやめまいなど様々な身体症状を訴えるようです。憂うつ、倦怠感といった症状も見られることがあるそうです。

また、動悸や頻脈、めまい、呼吸困難、胸の痛み、発汗などのパニック発作を起こし、「自分は死んでしまうのではないか」という強い恐怖と不安に襲われるパニック障害も、この不安神経症の一種に分類されるようです。

漢方医学では、不安神経症も気が乱れることで引き起こされると考えるそうです。半夏厚朴湯は停滞した気の流れを改善させるなど、乱れた気を整えることにより、不安神経症に有効に作用すると見られています。

うつ

半夏厚朴湯はうつ病の治療においても処方されることがあるようです。うつ病は、気分が落ち込む、意欲の低下、集中力や判断力の低下といった精神症状と、疲労感や睡眠障害など様々な身体症状が現れると言われています。

漢方薬をうつ病の治療に用いる際は、体質や症状の種類、程度などを考慮して処方する薬を選ぶと言われています。半夏厚朴湯は、体力が十分備わっている状態と不足した状態の中間くらいの患者に処方されることが多く、症状の程度も中等度のうつ病治療に用いられることが多いようです。

不眠症

半夏厚朴湯は不眠にも効果があると見られているため、不眠症の治療においても用いられることがあるようです。

漢方医学では、五臓(肝・心・脾・肺・腎の五つの臓器)のうち、肝がストレスとの関連が深いと考えられています。ストレスにさらされることにより、肝の気の流れが乱れると言われており、その結果神経が高ぶって不眠につながると見られているそうです。

漢方薬を用いて不眠症の治療を行う際は、肝の気の流れを整え、神経を静めることを目的とするようです。半夏厚朴湯は、主に眠る前に喉や胸に違和感や不快感がある場合、息苦しさや動悸などで寝つけない場合などに処方されることが多いと言われています。

つわり

つわりの治療においても、半夏厚朴湯が処方されることがあるそうです。漢方医学の考え方では、つわりの原因として、胃の気が上へ上がってしまうこと、水滞(体内の水分が偏る、滞るといった状態)などが挙げられているようです。

半夏厚朴湯は、主に気の乱れを整えることでつわりに対し効果を発揮するだけでなく、抑うつを軽減させる上でも効果的と考えられています。

自律神経失調症

自律神経は体が適正な状態で働くようコントロールする役割を担うとされていますが、生活習慣の乱れやストレスなどによってそのバランスが乱れてしまうことがあると言います。

こうした状態になってしまうことを自律神経失調症といい、頭痛、肩こり、動悸、冷え、ほてり、めまい、食欲不振、便秘、下痢、不安、不眠など、人によって実に様々な症状が報告されています。体の不調を訴えているのに、検査をしても特に異常が見つからないのも特徴のひとつと言われています。

この自律神経失調症の治療でも、半夏厚朴湯が処方されることがあるそうです。特に気持ちの高ぶり、不安、イライラなどが強い場合、半夏厚朴湯が有効と考えられています。

半夏厚朴湯の生薬

半夏厚朴湯に含まれている生薬にはどのようなものがあるのか紹介していきます。

半夏(はんげ)

半夏とは、サトイモ科カラスビシャクという植物の球茎を、外皮を除いて乾燥させたものを言うそうです。痰や吐き気を抑える効果、鎮静効果などがあるとされています。

カラスビシャクは多年生の雑草で、5~7月頃に花を咲かせると言われています。1つの花あたり20粒程度と、取れる種の数は比較的少ないようです。

厚朴(こうぼく)

モクレン科カラホオノキ、またはホオノキ、凹葉ホオノキの樹皮や根の皮を乾燥させたものを厚朴と言うそうです。胃腸の調子を整える効果、筋肉の緊張を和らげる効果、抗菌効果などがあると言われています。

カラホオノキや凹葉ホオノキは主に中国南部、ホオノキは日本(北海道~九州)に生育しているとされ、いずれも初夏に香り高い白い花を咲かせるそうです。

茯苓(ぶくりょう)

茯苓は、サルノコシカケ科のマツホド菌の菌核を乾燥させ、そこから更に外皮を除いたものとされています。マツホド菌は、アカマツやクロマツ(※伐採後数年経過したもの)の根に寄生するそうです。

茯苓には、鎮静効果、利尿作用、血糖を下げる効果などがあると言われています。薬膳料理にも使われることが多いようです。

蘇葉(そよう)

 

蘇葉(紫蘇葉)は、その名前から想像がつきやすいかと思いますが、シソ科シソの葉を乾燥させたものだそうです。食卓でお馴染みのシソですが、漢方薬としても用いられるようです。

鎮痛、鎮静、利尿、解熱などの効果があると言われており、咳を鎮めるなど風邪にも効くとされています。

生姜(しょうきょう)

生姜も食材として馴染み深いものと言えるでしょう。生薬としては、生のままのショウガが「生姜(しょうきょう)」と呼ばれます。因みに乾燥させたものを「乾生姜」、蒸した後に乾燥させたものを「乾姜(かんきょう)」と言うそうです。

胃の調子を整える効果、食欲増進効果などがあると言われており、体を温めて新陳代謝を高める効果もあるとされています。

半夏厚朴湯はどんな作用がある?

鎮静作用半

半夏厚朴湯には鎮静作用があると考えられています。この薬をラットに投与したところ、自発的な活動が低下したという実験結果もあるようです。

この鎮静作用により、半夏厚朴湯は不安や不眠といった症状に効果を発揮すると言えるようです。

筋弛緩作用

筋弛緩作用もまた、半夏厚朴湯が持つ作用のひとつと言われています。これによって気持ちを落ち着かせたり緊張を和らげたりする効果が期待できるため、不安神経症や不眠症などに有効と考えられています。

また、主にストレスが原因となって引き起こされる、「喉に何か詰まったような感じがある」といった違和感や不快感にも、この筋弛緩作用が効力を発揮すると考えられているようです。

加えて、半夏厚朴湯は、嚥下機能が低下した場合の改善にも役立つと考えられています。誤嚥を防ぐ、それによって誤嚥性肺炎を予防する上でも有効とされているようです。

精神安定作用

半夏厚朴湯には精神安定作用もあると考えられています。この作用により、不安感や緊張感を和らげる効果、イライラを抑える効果、不眠を改善する効果などが期待できるようです。

半夏厚朴湯は呼吸を楽にしてくれる

のどの詰まりはストレスサイン

喉に何か詰まっているような感じ、何かつかえているような感じがあるのに、検査をしても特に異常が見当たらないという症状に悩む方は少なくないようです。

これはヒステリー球とも呼ばれる症状で、漢方医学においては「梅核気(ばいかくき)」「咽中炙臠(いんちゅうしゃれん)」などと呼ばれているそうです。

この喉の違和感は、ストレスが原因となって引き起こされることがあると考えられています。

ストレスにさらされることによって自律神経のバランスが乱れ、喉や食道の動きが鈍くなると見られています。また、喉の違和感や不快感がさらにストレスを増幅させるという悪循環に陥ってしまうケースもあると言います。

ストレスが原因となって体に異常が現れることがあると言われており、この場合、動悸、めまい、頭痛、腰痛、下痢、風邪に似た症状、微熱といった様々な症状が報告されています。そして、中には喉に何かしらの症状が現れるケースもあると言います。喉に違和感があるという状態は、場合によってはストレスを感じていることを示すと言えるようです。

のどの炎症を鎮める効果がある

半夏厚朴湯は、半夏、厚朴、茯苓、蘇葉、生姜という生薬から作られているというのは前に述べました。蘇葉と生姜は発汗作用があり風邪に効くと言われており、特に蘇葉には痰や咳を抑える効果があると見られています。

半夏は特に消化管に作用すると見られ、吐き気や嘔吐を鎮める効果があるとされています。加えて、厚朴や茯苓には鎮静効果があると言われています。これらの生薬が組み合わされることにより、半夏厚朴湯は声がかすれるなどの喉の炎症、喉の違和感や不快感に有効に作用すると考えられているようです。

他にも、半夏厚朴湯は喉に痰がからむ、あるいは口の中が粘つくような感じがあるという症状にも効果があると言われているようです。

気鬱を解消させることで呼吸器の症状を鎮める

漢方医学では、体の不調の一因として、生命活動を行うためのエネルギーとも言える「気」が不足したり滞ったりすることが挙げられるようです。

気が不足した状態を「気虚」と言うそうで、この場合、疲労感や倦怠感などが現れると言われています。気の流れが乱れて逆に流れてしまう状態を「気逆」と言い、この場合は冷え、のぼせ、動悸といった症状が見られるようです。

喉の不快感、違和感、炎症などは、「気鬱」という状態において見られる症状とされています。これは気が停滞した状態を指すそうで、喉の症状だけでなく、抑うつ、胸に何かつかえているような感じ、頭が重い、腹部膨満感といった症状が見られることもあるようです。

半夏厚朴湯はこの気鬱を改善させる効果があると言われており、喉の症状を始め息苦しさ、咳といった呼吸器の症状、吐き気や動悸など特に胃から上に現れる症状に有効とされています。

服用時の注意点

半夏厚朴湯を服用する際には、どのようなことに気をつければ良いのでしょうか。注意点をまとめてみました。

水またはお湯で飲む

半夏厚朴湯は水もしくはお湯で服用するのが良いようです。これは半夏厚朴湯に限らず漢方薬全般に言えるようですが、ジュース、牛乳、お茶などは薬の吸収に影響を及ぼす可能性があるとされています。薬の効果にも何かしら影響する恐れがあるので、水やお湯以外の飲み物で飲むのは避けた方が良いそうです。

食前・食間に飲む

これも半夏厚朴湯に限らず漢方薬全般に言えることのようですが、服用するのは食前か食間(食後2時間程経過した後)が良いそうです。

漢方薬の原料は生薬(植物、動物、鉱物など自然のもので薬効があるとされるもの)なので、吸収のされ方が食べ物と似ていると考えられています。食事の影響を受けやすいため、お腹に何も入っていない状態で飲むのが望ましいとされています。

とは言え、食後でも薬の効果がなくなるということではないようです。漢方薬は定められた量を定められた期間、しっかりと服用し続けることが大切とされているため、飲み忘れてしまったときは食後に服用しても特別問題はないと言われています。

茯苓飲合半夏厚朴湯との違いは?

漢方薬の中には、半夏厚朴湯と似た名前の「茯苓飲合半夏厚朴湯(ぶくりょういんごうはんげこうぼくとう)」というものがあります。これは半夏厚朴湯に陳皮(ちんぴ)などミカン系の生薬、朝鮮人参が加えられたものだそうです。

朝鮮人参には弱った胃の調子を整える作用があると言われています。ミカン科ウンシュウミカンの果皮を乾燥させた陳皮にも、胃の働きを改善させる効果、吐き気や咳を抑える効果などがあるとされています。

そのため、茯苓飲合半夏厚朴湯は喉の違和感や不快な症状だけでなく、胃の不調にも有効と見られています。吐き気や胸焼けといった症状もある場合に処方されることがあるそうです。

半夏厚朴湯の副作用

半夏厚朴湯にはどのような副作用があると言われているのかまとめてみました。服用時の参考にしてみてください。

半夏厚朴湯は副作用報告が少ない

漢方薬は比較的副作用が少ないと言われています。半夏厚朴湯も重大な副作用はないと見られており、正常な人が服用した場合も特に何か作用があるという訳ではないようです。

そのため、漢方治療は安全である、体に優しいといった印象を抱かれやすいようですが、使い方を間違えるなどすれば副作用が起こる恐れがあります。医師や薬剤師の指示に従い、正しく服用するようにしましょう。

発疹・かゆみがあることがある

半夏厚朴湯を服用した際、発疹、かゆみといった症状が現れることがあるようです。この場合は副作用の恐れがあるため、服用を中止して医師に相談するようにしましょう。

この症状の他にも、何か気になる症状があったり、体調に異変を感じたりした場合も医師に相談すると良いでしょう。

半夏厚朴湯を飲んでみたかったら?

病院で処方してもらう

半夏厚朴湯を服用したい場合は、病院など医療機関で診察を受けて処方してもらうという方法があります。医療機関で処方される医療用のものとしては、ツムラ16番の「ツムラ半夏厚朴湯エキス顆粒」などがあるようです。

医療機関を利用して半夏厚朴湯を処方してもらいたい場合は、あらかじめ病院のホームページなどで、漢方薬の処方をしているかどうか確認してから受診すると良さそうです。

漢方薬局で処方してもらう

漢方薬局で半夏厚朴湯を処方してもらい、服用するという方法もあります。漢方薬局では専門家によるカウンセリングが行われ、その人の体質、体調、症状に応じた漢方薬を処方してもら

えるところが多いようです。

漢方薬の作用や飲み方などについても、丁寧な説明を受けられるところも多いそうです。予約が必要な薬局もあるようなので、事前に確認してから利用すると良いでしょう。

ドラックストアや通販で買う

半夏厚朴湯に限らず漢方薬には、病院などで医師から処方される医療用のものと、ドラッグストアや通販などで購入できる一般用のものがあるそうです。

安全性を考慮し、一般用のものは医療用のものよりも、含まれている成分の濃度が低くなっていると言われています。それでも、症状が軽い場合は十分効果を発揮することもあるようなので、ドラッグストアや通販を利用するというのもひとつの方法と言えるでしょう。

一般用の半夏厚朴湯には、「ツムラ漢方半夏厚朴湯エキス顆粒」「クラシエ漢方半夏厚朴湯エキス顆粒」「タケダ ストレージタイプH」などがあるようです。

一説には、半夏厚朴湯の効果は大体2週間程度で現れると言われています。2週間を過ぎても症状に変化が見られない場合は、自分の症状に薬が合っていない可能性があるか、診察や詳しい検査が必要な可能性もあると考えられています。

症状に改善が見られない場合、あるいは何か異変があったなど気になる症状が見られた場合は、服用を中止して医師の診察を受けるようにしましょう。

まとめ

不安な気持ちが強かったり、イライラして落ち着かなかったり、眠れなかったりといった症状を抱えているのは辛いものですよね。

医師の診察を受け、抗不安薬や睡眠薬などを処方してもらうというのもひとつの方法かもしれませんが、そうした薬は副作用や依存が心配という方もいるかもしれません。

一方で、漢方薬は比較的体への影響が少ないと見られており、向精神薬などの使用量を減らすことができるというメリットも期待されています。

ここで紹介した半夏厚朴湯は、不安や不眠といった症状の他、特にストレスによる喉の不快感(喉に何か詰まったような感じ・つかえているような感じがあるといった症状)に有効と考えられています。こうした症状に悩んでいる場合は、半夏厚朴湯を服用するのも良いかもしれません。

ただし、自分の体質や症状に薬が合っているか判断してもらうためにも、医師や薬剤師に相談してから服用するようにしましょう。別の薬を服用している場合、あるいは服用後に体調に異変が見られた場合なども医師や薬剤師に相談するようにしてください。