TOP > 病名から探す > 呼吸器の病気 > 【気管支喘息】は大人になってもある!?治療法やこれ以上悪化させないための予防法や対策・原因など徹底解説

【気管支喘息】は大人になってもある!?治療法やこれ以上悪化させないための予防法や対策・原因など徹底解説

気管支喘息は、空気の通り道となっている気道やその先の気管支などに炎症が起き、空気の通り道が狭くなってしまい、空気の流れが制限されてしまう疾患です。一見、治療により良くなったために、喘息の治療を自己中断してしまうと、喘息は悪化する恐れがあるといわれています。喘息は長期的な視野で治療していくと考え、日々のケアを怠らないようにしましょう。



気管支喘息とは

気管支喘息は気道の炎症

気管支喘息は、呼吸をする際に通る気管に炎症が起きることによって、気管が外部からの刺激に敏感になり咳や淡がでます。また、気管が炎症によって狭くなることもあります。

気管が狭くなると呼吸がしにくくなり、炎症によって引き起こされる咳や淡とともに呼吸困難や激しい咳嗽を伴うといわれています。

この気流が制限される状態は、軽症から死に至るくらいの重症なものまで様々で、治療により回復するといわれています。しかし、この気流制限が慢性的に大人になっても症状が現れるようであれば、炎症と修復が何度も繰り返されているうちに気道の壁がだんだんと肥厚し、気道がもとに戻りづらくなり、少しの刺激にも過敏に反応し激しく咳き込んだりするようになってしまう慢性的な病気へとつながるといわれています。

喘息は現代人に増えている!

日本では、喘息になってしまう方が増えているといわれています。喘息患者は小児で多く、1960年代では、1%程度だったといわれていますが、近年では増加傾向にあります。全体の人口のうち、子どもで約6%、大人で約3%という数字となっています。

喘息患者はほとんどの割合で幼年期に発症し、思春期ごろには回復してきているといわれていますが、そのまま成人まで続くケースもあります。

子どもにおいてほとんどの場合、治療されますが成人においては放置されている年数が長く、重症化するケースもあるようです。アレルゲンとなるものは、ダニ、ペット、カビなど様々でそれ以外にも大気汚染や喫煙、寄生虫感染など様々な原因が考えられています。

それでは詳しく気管支喘息の原因を見ていきたいと思います。

気管支喘息の原因

炎症を起こしている気道への刺激

喘息になる方は体質的に外部からの刺激に反応しやすい体質であるといわれています。そのため、喘息でない方の気管や気管支よりも過敏に反応してしまう傾向にあるといえるでしょう。

原因となる刺激物には、アレルゲンと呼ばれるアレルギー反応の原因物質とそれ以外のもので構成されています。実際には小児期の発症においてはアレルゲンが多いですが、年齢を重ねるにつれてその他の原因物質と絡み合って引き起こされることが多いと言われています。

気管支喘息の最初の予防は環境を整え、アレルゲンや気管支喘息を引き起こす原因物質から遠ざけることといわれています。

アレルゲンによるもの

・家塵ダニ

・ハウスダストやほこり

・ペットの毛や上皮

・真菌(カビ)

・ガ

・ゴキブリ

・花粉

・食物

などがあげられます。何が原因なのか詳しく知りたい方は、医療機関で血液検査をしてもらうとよいでしょう。

アレルゲン以外によるもの

・運動

・たばこ

・薬(解熱剤や鎮痛剤など)

・精神的なストレス

・風邪などの感染症

・化粧品などの化学物質

・大気汚染(排気ガス・光化学スモッグ)

・季節の変わり目などの気候の影響

・香水などの匂い

があげられます。

アスピリン喘息に気を付けて!

成人における約10%の方は風邪薬に含まれている物質によって発作が起きるのです。これをアスピリン喘息といわれており、アスピリンに限らずほとんどの解熱剤などで起こるといわれています。強い喘息発作が起きることがあるため、注意する必要があるのです。

アスピリン喘息と一度でも診断されたことがある方は必ず医師の指示のもと薬を服用するようにしてください。

気管支喘息になる年齢

気管支喘息の年齢別症状

16歳以上になってから喘息を発症した方のうち、多くは40代以降に発症した方が多くおられます。その中でも50歳代に発症した方が最も多いようです。16歳から20歳までに発症した方は全体の2割で、これは小児喘息に分類されることがあるとのことです。小児喘息では主にアレルゲンを原因として発症します。

また、40歳以上で発症した方は成人喘息といい、ほとんどがアレルゲン以外の物質によってひきおこされているようです。40歳以降に発症した方の方がアスピリン喘息や重症な喘息が出やすいとのことです。

小児発症喘息とは

小児発症喘息とは、子どものころに発症する喘息のことを指します。遺伝的な要素が強いといわれており、両親がアレルギー体質であれば子どもが喘息になる確率は高くなるといわれています。小児喘息のほとんどは大人になる過程で肺が大きくなり症状が出にくくなり、その後症状がなくなり完治するといわれています。しかしながら治らない場合は思春期喘息、成人喘息へつながるといわれています。

小児期は親に管理されているため治療のコントロールが比較的行われやすいですが、思春期以降になると自己管理が不十分で治療のコントロールが悪い場合があり、重症化することもあるそうです。

成人発症喘息とは

成人の喘息のほとんどの方が40歳~50歳ごろに発症するといわれています。喘息の中でも多くの人が成人してから発症する場合があり、これを成人発症喘息といいます。子どもの時からの喘息が大人になってからも継続して喘息になっている人は10%程度といわれており、完治したと思われていた喘息が風邪や疲れなどの免疫力が低下して再度発症してしまうということです。

大人の発症は家計を任されている責任感や家事などに追われる毎日によって自分自身の生活をうまくコントロールできていないことも要因の一つだと考えられています。また、発症していても早期に受診することが難しく悪化するともいわれています。

成人になると喫煙の割合が高くなり、喫煙者の発症が多くなります。喫煙をしているだけで、肺へのダメージが大きく、様々な病気の重症化の可能性があるといわれています。また、成人で喘息になりやすい人の特徴として花粉症やアレルギー物質への過敏などの体質の方が多いといわれています。

大人でアレルギーの原因が分かっている場合と不明な場合があります。原因が分かっている外因性喘息と原因が不明な内因性喘息が存在します。また、分子の大きさによって高分子物質のアレルギーや低分子化学物質のアレルギーなどによって職場で働いている際に起こり得る、職業性喘息というものも存在します。

気管支喘息の症状

喘息の症状には色々あります

喘息の症状は様々で咳がでることや痰がでる、胸に違和感があることがあります。その他にも喘鳴(ぜんめい)と呼ばれる息を吸い込むときに特有の音を鳴らす症状があります。喘鳴の場合は「ヒュー」という音や「ぜーぜー」という音が聞こえるといわれています。また、近年では咳のみの症状がでる咳喘息という疾患も増えてきています。

このような症状が継続している際は主治医かもしくは近くの呼吸器内科などの専門の先生にかかりましょう。放っておくと大変なことになってしまいます。

咳喘息は喘息になりやすいため要注意

一般的な喘息とは異なる喘息に、先ほどお話ししました、咳喘息というものがあります。

咳喘息というのは、風邪などが治った後しばらく続く咳だといわれています。咳喘息とは寒さや暑さなどの気温の変化や、夜中から明け方などの就寝時間に発作的な症状が起きたり、長時間の会話などでのどを使うとのどが渇き咳が止まらなくなることがあったりします。

咳喘息は喘息の1つで、気管や気管支がアレルギー物質を吸い込むことによって炎症を起こすことによって起こるといわれています。しかしながら一般的に良く知られている喘息との違いとして、特徴的な音が聞こえる喘鳴という症状や、粘り気のある痰がなかったり、痰がのどに

絡まないという特徴があるようです。放置しておくと重症化する可能性がありますので、放置せずに早急な受診を心がけましょう。

風邪などによって機関や気管支が一回炎症を起こしてしまうと、過敏になっており喘息へと移行し、咳喘息がひきおこされるといわれています。咳喘息の予防は風邪をひかないといいうのも過言ではありません。もし、発症しても咳喘息の早期の段階で治療を取り組むことで改善するといわれています。

症状が起こりやすいといわれているのは

喘息の発作が起きるときには大体のタイミングがあります。喘息症状のいくつかの特徴を抑えて、喘息症状かどうかの見極めに役立ててください。

・天気があまりよくなかったり、変わりやすい時

・風邪をひいた時

・季節の変わり目など、寒暖差がはげしい時期

・ストレスで疲れがたまっている時

・夜間~明け方にかけて

・発作を引き起こす刺激と接触してしまった時(煙草や線香の煙、香水など強い臭いなど)

喘息と風邪の症状の見分け方は?

喘息か風邪かの大きな違いは夜中から朝にかけて症状がひどくなる場合、喘息が強く疑われます。喘息の最初の症状は風邪とは見分けがつきにくい咳や痰、鼻水などの症状です。風邪だと思って放っておくと重症化してしまう危険性があるため、早急な受診が望ましいでしょう。

受診の際のはどのタイミングで症状がひどくなるのかについて医師に伝えることで喘息かどうかの判断がスムーズであると考えられるでしょう。

喘息の方の4分の3以上の人が何らかのアレルギーを持っているといわれています。花粉症やアレルギー性疾患の方は現在喘息でなくとも、将来的に喘息になってしまうことも考えられるので、風邪症状の際には注意が必要といえるでしょう。

気管支喘息の検査と診断

血液検査

喘息を診断するためには、いくつかの検査があります。症状や年齢、目的に応じて、医師の判断によりいくつかの検査が行われます。次にこれらの検査を紹介します。

血液検査では、採血をして、採取された血液を分析することによってどのアレルゲンでアレルギーを起こしているのか、判別をおこなう検査になります。採血された血液をアレルゲンの種類に対して反応させることで、アレルギーへの抗体であるIgEという抗体が検出されるかどう

かをみる検査です。この抗体が検出される場合にはアレルギーである可能性が高いといわれています。RAST法とはアレルゲンがある程度分かっている状態で検査を行います。RAST法では、0~6の7段階で、MAST法では、0~5までの6段階で、一度に多くのアレルギーについての検査を行えるそうです。

スパイロメトリー(呼吸機能検査)

スパイロメトリーは、肺の機能を検査する方法の1つです。空気を限界まで吸い込み、いっぱいいっぱいのところから勢いよく吐き出す検査で、空気がどのくらい肺の中に貯められるのか、空気をどのくらいの速さで吐き出すことができるのかを検査します。その際にスパイロメーターという器具を使って測定をします。

喘息の時に特に重要になってくるのは吐き出す空気の量です。これは、正常な肺の機能の方よりも喘息の方の方が低く出るといわれています。この検査の値をFEV1といい、はじめに吐き出した1秒間の空気の量を測定しています。

気道過敏性試験

気道が過敏になっているかどうかを検査する方法です。発作を薬によって誘発させ、どの程度の濃度で発作が起きるのかの反応を計測する検査です。重症な方であるほど気道過敏性が高いといわれていますが、治療により改善するといわれてます。

胸部レントゲン検査

レントゲン撮影を行い、肺の状態を観察する検査のことです。エックス線によって身体を透過し、肺の状態を観察します。レントゲン撮影を行うことで呼吸器疾患の判断を行うのです。呼吸器疾患のなかには喘息以外にも肺結核など似たような疾患も存在します。また、その他にも肺炎などの合併症が起こっていないか調べるために行います。

皮膚反応テスト

アレルギーの反応を皮膚で観察する検査法です。実際にアレルゲンと想定される場合、皮膚にて反応が出ることが多いといわれており、皮膚の上でアレルゲンを特定するために行われるそうです。アレルゲンの疑いのある成分を液体化し、皮膚に塗布します。その後、かゆみや腫れ、赤みなどのアレルギー反応がでるかどうかのテストを行います。アレルギー反応が出た場合、アレルゲンとして特定されるようです。

その他の検査

その他にも必要に応じで肺の検査だけでなく、エコー検査・心臓の心電図検査・胸部CTなどの検査が行わることがあるそうです。

診断するための鍵とは?

診断のポイントとして、上記にお伝えしました検査と組み合わせて症状の確認をするようです。喘息の特徴的な症状ともいえる夜から朝にかけての発作がひどくなったり、季節の変わり目などの温度の変化によって症状がでるかどうかをチェックされます。特徴的な症状が長く続くと喘息の可能性が高いと考えることが重要なようです。

その他にも今までの疾患や子どものころに喘息があったか、アレルギーがあるのか、普段から身近にアレルゲンとなる物質があるのか(ペットやたばこなど)、家族に喘息の人がいるかどうかなどについての問診も重要であるといわれています。

気管支喘息が軽症か重症かを知るには

喘息の重症度は4段階に分けられます。喘息予防・管理ガイドラインに則り、個々の症状や呼吸機能検査の結果によって分類されます。4分類の中には、軽症間欠型、軽症持続型、中等症持続型、重症持続型が存在し、重症度に応じて治療が選択されます。

自分自身がどのような状況なのかかかりつけの医師に相談しましょう。喘息の治療は継続的に観察することが重要なため、自己判断は禁物です。治療の工程についても医師に相談の上、納得のいく治療を受けることで服薬の中断がなく治療が成功するでしょう。

気管支喘息の治療

「起こった発作を鎮静化させる薬」と「発作を予防する薬」を使い分けよう

喘息の治療は発作を予防する治療と発作を鎮める治療があります。発作が起きると気道が炎症反応を起こしてしまい、発作が出やすい悪循環に陥りますので発作を予防することが重要です。喘息の治療薬として、発作治療薬と長期管理薬(コントローラー)と呼ばれるものがあります。発作治療薬とは、気道を拡張したりすることによっておこった発作を鎮静化させる効果があり、急性期の治療に用いられることが多いようです。長期管理薬(コントローラー)は、発作を予防するために継続的に服薬する必要のある薬で、どちらも喘息の治療には欠かせないものといわれています。

喘息には発作を予防するために毎日継続する「長期管理薬」が大切

喘息の場合、発作がおきることによって発作が誘発されることがあり、発作が重症化すると入院などに至る場合もあります。これは、普段の歯磨きなどの日常的なケアと同じで虫歯にならないために歯磨きをすることと似ています。喘息の場合、中断をしないで継続して服用することが望ましいとされています。

コントローラー(長期管理薬)には、様々な薬が配合されています。主に使われているのは、炎症を鎮める薬であるステロイドや気管支を広げる薬である、β2刺激薬です。この2つの薬をベースに、アレルギー反応を抑えて気管支を広げたり、β2刺激薬よりも薬効は低いもの持続性が高いテオフィリン徐放製剤、アレルギー反応を起こりにくくする薬などが配合されています。

治療薬には吸入をする薬が一般的

喘息の治療薬は様々で、薬の形状も多岐に渡ります。内服薬、吸入薬、貼り薬、注射薬などがあり、患者さん自身の特性や発達に合わせて処方されることが多いです。例えば、上手に吸入薬を吸い込むことが難しい方には貼り薬や内服薬を処方したり、薬を飲めない子どもには貼り薬にしたりなど、目的や症状・年齢などに応じて使い分けられるようです。これらの中でも主流なのは、薬を直接のどに届けることができる薬です。これは吸入薬と呼ばれ、様々な形状のものがありますが、それぞれの形状に応じて内服の方法は異なります。

吸入ステロイド薬

定期的に服用する薬として用いられているものがステロイド薬といわれています。ステロイドと聞くと怖い薬だという認識がある方もいますが、ごく少量の成分で、炎症を抑える作用があり、肺や気管支のみにステロイドを作用させることができますので、副作用も少なく、長期の使用が行える薬だといわれています。

薬の量も経口薬と比較すると、0.001倍程度で効果を得ることができるといわれています。

副作用として、口腔内から気道にステロイドがいきわたりますので、口内炎などの口の中に炎症ができたり、嗄声とよばれるのどに痛みを感じたり、声がれなどが出ることもあります。しかしながら、吸入後にしっかりうがいをすることで、それらの症状を予防することができるといわれています。

β2(受容体)刺激薬

発作が起こった時に、「β2(受容体)刺激薬」という薬が主に使用されています。β2(受容体)刺激薬とは、狭くなった気管支を拡げる効果がある気管支拡張薬のことです。βというのは自律神経の中の副交感神経を遮断するという意味で、副交感神経を遮断することによって分

泌物の減少が期待されます。この薬には「長時間作用型のコントローラー」と「短時間作用型のリリーバー(発作治療薬)」の2種類があり、用途に分かれて使われているようです。

この薬の注意点として、短時間作用性吸入β2刺激薬は、呼吸困難などによって起こる苦しさを気管支拡張作用によりすぐに取り除く効果はあり発作のときは大変便利なのですが、喘息の原因である炎症を抑える抗炎症作用は持ち合わせていません。そのため、炎症によって引き起こ

される発作を予防することが難しく、依存や過剰使用が問題となるといわれています。使用時には、医師のの指示に従って服薬することが大切です。

また、この薬を頻繁に使用するということは、喘息が長期的な目で見て、コントロールできていないということになるそうです。

経口ステロイド薬

飲み薬としてのステロイド薬は急激な発作への治療薬として使うことが多いようです。使用される場合は、重症と診断された喘息・大きな発作が起こった場合とされています。その理由は、吸入ステロイドに比べると容量が多いため、副作用の観点から長期の服用には向いていな

い可能性が高いといわれています。炎症を抑える作用が強いので、状況に合わせて吸入ステロイド薬と上手に使い分けることが大切だといえます。

喘息を放っておくと

発作を繰り返すことで悪くなる

喘息の正体は気道が炎症を起こしていることによって引き起こされている状態だといえます。発作時に対処することはもちろん、定期的にコントロールすることが重要です。定期的な対応を放置しておくと、修復する過程で気道の壁が肥厚してしまうのです。気道の壁が肥厚すると、気道の弾力性などがなくなり、根本的な治療が困難になるといわれています。

悪いサイクルをストップさせるために

気道を硬く、厚くさせることなく悪循環を起こさないようにするためには、気道の炎症に対する治療を怠ってはいけないといわれています。毎日しっかり炎症を予防し、治療を行うことが大切だと言えるでしょう。抗炎症治療は発作のときだけ行えばよいのでなく、継続的に服薬をすることで喘息の治療に効果がでるといわれています。

喘息の急な発作への対処法

急な発作が起きる前に取っておくべき行動

急性の喘息発作では、人それぞれ症状の程度が異なります。軽度の呼吸困難から重度に至れば意識障害を引き起こす場合もあります。そのため、あらかじめ発作が起きたときの対処法について医師から具体的な指示を受けておくことが大切です。

横になることができるときは

横になれる場合は横になってまず体を安静にしましょう。そして、発作の治療薬を服薬するようにしましょう。服薬する薬はβ2刺激薬が良いとされており、発作時、発作後20分後、1時間後を目安にしているそうです。経口摂取役を併用することもあるようですが、あくまでも目安ですので、医師の指示を確認しておきましょう。症状によっては自宅に安静にしていても問題ないとされる場合もありますが、人によってはどの程度で病院に受診すべきなのかについても異なりますので、発作が収まらなかったり、普段と違ったときは病院を受診するようにしましょう。

直ちに救急外来を受診したほうがいい場合

1. 通常の歩行や会話が難しい程度の症状が出た場合

2. 発作が起きてから気管支拡張薬(吸入や内服)を使用しても、3時間以内に症状がよくならない場合

3. β2刺激薬が1~2時間おきに服薬しなければいけないくらい発作が激しい場合

4. 発作が悪化してしまう場合

5. 以前に意識喪失を伴うような重篤発作を起こしたことがある方やステロイド依存性の方は中

等度の症状であっても救急への受診が望ましいでしょう。

気管支喘息の市販薬はどう?

市販薬を購入する場合には、薬剤師などに相談し、成分が重複しないように気を付けたり、自分自身の症状に合うものかどうかを確認してから買いましょう。気管支拡張作用のあるものを選ぶと効果的だといわれています。市販薬は、一時的に症状を緩和させるために使用し、長期間連続して服用しないように気をつけましょう。症状が続くようであれば、早めに病院受診するようにしましょう。

「アスクロン(大正製薬)」に配合されているメトキシフェナミン塩酸塩や、「ミルコデシロップ(佐藤製薬)」に配合されているメチルエフェドリン塩酸塩には、気管を広げる作用とともに気管支の痙攣(けいれん)を抑える作用があります。これらの作用によって咳を鎮めることができ、呼吸が楽になるといわれています。

アミノフィリンが配合されている「強力アスメトン(第一三共ヘルスケア)」は、気管支の痙攣や気管支粘膜の腫れなどを抑え、気管支を拡げる働きがあります。喘息発作時の咳を鎮める効果があるといわれています。テオフィリン配合の薬にも同様の効果があるとのことです。

また漢方薬として販売されている麻黄(マオウ)には、咳を鎮めたり炎症を抑えたり、のどの粘液の分泌を促進したり、のどの繊毛運動を促進するなどの喘息症状を和らげる作用があるといわれています。咳が抑えられ、痰が切れやすくなるとのことです。

喘息の予防法

室内の掃除をし、清潔を保つ

アトピー性の喘息の場合は、第1にアレルゲンの除去が効果的だといわれています。アレルゲンであるダニや花粉、カビやホコリ、ペットの毛などが部屋に舞わないように、こまめに掃除と換気を行うことが大切だそうです。空気の入れ替えやこまめな掃除を行って部屋の空気をきれいに保つよう心がけましょう。生活の身の回りに存在するアレルゲンからできるだけ遠ざけることで、発作の予防につながります。家の中を清掃し、発作がおこらないように気を付けることが大切です。

禁煙する

タバコの煙には主流煙と副流煙の2つが存在します。主流煙とは実際に煙草を吸っている人が吸っている煙で、副流煙とはその周囲に漏れ出ている煙のことです。主流煙よりも副流煙に有害物質が多く含まれているといわれています。タバコの煙を吸い込むと気道を刺激し、気道の炎症を引き起こしてしまいます。タバコに含まれている成分はステロイド薬の効き目が悪くなり、重症化する場合もあります。タバコの煙は吸っている本人だけでなく、周囲にいる人にも悪影響を及ぼす可能性があります。周囲に喘息の人がいる可能性もありますので、自分自身の健康のためだけでなく、周囲への影響も考慮し、禁煙した方がよいといわれています。

ストレスをためない

過度なストレスは、自律神経の乱れをおこすと言われています。自律神経は体の中の調節機能を担っています。そのため、自律神経のバランスが崩れると、元気が出なくなったり、風邪をひきやすくなったりすることがあります。風邪をひいたり、免疫力が低下することによって喘息の悪化にもつながるといわれています。

そのため、休日には、しっかり休養をとるようにしましょう。自分自身の好きなことに熱中するのも良いですし、運動などをして、体を動かすことでストレス発散へ効果があるといわれています。自分自身のストレス発散の上手な方法をみつけられるといいですね。

ストレスを感じているときこそ、きちんとしたコントロールが必要です。喘息の方はストレスのせいだとおもい服薬を中断することのないよう、医師の指示にしたがって服薬を続けましょう。

十分な睡眠をとる

睡眠不足がずっと続くことによって十分な回復ができず、疲れをためることで免疫力の低下につながります。免疫力が低下すると、風邪やアレルゲンへの抵抗性が低くなり、喘息になってしまう可能性があります。十分な睡眠時間をとることはもちろん、寝る前の入眠儀式としてリラックスできる環境を整え、睡眠の質を上げることも重要です。

まとめ

いかがでしたか?喘息と聞くと聞いたことがある病気で治るとおもって放置しておいていい病気ではありません。喘息をそのまま放置しておくと、症状が悪化して、治りづらくなってしまう恐れがあります。そうなると、いくら後悔しても後悔しようのないことになってしまうので、日々の治療薬の大切さがわかっていただけたのではないかと思います。

たかが喘息、されど喘息です。息ができないというしんどさは、喘息を抱える本人にしか分からないつらさだと思います。喘息が慢性化しないためにも喘息を抱える本人の治療への努力はもちろん、周囲の環境調整も大切です。のど元過ぎても熱さを忘れないよう、日々のケアを大切にし、発作を最小限に抑えられている自分に自信をつけていってもらえたらと思います。