TOP > 部位から探す > 上半身 > 背中・腰 > 背中が汚い!?今日から背中美人を目指すための簡単お手入れ!女性を悩ませる汚れの原因とケア方法を徹底解説!

背中が汚い!?今日から背中美人を目指すための簡単お手入れ!女性を悩ませる汚れの原因とケア方法を徹底解説!

あなたは自分の背中をじっくりと観察したことはありますか?ケアを怠ると知らず知らずのうちに、汚い背中になっているかもしれませんよ。そこで今回は背中の汚れの原因とケア方法を紹介していきます。ツルツルの美しい背中を目指しましょう!



汚い背中を卒業!正しくケアして背中美人

エスカレーターなどで、目の前にいる女性の背中が気になった経験はありませんか?他人の背中を見て「自分は大丈夫だろうか?」と不安になることもありますよね。背中は自分で直接見ることができないので、ついケアを怠りがち。知らず知らずのうちに汚い背中になっている可能性大です。ただしくケアして、背中美人を目指していきましょう!

背中が汚くなる原因は?

自分では見えないのでケアを怠りがち

体のほとんどの部分は自分の目で直接見ることができるので、ちょっとした変化にもすぐ気付くことができます。特に顔は毎日見る方がほとんどだと思います。小さなニキビができただけでも気になって「ケアをしよう」という気持ちになりますよね。ところが背中は自分の目で確認することができないので、ニキビなどができていても気づきにくいのです。

背中を確認する為には鏡に映すくらいしか方法がありません。大きな姿見の鏡があればまだ良いのですが、小さな鏡では細かい部分までチェックしきれませんよね。毎日鏡でチェックする方のほうが少ないと思うのでニキビなどの変化にも気づきにくく、知らず知らずのうちに汚い背中になっていたというパターンが多いようです。

背中は皮脂量が多い

体には皮脂の分泌量が多い部分と少ない部分があります。背中は体のパーツの中でも特に皮脂量が多い部分になります。この皮脂量の多さは「角栓」の数と比例しています。例えば手の甲やかかとには、ほとんど角栓が存在しないので皮脂量も少ないのですが、背中には角栓が沢山あるので、当然皮脂の量も多くなってきます。

皮脂量が多いと、あらゆる肌トラブルを起しやすくなります。その代表的なものがニキビです。ニキビは肌が汚く見える代表的なトラブルですよね!ちなみに背中以外で皮脂量が多いのは、顔(Tゾーン)・頭皮・胸などになります。いずれも肌トラブルの多い場所なので納得していただけるのではないでしょか。

背中ニキビ・ニキビ跡の原因

背中が汚く見える1つ目の大きな原因は「背中ニキビ」です。自分では気づかないうちに背中にブツブツができたり、悪化するとニキビ跡として残ってしまうケースもあります。

石鹸・シャンプーの洗い残し

背中ニキビの原因1つ目は、石鹸やシャンプーの洗い残しにあります。体や髪の毛を洗った後に、しっかりと泡を洗い流していますか?石鹸やシャンプーの成分は毛穴を詰まらせてしまうので、あらゆる肌トラブルの原因になり得ます。また肌に少しでも石鹸やシャンプーの成分が残っていると、それがアクネ菌のエサとなりニキビが大量発生する可能性があります。

寝汗

人間は眠っている間に大量の汗をかいています。その量はコップ1杯(200ml)程度と言われています。この数値は少し衝撃的ですよね!特に夏場には大量の汗をかくので、目覚めた時に下着やパジャマが汗でびしょびしょになっていた、という経験をお持ちの方も多いはず。たっぷりと汗をかいて蒸れた肌は、ニキビが発生しやすい環境と言えます。

洗濯洗剤や柔軟剤

普段使用している洗濯洗剤や柔軟剤が背中ニキビの大きな原因となっている可能性があります。これは洗濯洗剤や柔軟剤に含まれる「界面活性剤」が大きく関係しています。界面活性剤には蛋白質変性作用があり、成分が肌に直接触れることでトラブルを起こすことがあるのです。

また最近流行っている強い香料の洗濯洗剤や柔軟剤も肌トラブルを起しやすいと言われています。香りを強くする為に多めの香料を使用しているので、人によっては痒みやかぶれを起こすことがあります。衣類は肌に直接触れるものなので、肌が弱い方はなるべく自然成分を使用したものを選びましょう。

脂っこい食事

脂っこい食事は皮脂の分泌を促す作用があります。皮脂量が増えれば当然ニキビができるリスクも増すので注意が必要です。控えたほうが良い食事や食材には以下のものがあります。適量を守る分には問題ありませんが、頻繁に食べたり大量に食べるのは避けたほうが良いです。

  • 揚げ物
  • 肉類(脂身の多い部位)
  • チョコレート
  • クッキーなどの洋菓子

背中ニキビの対策や治し方

清潔・保湿をしっかり

背中ニキビの予防や改善に最も大切なのは背中を清潔に保つことです。毎日入浴し丁寧に優しく背中を洗ってください。石鹸やシャンプーなどの泡が残らないようにしっかりと洗い流すことも重要です。女性の方はリンスやトリートメントを使用することも多いと思いますが、それらの商品もシャンプー同様しっかりと洗い流してください。

入浴後の保湿も重要です。「保湿なんかしたら毛穴が詰まってニキビが悪化するのでは?」と思うかもしれませんが、実はこの考えは全く逆になります。肌が乾燥した状態のままにしておくと、余計に皮脂の分泌が盛んになり、ニキビができやくなったり悪化してしまう可能性が高いです。乾燥肌はニキビ以外の肌トラブルの原因にもなるのでしっかりと保湿してください。

背中専用化粧水がおすすめ!

背中を保湿する為の化粧水選びには2つのポイントがあります。まずは無添加で、なるべく肌に負担が少ない商品を選ぶことです。2つ目は美容液やクリームなど、毛穴を塞いでしまうリスクがある商品は避けること。この2つのポイントを守れば顔につける化粧水を使い回しても問題はありません。もちろん安価なものでも大丈夫です。

さらに効果を実感したい方には、背中専用化粧水がおすすめです。背中専用化粧水とは、主に背中ニキビケアの為に開発された商品になります。背中ニキビに効果的なビタミンCをたっぷりと配合した商品が多く、低刺激で肌への負担が少ないのも特徴です。

皮膚科やエステへ行く

背中ニキビの状態が酷い方、あらゆる方法を試しても改善しない方は皮膚科を受診したり、エステに行ってみるのも良い方法です。特におすすめしたいのが皮膚科への受診になります。専門医の診断を受け、適切なアドバイスや治療を行うことで、ニキビが劇的に改善するケースが多いです。皮膚科でのニキビ治療は内服薬や外用薬が中心となります。

背中の黒ずみ

背中が汚く見える2つ目の大きな原因は「黒ずみ」です。肌が黒っぽく見えてしまうこの現象。果たして原因は何なのでしょうか?

ニキビの悪化が原因

背中が黒ずんでいると、どうしても不潔な印象を与えてしまいます。この黒ずみの主な原因はニキビの悪化にあります。ニキビを長らく放置していたり、間違ったケア方法を続けていると、ニキビ跡が残り最終的には色素沈着が起こってしまう可能性があるのです。色素沈着とは、肌への刺激や紫外線により分泌された「メラニン色素」が肌に沈着しまう現象のことを言います。

対策は保湿

背中の黒ずみ予防・改善にもやはり保湿がカギとなってきます。しっかりと保湿することでニキビの発生を抑え、もしできてしまってもニキビ跡を残さず綺麗に治すように促していきます。黒ずみができてしまった後でも諦める必要はありません!保湿を行うことで肌のターンオーバー(再生)を促し、黒ずみを徐々に薄くしていくことが可能です。

背中の毛

背中が汚く見える3つ目の大きな原因は「背中の毛」です。脚や腕のむだ毛は処理がしやすいですが、背中の毛は自己処理が難しくて悩みの種となりますよね。それどころか背中の毛の存在にすら気づいていない、意識していないという女性もいるかもしれません。

背中の毛は意外と見られてる

背中に生えている毛も背中が汚く見える原因の1つです。他人のうなじや背中の毛を見て「結構目立っているなぁ」と思った経験はありませんか?同じようにあなたの毛も見られているかもしれません。夏場は背中が大きく開いた服を着る機会が多いと思うので特に気をつけたいものですよね。

とは言っても、自分では直接確認ができない場所ですし、鏡で見てもどれくらい毛が目立っているかよく分かりませんよね。家の中で見るのと直射日光の下で見るのはまた違ったりもします。自分の背中の毛がどれくらい目立っているかを確認するには、日中明るい場所で背中を鏡に写してみる方法がおすすめです。難しい方は照明の下でも大丈夫ですよ。

処理の方法

背中は手が届きにくい場所なのでむだ毛の処理が難しいですよね。自分で剃刀を使った処理をするのは大変危険なのでやめましょう。一番理想的なのはプロの手に任せることです。脱毛サロンなどで適切な方法で処理をしてもらいましょう。予算的に難しい場合は、信頼できる人(母親や姉妹がおすすめ)に剃ってもらうのも1つの手段です。

日常のケアのポイント

優しく洗って化粧水でしっかり保湿

綺麗な背中を目指す為には、清潔感を保つことと十分な保湿が大切になってきます。洗う→保湿という2つのステップを徹底することで背中トラブルを最小限に抑えることができます。1つだけ注意してほしいのが「力を入れずに優しく丁寧に洗う」ことです。固めのタオルなどで力を入れてゴシゴシと洗ってしまうと肌が傷つきトラブルの原因になります。

睡眠と食生活

質の良い睡眠とバランスの良い食生活も重要です。いくら頑張ってケアをしても睡眠や食生活がめちゃくちゃだったらあまり意味がありません。肌のゴールデンタイムと呼ばれる夜22時~深夜2時頃はなるべく寝ているようにしましょう。毎日夜22時に就寝するのは難しい方も多いと思うので、できる範囲で構いません。

食事は1日3食、バランスの良い食事が基本となります。背中ニキビが気になる方はなるべく脂っこい食事は避け、ニキビに良いとされる食品を積極的に食べていきましょう。ニキビに良い成分と代表的な食品には以下のものがあります。

  • ビタミンA:ほうれん草、かぼちゃ、人参
  • ビタミンB群:レバー、納豆
  • ビタミンC:赤・黄ピーマン、柑橘類
  • ビタミンE:レバー、うなぎ
  • 食物繊維:芋類、海藻類、ごぼう

まとめ

いかがでしたか?背中が汚くなる原因とケア方法についてまとめてきました。背中は自分の目

では直接確認できませんし、ケアしにくい場所なのでつい油断しがち。ですが意外と他人には

見られている部分でもあります。今回紹介したケア方法を実践してツルツルの背中を目指しま

しょう!