TOP > 病名から探す > 腎臓・泌尿生殖器の病気 > 子宮の病気 > 子宮筋腫は漢方がとっても有効?!婦人科で出してもらえるの?女性が気を付けたい3つの種類と治療法のまとめ

子宮筋腫は漢方がとっても有効?!婦人科で出してもらえるの?女性が気を付けたい3つの種類と治療法のまとめ

子宮筋腫という病気は、一体どんなものなのでしょうか?漢方での治療が出来るといわれますが、漢方はどのように働いてくれるのか?子宮筋腫と診断された人、子宮筋腫かもと気になっている方も、漢方を処方される場合はどのような意図を持ってなのか?気になる疑問をまとめました。



子宮筋腫とは

子宮の筋肉にできる良性の腫瘍

「子宮筋腫」とは、子宮の筋層の中にある筋腫の核と呼ばれる部分が、女性ホルモンの影響で大きくなる良性の腫瘍のことです。いわば、子宮の筋肉にできる良性腫瘍です。筋腫は、誰もが生まれたときから持っているものなので、女性であれば誰にでも発症するリスクがあるのです。

良性の腫瘍なので、直接命に関わるようなことはありませんが、ごくまれに急に大きくなってしまう「子宮肉腫」という悪性の場合もあります。定期的に婦人科での検診を受けていれば、すぐに専門的な対応が受けられるので放置をしないことが大切です。

さらに、子宮筋腫は遺伝をする病気ともいわれますが、この病気は遺伝するものではありませんので、誤解をしないようにしましょう。

4人に1人の割合で見られる

この子宮筋腫は、多くの女性に発症リスクがあるとても身近な疾患といえます。頻度は、無症状の人も含めて3~4人に1人と言われています。先述にもある通り、放置をすることは良くないですが、筋腫が見つかったとしても「大変だ!すぐ手術しなきゃ!」と思いつめる必要はないといいます。

腫瘍が出来る位置や大きさでタイプが分けられ、その症状も変わってきます。それは、痛みや月経血量のほかにも、不妊の原因や妊娠、出産に影響が出るかどうかも変わってきます。種類別の特徴については、下記で詳しく解説いたしますので、ご参照ください。

思春期前と閉経後

はっきりとした原因がわかっていないものの、子宮筋腫の症状となる筋腫の核の発達は、卵胞ホルモンと呼ばれる女性ホルモンの影響で起こると考えられ、そのため、卵胞ホルモンの分泌が盛んな20~40代の女性に多く発生します。

反対に、10代の思春期前の女性には、あまり発症しないといわれています。さらに、閉経後には、卵胞ホルモンの働きが下がり、筋腫の大きさに変化が現れ、小さくなるといわれています。

子宮筋腫の種類

粘膜下筋腫

月経の際に剥がれ落ちる子宮内膜の下に筋腫が発生することを「粘膜下筋腫」と呼びます。筋腫が子宮内にポコッと突き出している形なのが特徴で、筋腫表面の内膜が月経時に剥がれ落ちるので、全体的に剥離する面積が大きくなり、過多月経や貧血、不正出血を引き起こします。

内膜の下に筋腫が出来ると、受精卵を着床するのを妨げるため不妊や流産の原因になるともいわれています。さらに、筋腫の大小にかかわらず子宮内膜の面積が大きくなり、3つの中でも特に重い症状が現れます。

子宮筋腫と診断される人の中で、「粘膜下筋腫」の人は10%程度と少ないのですが、例え小さくても手術による治療が必要となる場合が多いのが特徴です。

筋層内筋腫

子宮の筋層の、平滑筋と呼ばれる筋肉の中に発生するのがこの「筋層内筋腫」です。症状はほとんどないとされますが、筋腫が大きくなると周りの筋肉を圧迫して子宮の形が変わってしまうこともあります。そうすると、子宮内膜の剥離面積は大きくなり、過多月経などの症状を引き起こす場合もあります。

「筋層内筋腫」は、子宮筋腫の患者の中でも70%と最も多い割合です。大きくなって、上記のような症状が現れる場合は、流産や不妊の原因となることも考えられるので注意が必要です。

漿膜下筋腫

子宮の外側を覆っている漿膜の下に発生する子宮筋腫を「漿膜下筋腫」と呼びます。これは、「粘膜下筋腫」とは異なり、子宮の外側に向けて突き出すように発達します。これによる圧迫症状として、腰痛や頻尿、下腹部痛などがありますが、子宮筋腫の中では最も自覚症状が少ないタイプと言われています。

筋腫の根元に茎ができている「有茎漿膜下筋腫(ゆうけいしょうまくかきんしゅ)」の場合は、体がねじれたりすると腹部に強い痛みを伴うことがあります。「漿膜下筋腫」は、子宮筋腫の中では20%ほどの発症率と言われています。

種類別からみた原因

エストロゲン(女性ホルモン)の働きの活発

この「エストロゲン」と呼ばれる女性ホルモンは「卵胞ホルモン」と呼ばれるもので、生理後から排卵までの間に分泌されて子宮内膜を厚くし整える働きで、受精卵の着床に向けて準備をするホルモンです。妊娠が成立しなかった場合は、内膜が剥離して血液と共に排出される月経が始まります。

反対に、「プロゲステロン」という女性ホルモンは、排卵から月経前の期間に妊娠の成立を助け、妊娠中や授乳中にも分泌されているホルモンです。このホルモンが筋腫の成長を抑制するといわれているため、妊娠回数が少なく、結果的に月経の数が多い女性は筋腫が育ちやすいといわれています。

そのため、「エストロゲン」の分泌が総合的に多い人ほど、子宮筋腫が成長する確率が高くなるといわれていますが、実ははっきりとその原因が判明していないのが現状です。そのため、「エストロゲン」の分泌が活発な思春期を過ぎた成熟期の20代~40代前半女性に発症が多くなるといわれています。

エストロゲン(女性ホルモン)の低下

上記のことをふまえると、「エストロゲン」の分泌回数が多い、妊娠回数の少ない女性、あるいは初潮が早い女性は子宮筋腫の発症リスクが高く、「エストロゲン」が低下する閉経期になると筋腫が小さくなるといわれるのは納得できます。

しかし、まれですが閉経後の更年期の時期にも子宮筋腫が大きくなるというケースもあるのです。この場合は、身体全体の免疫力や自律神経のバランスが崩れるなどの不調がある場合に、女性の場合は骨盤内臓器である子宮に影響が現れやすくなることで起こるともいわれています。

ですが、一般的には閉経期には筋腫が小さくなることがほとんどなので、経過観察を行うだけの場合もあります。

子宮筋腫の治療法

薬物療法

子宮筋腫から引き起こされる症状に対する治療と、一時的にエストロゲンの分泌を抑え、子宮筋腫の成長を抑制するるホルモン療法があります。ひどい生理痛や、月経過多、貧血、腰痛、下腹部痛、排尿障害などの症状を軽くすることを目的としています。

根本的に筋腫に働きかける治療法とは異なります。その薬物療法の中に漢方薬での治療が取り入れられる場合があります。

手術療法

手術での治療を受けるのは、筋腫の大きさが10cm以上と大きく成長も早い場合や、薬物療法で症状の改善が見られない、特に貧血がひどい場合、筋腫が原因となって不妊となっている可能性がある場合など、さらに、閉経後に筋腫が大きくなっている場合は、手術療法をすすめられることが一般的です。

子宮を全摘出するか、筋腫核を除去するのが一般的です。「筋腫核出手術」の場合は、再発の恐れもありますが、子宮を残すことが出来るので、妊娠や出産をすることが可能です。

東洋医学的な体質のタイプ

中医学と呼ばれる東洋医学では、子宮筋腫の症状を「しこり」として捉え、その「しこり」がどのような性質や特徴を持っているかで、子宮筋腫の原因などを導き出しています。

「しこり」が出来る体質のタイプとして3つが挙げられ、タイプ別に子宮筋腫の誘発原因を見立て、そのタイプに合った漢方薬などで治療を行う場合があります。その3つのタイプは以下になります。

瘀血(おけつ)タイプ

「瘀欠」と呼ばれるタイプは、血液の循環が滞ることです。月経中など、経血の排出がスムーズに行われなくなり、生理不順や生理痛、経血がレバー状に固まるなどの症状があります。下腹部の張りや、PMS症状の悪化なども現れます。

さらに、冷えやむくみなどの症状も現れます。そのため、血液の流れを促進させて、滞っているしこりを取り除いていくという治療が行われます。

気滞タイプ

「気滞」と呼ばれるタイプは、精神的なストレスを感じ、マイナス思考になったり急にイライラしたりする気の流れが滞ることです。このことが原因の筋腫の場合は、偏頭痛や、乳房の張りなどの症状が現れます。そのため、気の流れをスムーズにしていく治療が行われます。

痰湿タイプ

「痰湿」と呼ばれるタイプは、摂取した水分がうまく変換されず、余分な水分が体内に滞ってしまうタイプです。血液の循環や気の流れを阻害することになり、これが続くとしこりが出来るといわれています。

手足のむくみや、体のだるさ、胸焼けや胃もたれなどの症状があり、原因としては、水分や甘いもの、脂っこいもの、味の濃いもの、ビールや生ものの摂り過ぎがあると考えられています。摂取したものを体にいい形で気、血、水に上手く変換できるように、臓器の働きを活発化させる治療法を行います。

治療に使われる漢方

漢方薬は、薬物治療として用いられるため、完全に筋腫を取り去るということは難しいとされています。えすが、筋腫核出手術後の再発防止や、筋腫を小さくするという効果が見込まれ、治療に用いられています。子宮筋腫の治療で使われる漢方薬をまとめてみました。

桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)

この「桂枝茯苓丸」は、血行を良くするために用いられる漢方薬です。構成生薬である「桂皮」は、発散作用がありのぼせや頭痛に良いとされ、気を落ち着かせて余分な水分を排出する働きがある「茯苓」、「茯苓」や「牡丹皮」などは、血液循環を促す働きがあります。

また、痛み止めの「芍薬」を配合し、生理痛、生理不順、更年期障害などの改善が見込まれる、婦人科の代表的な漢方薬です。

婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)

この「婦宝当帰膠」は、血を補い流れを良くし、体を温める作用がある「当帰」を主成分とし、「桂枝茯苓丸」と同様の「茯苓」や「芍薬」、また、コラーゲンを主成分とする「阿膠」、胃の働きを良くする「甘草」などの生薬が女性特有の体の不調に作用する働きのある漢方薬です。

中国では昔から「女性の宝」と呼ばれていた「当帰」は、体を温め血流を促進することで、頭痛や肩こり、冷え性や貧血、さらには生理痛や生理不順などに効果を発揮します。

血府逐瘀丸(けっぷちおがん)

「血府逐瘀丸」は、中医学の古典医学書「医林改錯(イリンカイサク)」にも記載がある、伝統的な漢方薬です。こちらも血液循環を促す生薬の「当帰」などを配合した「桃紅四物湯」に、気の流れをスムーズにする「四逆散」の配合生薬を組み合わせて作られたものです。

一般的に、中年以降の高血圧傾向がある人の、頭痛やめまい、肩こり、のぼせなどの更年期障害の症状に用いられる処方です。

桃核承気湯(とうかくじょうきとう)

「桃核承気湯」は、生理不順などに加え、便秘などの症状がみられるときにも用いられる漢方薬です。「大黄」と「芒硝」が便通を改善し、「桃仁」が血行を良くします。さらに、その他の「瘀血」症状改善漢方にも含まれる「桂皮」や「甘草」なども配合されています。

生理痛や、生理不順、便秘、イライラなどの症状に効果を発揮します。

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

「当帰芍薬散」は、体を温めて血流を改善する働きのある漢方薬です。主薬は貧血症状を緩和する「当帰」と、痛みを鎮める「芍薬」で、血行を良くする「川きゅう」、「蒼朮」と「沢瀉」には利尿作用があり、むくみ症状を改善してくれます。

体の疲れや冷え、貧血や生理トラブル全般や、むくみや頭痛、肩こりなどの症状も緩和する作用があります。

漢方薬治療の受け方

漢方薬治療を扱っている婦人科

先述の通り、婦人科系の疾患や不調の治療に漢方を用いることがあります。漢方薬局や漢方医だけでなく、一般の婦人科でも漢方での治療を行っている場合があります。西洋薬と併用してその効果をさらに高めたり、可能性はたくさん広がっています。

さらに、保険適用で、漢方治療を行っている病院がほとんどです。一度探してみてはいかがでしょうか?

漢方薬局

もちろん、漢方を専門に扱う漢方薬局には漢方の専門家がいるので、子宮筋腫治療に用いる漢方のことも、しっかりと説明してくれると思います。かかりつけの病院で、漢方治療を扱っていないけど気になる場合などは、一度、相談に行ってみてはいかがですか?

自分がどのような治療を受けているのか、どんな薬を飲んでいるか、どのような症状なのかをきちんと把握して、出来ればかかりつけの先生に診断書や紹介状のようなものを書いてもらっ

て、漢方医に相談してみると、自分に合う漢方を処方してくれると思います。

まとめ

以上で紹介した漢方薬は、血行を良くしたりホルモンバランスを整えたり、精神的に落ち着かせてくれる作用が多いことがわかりました。子宮筋腫で用いられる漢方は、女性が抱えやすい体の不調を体質的に改善し、ホルモンや子宮の機能を高め、その進行や再発を防ぐ働きがあるのだと思います。

健康な体でいること、子宮であることが大切です。日ごろから、健康的な生活を心がけて、元気な毎日を過ごしていくことが少しでも子宮筋腫の発生、進行の抑制には良いのかもしれません。

子宮筋腫と診断された方や、気になる方、女性特有の体の不調を抱える方は、担当医や漢方薬局などで今回紹介した漢方薬のことを少し詳しく聞いてみるのもいいかもしれません。自分にピッタリの治療法を見つけて、前向きに過ごしましょう!