TOP > 病名から探す > 呼吸器の病気 > 風邪 > 風邪のときに食べたくなるゼリーの秘密|風邪のときに良い5つの理由とおすすめの厳選3レシピ

風邪のときに食べたくなるゼリーの秘密|風邪のときに良い5つの理由とおすすめの厳選3レシピ

風邪をひいたときに食べたい食材ベスト5に必ずランキングされるゼリー。風邪で食欲も落ちなんとなく元気が出ないときにのど越しの良いゼリーはピッタリな食べ物ですね!老若男女に支持されるだけあり人気の食べ物ですですが、ただ食べやすいだけでなくどんな効果が期待できるのか徹底解剖してみましょう!



ゼリーが風邪に有効といわれる5つの理由とは?

1.【のど越しの良さ!ゼリー】風邪でのどが痛いときに!

風邪で喉が痛い時や咳や鼻水で食事もままならないときがあります。そんなときには安静にしておくのが一番ですが、体のことも考え何か口にしなければと思ってしまうものです。

ゼリーはつるっとした食感で味もさっぱりしているので、風邪の辛い症状のときには大変うれしい食べ物といえますね!

喉が痛いときにもゼリーなら食べられる、という方も多いと思います。安静にしているのずっと床に伏している状態だからこそ、ゼリーが大活躍なんですね!

2.【風邪のときにはお助け!】エネルギー補給はゼリーで!

風邪をひくと食欲が落ちてしまいがちです。でもそんなときにこそ栄養素を摂取したいと考えてしまいます。

でも体を起して栄養満点の料理を作ることは辛いですよね。

お手軽に簡単に栄養補給できるものとして、ゼリーをオススメします!病気のお見舞いにもとても重宝されていますね。

スポーツメーカーから販売されている水分補給をメイン効果としているものや、菓子メーカーからエネルギー補給をメインにしているものまで、どれも一本ですばやく摂取することができ、体のバランスを考えた栄養を補給することができます。

様々なタイプのゼリーがあるのでご自身の体調や風邪の症状にあわせて摂取してみてくださいね!

最近では、オールマイティに様々な栄養が含まれているゼリーがありますので、ある程度のカロリーが含まれているもので栄養補給をすることができます。

3.風邪に効果あり!ビタミンCをゼリーで摂ろう!

風邪によいとされるビタミンCですが喉が痛い時にフルーツで摂取するにはつらい時もありますね。特に熱で体が痛むときにも水分補給がよいといわれています。

そんな時には果汁入りのゼリーで熱で失われたビタミンを補給することができます。もちろんのど越しが良いので喉の痛みにも最適ですね!

果汁100%のゼリーは弾力もなく飲料できるくらい柔らかいので、一歳未満の乳児やお年寄りにも風邪で具合が悪いときには好まれます。スプーンで崩して食べさせてあげてくださいね!

4.簡単に薬が飲める!服薬ゼリー

風邪をひいたときは食生活はもちろん、お医者様にかかりお薬を出してもらうことも大切ですね。

錠剤が苦手な方やお子様に向けて、苦いお薬もシロップに変えたり、様々なタイプのお薬が出ています。

薬を飲みやすくするゼリー

医療メーカーから服薬ゼリーとして研究され、飲力の弱いお子供様やお年寄りに適した弾力で提供されています。特徴として、薬の味をしっかりマスキングしてくれるのに、薬の作用や吸収を阻害する心配がないということなんです!

おやつを食べる感覚で薬を飲む(食べる)ことができます。最近では味も様々でイチゴ味やバナナ味などたくさんの種類を選べます。薬を嫌がるお子様を持つお母さんには強い味方です。

5.【治りかけはゼリーで!】胃腸風邪に最適!

風邪の治りかけには十分注意が必要です。油断をしているとぶり返すことがあるので、体調などをみて徐々に普段の生活に戻すことが大切ですね!

特に胃腸の風邪は食生活に慎重になることが大切です。元の食事に急に戻すと胃が消化しきれず風邪の症状とは違う病気を引き起こす可能性があります。

焦らずに急に元の食事に戻さず吐き気がある程度治った段階でゼリーを食べるところから始めていくことをオススメします。ゼリーは消化が早いので消化気管の活性を促します。食べ物がとどまらずスムースに消化していくので食欲もどんどんわいて元気に近づきますね!

ゼリーを風邪のときに食べる/飲む際の注意点やデメリット

1.【カロリーオーバー!】ゼリーの摂取しすぎに注意

風邪をひいて食事をとることもままならないときはついつい食べやすいゼリーを口にしてしまいますよね。お見舞いにもゼリーを選ぶ方も多いので頂いた経験がある方も多いのではないでしょうか。

しかし、体調が悪いといえども甘いものを摂取すると太ってしまいます。特に風邪をひいたときは体を動かさず安静にしているのカロリーも消費することができません。

カロリーオーバーで太ってしまう可能性があるので注意が必要です。ほどほどに食べるとよいでしょう!

2.【ビタミンCは?】生のフルーツが圧勝

風邪をひくとビタミンCの摂取を勧められますが、ゼリーにもフルーツの果汁を含んだタイプのものがあります。

しかし、ゼリーでビタミンを摂取することは、フルーツで摂るよりも過少だといわれています。ゼリーでビタミンCを完全補給することは難しいということです。ゼリーはあくまでも代用として、風邪の症状にあわせたり体調をみて摂取することをオススメします。

3.冷たいゼリーで熱は下がりません

つるんとのど越しがいいので風邪をひいて、風邪による熱で体が痛い時にも冷たいゼリーを食べると体がひんやりして気持ちがいいですね。

しかし、解熱作用は一切ありません。冷たい食べ物なのでいっ時のものだととらえてください。逆に冷たいゼリーを食べ過ぎると余計に悪化する可能性もあるので注意が必要です。

風邪のときにおすすめのゼリーのレシピ

1.【風邪に最適!ビタミンたっぷり】フレッシュジュースのゼリー

風邪をひくとビタミンCが体によいとされています。

体を元気にしてくれるビタミンパワーで疲労回復にも効果があります。

そのビタミンをゼリーで摂取できるよう、生のフルーツを使ったゼリーです。ゼリーに使われるゼラチンは熱に弱いので加熱するとほとんどの栄養素は破壊されてしまいます。

ほんの少しのコツをつかめば栄養素の逃がさずに作ることができます!とても美味しくできるので、お子様にもきっと喜ばれること間違いなしです。

オレンジゼリー

お水は使わないで100%のオレンジジュースのみで作った美味しくて爽やかなオレンジゼリーです!

なるべく熱は使わず作ります!

オレンジジュースにゼラチンを入れてふやけるまで放置します。

ふやけたら レンジで少し加熱します。

ゼラチンが完全に溶けていれば必要ありません!

もしレンジを使ってビタミンが壊れたとしてもここではちみつをお好みで投入すことによって壊れたビタミンを補給します。あとは冷蔵庫で固めれば完成です!

お砂糖は使わずにぜひ、はちみつで作ってみてください!

甘過ぎず、それでいてビタミンたっぷりのゼリーが完成です。

いろんな100%のフルーツジュースで試してみてくださいね!

2.【風邪の時に!栄養満点】野菜出汁のゼリー

風邪の時にはここ一番で喜ばれるレシピです。栄養素がゼリーにぎゅっと詰まっていてさらにのど越しもよいのでつるんと食べることが出来ます。

いろいろな野菜を組み合わせることでオリジナルのゼリーが簡単に作れますね!野菜からでるお出汁が優しい味で体にしみわたります。ゼリーにすることで様々な栄養素をバランスよく摂取することができます。施設や病院での食事療法によくつかわれるレシピです!ぜひご家庭でもお試しあれ!

野菜出汁ゼリー

市販のお出汁のもとは使いません。

お出汁からでるうまみ成分で美味しさは十分に感じられると思います。つくり方も至って簡単です。

お好みのお野菜をみじん切りにして鍋でコトコト煮ます。

火からおろしたら十分に冷まします。

租借力の弱いお子様やお年寄りはフードプロセッサーなどを使ってさらに細かく砕きます。

ゼラチンを投入して溶けたら冷蔵庫で固めて完成です!

とっても簡単なので普段の食事メニューに加えても家族にうけること間違いなしです!目にも楽しい野菜ゼリーは体にも優しいので様々シーンで喜ばれるメニューですね!

3.みんな大好き!ミルクゼリー

栄養たっぷりの牛乳をゼラチンで固めてみました。

ミルクゼリーといわれますが、いわゆる牛乳かんです。

ビタミンたっぷりの牛乳ですが、カルシウムも摂取できるので、風邪で体力が落ちている時に

は美味しく食べ、さらにエネルギーの補給もでき、一石二鳥ですね!

牛乳のふんわりとした甘みが風邪の辛い症状を和らげてくれます。のど越しのよいゼリーでカルシウムを摂取してみましょう!

ミルクゼリー

つくり方は簡単です!

牛乳にゼラチンを溶かして、はちみつかお砂糖をいれて

少し温めます。室温で冷まし冷蔵庫で固めれば完成です!

みかんを入れても美味しいですよ!

お子様にも大変好まれるレシピなので風邪をひくたびにリクエストがあるといわれるお母さまも多いですよ!

ぜひご家庭で試してみてくださいね!

まとめ

風邪をひいて体調が悪いとどうしても食欲がなくなりますよね。ゼリーを効果的に活用することによって辛い症状も少し緩和されるとよいですね。

あまり無理をせずに栄養面を期待せず辛い時にはゼリーに頼るのも良いでしょう!

なんでもゼリーに変えて食事を摂ることも楽しいですね。