TOP > 薬を探す > 塗り薬 > ワセリンは日焼けに影響する?純度に注意?!日焼け止めと日焼け後のケアに効果のある正しい使い方や副作用を紹介!

ワセリンは日焼けに影響する?純度に注意?!日焼け止めと日焼け後のケアに効果のある正しい使い方や副作用を紹介!

皮膚の乾燥をケアするためにワセリンを活用しておられる方は少なくないでしょう。しかし、ワセリンを使うと日焼けがひどくなると聞かれたことがあるかもしれません。保湿したいけど、日焼けしてしまうならワセリンを控えようと思われるでしょう。ワセリンと日焼けとの関係、日焼け止めと日焼け後に効果のあるワセリンの使い方、ワセリンの副作用についてご紹介していきます。



ワセリンと日焼けの関係って?

ワセリンとは、原油を高純度に精製した保湿剤のことです。皮膚からは自然と水分が蒸発しています。この蒸発を防ぐのがワセリンの油分です。ですから、顔や体のあらゆる部分の保湿に使用しておられる方も多いでしょう。では、日焼けとの相性はどうでしょうか?ワセリンが油分であることを考えると、日焼けをひどくしてしまうと考えるのは当然ですよね。

しかし、ワセリンを上手に使うと、日焼け止めの塗りムラを防ぎ、持ちを良くすることができると考えられています。また、日焼け後の肌のケア効果もあるでしょう。保湿しながら、日焼けせずにワセリンを使うには、どのような種類のワセリンを使ったらよいのか、正しい使い方、また、覚えておくべき副作用についても見ていきましょう。

ワセリンの種類

黄色ワセリン

Embed from Getty Images

ワセリンの中で一番精製度が低く、価格も低いのが黄色ワセリンです。「ヴァセリン」という名前で販売されているのが、この黄色ワセリンです。

肌の強い人にとっては、使用に問題があまり見られませんが、精製度が低いため、使用には注意が必要かもしれません。特に、アトピー疾患がある方など皮膚の薄い方は、顔には塗らない方が良いでしょう。

また皮膚が敏感になっている時などは、刺激を感じることもあります。そのため、目の周りなどを塗るのを避けた方が良いかもしれません。

白色ワセリン

Embed from Getty Images

黄色ワセリンの次に精製度が高いのが白色ワセリンです。化粧用油の製品と日本薬局方の基準に合格していてる製品とがあります。

日本薬局方の基準を満たしている製品の方が低刺激で、赤ちゃんにも使えるほど安心の品質です。価格も高過ぎず安過ぎません。感触は固めですが、手で温めると溶けてきて柔らかくなり伸ばしやすくなります。通常「ワセリン」と呼ばれるのは、この白色ワセリンを指します。化粧品や医薬品に使用されているワセリンもこの白色ワセリンです。

敏感肌の方やアトピー性疾患のある方でも顔にも使用できるとされています。使ってみると、ベタつきを感じるかもしれませんが、外的な刺激から肌をしっかり守ってくれるので、保湿性が長持ちするというメリットがあります。今回ご紹介する日焼けの前後に使うものとしては、こちらの白色ワセリンがオススメです。

プロペト

Embed from Getty Images

白色ワセリンよりさらに精製度が高いのが、プロペトです。ワセリンに含まれる不純物は紫外線によって酸化するため、皮膚の細胞に良くない影響を与えることがあります。

ですから、皮膚が薄い目の周りなどは、この不純物がより精製されているプロペトが用いられています。目に入っても大丈夫なほど安全性が高いとされています。

日焼けの前後に使う際に、顔に使うならこちらのプロペトがオススメです。

サンホワイト

Embed from Getty Images

プロペトをさらに精製した、ワセリンの中で一番高純度のものが、サンホワイトです。こちらのワセリンは、乳幼児や肌が非常に弱い方でも安心して使えます。

使用した感じは、白色ワセリンより柔らかく浸透力も高い印象を受けるでしょう。アトピー患者さんも使えるワセリンとされていますが、ご使用の際は医師に相談するようにしてください。

効果がある日焼け止めの塗り方

まずは化粧水や美容液で保湿する

http://gty.im/518792807

ワセリンや日焼け止めを直接、肌に塗るのではなく、まずは基本的な肌のケアをしましょう。化粧水や美容液などで肌の水分を補うことが大切です。

もし、かなりの敏感肌だという方は、洗顔後の水分が残った状態のまま、次の段階へ進むか、精製水で顔を濡らすと良いかもしれません。

次にワセリンを塗る

Embed from Getty Images

日焼け止めを塗る前に、ワセリンを塗りましょう。量は、顔でしたら米粒大ぐらいで十分です。あまり付け過ぎないように注意してください。付け過ぎると、空気中に含まれているほこりなどを吸い寄せてかえって肌に良くない影響が及ぶことがあります。身体に塗る場合も、適量を先に塗りましょう。

ワセリンを先に塗るメリットは2つあります。まず、日焼け止めの塗りムラを防いでくれます。日焼け止めをまんべんなく塗りたいと思っても、なかなか均等に塗るのは難しいものですが、それを防いでくれます。

また、人によっては日焼け止めの成分が肌への刺激になることがあります。ワセリンは、油分によるコーティングでその刺激を防いでくれます。また紫外線の刺激からも保護してくれるそうです。ワセリンを塗ったら、全体的に余分な油分をティッシュで押さえて吸い取りましょう。

それから日焼け止めを塗る

Embed from Getty Images

ワセリンを塗ったら、日焼け止めを適量塗りましょう。ワセリンを塗っていると伸びが良くなっていますから、塗りやすいはずです。ムラなく塗るようにしてください。

日焼け止めは、大抵界面活性剤などが使用されているので、肌への負担が大きいですが、ワセリンを塗ってから日焼け止めを塗ることで、肌への負担を軽くし感想を防ぐことができるはずです。

もし、化粧をするなら、この後にファンデーションを塗るようにしましょう。ワセリンは、化粧下地の役割を果たすともされています。

日焼け後のケアの仕方

洗浄

Embed from Getty Images

日焼けをした後の肌は、非常にダメージを受けた状態となっています。ですから、しっかりとまずは、化粧や日焼け止めを洗顔して落としましょう。水洗いでは不十分ですから、メイク落としなどの洗顔料を使って落としてください。

化粧水などで保湿

Embed from Getty Images

次に、化粧水などを使い保湿します。肌は日焼けをするとやけどをしたような状態にあります。ですから、しっかりと肌に浸透させる保湿が必要です。

パックもオススメです。市販のパックを使用してもかまいませんし、もしなければ、コットンに化粧水をたっぷり染み込ませ、それを顔に乗せましょう。10~20分ほどすると効果的です。その後、美容液やクリームなどを塗り保湿します。

ワセリンを薄く塗る

Embed from Getty Images

基礎のケアを終えたら、ワセリンの出番です。ワセリンを塗ることで、化粧水や美容液の保湿をさらにコーティングして肌に閉じ込めることができます。

日焼けして炎症しているような状態の肌の乾燥を防ぎ、潤いを保つのにワセリンは非常に効果的です。顔の場合は、しわの間などにもしっかり塗り込みましょう。

ラップで巻く

Embed from Getty Images

さらに保湿効果を高めるために行えることが、ラップを巻くことです。化粧水や美容液、そして、ワセリンを塗った肌をラップで巻き、肌にさらに保湿を浸透させましょう。

そして、保湿効果だけでなく、日焼けによる痛みを抑えることもできるとされています。よくやけどの湿潤方法という治療方法にも用いられている方法です。

日焼けにより皮膚のすぐ下にある細胞がたくさん死んでしまいますが、それを再生するのに効果的とされています。日焼けのひどい部分に試してみてください。顔に行う場合は、窒息などには十分に気を付けましょう。

ワセリンの副作用

シミ

Embed from Getty Images

特にワセリンを顔に塗った場合に、気を付けたい副作用の1つが、シミです。これは、ワセリンの種類を選び間違えたり、塗る順序を間違えたりすると、生じやすいでしょう。

ワセリンは元は石油で出来ています。ですから、精製度が低いと肌への刺激が強く、紫外線による刺激を受けるとシミができやすいでしょう。白色ワセリンやそれより高い高純度のものを使用するようにすると、この副作用を防げるはずです。

油焼け

Embed from Getty Images

油焼けも特に顔にワセリンを塗った場合に注意したい副作用の1つです。油焼けとは、油などが紫外線や酸素によって劣化することを指します。

純度の低いワセリンを使ったり、ワセリンと日焼け止めの塗り方の順序を間違えたりすると、元が石油でできていますから、油焼けを起こすことがあります。特に敏感肌の方は、ワセリンの選び方に注意してください。

炎症

Embed from Getty Images

赤ちゃんにワセリンを使用される場合は、炎症という副作用に注意が必要です。ただでさえ、皮膚が薄く日焼けによる炎症を起こしやすいのが赤ちゃんの肌です。

そこで、日焼け止めとワセリンをもし活用されるのであれば、最近はベビーワセリンという安全性の高いものが販売されていますから、赤ちゃんの肌に負担の少ないものを選ぶようにオススメします。

まとめ

日焼け対策のワセリンは種類と順序が大切!

Embed from Getty Images

ワセリンを使うと日焼け止めの効果を上げたり、日焼け後の肌を潤わせたりすることが分かりました。ただし、ワセリンと名の付くものなら何でも良いわけではありません。

自分の肌に適した、そしてできるだけ純度の高いものを選ぶとトラブルを起こすことが少ないでしょう。また、塗る順序などによく注意して、大切な肌を守っていくようにしてくださいね。