TOP > 薬を探す > 感染症 > 膿痂疹(とびひ)ってどんな病気?子供に多い?水疱などの原因と症状、軟膏を使う治療法について紹介

膿痂疹(とびひ)ってどんな病気?子供に多い?水疱などの原因と症状、軟膏を使う治療法について紹介

伝染性膿痂皮といわれてもあまり聞き馴染みがないかと思います。夏、子供によく起こる「とびひ」という皮膚の感染症のことです。子供にうつると聞くと、ママさんにとってはとても怖い病気ですよね。原因や治療法をしっかり理解しておけば早期治療に結びつけることができます。では、その症状・原因・治療法についてご説明していきましょう。



伝染性膿痂疹の症状・原因・治療法

伝染性膿痂疹は夏、子供に起こりやすい皮膚の感染症です。皮膚の水疱(水ぶくれ)やかさぶた、痒みや痛みが体中に広がっていきます。重症化すると発熱やのどの痛み、腎臓障害が起こることもあるのだそう。

では、どんな病気なのか、症状、原因、治療法について、詳しくご紹介していきます。

伝染性膿痂疹ってどんな病気?

皮膚感染症

Embed from Getty Images

伝染性膿痂疹とは、皮膚の細菌感染症の一つで、細菌が皮膚に感染して水ぶくれやかさぶたができる病気だそうです。原因となる菌は、黄色ブドウ球菌や表皮ブドウ球菌、溶血性連鎖球菌(溶連菌)などで、触ることで感染し、体中に広がってしまうのだそうです。

とびひとも言う

Embed from Getty Images

伝染性膿痂疹は、接触によってうつってしまい、火事の飛び火のようにあっと言う間に体中に広がることから、「とびひ」と呼ばれることが多いようです。そんなに簡単に感染してしまうとは、想像するだけで恐ろしい病気ですよね。

また、虫さされやあせも、かぶれなどに細菌が感染して伝染性膿痂皮になることがあり、その場合は伝染性膿痂皮と湿疹が併発するのだそう。このように湿疹化した伝染性膿痂疹を膿痂疹性湿疹(のうかしんせいしっしん)と呼ぶそうです。

2種類に分類される

Embed from Getty Images

伝染性膿痂疹は、大きくいうと「水疱性膿痂疹」と「痂皮性膿痂疹」に分けられるといいます。

水疱性膿痂疹は、虫刺されやあせも、湿疹、擦り傷の部位をひっかいてできた浅くて小さい傷に黄色ブドウ球菌が感染し、菌がつくる表皮剥脱毒素という毒素が皮膚を侵すことによって水疱(水ぶくれ)が形成されるものだそうです。

痂皮性膿痂疹は、主にA群β溶血性連鎖球菌(化膿連鎖球菌)という菌が感染して、かなり急速に発症するのが特徴なのだそうです。

子供に多発する

Embed from Getty Images

伝染性膿痂疹のうち、特に水疱性膿痂疹は、乳幼児や小児に多く、特に初夏から真夏に多く発症するのだそうです。子供に起こりやすいあせもや湿疹、擦り傷などから感染することが原因となるようです。

また、鼻の入り口には様々な細菌が住んでいるため、鼻をほじる癖がある子供は鼻の周りから伝染性膿痂疹を発症したり、その手であせもや虫刺されなどをいじることで体中に広がることになってしまうということです。

伝染性膿痂疹が子供に多いのは、どうしても自分で清潔を保てないことや、傷をつくることが多いことが原因のようです。

水疱性膿痂疹の症状

水疱ができる

Embed from Getty Images

水疱性膿痂疹では、まず、皮膚にできた小さな傷に膜の薄い水疱ができるのですが、はじめは透明なのだそうです。水疱の中の液を触ることで体の他の部分にもうつってしまい、広がっていくのだそうです。

膿む

Embed from Getty Images

傷の周りにできた水疱は、透明から段々と膿となって濁っていくのだそう。この状態を膿疱と呼ぶそうです。膿疱の中の液も、水疱と同じように、触ることで体中にうつってしまうので、あっという間に全身に広がってしまうのだそうです。

ただれる

Embed from Getty Images

水疱や膿疱は簡単に破れてしまい、そこがただれを起こします。ただれから染み出ている液体も水疱や膿疱と同じように感染するため、その部分をかいてしまっているうちに、周辺だけでなく、体中の他の部分にもどんどんと広がっていってしまうそうです。軽いかゆみがありますが、熱は出ないようです。

痂皮性膿痂疹の症状

水ぶくれができる

Embed from Getty Images

痂皮性膿痂皮も水疱(水ぶくれ)ができることから始まるようです。水疱性膿痂皮に比べて小さな水疱や膿疱がいくつもできるのだそう。患部が炎症を起こして赤く腫れて、痛みを伴うことも特徴のようです。

かさぶたになる

Embed from Getty Images

痂皮性膿痂疹の「痂皮」は「かさぶた」のことです。その名の通り、痂皮性膿痂疹ではかさぶたができるのが特徴で、小さな水疱から始まって、膿疱となり、ただれたあと、厚いかさぶたができるのだそうです。

発熱

Embed from Getty Images

痂皮性膿痂疹で重症になると、菌がつくる毒素によって全身が赤くなる場合があるのだそう。こうなると皮膚以外にも全身に症状が出るようになり、発熱することもあるようです。

のどの痛み

Embed from Getty Images

上記のように発熱が見られるほど重症化した場合は、リンパ節が腫れたり、のどの痛みなどが出ることもあるようです。溶連菌の重症感染の場合は、腎臓の障害が併発することも稀にあり、治ってからも数週間は尿検査が必要になるのだそうです。

伝染性膿痂疹の原因

虫さされ

Embed from Getty Images

虫さされが原因となって伝染性膿痂皮になることがあります。虫にさされた部分の皮膚のバリア機能が破壊されてしまうのだそう。黄色ブドウ球菌などは健康な人の皮膚にもいる菌で、皮膚のバリア機能が保たれていれば繁殖することはないのですが、バリアが壊れてしまった皮膚では、細菌が簡単に皮膚に入り込み繁殖してしまうのだそうです。また、虫さされを掻きこわすと皮膚に傷ができて、さらに菌が入り込みやすくなり、細菌感染を起こすことが多くみられるそうです。

肌を露出していて、虫が発生しやすい夏に発症するのも納得できますね。虫にさされないように虫除けをしたり、肌の露出を控えるのが良さそうです。さされてしまったら、掻きこわさないようにすることも大切ですね。

擦り傷

Embed from Getty Images

虫さされの時と同様に、擦り傷ができると皮膚のバリア機能が壊れてしまい、感染しやすくなるそうです。もちろん、傷からは菌が簡単に皮膚に入り込んでしまうため、細菌感染を起こして発症するのだそう。

擦り傷ができてしまったらすぐに洗い、清潔を保つ必要がありますね。傷は治ってくると痒くなりますが、そこで掻いてしまうとなかなか治らず、指や爪から菌が入ってしまうこともあるため、しっかり治るまでは掻かないようにしましょう。

あせも

Embed from Getty Images

あせももまた、皮膚のバリア機能を壊してしまう原因になるのだそう。あせもは最初から痒みを伴うので、掻きこわして傷になると細菌感染しやすくなるため注意が必要です。

暑い時期はあせもができないように汗をこまめに拭いたり、着替えを頻回に行うなど、清潔を保つようにしましょう。また、冬でも暖房が効きすぎているとあせもができることがあります。特にオムツが必要な乳幼児に多く見られるため、暖房を効かせすぎるのにも注意が必要ですね。

アトピー性皮膚炎

Embed from Getty Images

アトピー性皮膚炎が原因となって、伝染性膿痂皮になることは多いようです。アトピー性皮膚炎も皮膚のバリア機能を壊してしまう原因になり、また、掻きこわした傷から菌が入り込みやすいのですね。

アトピー性皮膚炎は痒みを伴うため、乾燥や不潔に気をつけましょう。寝ている間に汗をかいたり、掻き傷から液が出ることもあるので、夜だけでなく、朝もシャワーを浴びるようにすると痒みが楽になるそうです。また、皮膚バリアを傷めにくい、無添加の石鹸などを使って体を洗い、乾燥を防ぐために洗った後は保湿することも大切なんだそうです。

伝染性膿痂疹の治療法

薬物療法

Embed from Getty Images

水疱性膿痂疹では、黄色ブドウ球菌によく効く抗菌薬を3~4日間内服するのだそう。効果があれば急速に症状が改善するようですが、再発予防のために治ってきてからも2~3日間は内服を続けるのだそうです。

痂皮性膿痂疹では、ペニシリン系という抗菌薬の内服が効果があるそうですが、黄色ブドウ球菌も混合で感染している可能性もあるため、別の抗菌薬も処方されることがあるようです。また、腎炎を起こす可能性があるため、10~14日間継続して内服する必要があるそうです。

最近では、通常の抗菌薬が効かないMRSAという耐性を持った黄色ブドウ球菌が原因になっている可能性もあるため、原因菌を突き止める検査を行うこともあるようです。

軟膏療法

Embed from Getty Images

抗菌薬を含んだ塗り薬も処方されるようです。また、痒みが強いときには軽い副腎皮質ステロイド薬(炎症を抑えて腫れや痒みを和らげる薬)の軟膏が処方されることもあるのだそう。

抗菌薬の軟膏を塗った上に、亜鉛華軟膏という傷薬をリント布という薄い布に厚く伸ばして貼って包帯をすることもあるそうです。だんだんと傷が乾いてきたら抗菌薬の軟膏だけにして亜鉛華軟膏は中止しますが、かさぶたが取れるまでは治療を続けたほうが良いようです。

また、膿痂疹が治るまでは、お風呂につかるよりシャワーのほうが良いようで、かさぶたや分泌物をよく洗い落としたあとに軟膏療法を繰り返し行うのだそうです。

まとめ

Embed from Getty Images

伝染性膿痂皮について理解を深めていただけたでしょうか?子供に多く発症し、また、感染する病気ですから、学校や幼稚園・保育園などでうつってしまうこともあるかもしれませんので、正しい知識を身に付けておきましょう。

大切なのは清潔に保つことです。毎日しっかりと体を洗い、特に夏場はこまめに着替えるようにしましょう。また、皮膚を掻いて傷を作らないように爪を短く切っておいたり、こまめに手洗いをして菌の感染を防ぐようにすることも大切ですね。傷ができてしまったときも、清潔を心がけ、感染しないように気をつけましょう。

感染してしまったら広がったり他の家族や学友への感染を防ぐために、タオルを別にしたり、患部をガーゼで保護するなどし、なるべく触らないように注意しておきましょう。

伝染性膿痂皮はあっという間に体中に広がってしまいます。水疱や湿疹に気付いたら、なるべく早く皮膚科を受診することが重要です。