TOP > 病名から探す > 脳・神経系・認知症・うつ病 > うつ病 > うつ病の再発率は60%も?仕事や疲労が原因?外出頻度など5つの兆候と薬の服用などの4つの防止策を紹介

うつ病の再発率は60%も?仕事や疲労が原因?外出頻度など5つの兆候と薬の服用などの4つの防止策を紹介

うつ病の再発率は60%もあると言われています。再発、再々発と繰り返すごとに再発率は上がっていくそうです。今回は、再発防止策や、再発兆候、再発してしまったときに行なうことなどを分かりやすくご紹介していきます。



うつ病は再発する病気なの?

うつ病は、とても難しい病気です。早期発見、早期治療であればあるほど回復も早いと言われていますが、症状は一進一退を繰り返すようにゆっくりと回復へと向かっていく病気です。

うつ病は一度かかるとすぐに回復する病気ではありません。もしうつ病かもしれないと思って自宅で治療もせずにいたとしたも、自然に治癒していくものがあります。未治療でも半年から一年ほどたてば自然に治癒するものですが、人によってはこの期間でも治らない場合もあるようです。

治療を受けた場合は3~6ヶ月程度で症状は回復していく人が多いのですが、これで完全にうつ病が完治したかと言うとそうではなく、多くの人は回復と再発を繰り返しているようです。

うつ病の再発率や期間は?

うつ病の再発率は60%

Embed from Getty Images

ではうつ病の再発は、どのくらいの人に起こるのでしょう。厚生労働省の発表では、うつ病の再発率はなんと60%にも上るそうです。うつ病は一度再発を起こすと、しだいに同じ薬で治すことが困難になり、再発率が更に上昇していくのが特徴です。

ですから、体調や気分が優れないのに、急いで治療を行って薬を辞めてしまうことは、再発を上昇させてしまうので注意が必要です。仕事に復帰しなくてはいけない、家事をおろそかにできないといったしがらみはあるとは思いますが、また再発してしまっては元も子もありません。主治医と相談の上、治療中は家族のサポートを支えにして、まずは自分が快復することがとても大切なのです。

2~3年で再発する危険がある

Embed from Getty Images

うつ病の病態は、いつも落ち込んでいるだけの状態がずっと続くわけではありません。症状も回復の度合いから徐々に変化していきます。診療を行う上での医学的な分類では、一番激しい症状の時を「急性期」と呼んでいます。そしてその後治療を行い「回復期」にむかい、体調を見ながらお薬を減らしていく「再発予防期」で進んでいきます。

ですから、再発防止のためには、回復期の通常の生活に戻れたと思ったときが一番重要だと言われており、ここで薬の服用を辞めてしまったりすると再発率が高まってしまいます。

「再発予防期」は1~2年以上あると言われているので、過労を避け、時間を十分にかけながら、元気になっても主治医と相談し治療や薬の服用を続けていくことが大切なことのようです。

うつ病再発を繰り返す原因は?

うつ病再発の最大の原因は焦り

Embed from Getty Images

早く治りたいと思うことや、仕事復帰をしたいと焦る気持ちがわいてくるかもしれません。ですが焦って無理をすることで、再発の可能性が高まると言われています。

治療中は、お薬が処方されて少しづつ穏やかな気分にはなってくるのですが、そうすると少しでも早く迷惑をかけていたものを挽回したいという思いが現れ、社会復帰を無理してしまう場合があります。社会復帰を焦りすぎるあまり、無理をして再発を繰り返してしまう場合もありますので、うつ病になられた方は十分医師と相談してから、社会復帰を目指しましょう。

うつ病の原因を除去していない

Embed from Getty Images

うつ病は再発しやすい病気のため、原因を除去していないと再発の可能性が高まってしまうようです。ストレスの原因が除去されていない場合、回復しても再発のきっかけになり得ることがあると言われています。原因の特定ができない場合や、特定できても除去することが難しい場合などもあるかもしれません。その場合は、再発防止のため、治療法が異なってくる場合もあるようです。

うつ病の再発防止策が必須

薬の服用を継続する維持療法

Embed from Getty Images

再発を繰り返すような方には維持療法がおこなわれます。維持療法と言うのは、要するに再発しやすい完治していない時期に、再発防止の意味で設けられた策だと言われています。服薬すると言う事をひどく嫌う方があり、そのために治療中であっても薬を飲んだり飲まなかったりする方もあり、再発してしまいます。

長期間薬を飲むと、薬の副作用が起こって薬が二度とやめられないという気持ちになり、不安ですぐにでも薬を辞めて欲しいという方もあるようですが、抗うつ薬は中毒のような癖になったりすることはないそうです。

種類を変えたり、量を増減させたりすることもあるようです。調子がいいからと薬を飲んだり飲まなかったりすることは、治療を長引かせる原因になると言われています。薬は主治医の指示どおりに服用するようにしましょう。

また、初発だと思っている人でも、学生のときなど軽度のうつ状態があったが、遅刻や欠席がそこまで問題にならない時期で、自覚していないというケースもあると言われています。維持療法は反復性のうつ病には効果的な療法のようで、維持療法を受けている人の80%は再発していないという話もあるそうです。

思考パターンを変化させる

Embed from Getty Images

思考パターンを変えることがとても重要だとも言われています。自分の考え方や価値観を変化させたり、自分が生きやすい環境はどんなものかなどを考え、少しずつ、今までよりも悩みにくい楽に生きられる考え方にスライドさせていくといいようです。

うつ病を経験したからこその考え方があると思います。普通に生活していては考えることもないであろう思考の変化について考えられるいい機会ととらえてみるのもいいと思います。そして、そう考えられるようになることが思考変化への第一歩になるかもしれませんね。

睡眠リズムを保つ

Embed from Getty Images

うつ病にとって、睡眠は治療を行っていく上で非常に重要なものになります。不眠が続いて満足に眠れなくなると、朝になっても疲労困憊で気分も落ち込みがちになります。

不規則な睡眠は自律神経も失調させて、なお落ち込みや心身の疲労を感じてしまう原因になり、それが元になりうつ病がいつまでも治らない原因にもなるのです。そのため、治療中は睡眠がきちんと確保できているかが再発防止のための指標になります。

周囲のサポートに頼る

Embed from Getty Images

周囲のサポートに頼るのも、大事な再発防止策の1つだと言われているようです。仕事であれば、まずは負担の少ないことから始めさせてもらったり、家事であれば気分がのらない日は外食にするなど、甘えられる部分は甘えてサポートを受けることで、再発防止になるようです。あなたのことを大切に思っている人がさしのべてくれる手を、しっかり掴んでみてくださいね。

うつ病の症状が再発するきっかけ

取り巻く環境の急激な変化

Embed from Getty Images

うつ病が再発する原因には、生活している環境が急激に変化してしまいそれに対応できずに再びうつ病を起こしてしまうと言うものです。特に休職中から復帰して仕事していると、今まで休んでいたのに急に忙しくなるため、対応ができず再発してしまうようです。

ですから復職するなら急に仕事を通常通り行うのではなく、徐々にならしていくようにしましょう。例えばストレスになるような環境にならないように工夫するのが大切になります。

勤務時間を調整してもらい、自分がしやすいように変えてもらうとか、夜勤はしばらく休ませてもらうとか、職場に迷惑が掛からない程度の配慮をしてもらえるようにするのが再発予防には一番大切になります。

頑張りすぎて疲労の蓄積

Embed from Getty Images

うつ病になりやすい人には、特徴があるそうです。真面目で几帳面で責任感が強い人が責任を感じすぎてうつ病になることが多いようです。

自分が関わっていない事でも、もしかしたら自分のせいで悪くなったなどと自責の念に駆られてしまい、自分を責めてしまうことが多いそうです。そのため回復してきたとしても、挽回したいという気持ちが強く現れて、一気に頑張りすぎてしまうことがあります。

その為睡眠時間も減り、自律神経も乱れて調子が悪くなり再発してしまうのです。

周囲の人の理解不足

Embed from Getty Images

うつ病になる前に、自分ひとりで頑張りすぎたのはどうしてなのでしょうか?

家族の支えや理解があったとしても、自分が責任を負いすぎたり、家族も忙しく理解してあげることができなかったり、職場の理解不足があったのかもしれません。

一度うつ病にかかると、回復してきても再発してしまうことはあります。それはやはり周囲の理解が不足していたりすることが多いようです。

特に職場での理解不足は多く、復帰後すぐに以前と同じような仕事量をこなさなければいけなくなったり、間違った励まし方でまた自責の念がでるなど、周囲の理解不足が再発の引き金になってしまうこともあります。ですから職場にうつ病の人がおられた場合は、再度うつ病をにかからないために、職場全体での理解や協力が必要になってくるのです。

家族から、「今日は、大丈夫だった?」などと質問をされることが話したくないことであったりすると、ストレスを感じてしまい、再発のきっかけとなってしまうこともあるようです。

うつ病再発のサインや兆候

うつ病の再発には、兆候があると言われています。自分が出しているサインに自分自身で気づいてあげられるようにしましょう。「あれ?」と思うことがあったら、初発のときを思い出してみてください。うつ病は、初発のときと同じような症状で再発することが多いといわれています。

外出頻度が減少してくる

Embed from Getty Images

うつ病が再発すると、今までできていた事が出来なくなることが多くなります。特に顕著なのが外出が激減することです。何もかも億劫になるので、ちょっとそこまでと言った軽い動きも、うつ病を患っている方には重く受けと止めてしまい、苦痛になるようです。

ですから周囲の人は、こうした内向的な状態になってきたなと思ったら、ひょっとするとうつ病の再発かもしれませんので、担当医と相談の上治療を行うことも必要です。

食欲が減退してくる

Embed from Getty Images

うつ病が再発しているのでは…。と感じるものに食欲が減少してくることがあります。今まで食べられていたのに急に食欲が細くなったり、好きなものでも食べられない場合は、再発も視野に入れておかなくてはいけません。

再発すると日常生活を送る上の基本的な生理欲求全般が低下していきますから、食欲もなくなり体重が短期間に激減していくため、見た目でもおかしいなと気づくことがありますから、周囲の方は注意して見守ってあげて欲しいと思います。

不眠などの睡眠障害を感じるようになる

Embed from Getty Images

うつ病が再発したかどうかは、やはり睡眠の質や量が関係してきます。うつ病の方はその90%もの人が睡眠障害を訴えているほど、眠りに関してとても満足感が得られていないようです。特に寝付きが悪くなってお布団の中で悶々としている場合には、睡眠時間が刻一刻と減っていくのに焦ってますます寝付きが悪くなるという悪循環になってしまいます。

うつ病の方の80%の人は、睡眠不足で悩んでいますが中には過眠に悩まされている方もあるようです。うつ病は脳内のセロトニンが不足することが原因で起こります。このセロトニンという物資、睡眠ホルモンのメラトニンに作用さようしてしまうため、睡眠障害が起こっているのではないかとも言われています。

身体がだるいなどの倦怠感

Embed from Getty Images

体がだるいとか、全身がとても重くて動くのがめんどくさいといった症状がある場合にも、うつ病の再発が心配されます。きちんと休んでいるつもりなのに疲れたままだったり、大きくため息をつくほどだるかったりします。

うつ病になると使用するエネルギー量がとても多く、少し動いただけでも多くのエネルギーを消費している為に健康な人では全く問題がない動作の一つとっても苦痛を伴う疲労感が起こってしまいます。再発してしまう場合、まったく動けないこともあるようですし、多少の倦怠感だけが症状の時もあるようです。

動悸や微熱が発生する

Embed from Getty Images

うつ病が再発している目安の一つとしては、動悸が起こったり微熱があったりすることがあります。うつ病自体は自律神経が乱れていることで起こることが多い為、全身のいろんなところに症状があらわれるのが特徴です。

自律神経が乱れると、心拍が上昇して動悸が起こったり、めまいやふらつきといった症状もあらわれることがあります。その他、息切れ、耳鳴り、冷え性、口渇、のぼせ、目のかすみ、微熱なども起こります。

こういった症状が現れてきたら、自律神経が乱れている証拠ですから、まずは生活習慣を整え直す必要があります。そして無理をするとうつ病が再発するきっかけにもなってしまいますから、早めに寝ることが非常に大切です。

うつ病が再発したらする事

再発したことで自分を責めない

Embed from Getty Images

うつ病が再発してしまったときに、自分のことを責めてしまったり、ダメな人間だと思ってしまうことがあるかもしれません。しかし、そのように感じる必要はありません。うつ病は、脳の病気と言われています。身体の病気と同じように治療が必要ですし、ダメな人間だからなるのではなく、誰もがなる可能性がある病気だと言われています。確かに、身体の病気でも繰り返すものが多々あると思いませんか?必要以上に自分を責めずに、かかりつけ医に相談をしてくださいね。

周囲の人に状況を話す

Embed from Getty Images

自分で再発の可能性を感じた場合は、かかりつけ医や家族などに相談するようにしてください。再発の場合でも、早期発見、早期治療は有効だといわれているからです。うつ病の再発兆候には初発のときと同じような症状が見られるため、家族が気づくこともあるかもしれませんが、治ったと思っていればどのような対応をしていいか分からないという可能性もあります。

そのため、自分で病状を伝えると、家族の理解不足や不安感を抑えることができるようです。

仕事を再度休む勇気を持つ

Embed from Getty Images

再発したかもしれないと思うことがあっても、これ以上迷惑をかけたくないという思いから、気づかないフリをしてしまうことがあるかもしれません。しかし、そのまま無理を続けていても、いずれ悪化してしまえば、また会社には行けなくなってしまうということも考えられます。

その前に、かかりつけ医に相談し、仕事のペースの見直しを行なったり、場合によっては再度休職をする勇気を持つことが必要かもしれません。治療中に思考パターンの変化をうまく行なえていた人は、少し気楽に考えられるかもしれませんね。

まとめ

Embed from Getty Images

今回は、うつ病の再発についてお話しました。うつ病は、周りの人から理解されにくく、回復しても、周りの理解不足などで再発してしまうことがあるようです。自分だけでなく、他にも同じような人がたくさんいるということです。気づかないフリをせず、早期発見・早期治療をすることが大切です。そして、焦らず、ゆっくりと休養を取りながら治療をしていきましょう。