TOP > 病名から探す > アレルギー・免疫 > 花粉症 > 花粉症で困った時に使いたい対策グッズ!スプレータイプ の種類と効果、おすすめの商品や使い方のコツなど徹底紹介!

花粉症で困った時に使いたい対策グッズ!スプレータイプ の種類と効果、おすすめの商品や使い方のコツなど徹底紹介!

花粉症の人にとって春は花見よりも花粉の飛散が気になる季節です。花粉の時期になると毎年新しい花粉症対策やグッズが紹介されています。数あるの花粉症対策の中で、スプレータイプのものを使ったことがありますか?顔や衣服にスプレーするだけなので手軽で使いやすいイメージがありますが、実際はどうなのでしょうか。スプレータイプの種類や使い方、どれくらいの効果があるのか調べてみました。



いまさらだけど花粉症について

日本人の4人に1人が花粉症といわれています。最近では人だけでなくペットにも花粉症になるケースもあるそうです。花粉症はスギやヒノキなどの花粉が原因でアレルギーを起こす症状のことをいいます。春頃の天気予報では花粉の飛散予報が定番になってきていますが、春だけでなく夏や秋にも花粉症が発生することもあり1年中花粉症に悩まされる人も増えているようです。

多くの人が花粉症に悩まされているのを象徴するかのように、毎年色々な花粉症対策や花粉症グッズが紹介され販売されています。少しでも楽に過ごすために試してみたくても種類が多すぎて自分にはどの方法が良いのか判断が難しいところです。今回は花粉症対策グッズを紹介しながら、その中でも多くの商品が開発されているスプレータイプのものを中心に紹介します。

花粉症の対策どんなものがある?

花粉症の人が増えていることから、花粉対策グッズや花粉症の症状に対するグッズも増えています。花粉症対策と言っても様々なアプローチから商品が発売されています。

花粉症対策の定番アイテム

Embed from Getty Images

まず、花粉症の人や花粉を避けたい人の必需品がマスクです。その種類も格段に増え、立体式になりマスクが花粉の侵入を防ぐなど機能も向上してきています。メイクの落ちにくいものやアロマオイルを使ったものなど女性に嬉しいマスクも発売されています。マスクをするのを嫌う人には、鼻に栓をしたような形の変わりダネのマスクもあります。見た目にマスクが見えていませんが、鼻の穴からの花粉やチリなどの侵入を防いでくれます。

■メガネ

目のまわりをカバーして花粉の侵入を防いでくれるメガネも花粉の季節の定番になっています。最近ではデザイン性も高くなり、おしゃれなものも増えています。メガネと目薬を併用している人も多いようです。

■花粉を除去するグッズ

レイコップはハウスダストやダニだけでなく、布団についた花粉を減らすためのグッズとしても使われています。花粉を除去する方法は様々なシーンで使えるグッズがあります。お洗濯の柔軟剤なども発売されています。

体の中から症状を改善する

Embed from Getty Images

甜茶やなた豆などで体の中から花粉症やアレルギーを改善する方法もよく紹介されています。

自然由来のものばかりでなく、最近では花粉症用のサプリ、乳酸菌を使った飲料なども発売されています。花粉症に特化した薬や鼻炎や症状に合わせた薬も販売され、眠くならないと謳われている薬もあります。

スプレータイプにはどんなものがあるのか

様々なシーンで使えるグッズや薬も増えましたが、スプレータイプのものは使いやすさや手間がかからないこともあって多くの種類が発売されるようになりました。では、スプレータイプが花粉をブロックする仕組みを紹介します。

顔・髪に吹き付けるタイプ

http://gty.im/487847197

シュッとスプレーするだけで花粉症対策ができるといわれています。スプレータイプの使い方で多いものは、顔や髪の毛などに直接スプレーする方法です。吹き付けるだけで目元の花粉避けにも使えるので忙しい朝にも使いやすいグッズです。スブレータイプの多くはマイナスイオンなどの成分が花粉を吸着して飛散しないようにブロックしてくれます。

衣類や部屋の中の花粉をブロック

Embed from Getty Images

同じスプレータイプでも、洋服や部屋で使うるタイプがあります。洋服に使うものは花粉対策のもの以外にも、静電気防止の柔軟剤なども併用することで効果が期待されています。花粉のカットを目的としたスプレーの場合は、服や部屋にスプレーすることで花粉を付きにくくさせる、花粉に吸着して固めてくれるタイプのものなど色々な使い方ができるようです。花粉が衣服についてこないようにすることで、花粉を家に持ち込まない対策にも役立ちます。

スプレータイプの利点

花粉の侵入を防ぐ

Embed from Getty Images

マスクで花粉対策をするのは定番になっていますが、場所柄などからマスクを外さなければならないことがあります。そんな時に便利なのがスプレータイプです。マスクを外してもスプレーすることで花粉をブロックする効果が期待できます。マスクの場合は目元の花粉対策ができませんが、目をつぶってスプレーすれば目の周りもガードしやくすなります。スプレータイプの中でも花粉を吸着させて、そのまま花粉を閉じ込めてしまうことで花粉が影響しないようにしてくれるスプレーも発売されています

マスクなしで生活できる

Embed from Getty Images

花粉症の人は花粉が飛ぶ季節にはマスクは必須アイテム。マスクをせずに外出することはもはや不可能!と思うほど、花粉症対策や予防にと大いに使われています。

マスクがあるから花粉症が少しはマシだとわかっていても、マスクがあって息がしにくい気がしたリ、ムレたり、化粧崩れしやすくなるなどマスクなしで生活したくなる人は多いのではないでしょうか。症状や効果き個人差があると思いますが、症状が軽減されるスプレータイプも使ってみたくなりますね。

眠くならない

Embed from Getty Images

花粉症に薬で一番やっかいなのが眠気です。特に大事な商談や車の運転中に眠気がさしてしまうと大変なことになりかねません。スプレーなら眠気を心配することなく使うことができるので安心です。

人気・話題のスプレー

人気&話題のスプレー

Embed from Getty Images

■イハダ アレルスクリーン

花粉はもちろん気になるPM2.5のブロックにも役立つのがイハダです。おでかけ前に顔にスプレーすることで、透明なイオンのマスクができて花粉やイハダPM2.5を吸着してブロックしてれくます。メイクの上からでも使えるので便利です。資生堂薬品から発売されているので女性には親しみやすいメーカーです。

資生堂からは花粉やチリさらに紫外線からも保護してくれる保湿美容液「アレルバリア エッセンス」も発売されています。これまでの花粉症対策のスプレーよりも美容液に近そうですが、これ1つで化粧下地としても使えるので便利です。春先になると乾燥が原因で起こる肌荒れにも使えます。

■ポレノン

天然食品に含まれる成分から作られています。花粉などが飛んでくることで起きる、ムズムズしたところにスプレーするとマイナスイオンの効果で花粉を吸着させ、花粉を包み込んで固めてくれるので、花粉の影響が出にくくなります。効果的な使い方は、ムズムズしているところにスプレーすること。もし一部だけにスプレーしたい時はガーゼや綿棒や化粧で使うコットンなどにスプレーして使ってみましょう。

■アレルシャット花粉イオンでブロック160回分

イオンの力で花粉を反発させ、吸着します。もう一度スプレーすることで吸着した花粉の活動を抑えるます。顔全体にスプレーすることで花粉からブロックしてくれます。髪やメイクした上からでもスブレーできるのでオンタイムにも使える便利なグッズです。

親子で使える優しいスプレー

Embed from Getty Images

■アレルブロック花粉ガードスプレー ママ&キッズ

商品名の通り、お子様にも使える安心なスプレーです。3歳くらいの子供から使うことができるので小さい子供がいる家庭にはオススメです。花粉やPM2.5、ハウスダストだけでなくウィルスも防いでくれるといわれています。

美容効果も期待できるスプレー

Embed from Getty Images

■ユッカ ウォーターヴェール N

同じスプレータイプでも低刺激で赤ちゃんや敏感肌の人にも使えるように作られています。皮膚の保湿力を高めてバリアを作って防御してくれます。さらに荒れた肌に作用するので、肌トラブルにも効果が期待できます。花粉対策の他にもミストの化粧直しにも使えるスグレモノです。

布や部屋でハウスダストに使えるスプレー

Embed from Getty Images

■ファブリーズ ハウスダストクリア

消臭剤のイメージが強いファブリーズですが、ファブリーズのシリーズの中でもハウスダストクリアは花粉やチリなどのハウスダストを固める作用があるので、ハウスダストを軽減する効果があるといわれています。

気に入った香で作るアロマスプレー

Embed from Getty Images

市販のスプレーもたくさんあるけれど、好きな香りでアロマスプレーを作る方法もあります。使うアロマはユーカリ・ティーツリー・ペパーミント・カモミールなどです。作り方はシンプルなのでチャレンジしやすいと思います。

【準備するもの】

・無水エタノール10ml

・好みのアロマオイル

・精製水40ml

【作り方】

1、無水エタノールとアロマオイル6~12滴をよく混ぜ合わせる

2、1で作ったものに精製水を入れる

3、スプレー容器などに入れで保管する

花粉をブロックすることをメインのスプレーと化粧や肌荒れなど美容にも配慮した女性に嬉しい製品が充実してきているようです。

使った人のクチコミと効果的な使い方

Embed from Getty Images

実際に使っている人の声を拾ってみると、顔に直接スプレーして効果があった人や、こまめにスプレーして花粉症の症状が出なかった人など、何等かの効果があった人が多いようです。顔にスプレーするタイプを使った人の多くは3~5時間おきにスプレーしているようですが、そうすることで効果が持続するようです。また何度かスプレーしてもあまり化粧崩れしなかったという声もありました。

布などのスプレーするタイプを使った人の中には、布団にスプレーすると鼻づまりが楽になり、快眠できたという人もいました。アレルギー症状のある人が使った時には、朝目覚めた時に起きるくしゃみ・鼻水など症状がでる「モーニングアタック」がなくなった人もいました。

こんなスプレーの使い方もあります

・マスク・メガネなど使っているものにスプレーする

・綿棒やコットンにスプレーして鼻や目の周りにつける

・洗濯物、帰宅後すぐ、外出前の衣服にスプレーする

・家の中ならカーテン・布団・網戸にスプレーする

・加湿器の水に少しだけ混ぜる

・掃除の時にスプレーする

まとめ

Embed from Getty Images

花粉対策で使うスプレータイプのものは効果があった、使いやすいという人が多いようです。

スプレータイプは邪魔にならずお手軽なこともあって外出先でも使いやすいようです。ただ数時間おきにスプレーする方がより効果的のようなのでマメにスプレーしておくことをオススメします。必ずしも症状の緩和などの効果があるとは限りませんので、自分に合っているものを見つけてみてみましょう。辛い花粉の時期を少しでも楽に過ごしましょう。