TOP > 症状から探す > 体の異常 > 太りたいのに太れない!全く分かってもらえない?痩せている13の原因と太るための6つの食事法や7つのコツを徹底解説!

太りたいのに太れない!全く分かってもらえない?痩せている13の原因と太るための6つの食事法や7つのコツを徹底解説!

太りたいのに太れない人は、意外と多いといわれています。痩せてる人もいろいろなコンプレックスに悩まされています。簡単には痩せたくても痩せれないように、太れない人にとっては、いくら食べても簡単には太れないのです。痩せるのより難しいとさえいわれていますが、意外とそんな悩みをもつ人がいることを認識すらされておらず、情報も不足しています。この記事では、痩せている原因、太るための食事法とコツを徹底解説します!



太りたい人のための対策や食事法とは

現在、痩せたい人、ダイエットしたい人は、たくさんいると思います。そして、そのための方法などは雑誌やネットなどいろいろなところで目にすると思います。しかし、その一方で「太りたい」という願望を叶えてくれる情報は意外と不足しているのではないでしょうか。

本記事は、そんな太りたい人のために、太れない原因、太るための食事、太るためのコツについて徹底解説します。

太りたいのに太れない人とは

ストレス

太れない人の原因として、まずはストレスがあげられます。どんな人で生活の中で、多かれ少なかれストレスを感じることがあると思います。ストレスを感じると太れない原因は、胃が関係しています。

胃腸という期間は、自律神経の働きと密接に関わっており、ストレスを感じると交感神経の働きが優位になります。交換神経が優位に働くと胃腸の働きを抑えるため、食欲がわかなくなったり、食事をしたとしても胃腸がスムーズに働かないため消化不良になるといわれています。

自律神経のバランスの乱れは、胃の不調や、下痢、便秘になり易くなりますから、特に食事を摂るときには、リラックスしてもうひとつの自律神経である副交感神経を優位にすることで、胃腸の働きを活発にすることが望ましいでしょう。

睡眠不足

睡眠不足も太れない原因として考えられています。睡眠不足で太れないのには2種類の原因があるといわれています。まずは、睡眠不足による自律神経の狂いからおきるストレスです。先に述べましたようにストレスがかかると胃腸のバランスが崩れ、太れない要因になります。

2つ目の理由は、成長ホルモンの分泌が減ってしまうからです。本来、睡眠時に人間の体は大きくなるといわれていますが、それは体の成長を促進する成長ホルモンが、最も分泌されるからといわれています。成長ホルモンは、脳下垂体から分泌され、筋肉や内臓の成長を促します。太りたい場合には特に最も成長ホルモンが分泌される22:00~02:00の時間帯に寝ていることが望ましいでしょう。

甲状腺機能亢進症

甲状腺機能亢進症は、甲状腺ホルモンが過剰に分泌された状態のことをいいます。最も一般的な病気としてはバセドウ病があります。甲状腺機能亢進症になると、代謝が上がるといわれています。代謝とは、個人個人の体を働かせるためのエネルギーの量のことで、代謝が高い人は、必要なエネルギー量が多いため、人より多く食事を取る必要があるということになります。

つまり、甲状腺機能亢進症になると、代謝が上がってしまい、今までと同じ量を食べても太らない体質になってしまっていると錯覚するということになります。

代謝が良い

先に述べましたように、当然代謝がよいと太らない体質ということになります。特に体のどこにも悪いところもなく、食べても食べても太らないという方は、生まれつき代謝がよい可能性が高いといわれています。代謝は、遺伝的要素が高いと考えられているため、家族に同じように太れない体質の方が多い場合には、遺伝により生まれつき代謝が高いと考えられます。

代謝が高い人の特徴として以下のような性質があるといわれています。

・平熱が高い(36.5以上)

・暑がり、汗っかき

・手足がすぐ熱くなる

胃下垂・胃腸が弱い

胃下垂も食べても太れない方の代表的な原因のひとつだといわれています。胃下垂とは胃が正常な位置よりも垂れ下がっている状態で、胃そのものの位置が変わるわけではなく、胃の上部は正常な位置にあり、下部が延びている状態のことをいいます。

胃下垂になると、満腹感、食後の胃のむかつき、食欲不振などの症状がでるといわれています。結果的に多く食事をできなかったり、栄養吸収が悪くなったりすることで太れない体になると考えられています。また、胃腸が弱い場合にも同様に、胃の消化能力が低下しているため、栄養吸収が悪く太れないことが多いといわれています。よく下痢する人、胃もたれする人は胃腸が弱い可能性があると考えられます。

また、過敏性腸症候群の場合にも太れない体であるといわれています。下痢や便秘を繰り返すのに、胃腸の検査をしても原因となる病気が見つからないタイプの方に多いといわれており、症状のあらわれ方で4つのタイプにわけられます。

・下痢型

「食べたらすぐトイレに行く」という下痢の人や朝から何度も便意をもよおす方、ストレスを感じると下痢をする方

・便秘型

排便困難が続き、腹痛を伴う。コロコロとしたウサギの糞のような便がでる方。

・交替型

腹痛および腹部の違和感、下痢と便秘が複数日間隔で交互にあらわれる方。

・ガス型

過剰なストレスによってお腹にガスがたまる方。

太らない体質

太りたくても太れない方で、太れない体質、いわゆる虚弱体質の方もいます。日頃から元気がない、疲れやすい、すぐに風邪を引いたり、下痢になり易いなどの症状がある人を一般的に虚弱体質と呼びます。

原因としては遺伝子系のホルモン異常から、単なる思い込みまで広範囲に考えられており、原因を1つに特定することは難しいといわれています。虚弱体質を改善したいのであれば、まずは食生活の見直しと運動が必要であると考えられています。

便秘

一般的に、下痢は痩せている人に多い症状、便秘は太っている人に多い症状と思われがちですが、実は、便秘も太れない方の原因の1つとしてあげられています。下痢の場合には胃腸の機能が低下していることで栄養吸収が、正常に行われておらず、太らないことになりますが、便秘の場合には、正常な吸収が行われていないためにまだ排泄されずに残っている状態ともいえるのです。

そのため、便秘なのに全然太らないでなんでだろうと疑問に思っている方もいるようです。このような方は食生活を気をつけて栄養を摂るとともに、便秘にならないような食物を摂取することも大事だと考えられます。

栄養不足

栄養が不足してしまっては太ることはできません。太れない方の根本的な問題なのが、この栄養不足です。また、この栄養不足の問題には、体の機能を整えることも大事です。特に胃の調子が整っていないと、正しい栄養吸収ができず、結局栄養不足になってしまいます。まずは適度な運動などを行い、体調を整えることが望ましいでしょう。

また、栄養をとるためには食べることが必要です。そして太るためには炭水化物を摂ることがまず先決です。そして、それを蓄えるためにビタミン、ミネラルも摂ることが必要になってくると考えられます。

身体の歪み

身体に歪みがあると、身体の代謝機能や血流に影響がでてくるといわれています。特に骨盤と背骨は身体の中心にあるため、そこに歪みがあると神経や血流に大きな影響があるといわれています。特に血流は内臓機能に大きな影響を及ぼすといわれており、血流が悪いと胃腸機能が低下して、栄養吸収が悪くなり、太れない体質になってしまいます。

骨盤、背骨に歪みを感じている方は、一度接骨院などで治療をしてもらうことが望ましいでしょう。

食べ方

太るためには食べ方を改善することも大事だといわれています。まずは意外と知られていない「食事に集中する方法」です。太るために食事に集中することは大切な方法であるといわれています。普段、食事の時にテレビを見たり、雑誌を読んだりなどの、「ながら食い」は、胃の消化に良くないと考えられています。

人は通常、食事のとき、副交感神経が優位に働き、胃に血液が集中し活発に働くといわれています。胃液や唾液が多く分泌され、消化吸収を促進します。ところが、他のことに集中すると交換神経が優位に働いてしまうため胃に血液が集まらず、消化吸収がうまくいきません。また満腹中枢も刺激されにくくなるため、食べ過ぎにもなるといわれています。胃もたれにつながってしまいます。

また、食べる順番もとても重要だといわれています。以下の順番で食べるように心がけましょう。以下の順番で食べると、血糖値が上がりやすく、脂肪になりやすいと考えられます。

  1. 始めにご飯や麺類などの炭水化物を食べます。
  2. 次に肉、魚などのたんぱく質を食べます。
  3. 最後に野菜や汁物を食べます。

歯並びが悪い

歯並びが悪いことも、太れない要因になるといわれています。まず第一の要因としては、歯並びの悪さからくる体の歪みです。歯並び程度の小さな部分から体が歪むのかと思う人もいるかと思いますが、毎日毎日人間は食べるたびに何百回と歯で食べ物を噛みます。それを続けているうちに体も歪むと考えられています。

そして、体が歪むと先にも述べましたように血流などの関係から、胃の機能が低下して、太れない体質になってしまうといわれています。また虫歯や歯周病などがある場合に、その場所をかばって食べてしまうのも太れない要因といわれています。かばいながら食べることで良く噛めていない状態で食べてしまっており、消化がうまくいかないと考えられるからです。食べる時には、少なくとも一口あたり30回は噛むことを心がけましょう。また、虫歯、歯周病などは治療することが望ましいでしょう。

腸内に寄生虫がいる

近年ではあまりありませんが、腸内に寄生虫がいる場合には、太れないといわれています。これは、腸内のサナダムシや回虫などの寄生虫が栄養を吸収してしまうため、自らの体に栄養をまわすことができなくなってしまうと考えられています。最近では、腸内にみずからサナダムシなどを飼ってダイエットを行なっている人もいるといわれているほどです。

下痢、貧血、脱水などの症状がおこるといわれていますので心配な方は医師の診断を受けた方がいいでしょう。

運動をする

運動をすることも太るためには大事な方法です。一般的には運動はダイエットの方法として有名ですが、適度な運動は太るためには必要な方法だといわれています。また、特に筋肉をつける運動が太るためには効果があると考えられています。

まずは、食事により、十分なカロリーと栄養素をとり、筋力トレーニングを行い、十分な睡眠をとります。食事、運動、睡眠、この3つのバランスが正しい筋肉をつくるにはとても大切なことだといわれています。また、正しいボディバランスが出来上がると、胃腸などの内臓のバランスも整いだし、消化能力が必然的に上がってくると考えられています。

太りたい人の食事法とは

太る方法として食事を考える

食べることは太る方法の基本なので、太りたい方は、太る方法として食べることを考えはじめることが第1歩だと考えられています。まずは、食事の量と質にこだわる必要があり、少しでも多くカロリーを摂取することを心がける必要があるといわれています。

そして食事の際には、よく噛んで食べること、食事に集中することを意識することが大事だといわれています。その上で栄養バランスを考えた上で量を多く取ることが必要です。また、食べる順番もとても重要だといわれています。

好きな食べ物で太る方法

今まであまり量を食べていなかった方がいきなり大量の食べ物を食べることは難しいでしょう。ちゃんとカロリーや栄養素の知識を得た上で食事をとることが最善の方法ですが、まずは食べることが大事です。そのため、まずは、その時食べたいものを食べる。つまり、好きな食べ物を食べて太ることが1番の近道といえるでしょう。

まずは栄養のことが考えずに、たくさん食べることに重点をおくことが望ましいでしょう。

太るための食事の量

太るための食事の量を知ることも大事だといわれています。つまり、太るために必要なカロリーを知るということです。1日に必要なカロリー量を把握する必要があります。カロリー量は、年齢・身長・体重などの条件から定まる基礎代謝量と、1日の平均的な活動量によって決まっていきます。一般的な成人の1日に必要な推定カロリー量は、男性で約2500kcal、女性で約2000kcalといわれています。

太りたい方は、この数値を上回る量を摂取しなくてはなりません。また、個人差のある値ですのでそれぞれの、年齢、身長、体重ごとに値を計算して目標を定めることが望ましいでしょう。

間食で太る方法

たくさん食べることが、太るにはとても大事なことですが、食の細かった方がいきなり大量に食べ物をいきなり食べるのは、さすがに難しいと考えられます。また、もしかしたら、胃もたれ等の不調をひきおこすかもしれません。また人によっては、偏食でいろいろな食べ物をとるのが困難な方もいるかもしれません。

少食で偏食だけど、太りたい人が太るには、間食をとることが望ましいでしょう。朝昼晩の3食を基本とし、さらに夕方と夜に間食を摂ることで、足りないカロリーを補充することが可能になると考えられています。

太るには酵素

太るには酵素も必要であるといわれています。一般的には、炭水化物・タンパク質・脂質の三大栄養素、そして、ビタミン・ミネラルを加えて5大栄養、さらに食物繊維も加えて、栄養を摂るとよいといわれています。しかし、現在は酵素も栄養にはかかせないものと考えられています。

酵素は、これらの栄養素を効果的に身体に取り入れ、活用させるために、自ら動く存在だといわれており、食べ物を消化する段階から、栄養の吸収・運搬、代謝の促進、排泄に至るまで、あらゆる過程に関与し、身体を健康な状態に保ってくれている物質だといわれています。

特に、太ることに関しては、消化酵素と代謝酵素が重要な役割を担っています。食べ物を分解し、古い細胞を修復して新しい細胞をつくり、筋肉や骨を作り免疫力を高め、病気と戦ってくれるといわれています。

食物酵素で太る方法

食事からとる栄養素をきちんと消化吸収するために、酵素を多く含む食事を積極的に摂ることを心がけることが望ましいでしょう。通常は、何かを口に入れるたびに、必ず消化酵素を使い、確実に元々もっていた酵素を消費してしまいます。しかし、酵素を含む食べ物は、体内の酵素をほとんど使わずに消化できるというメリットがあるのです。

三大栄養素を消化させるため、体内で作られる体表的な消化酵素アミラーゼ、プロテアーゼ、リパーゼがあります。これらの消化酵素は非常に多く使われるので、できるだけ食物酵素として、以下のように毎日の食事から意識してとることが望ましいでしょう。

・食物酵素を多く含む食事

生野菜、果物、刺身、納豆、キムチ、味噌、チーズ

痩せすぎな女性の悩みとは

上半身だけ太りたい

上半身だけ太りたいのであれば、胸、腕、腹、肩と特定の場所を太くする筋トレを行い、筋肉で太る方法が一番確実だといわれています。

筋肉は、筋トレなどにより通常では受けない強い負荷を受けると、筋肉を形成する筋線維の一部が断裂、破裂し、疲労状態となり一旦筋力が低下するといわれています。その後およそ36~72時間で元の水準まで回復したのち、再び同様の負荷を与えられた際に備え、元の水準を超えて筋線維を成長すると考えられており、この現象を「超回復」とよび、この現象により筋肉がついてくると判断されています。

しかし、超回復を待たずにトレーニングしつづけると、筋肉の回復がままならなかったり、筋肉の損傷につながりますので無理のないスケジュールでトレーニングを行うことが望ましいでしょう。一般的には、筋トレは48~72時間、つなわち2~3日おきにするのが最も効果的だと考えられています。

また女性の方でバストアップを望んでいる方の場合は、筋トレなどでまずは標準体重に近づけた上で、女性ホルモンを活発にするためにマッサージやストレッチを行い、血流を良くすることが大事だと考えられています。いずれにせよ、まずは標準体重になることからはじめることが望ましいでしょう。

顔がこけている

痩せすぎている女性の悩みとして、顔がこけていると不幸に見えることがあげられています。一般的には、顔がふっくらしていると、明るく健康的な雰囲気になり、ごつごつ感が消えて、ふっくらとしたかわいらしいイメージの顔になるといわれています。

まずは、無表情だと顔がこけている印象を与えますので、表情筋のトレーニングをすることが望ましいでしょう。表情筋をほぐして、顔全体をふっくらしたラインにしていくことが必要だといわれています。次に、顔をふっくらさせる効果の高い栄養素であるコラーゲンを積極的にとり、顔にふっくら感とツヤ感を同時に与えることが望ましいでしょう。

そして最後に、顔をふっくらと見せられるメイクも効果的だといわれています。ハイライトをしっかり入れ、顔色を明るくし、チークをしっかりめに入れることが望ましいでしょう。さらにピンクのコントロールカラーで、血色の良い顔にすることで、よりふっくらとした顔に仕上がるといわれています。

妊娠・出産にリスクがある

妊娠している際には痩せすぎている人の場合には、自分自身だけでなく胎児にも影響が出る可能性があるといわれています。母親からの栄養が足りなければ、胎児に補給される栄養も少なくなります。その結果、低体重の子供が生まれる可能性が高いといわれています。

また、子宮内環境が低栄養状態にあると、胎児は飢餓に備えようとして、低代謝状態で生まれてしまう可能性もあると考えられており、生まれた子供は、逆に太りやすい傾向にあるといわれています。

上半身が貧相である

痩せすぎで上半身が貧相だと洋服が似合わないといわれています。シャツを着たら、脇腹あたりがダボつき、ジャケットをはおれば、袖がダボつき締りがなく、さらに上半身だけでなくデニムを履けば、お尻の部分がダボつき魅力的に見えないなど、好きな洋服を着ても、まったく楽しめないということがあるといわれています。

また、夏場などの薄着の季節では特にガリガリの体質が気になって、暑いにもかかわらずカーディガンを羽織るなどの悪循環があるようです。水着を着るのにも抵抗があり、海などに行けない人もいるといわれています。

ガリガリだと指摘される

痩せている人の悩むとして、意外と知られていないのが、他人からガリガリだと言われることです。本人たちは気にしているのですが、意外と他人はそれを理解していないことが多いと言われています。それを示すように、一般的に、太ってる人に「太ってるね」と指摘する人はほとんどいないと思います。あまり街でも聞いたことはないのではないでしょうか。

一方、「痩せてるね」、「ガリガリだね」はよく耳にするのではないでしょうか。太ってることと比べると、痩せていることは未だ悩みだと認識されていない傾向にあるといわれており、よく指摘されがちだと考えられています。

男性からモテない

一般的に、痩せすぎている女性は男性に人気がないといわれています。建前で「スリムでいいね」といわれることはありますが、本音は「細すぎて魅力的ではない」と思っている可能性が高いといわれています。男性から見た女性の理想体型は「出るところがきちんと出ている、ウエストはくびれている、お尻は程よく張っている、脚も多少の筋肉が付いている」などだと考えられています。

太りたい人の太るコツとは

摂取カロリーを多くする

太るためには、カロリーを多く摂取することが大事だといわれています。ただし、これは最終的に運動などで消費カロリーが多くなってしまった場合には、いくら摂取カロリーを多くとっていたしても意味がなくなってしまいますので、必ず、消費カロリーが多い日は摂取カロリーを多くすることが望ましいでしょう。

胃を大きくする

いきなり大量な食事を食べても、胃がもたれたり、胃が食事を消化しきれず、結果的に栄養として取り込まれなくなりますので、時間をかけて胃が食べれる量を多くするように、胃を大きくすることが望ましいでしょう。

白米を多く食べる

白米は炭水化物であるため、多く食べることで太りやすくなります。肉などよりも栄養単価が高く、栄養吸収力も白米は高いと考えられています。

発酵物で酵素を取る

酵素は栄養素を効果的に取り入れ、活用させるために自ら動く存在だといわれており、栄養の吸収・運搬、代謝の促進、排泄に至るまで、あらゆる過程に関与し、身体を健康な状態に保ってくれている物質なので、納豆、キムチなどの食べることで酵素を多くとることが望ましいでしょう。

また、納豆などは白米との相性もいいため、相乗効果で炭水化物と酵素を摂れると考えられています。

プロテインやサプリメントを飲む

太るには食事による方法だけでは補いきれない不足しがちな栄養素を、効率良く、素早く補給できるサプリメントやプロテインを上手に飲むことで、太ることができるといわれています。

太るために必ずとらなければいけないわけではありませんが、早く短期間で太りたい方には効果的だといわれています。俳優や女優が役作りで用いる手法だといわれています。

筋トレを続ける

太りたいのであれば、筋トレを継続することが大事です。また、運動は大きく分けて、脂肪を燃焼する有酸素運動と筋力を上げる無酸素運動がありますが、筋肉をつけて太るためには、無酸素運動を多くとりいれることが望ましいでしょう。無酸素運動の筋トレとして、スクワット・腕立て伏せ・腹筋などを多くとりいれるといいでしょう。

病院で医師に相談する

太りたい人はまず病院で医師の診断を受けることも、最短距離になる可能性があります。特に胃の調子が悪いことが原因で、栄養吸収がうまくできていない場合もあるといわれています。

胃がもたれやすかったり、下痢、便秘を繰り返してるような方は、まず病院で医師の診断を受けて、内臓の状態を改善してから、食事改善、筋トレなどを行う方が望ましいでしょう。

まとめ

太れない人には、それぞれに太れない理由があります。まずはその太れない原因を解決することからはじめることが望ましいでしょう。特にその原因が、胃腸機能の問題などの場合などは、まずは医師の診察を受けてみてはいかがでしょうか。胃腸の機能を正常化し、栄養を正しく吸収することこそが太るための近道だといえます。

また、胃腸機能を正常にした後は、太るために正しい食事法や運動、筋トレなどを行うことから始めてみましょう!