TOP > 部位から探す > 頭・顔 > 口・あご > 【舌のむくみは病気のサイン?】アナタの舌はむくんでいませんか?正常な舌の特徴!6つの原因や改善方法を解説します!

【舌のむくみは病気のサイン?】アナタの舌はむくんでいませんか?正常な舌の特徴!6つの原因や改善方法を解説します!

あなたの舌はむくんでいませんか?足や顔と同じように舌もむくみます。このむくみは冷えや体の状態が現れているとされています。何かの病気が原因で舌のむくみが生じることもあるようです。そこで今回は舌がむくむ原因と舌のむくみの改善方法をまとめています。舌のむくみのチェック方法もまとめていますので、是非参考にして下さい。



舌のむくみって?

舌もむくむって知っていますか?舌にむくみが出ていても自分ではなかなか気づかないものです。東洋医学では舌には体の状態が表れるとされています。舌のむくみは病気が関係していることもあるそうです。舌のむくみとはどんなものなのか、むくみの原因はなんなのか、そしてむくんでいるときの改善方法もご紹介していきます。

舌のむくみの症状

舌のむくみの症状1 しゃべりづらい

舌のむくみがあると、しゃべりづらいなどの口の中の違和感があることが多いようです。普段、食事のとき以外でも口の違和感がありませんか?舌にむくみがあると、妊娠初期の軽いつわりのような感じを訴える方もいるようです。

舌のむくみの症状2 舌を噛むことが多い

舌がむくんでいると、食事の時などに舌を噛んでしまうことが多いようです。食事中に、舌をかむことがありませんか?これは、舌に余分な水分が溜まってむくんでいることが原因です。

また、かみ合わせが悪くても舌をかみやすくなりますが、舌だけではなく頬の内側も一緒にかんでしまうことが多いです。

舌のむくみの症状3 舌の端に歯形がついている

舌がむくんでいると歯形がつきやすくなります。例えば、朝、鏡で舌をチェックして歯型がついていたらむくんでいる証拠です。また、朝だけではなく昼間にチェックしたときにも歯型がついていた場合も同様です。一度、鏡で自分の舌をチェックしてみてください。歯型がついているときは鏡で見れば、ギザギザしているのですぐに分かると思いますよ。

舌のむくみの症状4 顔もむくみがある

舌にむくみがあると顔もむくみやすくなります。または、舌と顔が同時にむくむこともあります。顔がむくむ原因にもなってしまうのは女性にとって避けたいですよね。普段から舌がむくまないように予防したり、むくみを発見したら改善するように気をつけましょう。

正常な舌

薄紅色で、鮮やかなピンク色

まず、舌の色をチェックするときは、濃い色の食べ物や飲み物を摂る前に行いましょう。例えば、コーヒーを飲んだ直後だと舌の色が変化してしまっているので普段の色をチェックできません。では、健康な人の舌の色や舌はどんな状態なのでしょうか?色は鮮やかなピンクで舌の上はうっすらと白くなっていて、舌がスムーズに動き唾液によって潤っている状態です。

舌がむくみから考えられる原因や病気

舌のむくみの原因1 冷え

舌がむくんで舌の端に歯型がついてしまうタイプの人は体が冷えている場合が多いようです。冷え性で基本的に新陳代謝が悪くなっていて血行も悪くなってしまっていることが多いです。滞りがちなのです。

冷え性になっている人は血流やリンパの流れも悪くなってしまいます。お風呂もシャワーで済ませていたり、冷たい飲み物や食べ物をばかり食べていると、内蔵も冷えてしまい体もむくみやすくなってしまうようです。

舌のむくみの原因2 水分代謝が悪い

舌がむくんでしまう人は水分代謝が悪いことが多いです。水分代謝が悪いため舌がむくんでしまい、口の中で舌がふくれた状態が長く続いて、下の歯にいつも押し付けられているため状態になるため歯型がついてしまうのです。

水分代謝が悪いとリンパ液によって運ばれてきた老廃物が、排出できず体のなかに溜まってしまいます。それが舌に表れてきます。

舌のむくみの原因3 体が疲れている

舌がむくむのは東洋医学では、免疫が落ちて体が疲れ切っている状態だとされています。体が疲れているときは肉などを食べたりする人も多いと思いますが、免疫が弱っているときは消化不良を起こしてしまいやすくなるので、胃腸に優しく温かいもものを食べるほうが良いようです。

例えば、野菜や疲労回復にいい豚肉を煮込んだ「豚汁」、鶏肉や血行促進をしてくれる朝鮮人参を煮込んだ薬膳料理としても有名な「サムゲタン」などがオススメです。

舌のむくみの原因4 腎臓の異常

むくみは水が過剰に体内に溜まってしまうことで生じますが、通常、健康な状態であれば余分な水分は尿や汗として体の外に排出されます。そのためむくみは起こらないか、むくんでも一時的ですぐに解消されるとされています。

しかし腎臓に異常がある場合、水分を尿として体外に上手く排出することができなくなります。その結果むくみが慢性的に起こってしまうようです。尿の出が悪くなったりむくみがひどいときには、一度病院で検査してもらうことをおすすめします。尿の出が悪い場合にも、舌の端に歯形がついてギザギザしていることがあるようです。

舌のむくみの原因5 甲状腺の病気

舌のむくみは甲状腺の病気である場合もあるようです。甲状腺機能低下症という血液中の甲状腺ホルモンが不足した状態になると体がむくむなどの症状が表れることがあるようです。

これは、甲状腺機能低下症の代表的な症状がむくみだからです。通常だとむくみがあるところを押すとへこんで元に戻るのに時間がかかりますよね。例えば、足がむくむと靴下の跡がくっきりと残るような状態です。しかし、甲状腺機能低下症の人のむくみは、押してもへこんだ状態にはならずスーッと戻ります。このようなむくみを粘液水腫と言います。また、顔のむくみが悪化すると顔のいたるところがむくんで膨れてくるため、舌も膨らんできます。

舌のむくみの原因6 食いしばりや歯ぎしり

睡眠中の歯ぎしりや食いしばり、昼間の食いしばりもむくみに関係しているそうです。無意識に行っていると思うので家族や友人に指摘されたことがある人は気をつけましょう。それでは、なぜ歯ぎしりや食いしばりがむくむ原因になるのでしょうか?歯ぎしりや食いしばりをしているときは、歯によって舌が圧迫されるためです。また、圧迫されてしまうと舌や頬の内側に歯型がつきやすくなります。

舌のむくみの改善方法

舌のむくみの改善方法1 食生活

舌のむくみを改善するには普段の食生活を見直すことも大切です。塩分の多い食事を取っているとどうしてもむくみやすくなってくるのでまずは塩分をなるべく控えた食事に改善する事が必要になってきます。

味の濃い食事は塩分を摂りすぎてしまいむくみやすくなります。塩分に含まれるナトリウムが多すぎると余分な水分を体に溜めてしまうので、不必要なナトリウムを排出してくれるカリウムを積極的に取り入れましょう。

カリウムが豊富な食品は、バナナや野菜です。野菜でも大根やきゅうりの漬物は塩分を摂りすぎる恐れがあるため注意しましょう。忙しくてなかなか野菜を十分に食べられない場合はサプリメントで補うことがオススメです。味付けは薄いと感じる位にして見ましょう。はじめは物足りなく感じるかもしれませんが、すぐに慣れてくるはずです。

舌のむくみの改善方法2 アルコールを控える

アルコールを摂取することで血管が拡張して血行が急激に良くなることや、そして腎臓や肝臓などの老廃物や毒素を分解する臓器にも負担がかかることがむくみの原因ともなってしまいます。

アルコールは適量を心がけて、飲みすぎには注意しましょう。

舌のむくみの改善方法3 身体を温める

むくみ改善には体を温めることも大事です。夏もできるだけ冷たい飲み物や食べものは控えるようにしたほうがいいでしょう。暑さ対策は冷たいものを摂取するのではなく、冷たいタオルやなどを使ってワキの下や首を冷やすのがおすすめです。

冬は温かい飲み物や食べもので内側からしっかりと温めて、服装でも腹巻などをして体を温めるようにしましょう。体を温める食べ物でおすすめなのは生姜湯です。生姜に含まれている成分は代謝を上げて、血行を良くしてくれる効果があるので身体を温めること期待できます。

舌のむくみの改善方法4 ストレッチ

普段あまり運動をしない人は適度な運動を取り入れていくと良いでしょう。体力をつけるためにハードな運動をするのは、体を疲労させてしまうこともあるので逆効果になってしまいます。

ストレッチで硬くなった筋肉を柔らかくほぐしてあげましょう。筋肉が柔らかくなることで血流もよくなり、リンパの流れもスムーズになって老廃物の排出を促すことが出来るので、むくみ改善に繋がります。

舌のむくみの改善方法5 お灸

むくみの改善にはお灸もおすすめです。最近のお灸は心地よい温かさで、アロマの香りなどのものもあるのでリラックス効果もあります。舌のむくみに効果のあるツボは「陰陵泉」と呼ばれる足のふくらはぎの内側に存在する場所です。

足首から指でゆっくり押していき痛みを感じる場所がありますが、その場所にお灸をしてあげる戸いいでしょう。舌のむくみがある人は体の冷えがあることも多いのでお灸の温かさで経絡を刺激して冷えの改善もしていきましょう。

舌のむくみの改善方法6 漢方

東洋医学では、体に余分な水分が溜まり体の様々なところに不調がでる症状を「水毒」と呼びます。舌のむくみもそのひとつと考えられています。倦怠感があり下半身がむくみやすかったり太りやすい場合は、水太りの症状かもしれません。うまく水分を代謝できていない状態なので、過度な水分補給は控えるようにしましょう。

このような症状を改善するには漢方薬もオススメされています。水分代謝をUPさせて余計な水分を外へだしてくれる漢方薬を飲むことでむくみの改善が期待できるようです。

漢方は自然の薬草などから作られるので西洋薬より優しい薬ですが、副作用が0ではありません。漢方は体質によって最適な漢方薬が異なり、他に薬を服用している場合は飲み合わせも考慮する必要があります。自己判断はせずに、薬剤師さんや漢方薬局で自分に合った漢方が何か聞いてみましょう。

舌のむくみがあるときは何科にかかればいいの?

舌のむくみは西洋医学ではなく東洋医学で主に治療をしている場合が多いようです。舌のむくみの原因にも様々な原因があります。内臓の不調が原因となっている場合もありますので、もし舌のむくみが気になって病院にかかる場合は内科でまず相談してみると良いようです。もし何らかの病気が原因となっている場合は大きい病院などを紹介してくれるでしょう。

まとめ

いかがでしたか?舌のむくみというのは、胃腸の疲れや睡眠不足、ストレス、何かの病気などで起こりやすくなるようです。舌は体の状態が現れるのです。まずは自分の舌が向くんでいるかをチェックしてみましょう。

舌が向くんでいる場合は食生活を見直したり、体を温めたり、運動する事で改善に繋がります。これは舌のむくみの改善だけでなく、体全体のむくみや、不調を改善する事にも繋がります。すぐに効果が現れるわけではないので気長に続けていきましょうね。