TOP > 症状から探す > 痛み > 肉離れによる痛みとは?肉離れの原因と症状|肉離れと筋肉痛の見分け方から治療法・注意点などご紹介!

肉離れによる痛みとは?肉離れの原因と症状|肉離れと筋肉痛の見分け方から治療法・注意点などご紹介!

久しぶりのスポーツ、ちょっと頑張った瞬間に筋肉が「ブチ」っと切れた?!そんな経験ありませんか。肉離れの痛みは経験した人じゃないとわからない激痛ですよね。なぜ肉離れになってしまうのか、肉離れの治療法、痛みの和らげ方など肉離れの痛みに悩んでいる方へ肉離れの対策法をご紹介します。



肉離れの痛みを何とかしたい!

肉離れの痛みは正しい治療法で治しましょう

一度肉離れになると一刻も早く肉離れの痛みから解放されたいですよね。肉離れはスポーツはもちろん、何気ない普段の生活の中でも簡単におきてしまうものです。

太もも、ふくらはぎ、腰などひどい肉離れになると歩行もままなりません。日頃から肉離れを起こさないようにストレッチなどをして意識することも大切ですが、万が一肉離れを起こしてしまったら慌てずに正しい治療法で肉離れの痛みから解放されましょう。

そもそも肉離れとは?

肉離れとは筋肉の断裂障害のこと

肉離れとは、伸びている筋肉に急激な負荷がかかり、筋肉が強く収縮することで起こる筋肉の断裂障害です。「筋断裂」、「筋損傷」などの名称があり、スポーツをしている時に起こりやすいです。

筋肉を損傷してしまうので、激しい痛みをともないます。ふくらはぎや太ももなどの脚に起こることが多く、歩けなくなるほどの損傷になることもあります。腕、わき腹、背中などにも起きることがあるので、気をつけたいケガです。

肉離れは太ももとふくらはぎに起こりやすい

太ももやふくらはぎは筋肉が発達しているので、肉離れが起こりやすいと考えられています。短距離走やサッカー、テニスといった走るスポーツをしている時に起こりやすいです。肉離れが起きやすい部位は、太ももの前面、太ももの裏面、ふくらはぎの内側です。

肉離れは、激しい痛みによって歩行が困難になることがあります。炎症を起こしているので、無理に動かさず、安静にする必要があります。また、肉離れは治療に時間がかかることが多く、損傷の具合にもよりますが1~2週間は安静にしなければならないようです。

太ももの肉離れの主な原因

柔軟性の不足

肉離れを起こしやすいのが太ももの後面にあるのがハムストリングス。「ハムストリングス」とは単体の筋肉ではなく筋肉群です。大腿二頭筋、半膜様筋、半腱様筋、この三つの筋肉の総称です。このハムストリングスが肉離れを起こしやすい原因の一つが柔軟性の不足です。筋肉がかたくなっていると伸ばした際に切れやすくなってしまうので、筋肉を柔軟に保つことで、肉離れが起こりにくくなるそうですよ。

筋力の低下

太ももの肉離れの原因の二つ目が、筋力の低下。しばらく運動をしていなかった状態でいきなりスポーツをすれば衰えていた筋肉に負荷がかかります。

また逆に普段から筋肉を酷使している人は疲労が筋肉に溜まってパンパンの状態の時に負荷をかけてしまったら、切れてしまうのは言うまでもありませんよね。

筋力が衰えているなと感じたら、スポーツをする前に十分なストレッチを行い、徐々に運動内容をアップさせていきましょう。

拮抗筋とのバランスの悪さ

ハムストリングスが切れてしまう原因の三番目が拮抗筋とのバランスの悪さです。太ももの前面である大腿四頭筋とハムストリングスの伸び縮みがあることで人は足を動かしスムーズに動けるようになります。

この太ももの前後の筋肉のバランスが悪くなると、お互いに引っ張り合ってしまい、ハムストリングスが切れてしまうのです。

太ももの前後の筋力のバランスを保つには柔軟性と弱い方の筋肉を鍛える必要があります。筋力のバランスを整えてあげ、肉離れの予防や再発防止につなげましょう。

ふくらはぎの肉離れの主な原因

柔軟性の不足

肉離れになりやすいふくらはぎも、柔軟性の不足によって肉離れが起きてしまいます。ふくらはぎの肉離れは年齢に関係なく起こるもので、スポーツをしている時になりやすいです。

太ももと同じく、柔軟性のない状態でジャンプしたり、走り出したり、強制的に筋肉に負荷をかけた動作で筋肉が断裂してしまう症状です。

筋肉の疲労

ふくらはぎの肉離れの原因として筋肉の疲労が挙げられます。普段から筋肉を使って疲労が溜まっていると筋肉がパンパンになり、切れやすくなるようです。

またいつも以上のパフォーマンスをしようとする、疲労がたまっている、急激に気温がさがった時などに起こります。

肉離れの主な症状

(軽度)筋肉を動かすと痛い肉

肉離れの症状は重さによって3段階に分けられます。第一段階の軽度な肉離れは部分的に小さな範囲で筋肉の断裂が起きている症状です。痛みはありますが、自力で歩行出来ます。基本的にはしばらくの間安静にしていれば自然治癒が見込まれます。

(中度)筋肉を押すと痛い部分がある

第二段階の中度の肉離れは、部分的に筋肉が分断している状態で、内出血をともない腫れていることが多いです。動かすと痛みが強く出るので、自力での歩行が難しく、普段の生活に支障が出ることがあります。筋肉の損傷具合を考えると、医療機関での受診をおすすめします。

(重度)痛みで動かすことがほぼ不可能

第3段階の重度の肉離れは、筋肉がほぼ完全に分断している状態です。筋肉がへこんでいるのが分かるほど損傷していて、強い痛みが出ます。歩行はおろか動かすことも難しいです。

重度の肉離れになると、日常生活を送るレベルまで回復するにも時間がかかることが多いです。スポーツ選手などが肉離れを起こすと、大きなブランクになることがあります。なるべく早く医療機関での治療が必要となりますよ。

肉離れと筋肉痛の見分け方

痛みが出たタイミング

同じ筋肉の痛みである肉離れと筋肉痛。痛みが出たときに肉離れなのか筋肉痛なのか判断が難しい場合もありますよね。実際に肉離れと筋肉痛にはどのような違いがあるのでしょうか。

筋肉痛は、傷ついた筋組織が治る際に炎症が起こることが原因とされています。炎症が治る段階に痛みが出るので、運動した数時間後から数日後にかけて起こります。筋肉痛は普段運動をしていなかった体で、急なスポーツなどを行い疲れてしまう時になったりします。

肉離れの場合は激しい動きの後や、スポーツでジャンプしたり急に走った後などに起きる症状です。筋肉痛と肉離れでは痛みが出るタイミングが若干違うようですね。

痛みの範囲

筋肉痛は、部分的な痛みというより全体的な痛みが出ます。脚全体や腕全体など、広い範囲で重く張っているような痛みが出ますが、多くが一時的なものです。肉離れは痛みが出る範囲は狭いのですが、筋肉の断裂は広い範囲で起こっているので、筋肉痛よりも激しい痛みが出ることが多いです。

痛みの引き具合

多くの人が経験している筋肉痛。日に日に良くなるのが分かるように、筋肉痛は時間とともに痛みが軽減されていきます。

肉離れの場合、適切な処置を施してもなかなか痛みがひかない場合もあります。回復に時間がかかることが多く、程度にもよりますが2~3週間かかることもあります。

腫れや皮膚の色

筋肉痛では通常腫れたり、皮膚の色が変わるようなことはないようです。しかし、重度の肉離れの場合、痛みがある部分は反対側の同じ部位に比べると腫れの違いが分かることがあります。かなり強く腫れてしまうケースもあるようです。

また、肉離れは内出血を起こしていることもあるため、皮膚の色が変わることがあります。

肉離れの治療法は?

RICE処置

肉離れになってしまったら、まずは適切な応急処置が必要です。その応急処置で覚えておきたい方法が「RICE処置」(ライス)。このRICE処置はスポーツで起きる障害全般の応急処置方法の基本となる重要な方法です。

RICEは「安静(Rest)」「冷却(Icing)」「圧迫(Compression)」「拳上(Elevation)」の頭文字の略です。患部を動かさないようにして冷やし、圧迫しながら固定し高い位置に持って行きます。肉離れの場所によって処置法は変わることもありますが、基本的に冷却と圧迫は行います。

適切な応急処置をすることで、炎症や腫れをなどを最小限に抑えられるとされています。そして、応急処置を施したら、なるべく早く医療機関にかかりましょう。

温熱療法

RICE処置で応急処置を施した後、肉離れの症状の拡大を防ぐために、温熱療法という方法があります。肉離れの筋繊維が断裂しているため、炎症症状を起こします。

早期に治したい場合、温熱療法で患部を温め血行を促進させます。血行を促進させることで、人間が本来持っている自然治癒力を高まります。

栄養療法

肉離れを起こした筋肉を少しでも早く回復させるために、食事から治療促進することが可能です。筋肉の大半はタンパク質からできていますので、そのタンパク質を積極的に摂取するようにしましょう。

タンパク質は肉、魚、卵、豆製品、乳製品、などに含まれます。食事のメニューにバランスよく取り込んで行きたいですね。特にレバーや鶏モモ肉は、タンパク質の吸収を助けるビタミンB6も含まれているのでおすすめです。

筋繊維の回復のために、ビタミンCも積極的に摂るようにしましょう。ビタミンCは、代謝や免疫機能を上げる働きがあるとされています。ブロッコリーやピーマンなどの野菜、イチゴやグレープフルーツなどの果物に多く含まれていますよ。

また、筋肉の回復を早めるために、いろいろなビタミンを摂ることをおすすめします。特に、ビタミンB群やビタミンEは、筋肉の回復を助ける働きがあるそうです。

ミネラルを摂ることも大切で、特にマグネシウムの摂取が有効とされています。マグネシウムは筋肉を緩ませる作用があるので、不足していると筋肉が緊張しやすくなり、肉離れが起りやすくなるそうです。豆類、海藻、精米されていない分づき米などに多く含まれていますよ。

テーピング・サポーター

肉離れは再発しやすいので、軽症の場合でもテーピングで固定するなどのケアが必要とされています。軽症の場合にそのまま放置してしまうと、クセになり肉離れを繰り返す危険性があります。それほど痛みがなくても、肉離れになったら再発防止のために、患部を冷しテーピングでしっかり固定しましょう。

テーピングは、痛みのある部分だけでなく広い範囲にわたって固定すると効果的のようですよ。治療に関しては、接骨院、整骨院、整形外科などの医療機関を受診し、専門家に相談することをおすすめします。

マッサージ

肉離れの治療法で有効なのがマッサージです。しかし、このマッサージはタイミングが重要です。肉離れを起こした直後の内出血や筋断裂がひどい状態でマッサージしては逆効果。きちんと安静時期を終え、筋肉の回復が見れられた後に堅くなった患部の周辺を柔らかくする目的でマッサージします。

マッサージは痛めてしまった患部を揉んだり、押したりするのではなく肉離れを起こしていない箇所を緩めて行きます。痛みのない程度に掌で圧迫することで、血流が良くなり、筋肉が柔らかくなってきます。また、疲労や凝りなどが改善され肉離れが早く治ることが期待できます。

肉離れの痛み止め

飲み薬

肉離れの痛みを少しでも無くしたい時には痛み止めの飲み薬もあります。整形外科などでは医師が必要と判断した場合、消炎鎮痛剤を処方することもあります。

この消炎鎮痛剤は市販薬としても売られています。ドラッグストアなどでもよく見かけるのが「ロキソニン」です。胃腸にも優しく、短時間で作用が出るため、常備しておいても良い飲み薬ですね。

注射

肉離れで整形外科などを受診すると、痛みがひどい場合はブロック注射やヒアルロンサン注射などを打たれる場合があります。痛みを神経からシャットダウンすることで、痛みからの解放が期待できるそうです。

また、トリガーポイント注射による治療も行われることが多いです。トリガーポイント注射は、局所麻酔剤を患部に注射し痛みを軽くします。筋肉がほぐれ血流が良くなるので、痛みの緩和だけでなく、筋肉の回復に効果があるそうです。

湿布

肉離れなどを起こした患部には直接痛み止めの効果がある湿布も有効です。飲み薬でご紹介した消炎鎮痛剤などが含まれた湿布を患部に直接貼ることで、薬の成分が深いところの筋肉や関節に入っていきます。

湿布には冷湿布と温湿布がありますが、肉離れなどの炎症を起こしているケガの場合、RICE治療でもご紹介した冷却が必要になってきますので冷湿布のほうがより効果的でしょう。

塗り薬

湿布と同様に塗り薬に含まれた成分が直接皮膚から筋肉に浸透します。自分に合った方法で肉離れを治して行きましょう。

まとめ

肉離れの痛みの治療法いかがでしたか。かくいう私も太ももの肉離れ、背中から腰にかけての肉離れなどを経験した一人です。肉が離れるという名のとおり、筋肉が切れてしまった!とはっきり分かり激痛に泣きました。

もし、肉離れはなってしまったら。肉離れは最初の応急処置がとても大事です。RICE処置は肉離れだけではなく、多くのスポーツで起きたケガに有効とのこと。是非覚えておきましょう。

そして、肉離れにならないよう日頃からストレッチや軽い運動などをして筋肉を柔らかくしておきましょうね。