TOP > 部位から探す > 頭・顔 > > 鼻に膿がたまっている?!ニキビはどうすればいい?手術などの6つの治療法とアレルギー性鼻炎などの5つの病気を説明!

鼻に膿がたまっている?!ニキビはどうすればいい?手術などの6つの治療法とアレルギー性鼻炎などの5つの病気を説明!

鼻に膿がたまっていると、うっとうしくてすっきりしませんよね。ここでは、鼻に膿がたまった時の症状、鼻のニキビにたまる膿について、考えられる5つの病気、膿がたまる原因、副鼻腔炎の見分け方、鼻の膿の危険性、膿に対する治療法について詳しくみていきましょう。



鼻に膿がたまる?これっていったい何?

風邪を引いたり、鼻炎がすすむと、副鼻腔という顔の空洞に膿がたまります。鼻と副鼻腔との間に交通路があるので鼻の炎症が副鼻腔にまでおよんで膿がたまるのです。

膿がたまると、鼻が詰まって息苦しくて、いつも口が開いてたりしますよね。他にもいろいろな症状があって、うっとおしくてどうにかならないかなと思いますよね。

ここでは、膿がたまった時の症状や、考えられる病気、原因、副鼻腔炎との見分け方、膿の危険性と膿の治療法について解説していきます。症状が当てはまったら、医療機関を受診してくださいね。

鼻の中の膿の主な症状

鼻水が止まらない

鼻漏(鼻水)とは、鼻の組織に由来する鼻液に涙や呼気が凝集した水分が加わったものです。鼻液は、鼻粘膜より分泌されます。膿がたまると、膿性鼻汁が出てきます。

鼻から異臭がする

鼻にたまっている膿の匂いがして、イヤな臭いを感じることもあります。

鼻が常に詰まっている

粘膜が腫れ上がることで、鼻が常に詰まっている状態になります。このため、口呼吸することで咳やのどを痛めること(風邪を引きやすく治りにくい、よく扁桃腺を腫らす)が多くなります。

いびきをかく

いびきは、鼻から吸った空気がのどを通って気管や肺へ十分量届かない時に起こります。粘膜が腫れ上がることで、口呼吸になり、口を出入りする気流によって口蓋垂や舌根などが振動して、音がでます。上気道の狭窄によるものです。

睡眠時無呼吸症候群は、睡眠時に無呼吸または、低呼吸になり睡眠が十分とれず、昼間つらい眠気に襲われ日常生活がおかされる病態です。閉塞性睡眠時無呼吸は、上気道の狭窄によるものです。

においがわからない

臭いは、鼻の天井部である天蓋部から、鼻中隔上部に分布している嗅細胞の感覚端末で感知されます。粘膜が腫れ上がることで、嗅覚低下が起こります。

頭痛

いびきをかくため、熟睡が妨げられることで集中力の低下やイライラ、頭重感などの症状が出ます。膿がたまり副鼻腔の圧力が上がると、頭痛や頬が痛むなどの症状も出ます。

吐き気

鼻の周りには脳があるため、、脳に広がると頭痛、吐き気 嘔吐、片麻痺などが起こる場合もあります。そのようなケースは入院し緊急で手術が必要となる場合もあります。

鼻のニキビにたまる膿

潰した方がいい?

鼻は、他の顔の部分と比べて、皮脂量が多い場所です。さらに、鼻の毛穴は奥が深いことから、皮脂が毛穴に溜まりやすい場所で、ニキビもできやすいのです。

炎症を起こしたニキビがさらに悪化し、毛穴に収まりきらなくなった内容物が周囲の組織にまで漏れ出て、膿を持ってしまうと黄色ニキビ(化膿ニキビ)となります。炎症が表皮の奥にある真皮層にまで達しているため、跡が残る可能性が高い状態です。この状態が長引くと、治癒した後にも凹凸や色素沈着が残ってしまう恐れがあります。

この状態になったニキビを自分で潰してしまうと、ほぼ確実にクレーターのような瘢痕が残ってしまう可能性が高いので、絶対に触ってはいけません。

何科を受診すればいいの?

皮膚科を受診しましょう。皮膚科では、まず患部の炎症を止めるため、抗生物質の内服薬が処方され、場合によってはステロイド注射が行われます。膿を持ってしまっている時点で、治療が長期化しやすいために、漢方薬による治療もおこなわれます。荊芥連翹湯、十味敗毒湯、半夏瀉心湯などが用いられることが多いようです。

ニキビ治療は場合によっては保険適用されることもありますので、医師に聞いてみましょう。

鼻の膿がカサブタになる場合

アレルギー性の疑い

鼻前庭(びぜんてい)とは、鼻の孔から少し入ったところ、皮膚(鼻毛の生えている部分)と粘膜との境目付近あたりを指します。この部位に炎症を起こすと、鼻の中にかさぶたがたまる、鼻が痛い、鼻が臭い、黄色い鼻が出るなどの症状が起こります。

鼻炎によって鼻をかみすぎたりしたところから、化膿して鼻前庭炎を起こすことがあります。アレルギー性鼻炎が原因となっていることもあり、その場合はアレルギー性鼻炎の治療が行われます。

乾燥の疑い

冬場は空気が乾燥するので、鼻の入口からはいったところが乾燥して炎症を起こすことがあります。そのために繰り返し鼻血が出る、鼻の入口にかさぶたができる、鼻がつまるなどの症状を起こします。

空気の乾燥が原因なので、暖房をいれるときに加湿器を使うなど、部屋の湿度を保つことが大切です。またマスクをすると、吸う空気に湿気を与えてくれるので簡便な対策法です。病院では塗り薬が処方されます。

鼻の膿で考えられる病気

副鼻腔炎

副鼻腔炎は蓄膿症とも呼ばれる病気で、鼻の奥にある副鼻腔という空洞部分に膿が溜まってしまう病気のことをいいます。副鼻腔に膿が溜まることで、鼻が詰まったり、不快な匂いがしたり、鼻水がのどに垂れ込む症状(後鼻漏)が出たりして、日常生活にも支障が出てきます。

さまざまな原因がありますが、一番原因として多くあげられるのは風邪です。風邪で鼻の粘膜が炎症を起こし、その炎症が副鼻腔にまで広がり、副鼻腔炎が起こります。このほかにも、アレルギー性鼻炎や花粉症、鼻の骨が曲がっていることなどが原因となります。

急性副鼻腔炎

風邪に引き続いて発症することが多く、風邪症状に加えて顔や頬の痛みが表れます。まれにですが、炎症が目や脳に進み、視力の低下や意識障害の原因になることもあるので、注意が必要です。

症状としては、鼻水、鼻づまり、頭痛、顔の痛み、ほほの圧迫感、悪臭を感じる、咳や痰が出る、鼻水が黄色や緑色になる、嗅覚障害などです。

慢性副鼻腔炎

副鼻腔炎の症状が2~3ヶ月続き、慢性化した状態が慢性副鼻腔炎(蓄膿症)です。炎症が長引くことにより、副鼻腔に膿がたまります。

症状としては、鼻水、鼻づまり、頭痛、悪臭を感じる、咳や痰が出る、鼻水が黄色や緑色になる、嗅覚障害がみられますが、顔やほほの痛みがみられないのが特徴です。

慢性副鼻腔炎でよくみられるのが鼻茸(はなたけ)です。鼻茸とは、鼻の粘膜の一部が風船のようにふくらんで鼻腔内にたれさがったポリープです。

気管支喘息を伴う副鼻腔炎

最近では非常に治りにくいタイプの「好酸球性副鼻腔炎」といわれる副鼻腔炎が気管支喘息を合併している成人に増加しています。鼻汁が水あめを固くしたようなニカワ状といわれる性状で、鼻の粘膜にできる良性のポリープである鼻茸がたくさんできるので、においがわからなくなることが多いのが特徴です。

アレルギー性鼻炎

ハウスダストや花粉などに鼻粘膜が刺激されて起きる鼻炎を、アレルギー性鼻炎といいます。

大人の場合は、くしゃみ、鼻水、鼻づまりが三大症状です。子供の場合は、鼻のかゆみや鼻づまりが気になり、鼻をほじったりいじったりして鼻出血がみられることも多く、乳幼児の場合は、鼻が詰まってミルクが飲めなくなったり、食事ができなくなったりすることもあります。

鼻の膿に考えられる原因

感染

副鼻腔炎は、感染によるもので、肺炎球菌、インフルエンザ菌、黄色ブドウ球菌、モラクセラなどのウイルスが原因菌です。

アレルギー

アレルギー性鼻炎には、季節性と、通年性があります。

季節性の原因は、主に花粉です。通年性は、ダニやノミ、カビ、ペットの毛などといったハウスダストが主な原因です。

アレルギー性、風邪とは違う副鼻腔炎の見分け方

粘性が強い

風邪やアレルギー性鼻炎では、水溶性の鼻水がみられるのに対し、副鼻腔炎の場合、粘性の強い、膿性の鼻水が出ることが特徴です。また、炎症が続くことにより、肥厚した粘膜の一部が成長してブヨブヨした塊となって鼻腔をふさいでしまいます(鼻茸)。

のどに鼻水が垂れる

副鼻腔炎では、鼻の奥から、のどに鼻水が垂れる(後鼻漏)症状が多くみられます。後鼻漏は、固有鼻腔・副鼻腔由来の鼻液に涙液や呼気から凝集した水が加わったものです。のどの後壁を伝って喉仏の辺りの食道入口部でたまると、痰と間違われたりします。のどの奥や鼻の上にねばいものがたまっているといわれます。

くしゃみが出ない

風邪やアレルギー性鼻炎では、くしゃみが出ますが、副鼻腔炎ではくしゃみは出ません。

発熱しない

風邪では、発熱することがありますが、副鼻腔炎では発熱はありません。頭痛があることがあります。

目のかゆみがない

アレルギー性鼻炎では、特に花粉症などの場合、目のかゆみが出ますが、副鼻腔炎では目のかゆみはありません。

鼻の膿の危険性

鼻呼吸ができなくなり病気にかかりやすく

鼻腔の中には毛がたくさん生えていますが、この毛が空気中のゴミやウィルスを絡めとり、きれいな空気だけを肺に送り込む役目をしています。また、鼻は異物が入るとくしゃみをして反射的に押し出す機能が備わっています。

鼻に膿がたまると鼻呼吸ができなくなり、鼻の毛が花粉やウイルスをキャッチできず、すべて呼吸器へと送り込んでしまい、病気にかかりやすくなってしまいます。

鼻呼吸は精神の安定にかかわる

小児の慢性副鼻腔炎は精神および情緒面に大きな影響を及ぼすといわれています。特に鼻づまりは集中力の低下、情緒不安定、睡眠障害の原因となります。睡眠障害が長引くと睡眠時無呼吸症候群となり、日中にウトウトしたり、思考力が低下したり、落ち着きがなくなったり、怒りやすくなったりします。

子供に限らず、大人でも鼻呼吸は精神の安定にかかわっています。熟睡できないために、集中力が低下したり、イライラしたりする症状が出ます。

鼻の膿に対する治療法

鼻うがい

鼻うがいは鼻洗浄ともいわれますが、鼻の中に溜まった病的な鼻汁を除去し、鼻粘膜が本来持つ生理機能を回復させる治療法です。また余分な鼻汁を除去することにより鼻つまりも改善されます。

鼻洗浄の有効性は欧米でも確立されていて、副鼻腔炎の治療としては抗生剤服用と同等の効果があるとされているそうです。膿を吸引したあと、生理食塩水などで洗浄します。

鼻うがいとして機器が販売されているので、家庭で鼻洗浄を行うこともできます。鼻洗浄に加えて、規則正しい日常生活やバランスのとれた食事、鼻をかむ習慣をつける事が大事です。

ネブライザー療法

鼻汁をきれいに吸い取ったあと、細かい霧状になった薬を吸入する治療をネブライザー療法といいます。これにより、迷路状の副鼻腔のすみずみまで、薬液が到達しやすくなり、よりよい治療効果が期待できます。

妊婦や授乳中の人は、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ使用されます。

ツボ押し

副鼻腔炎などに効果的なツボがあります。眉毛の中心の上のツボが陽白(ようはく)です。

鼻の付け根、おでこと交わったところにあるのが、印堂(いんどう)です。鼻の脇半分の長さのところにある鼻通(びつう)、鼻の穴の横にある迎香(げいこう)も効果的なツボです。

慢性の副鼻腔炎では、マクロライド系抗生剤(エリスロマイシン、クラリシッド、ルリッドなど)を、少ない量で、一般的にはある程度の長期間(約3ヶ月が一つの目安)用いて治療します。鼻汁が多い時や、アレルギーを併発している時には、粘液溶解剤や抗アレルギー剤、点鼻薬などが併用されることがあります。

マクロライド系抗生剤の少量長期療法では、多剤耐性誘導(ほかの薬剤に耐性になること)はされないことがわかっていて、これ以外の副作用もきわめて少なく、長期間の服用でもたいへん安全な薬だそうです。

手術

最近は、鼻の穴から内視鏡を用いながら、副鼻腔への道を十分に確保させて副鼻腔の換気と排泄促進(ドレナージといいます)をはかるとともに、粘膜は除去せずに、正常の状態に回復できるよう道筋をつける、という手術が行われているそうです(内視鏡下鼻内副鼻腔手術)。

内視鏡下鼻内副鼻腔手術は、病変を根治させる手術ではないため、手術そのものも大切ですが、手術後(退院後)のフォローと手入れがとても大切になるそうです。定期的に通院し、マクロライド療法を中心とした治療を続ける必要があるそうです。

何科を受診すればいいの?

耳鼻科もしくは耳鼻咽喉科を受診しましょう。

まとめ

鼻に膿がたまる病気は、主に副鼻腔炎ですが、放置しておくと慢性副鼻腔炎になるので、耳鼻科もしくは耳鼻咽喉科を受診しましょう。

鼻に膿がたまったままだと、鼻呼吸できず、ウイルスや花粉などの異物が除去されずに、呼吸器に入り病気にかかりやすくなったり、口呼吸により睡眠が十分とれずイライラしたりと精神不安定になるなどデメリットがあります。

手術以外にも、薬など効果があるそうなので、早めの受診をお勧めします。効果的なツボもあるので、ぜひ試してみてくださいね。