TOP > 部位から探す > 上半身 > 手・指 > 【小指がしびれる?】しびれの原因は他にある?!考えられる病気としびれの治療や予防法・注意点などをご紹介!

【小指がしびれる?】しびれの原因は他にある?!考えられる病気としびれの治療や予防法・注意点などをご紹介!

小指のしびれを感じる人は、自分の体調を今一度ふりかえってみてください。意外な病気が原因となって現れた症状かもしれないのです。



小指のしびれが続いたら?

小指のしびれは、単に指の問題ではないことが多く、肘、肩、首、その他にも気をつけなければいけない部位があります。又、シリアスな病気が潜んでいる可能性も考えられるので、十分注意が必要です。ここで紹介する、小指のしびれに関する内容を参考に、思い当たる方は一度病院を訪れてみてくださいね。

小指がしびれる病気

肘部管症候群

一般的に腕や手がしびれるのは、脳からその場所へとつながっている神経が、なんらかの原因によって圧迫されることが理由であることが多いです。そして、小指に関して言うと肘部管症候群という疾患が、その原因の一つとして挙げられます。

肘部管症候群の症状としては、小指がしびれる他にも、薬指の一部がしびれや筋力の低下、指の変形なども挙げられます。これは、肘部管症候群によって尺骨神経が圧迫されることによって起こるそうです。圧迫の要因は骨折などの外傷や骨の変形、運動などが考えられます。

小指がしびれる上に肘の周りが痛むなと思ったときは、肘部管症候群の可能性があるので、早めに整形外科や専門の東洋医学の治療院で診てもらってください。

肩こり

小指のしびれを感じた人には、まず肩こりが原因で小指のしびれが出る場合があるようです。デスクワークを長時間にわたって行うなどの肉体的緊張状態が一般的ですよね。その他にも、精神的なストレスによって自律神経のバランスが乱れることによっても、肩のコリが生じることがあります。

自律神経は体のとってのアクセルとブレーキのようなもので、私たちの生命活動に欠かすことのできない働きをになっています。血流の調整もその一つですが、自律神経のバランスが乱れることで血行が悪くなり、栄養状態が低下することで肩がこってしまうという訳です。

こうして肩こりになると、肩の周辺の血流が悪くなる事が影響して、肘や手の指がしびれや痛みを感じたりするようになるそうです。パソコンやスマートフォンの利用時間が増えたことで肩こりになったと自覚している人は沢山います。

ただの肩こりだと思ってそのままにしておくと、小指のしびれから腕全体にしびれが広がり、肩こりは首や背中まで痛みが広がっていく可能性があります。慢性の肩こりになる前に、マッサージ機やパートナーに揉み解してもらうとか、肩こりの解消に良いストレッチを研究してみてくださいね。

脳出血・脳梗塞

小指のしびれのみならず、手や足にしびれの症状が出るものに、脳出血や脳梗塞などの脳血管障害があります。脳出血は、出血の場所によって症状が異なり、運動を司る部分や視床といった部分で出血すれば、出血した側と逆の手足がしびれてきます。

脳梗塞は脳の血管が詰まる病気ですが、前触れの症状の一つに、手の指がしびれ箸や器を落としやすくなったり、字が書きにくくなった等を訴える人が多いそうです。又、その症状の多くは、片側の右手だけがしびれる、又は、左手だけがしびれるというもののようです。そういう症状がある場合は、すぐに受診したほうが良いです。

心筋梗塞

心筋梗塞の前兆にある人は、胸が苦しくなり痛くなるほかに、背中に痛みが出たり、左肩が痛んで挙上しにくくなったりします。また、あごの痛みが出る場合もあるそうです。その他には、歯の痛みを訴える人もいるそうです。また、小指が痛んだりしびれたりすることもあるそうです。

手の小指がしびれる原因はいくつかありますが、小指のしびれに伴い上述したような胸や背中などの痛みの症状が重なっている場合は、躊躇せずに是非早めに受診する事をお勧めします。

糖尿病

糖尿病の症状としても、しびれを感じる場合があるようです。糖尿病は、肥満や高血圧、脂質異常症と並んで「死の四重奏」と言われています。こういった生活習慣病の怖いところは、自覚される症状がないまま病状が悪化していくという点にあります。糖尿病に関しても同じで、検査をするまで気がつかないというケースも多々あります。

そして、糖尿病が進行すると三大合併症と言われるものが現れてきます。それは「糖尿病性神経障害」と「糖尿病性網膜症」、「糖尿病性腎症」の3つです。中でも糖尿病性神経障害が一番早く現れ、糖尿病がかなり進行していくと、手足のしびれや感覚異常が現れてしまいます。末梢神経がしびれて感覚異常が起こると、通常なら熱くて耐えられないような刺激にも気がつかずにやけどをしてしまったり、ケガをしても気がつかなくなったりします。そして、そういった患部が化膿してしまうことで壊疽を起こし、最悪の場合には足を切断しなくてはいけなくなったりします。

糖尿病から心筋梗塞や脳卒中、脳梗塞を引き起こすことも少なくないようなので、小指のしびれや痛みでおかしいなと思った段階で、早めの受診をすることが大事を防ぎ安心に繋がりますね。

レイノー現象

レイノー現象は、19世紀の中頃にフランスの医師である、M.レイノー(Raynaud)先生によって報告された症状です。現象という名前が付いていることから分かるように、これ自体が病名という訳ではなくて、なんらかの疾患にともなって現れる現象のことをいいます。

レイノー現象の代表的な症状は手指や足趾の冷感やしびれ、痛みです。寒冷刺激(冷たいものに触れたり、低い外気温によって冷えるなど)や、精神的な緊張によって、手足の先への血流が阻害されることで、手や足の先が蒼白く変色してきます。その後、寒い日にプールに入った時の唇のような色になり、血色が戻ると赤くなるといった経過をたどります。

体の末端部分に血液が順調に流れない為に、レイノー現象が起きますが、これは、その人の仕事柄、振動する工具を使用し続ける生活をしていたり、運転することの多い人に、時々現れるそうです。症状は通常の場合、30分以内に収まるということです。

小指のしびれを改善するための治療

安静

小指がしびれているということは、上記でも紹介したように、中にはシリアスな病気が潜んでいる可能性もあるのです。又は、そこまでシリアスでなくても、しびれるということは、明らかに神経機能が円滑に働いていないという事ですから、まずは安静にする、休息を十分にとるということを考えたほうが良さそうです。

いつも疲労感が強いとかストレスを感じる生活をしている人は、安静、休息を確保した上で、様子を見ながら軽い運動をしてみることで神経機能が回復し、小指のしびれがなくなる可能性も大いにあります。ですが、それも人それぞれですから、運動は医師に相談したうえで行なう方が良いと思います。

鎮痛剤

小指のしびれや痛みといった症状があるときには、肘の問題から来るときが多々あるようですが、肘を酷使する仕事や、テニスやゴルフなどのスポーツが原因で、肘部管症候群を引き起こしたりします。肘の痛みを鎮痛剤を使う事で何とかやり過ごしていても、進行してくるとそのうち激痛になります。しばらく鎮痛剤でもたせていても、薬の効果が切れたときには再びひどい痛みに襲われることになります。

鎮痛剤は一時的に使ってもいいですが、はやり早く日常生活の改善や、仕事やスポーツでの肘の使い方を考え、必要以上に肘に負担を掛けないようにしたほうがよさそうです。

神経再生薬

小指のしびれの原因はさまざまですが、シリアスなしびれや麻痺を改善するときに、神経再生薬であるメコバラミン(メチコバール)という薬を服用する場合があります。手足のしびれや麻痺を改善するといっても、しびれの原因や度合いによって効果はまちまちのようです。

メコバラミンは活性型のビタミンB12であるということです。特にしびれが現れるような疾患の際によく用いられることで知られていますが、メリットとしてはビタミンなので、副作用が少ないという点が挙げられます。ただ、だからと言ってたくさん飲めば効くというものでもありませんし、場合によっては心臓に負担がかかってしまいます。

そもそもが薬というものは、用法と容量を守って服用することが大原則です。医師の指導にしたがって、適量を服用するようにしましょう。

手術

小指がしびれる場合に、検査の結果、肘部管症候群であると確定診断が下った場合、手術療法が奨められることが一般的なようです。手術法は簡単に言うと、しびれの原因である尺骨神経の圧迫部位を切除することです。観血的手術であることから、手術を行った後は7日以上の固定を要します。

また、手術療法とあわせてメチコバールのようなビタミンB12剤を服用するほか、整形外科的な治療(電気治療など)を併せて行うこともあります。なんにせよ、「おかしいな」と思ったら早めに病院に行って検査してもらいましょう。早期治療が早期回復のカギです。

小指のしびれを生活から予防する

正しい食生活

小指のしびれを感じるときには、前述したように、肘や肩、首の病気の他に、脳や心臓の恐ろしい病気が潜んでいる場合があります。そんなシリアスな病気にかからないように、日ごろからストレスを蓄積させないように工夫することは勿論ですが、是非とも栄養のバランスも考えて欲しいと思います。

血圧が高くないか、コレステロール値や血糖値はどうかを定期的に把握し、全ての栄養素を網羅するように献立を配慮し、特にビタミンB郡、カルシウムなどが足りているかを意識し摂取するようにしましょう。そして、これを期に是非正しい食生活を心がけるようにしてください。

適度な運動

小指のしびれは、肘の問題や肩こり、又、首のこり、中でも頸椎後縦靱帯骨化症などの病気になると、小指のしびれから始まり、酷くなると身体のいたるところにしびれが起きるようになります。更には歩くことも困難になってしまう危険性もあるということですから、日ごろから適度な運動を心がけて、神経系統が円滑に働くように、又、血液の循環をよくしておく事が大事なようです。

現代はパソコンやスマートフォン等を長時間にわたり使用する人が増え、それに伴い首の問題が増えているということなので、ずっと同じ姿勢で作業のではなく、合間合間に軽い運動をする事を是非お勧めします。

職場でパソコンを使用するときは、こまめに首や肩を回したり、屈伸運動をしたりなど、ずっと同じ姿勢でパソコンに向き合ったまま殆ど動いていない、などという事のないようにしましょう。ですが、やはり運動は人それぞれの症状や事情が違うので、医師のアドバイスを仰いだ上でにしてください。

姿勢を良くする

パソコンを使う人は増えていますが、つい顔の位置を胴体より前方にして猫背になったまま長く作業している人が沢山います。又、スマートフォンは座った状態で膝に乗せて見るなど、ほとんどの人が頭を下方へうなだれるようにして使っていますよね?その為に、首に関わる病気が年々増えているようなのです。

首の神経に問題が起こると、どうしても小指や薬差し指をはじめ、末端にしびれを感じるようになります。そしてほおっておくと、身体の色々なところにしびれが行くようになり、後々とても辛い思いをすることになりかねないので、いつでも姿勢を良くする意識を持つ事が必須と言えるようです。

時々鏡で自分の立ち姿をチェックすると良いですね。首の位置や肩や腕の位置、腰の位置などを意識しながらスラリと立っているかを是非みてみてください。姿勢を改善する事だけでも、肩こりや小指のしびれがかなり減るのではないでしょうか。

肘を酷使しない

スポーツでは、特にテニスやゴルフといった肘を酷使するようなスポーツを続けている人で、テニス肘やゴルフ肘になってしまったという話を時々聞きます。肘を使いすぎた為にかかる肘部管症候群や手根管症候群などは、小指、又はその他の末端部のしびれや痛みを伴い、中には痛くて睡眠を妨げられる人もいるようです。

又、肘から始まり、その上にある肩や首へ悪影響がいくことがあリ、患者さんの数は年々増加しているということです。ある研究結果では、背骨の関節のズレが神経に影響し、そこから肘部管症候群や手根管症候群などを引き起こしているのでは、という説があるようです。

スポーツはプロのインストラクターに正しい肘の動かし方を指導してもらい、肘に必要以上の負担を掛けない方法を見出さなければいけないようですね。

まとめ

小指がしびれて気になっていた人や酷くて悩んでいた人は、しびれは手だけの問題ではなく、肘を酷使することで起きる病気や、その他、パソコンやスマートフォンの時代ならではの、首や背骨のシリアスな病気が原因となっているかもしれません。

更には、脳や心臓に関わる恐ろしい病気が潜んでいる可能性もあるということですから、小指にしびれや他の違和感を感じたら、是非早めに受診することをお勧めします。早いうちが短期間で回復することに繋がりますから、まずは近くのクリニックを訪れてみてはいかがでしょうか。