TOP > 部位から探す > > 前歯が大きい理由は遺伝がある?!出っ歯は治すことができる?矯正にかかる費用や、4つの原因と3つの注意点などを紹介

前歯が大きい理由は遺伝がある?!出っ歯は治すことができる?矯正にかかる費用や、4つの原因と3つの注意点などを紹介

前歯が周囲の人と比べてお大きいと感じたことありますか?前歯でている「出っ歯」の人はコンプレックスになっているこも多いかと思います。ここでは前歯の大きい原因や歯科矯正の治療に関わる内容をまとめています。すこしでもコンプレックス解消の糸口になればと思います。



前歯が大きいとお悩みですか?

笑顔が人に与える印象はとても大きいものです。前歯がきれいだと、笑ったときの印象はとても素敵だと感じます。もし笑うことにコンプレックスがあるとしたら、前歯の大きさや歯並びが気になっているのかもしれません。前歯が大きい原因などについてみていきましょう。

前歯が大きい原因とは

両親のDNAを子どもが引き継ぐ、遺伝の視点から見ていきます。歯に影響する遺伝的な要素からみていくと、遺伝に影響があるのは、顎の大きさ、顎の前後的な位置、歯の大きさ、歯の本数など基本的な要素が影響すると考えられます。

顎の大きさというのは、顔の小さい人だと、当然顎も小さめ、顔の骨格が大きめの人だと顎も大きめになります。顎の大きさにあった歯であれば十分に歯は並びますが、顎の大きさに合わない大きめの歯であれば、歯の並ぶスペースがなくて、前後にずれて並んでしまいます。

顎の前後的な位置というのは、下顎が前にでている受け口などのことです。両親の遺伝が影響するケースが多く、両親のどちらかが受け口だと、子どもも受け口になる場合がでてきます。下顎が前に出る出方にも、より目立つ人ではコンプレックスが強くなりそうです。

歯が大きいのは遺伝的な要因もある、ということになりますので、前歯の大きさも遺伝的な要因が原因だと思われます。歯の本数というのは、まれに永久歯の数が足りない場合があり、ほとんどが先天性です。

小さい顔で小さい顎なのに、歯のサイズが違うと前歯が大きくみえてしまいます。このような、顎の大きさや歯の大きさ、歯並びのバランスが遺伝する結果になるのです。

歯に栄養を届ける大切な時期

歯に栄養が行き過ぎて、前歯が大きくなるという話もあるようですが、しっかりとした歯を作るためにはどの歯科でも、妊娠中や乳児期の栄養をしっかりとることを推奨しています。

妊娠7週目には胎児に乳歯が出来始め、永久歯の芽は妊娠3か月から4か月に出来始めます。生まれてくるお子さんの乳歯が丈夫になるかは、妊娠中にママが摂取する栄養が重要だと言えます。

歯並びが悪く、噛み合わせの状態も悪くなるのには、幼少期の栄養が悪いことが影響しているといわれています。妊娠前には鉄や亜鉛、カルシウム、マグネシウムなどのミネラル類、葉酸やビタミンA・C・E・Dなどのビタミン類を意識して摂取しましょう。

永久歯が生えてきた後から歯を強くすることはできません。乳幼児期は栄養バランスを意識することが大切です。前歯の大きさは遺伝的な要因があるので、栄養不良で弱い歯を作ってしまうよりも、強い歯を作ることのためにしっかり食事をしましょう。

歯によい栄養素

「カルシウムの摂取」牛乳・卵・大豆製品は歯の土台、歯の質を作ります。

「ビタミンA」ほうれん草・かぼちゃ・うなぎは、虫歯になりにくい・歯のエナメル質を強くします。

「ビタミンC」みかん・ブロッコリー・じゃがいもは虫歯が進行しにくい歯の象牙質の形成を支えます。

「ビタミンD」鮭・さんま・しめじは歯の質を作るカルシウムの働きを助けます。

「カルシウム・リン」ヨーグルト・チーズ・ひじきは虫歯になりかけても再度歯の表面が硬くなる、歯の石灰化を助けます。

あごが小さい

前歯が大きく感じてしまう原因として、顎の大きさがあります。歯の幅、大きさが顎に対して大きいようだと、バランスが悪く大きく見えてしまいます。

顎と歯のバランスが悪いと、歯が並ぶのにも所狭しとぎゅうぎゅう詰めになるめ、前歯が前にでてしまったり、ビーバーやリスのような前歯2本が強調している並びになってしまうこともあります。

顎の骨格などは遺伝することも考えられますが、現代病の原因として、顎の小ささや未発達があげられます。顎が小さい人が増えてきているのに、歯の大きさは小さくなるよう比例はしていません。そのためバランスが崩れてきてしまいます。

顎や筋肉が強くなくても食事ができるようになったことが、顎が小さい人が多くなってきた原因とされます。できるだけ多く噛んで、顎の成長を促す必要があります。

出っ歯である

「出っ歯」と呼ばれることは、正直嬉しくないと思います。歯科用語では「上顎前突」と呼ばれる症状です。上の顎自体が少し前にでていたり、前歯が前に出ている状態です。

「出っ歯」には幼児期の原因として、指しゃぶりや下唇を前歯で噛む癖が影響していることがあります。歯の大きさは遺伝的なことが考えられ、上顎の成長に対して下顎の成長が追いついてなかったりなどの原因も考えられます。

鼻炎や蓄膿症の鼻の疾患から、口呼吸になることで影響をうけていることもあるようです。前歯が出ていることは、コンプレックスの原因になるので、専門医に相談してみてましょう。

大きい前歯を治すには

大きい前歯を治すための治療にはどのようなものが、あるのか?また気になる費用はどれくらいかかるのか?自由診療となる矯正治療をみていきましょう。

歯を削る

歯科治療で歯並びを治すのに、「矯正歯科」と呼ばれる専門の分野があります。「矯正歯科」で歯が大きすぎて顎に並びきれていない場合に、治療内容として「歯を削る」という方法があります。

歯には痛みを感じないエナメル質と呼ばれる部分があり、エナメル質の部分には神経や細胞はなく、96%が無機質でできています。「歯を削る」という選択をする場合にはこの部分を削ります。エナメル質の幅は約1mmから1.5mmありますので、その範囲で削る形になります。

歯を削る選択ができる人は、歯並びは悪いけれど、歯を抜くほどではないと、専門医が判断した場合です。1本の片側で0.5mm、1本で1mm、上の前歯左右の糸切り歯から糸切り歯6本で、6mmの隙間をつくることができるので、その範囲内に歯が収まる人ということになります。

心配されるのは削る歯への影響です。矯正歯科では、すぐに調整範囲内で削ると、しみる症状がでることも考えられるため、隙間をつくるための調整は何度かに分けて行い、歯科専用のやすりで調整していきます。歯を弱らせることのないように注意しているため、心配はあまりしなくてもよさそうです。

歯列矯正

一般的に多い「出っ歯」の矯正治療では、前歯から4番目の小臼歯と呼ばれる歯を抜いてスペースを作り、そのスペースを利用して歯並びや出っ歯を矯正していきます。

矯正には健康保険は適用とならないため、自費での診療となります。理由は「審美的理由」です。歯科では虫歯の治療に伴うのであれば保険適用となり、歯を美しく見せるためであれば自費となるのです。

矯正を取り扱う歯科医院でも費用は異なりますが、初心から矯正装置をつけて歯を並べ、装置を外して噛み合わせを安定させるまでの期間を含めて、費用はおよそ70万から100万円ほどかかるようです。

見た目に矯正用の装置がわからないように、歯の裏側から行う矯正の費用は、100万円前後から150万円ほどかかるようです。使用する材料によっても異なるため、事前の説明をしっかりうけましょう。

矯正治療で保険適用となる「外科的矯正治療」と呼ばれるものがあります。これは専門医に外科的な処置が必要と診断された場合になりますが、矯正治療も外科的手術のどちらにも保険が適用されます。

口蓋裂や口唇裂などによる、産まれたときからの先天的な咬合機能障害や、顎変形症などに該当するケースなどが外科的矯正治療に該当します。詳しくは専門医に相談しましょう。

前歯治療のデメリット・注意点

前歯大きいと治療するにあたり、デメリットなどの注意しておきたいことは何のか?簡単にこうしたらいいのにと、軽はずみなことでは、歯の治療は難しい点を理解しておきましょう。

歯の寿命が縮まる

矯正治療では、「歯根吸収」と呼ばれる歯の根の長さが短くなることがあります。これは矯正装置でゆっくり歯を移動させるのですが、力が掛かる方の骨が吸収されて動くのに対して、歯の根も少し吸収されることがあるからです。実際の因果関係は明確ではありませんが、気をつけておきたい点です。

実は歯の根が短くなるというのは、歯周病などが進行した際に、歯がぐらつきやすくなるということが考えれます。歯の寿命が縮まる可能性が、あるかもしれないということになります。

知覚過敏になる

矯正は歯を移動させるので、移動するときに歯と歯茎の境目に刺激がいきやすくなり、しみるといった「知覚過敏」という症状がでることもあります。治療の要因であれば、一時的なしみる症状なので、1週間程度で治まるでしょう。

自分で削ってはいけない

矯正歯科での治療で歯を削るときに、削れる範囲があります。これは矯正歯科専門医だからこそ、数ミリ範囲で行える専門医の技術なのです。

削った歯は元にもどることはありません。素人の甘い判断で削ったりされる方もいるようですが、自分で削る行為をすると、知覚過敏を招いたり、歯茎に炎症を与えたり、歯に衝撃を与えてたりする可能性があります。歯を大切に思うのであれば、削りたいと思った気持ちを相談してみる必要があるでしょう。

赤ちゃんの前歯が大きい?

乳幼児期の赤ちゃんの生え始めの歯は、多くは前歯から先に生え始めます。その歯の大きさが気になるときがあります。心配しなくてもよい範囲なのか、みていきましょう。

生え始めは大きく見えやすい

赤ちゃんの前歯が大きくみえるのは、体の成長段階、当然すべてが小さいものです。歯はどんどん大きくなるわけではなく、乳歯のサイズのまま見え始めます。大きく見えやすいですが、ほんどは心配する必要はありません。

乳歯から永久歯に生え変わるときもまた、同じように大きく感じるでしょう。大人サイズの歯が子どもに生えるのですから、生え始めは大きくみえることがほとんどです。

歯が生えそろうまで様子を見て

生え始めは前歯が大きくみえていることでも、幼児期までに成長した段階でやはり大きいと感じることがあるかも知れません。乳歯で矯正はほとんどしませんが、何らかの理由で早めに抜くことになった場合、スペースを確保しておくための装置をすることもあります。

一般的には大人はいつでも開始できます。子どもの場合では、様子を見たほうがよい場合や、真ん中の中心からずれている場合では、早い段階で開始するこもあります。子どもの乳歯は時期がきたら永久歯に生え変わるため、段階をわける方法や、永久歯が生えそろうまでまつことを促される場合もあるようです。

歯で性格がわかる?

「歯」は生命力を現しているといわれてます。歯並びから性格がわかるなんて考えたことありましたか?芸能人や自分自身を重ねて楽しんで見てください。

歯の性格診断

すきっ歯

すきっ歯の多い欧米では、幸運の歯と呼ばれていて、歯の隙間から幸運が入り込むそうです。性格は飽きっぽく、長続きすない傾向であると言われています。ヨーロッパでも同じく幸運の歯であるようですが、隙間から入る金運は、すぐに出ていくお金を現しているそうです。

出っ歯

有名芸能人がすぐに思いうかびますが、性格は明るくて、好奇心旺盛でおしゃべり。ポジティブ思考の持ち主で自己主張の強い一面も持っているようです。

受け口

お人よしで情に熱く、仕事や家庭、恋愛では周りも見えないほど、のめりこむことがあるようです。ちょっとわがままな自己中心的な一面もあるようです。

八重歯

八重歯の運勢は20代で分かれるようです。前半は幸運が舞い込むけれど、後半は運気が流れにくくなるそうです。八重歯の人は早い時期から周囲に可愛がられ、運が開けることも。ただし甘えん坊な一面をもっていることもあります。海外ではドラキュラのイメージなので、あまりよい印象ではないようです。

風水では大きな歯はすばらしい仕事運や金運をもっているとされ、「龍の歯」とよばれています。「龍の歯」は周囲から尊敬され、名声をもち、高い評価をうけて人生を送れるそうです。前歯が大きくて気にしていた人は、実はよい運勢の持ち主なのです。

まとめ

前歯が大きいと気になるのには、矯正などの専門医との相談が必要不可欠かもしれませんが、乳幼児期の子どもだと、一般・小児歯科を受診した際に相談してみて、必要な情報やタイミングを教えてもらうことも大切です。

歯を大切にすることも忘れずに、歯周病ケアへも意識が大切です。矯正をしたらなおさら意識が必要になります。日頃から適切なケアの指導を受けておくことが必要でしょう。