TOP > 薬を探す > 消化器系 > 【ジメチコンはシリコーンの一種!】肌によくないって本当?メリットとデメリットとは?どんな物に使われているかを徹底解析します!

【ジメチコンはシリコーンの一種!】肌によくないって本当?メリットとデメリットとは?どんな物に使われているかを徹底解析します!

ジメチコンというのはシリコーンの1種で、ヘアケア用品や化粧品に配合されている成分です。昨今はノンシリコンシャンプーがブームになっていて、シリコーンに良いイメージを持っていない人もいるかもしれません。ジメチコンのメリットとデメリット、どんな商品に配合されているのかを調べてみました。



ジメチコンの気になる影響とは?

ジメチコンはヘアケア用品やスキンケア用品、メイクアップ化粧品などに幅広く配合されています。ジメチコンにはいろいろな形状のものがあるようですが、ヘアケア用品やスキンケア用品に配合される時は、とろみのあるオイル状であることが多く、ジメチコンはシリコーンオイルの代表格とされています。

最近はノンシリコンシャンプーやコンディショナーが人気のようですが、そもそもシャンプーなどに配合されているシリコーンとはどんなものなのでしょうか?

シリコーンオイルの一種であるジメチコンには、髪や肌に被膜を作ってコーティングして整え、表面をきれいに見せる効果があります。その一方で、ジメチコンをはじめとするシリコーンが肌に付くと、毛穴を塞いで肌や頭皮のトラブルの原因になったり代謝が悪くなると言われています。

またシリコーンは微生物によって分解されないため、環境負荷が大きいという問題も指摘されています。

ジメチコンっていったい何?

シリコーンの一種

ジメチコン(成分名ジメチコン・学名GIMETHICONE)はシリコーンの一種で、シリコーンの中でもジメチルシリコーンに分類されます。安定性が高くて光や熱や水などによって変質しにくく、安全性も高いため、医薬品やヘアケア用品、化粧品、などに利用されています。

ジメチコンには様々な別名・形状があるため、一般の消費者が商品にジメチコンが入っているかどうかを見極めることは難しい、とも言われています。

油には溶けない特徴が

ジメチコンには、油に溶けない特徴があります。ジメチコンは油や水に強い上に、保湿効果も高く、光や水や熱などによって変質することもありません。揮発性が高いので、べたつきが少なく、さらっとした使用感を得られるのも特徴です。

ジメチコンの仲間には、水に溶けやすい物質をプラスした、ジメチコンコポリオールなどの水溶性シリコーンもあります。水溶性のシリコーンは、いろいろな種類のあるシリコンの中でも最も軽い使用感で洗い流しやすいため、人気があるようです。

ケイ素由来

ジメチコンはケイ素由来の化合物です。ケイ素とは元素の1つで、自然界では土や岩石に含まれています。地球上には酸素の次にたくさんある元素で、地球を構成する主要な成分と言えます。ケイ素由来ということから、ジメチコンは無添加化粧品などにも配合されているようです。

ジメチコンの構造とは

ジメチコンの分子構造は、直線状に配列した構造をとっています。またジメチコンは密集した被膜構造をとるため、高い被膜力を持っています。シリコーンオイルの中でも抜群のコーティング力は、この分子構造のおかげなのです。

ジメチコンの仲間

仲間1.ジメチコンクロスポリマー

ジメチコンクロスポリマーは、伸縮性に優れていて、すべりが良く、さらさらとした感触が特徴の粉末成分です。腐りにくくて、熱・光・水分に強く、安定した成分です。

汗や皮脂に強いため、メークアップ化粧品の顔料を処理するためや、ファンデーションなどの基材として使われます。他にも日焼け止めクリームや「化粧くずれしにくい」とうたったメイクアップ化粧品などに使われています。

仲間2.ジメチコンコポリオール

ジメチコンコポリオールはシリコン誘導体で、シリコン系のオイルの乳化を助けます。ジメチコンコポリオールは皮脂などの油分に強い性質を持つため、ウォータープルーフの化粧品にシリコーンオイルと共に配合されます。またジメチコンコポリオールには保湿効果もあり、レシチンと組み合わせて化粧品のうるおい成分としても配合されています。

仲間3.ジメチコノール

シリコーンをもとに作られた変性シリコーンです。水分と油分(シリコーン)を乳化して、エマルジョンを作ったり、品質を安定させるために使われます。ヘアケア剤に配合すると、髪への吸着してダメージ部分のパサつきを抑えます。

ジメチコンを配合するメリットとは?

油や水に強く保湿効果が高い

ジメチコンを配合すると、油(皮脂)や水(汗)に強いために化粧くずれしにくくなります。また保湿効果も高いため、汗や皮脂に負けないファンデーションや口紅、アイメイク用品などの基材に使われています。

安定性に優れ、光・熱・水の影響を受けにくい

ジメチコンをはじめとしたシリコーンは、科学的にとても「安定」した性質をもっています。これはいろいろな条件の下でも他の物質と科学的に反応しにくいということで、シリコーンの科学的安定性は他の物質に比べてもずば抜けています。

そのため飲み込んで体内に入ったとしても、反応を起こさずに排出されて害にはなりません。また熱や光、摩擦などの刺激を受けても変質しません。これは化粧品に配合するうえでは非常に大切です。

べたつかない使用感に

ジメチコンは揮発性が高いため、べたつき感が少なく、サラサラとした使用感が得られます。髪に使った場合は、すべりがよくなり、手触りも格段に良くなるのです。

コーティング効果がある

ジメチコンには他のシリコーンオイルと比べても、高いコーティング効果があります。例えば髪の毛の傷んだ部分をコーティングして補修し、枝毛や切れ毛などを予防してくれます。

一度使えば形が崩れにくい

ヘアスプレーなどのスタイリング剤をつけるとヘアスタイルをキープできるのは、配合されているジメチコンコポリオールの効果です。髪の表面に吸着してコーティングして、髪表面をなめらかにすると同時に、セットした髪の形をキープするのです。

ジメチコンのデメリットとは?

肌の代謝を妨げるかは賛否両論

例えば化粧下地やファンデーションなどに配合されている場合、油にも水にも強いジメチコンは肌の上で強力な膜をつくって肌をコーティングします。しっかり肌についているということは、メイク落としの際にも落ちにくいのです。

ジメチコン配合のメイクアップ化粧品や日焼け止めは、石鹸だけでは落とせません。オイルタイプのクレンジングなどでしっかりオフする必要があるため、メイク落としのやり方によっては肌に負担がかかってしまう可能性はあります。

スキンケア化粧品にジメチコンが使われている場合は、肌表面にジメチコンがどんどん蓄積していってコーティングするため、肌の内部に必要な水分や栄養分が届かずインナードライになり肌の代謝も落ちてしまうという意見もあります。

顔に使う前に、自分に合っているかどうか異常がでないかどうかをパッチテストなどで試してから使うようにすると、安心ですね。

毛穴を塞いで炎症の原因になるというのは、根拠が薄い

シャンプーに使われるジメチコンなどのシリコーンが毛穴につまって頭皮のトラブルの原因や薄毛の原因になるというのは、どうやら科学的根拠の薄い情報のようです。シリコーンが一般的に使われるようになって数十年が経っている現在でも、シリコーンが頭皮や髪に悪影響を与えるという学術論文などはなく、研究者の間ではシリコーンを悪者にする説は支持されていないようです。

キューティクルが剥がれてしまうというのは賛否両論

シャンプーに入っているジメチコンがジャンプー中に髪の表面に吸着すると、吸着力が強すぎて、シャンプーやブラッシングの力でジメチコンが落ちる時にキューティクルも剥がれてしまう、という話は本当でしょうか?

ジメチコンには、絆創膏のようにキューティクルの剥がれかけているところをコーティングする効果があるというのは実証されています。よく言われているのとは反対に、実はジメチコンは切れ毛や枝毛などを保護するのに効果的なようです。

パーマがかかりにくい、カラーが染まりにくい

ジメチコンなどのシリコーンは髪の表面をコーティングするため、パーマがかかりにくかったり、ヘアカラーが染まりにくくなることがあるようです。シリコーンがたくさん入って入っているようなシャンプーやコンディショナーを使っているような場合には、その重さでカールがダレやすくなるとも言います。

また、どんな洗浄成分が使われているかということも、シャンプーを選ぶ上では重要かもしれません。手頃な価格で市販されている一般的なシャンプーには、洗浄成分としてラウリル硫酸やラウレス硫酸などが使われています。

これらの成分は洗浄力や脱脂力がとても強力なため、本来は頭皮を保護する役割を果たしている皮脂や、髪の水分まで洗い流してしまいます。シャンプーを購入する時は、パッケージの成分表示をよくチェックしてみることも大切ですね。

ジメチコンはどんな商品に使われているの?

シャンプー

  • メリット 花王
  • パンテーン P&G
  • アジエンスしっとりリッチシャンプー 花王
  • アジエンス軽やかスムースシャンプー 花王
  • フィーノプレミアムタッチシャンプー 資生堂
  • ツバキ 資生堂
  • シーブリーズリンスインシャンプー 資生堂
  • サラEXシャンプー カネボウ

ジメチコン配合のシャンプーには、髪どおしの摩擦を少なくしたり、髪をドライヤーの熱から守ったりする効果があります。リンスのいらないタイプのシャンプーに配合されているのも納得ですね。またジメチコンが入っていると、広がりやすい髪もしっとりまとまりやすくなります。

コンディショナーやトリートメント

  • サロンスタイルプレシャスヘッドスパトリートメントパック コーセーコスメポート
  • いち髪濃密W保湿ケアトリートメント クラシエ
  • ダヴ浸透モイスチャーケアパワー浸透トリートメント ユニリーバ
  • ラックススーパーリッチシャイン美容液ヘアパック ユニリーバ

これらの他にもジメチコン配合のシャンプーと同じシリーズのコンディショナーやトリートメントには、やはりジメチコンが配合されているようです。

ヘアスプレー

  • ケープフリーアレンジ微香性 花王
  • エルガールファンキーヘアスプレーカール サルボ
  • ヘアスプレー(スーパーハード) DHC

セットしたヘアスタイルをしっかりキープするヘアスプレーにもジメチコンは配合されています。また髪にボリュームを与えて薄毛をカバーするタイプのヘアスプレーにもジメチコンは配合されているようです。

基礎化粧品

<化粧水>

  • ビオレうるおい弱酸水とてもしっとり 花王
  • キュレルローション 花王
  • メンズビオレ浸透化粧水 花王
  • dプログラムバイタライジングローション 資生堂

<ブースター・美容液>

  • イリュームセルフモイストプログラム P&G
  • ピュアナチュラルクリームエッセンスモイスト pdc
  • ナイトケアエッセンス 無印良品
  • ホワイトニングエッセンス ファンケル

<乳液>

  • ドルックスレーデボーテ 資生堂
  • エクサージュモイスチュアミルク アルビオン

ここに挙げたのは、ほんの一例で、ジメチコンは化粧水や美容液、乳液、クリームまでたくさんのメーカーのいろいろな商品に配合されています。ドラッグストアで手軽に買えるものからカウンターで販売されているような商品まで、価格もまちまちです。敏感肌用ブランドの化粧品にも配合されています。

ファンデーション

<パウダータイプ>

  • ピュアミネラルパクト メイベリン
  • モイスチャーパウダーファンデーション ちふれ
  • グランデーヌルクサージュブライトリフティングファンデーション コーセー
  • ラスティングファンデーションUV オルビス
  • パウダーファンデーション ファンケル

<リキッドタイプ>

  • カラーステイミネラルムースメイクアップ レブロン
  • フェイドレススキン エレガンス
  • アべンヌスキンケアリキッドファンデーション 資生堂
  • ルティーナナノホワイトリキッドファンデーション コーセー

ファンデーションの種類(パウダータイプ・リキッドタイプ・クリームタイプ)に関わらず、たくさんのメーカーがジメチコンを配合しています。ファンデーションだけでなく、メイクアップ下地やコンシーラー、ルースパウダーにもジメチコン配合のものがあります。

口紅

口紅やリップグロスにもジメチコンは配合されています。ジメチコンのコーティング効果で唇表面が整えられてきれいに発色します。ジメチコンは安全性に優れているため、唇から体内に入っても安心ですね。

アイメイク

ジメチコンは、アイブロウやアイライナー、眉マスカラやマスカラなどにも配合されています。水にも油にも強くて化粧くずれしにくいため、眉が消えてしまったり、マスカラやアイライナーが落ちてパンダ目になるのを防ぎます。

意外?胃薬にも配合

ジメチコンには消泡効果があるため、ガスコンのような胃薬にも使われています。ガスコンには胃や腸の中に溜まったガスを排出しやすくする効果があります。薬として患者に処方されるだけでなく、胃のレントゲン検査や内視鏡検査の際の検査補助剤としても使われます。

まとめ

シリコーンの代表格であるジメチコンは、シャンプーだけでなく、スキンケア化粧品やメイクアップ化粧品、薬にまで幅広く使われています。シャンプーや化粧品については、いろいろ情報がありますが、ジメチコンのメリットとデメリットを考えて自分に合ったものを選ぶようにしたいですね。