TOP > 病名から探す > 障害・症候群 > 症候群 > 睡眠時無呼吸症候群を放置しないで!治療はマウスピース?手術はうけたほうがいい?大きないびきや日中の眠気に気をつけて!

睡眠時無呼吸症候群を放置しないで!治療はマウスピース?手術はうけたほうがいい?大きないびきや日中の眠気に気をつけて!

睡眠時無呼吸症候群は、その名称の通り眠っているときに無呼吸をきたすものです。呼吸が止まってしまうので脳が低酸素状態になるほか、身体が休まらないため日中に異様な眠気を感じたり、集中力が持続しない、注意力が散漫になるといった症状が現れます。眠っているときに生じる無呼吸なので、自分で気づいていない人も多いとされる睡眠時無呼吸症候群…あなたは大丈夫ですか?



無呼吸症候群の原因や対処法は?

無呼吸とは、10秒以上呼吸が止まってしまうことをいいます。睡眠中に何らかの原因で呼吸が止まってしまう発作が、1時間に5回以上、または7時間の睡眠中に30回以上生じる状態を、「睡眠時無呼吸症候群」「SAS (Sleep Apnea Syndrome)」といいます。

睡眠時無呼吸症候群があると質のよい睡眠を得られないため、日中に異様な眠気を感じる、注意力が散漫になる、集中力が続かないなどの症状が生じます。その結果、車の運転中に事故を起こしたりして、死亡者が出たこともあります。バス、新幹線、船など乗客を乗せた状態で運転手が居眠りをしてしまい、重大な事故に繋がった、あるいは繋がりそうになったこともありました。

そのような事故のニュースによって一般にも広く知られるようになった睡眠時無呼吸症候群ですが、どうして睡眠時の無呼吸は引き起こされるのでしょうか?また、効果的な予防法や対処法などはあるのでしょうか?自分は大丈夫だと思っていても、睡眠中のことですから自身では自覚できていないだけかもしれません。心当たりのある症状がないか、是非この機会にチェックしてみてください。

無呼吸症候群になる原因

閉塞性睡眠時無呼吸症候群

一般に「睡眠時無呼吸症候群」と呼ばれているものは、こちらのケースが大半を占めます。これはのどや鼻などの気道が睡眠中に閉塞することによって、無呼吸が引き起こされるものです。

一般に太っている人に多い無呼吸症候群ですが、日本人などの東南アジア系の人種は顎が小さいといった骨格の特徴から、睡眠時無呼吸症候群になりやすいとされています。痩せているから大丈夫とは、一概には言えないのです。

子供や赤ちゃんであっても、閉塞性の睡眠時無呼吸症候群をきたすことがあります。小児の場合も肥満は大きな原因のひとつですが、咽頭扁桃の肥大や、口蓋扁桃の肥大によるものが多いとされています。小児の場合は放置すると発達の遅れや成長障害に繋がる恐れもあります。

中枢性睡眠時無呼吸症候群

こちらは呼吸をつかさどる脳に問題があって無呼吸が生じるものです。通常、血液中に含まれる二酸化炭素の濃度の変化を感知することで、脳幹は呼吸を制御しています。二酸化炭素の血中濃度が高い場合は呼吸運動を亢進させ、より多くの二酸化炭素を外へ排出するよう呼吸筋へ指令が出されます。逆に二酸化炭素の濃度が低い場合は、呼吸を抑制するように働きかけるのです。

しかしそんな呼吸の司令塔である脳幹部に問題があると、二酸化炭素の濃度変化に対する感受性が低くなり、無呼吸発作を生じるようになります。これが中枢性の睡眠時無呼吸症候群です。脳幹部に問題を生じさせる原因としては、心不全、脳梗塞、脳出血などが挙げられます。

無呼吸症候群の主な症状

大きないびき

睡眠時無呼吸症候群では、大きないびきをかくことが多いとされています。睡眠時のいびきは、かつてはぐっすり眠っている証拠とも言われていましたが、近年では何らかの不調が発生しているサインであるという見方が強まってきているようです。

特に注意が必要のは、突然いびきが止まり、大きな呼吸とともに再びいびきをかきはじめる場合です。こうしたいびきがみられる人は、いびきが止まっている間は呼吸も止まっている可能性が非常に高いです。いびきだけでは自分では気がつかないことが多く、家族に指摘されてはじめてわかるというケースも多いです。

他に睡眠時無呼吸症候群の人にみられるいびきの傾向としては、仰向けに寝るといびきが大きくなる、いびきの大きさに強弱がある、朝までずっといびきが続く、最近になって急にいびきが大きくなった、またはいびきの音が変わった、などです。これらの特徴にあてはまるいびきがみられた場合は、睡眠時無呼吸症候群を疑ってみる必要があります。

睡眠時無呼吸症候群の代表的な症状ともいえるいびきですが、いびきをかくということはそれ以外にも体にさまざまな影響をもたらしている可能性があります。

いびきをかく人の大半は口呼吸をしています。口呼吸をすると空気中の細菌が体内に侵入しやすくなるため、感染症にかかりやすくなります。口腔内や気道が乾燥することで、虫歯になるリスクが高まったり、気道組織を傷める可能性も高くなります。口呼吸では、以下のようなリスクがあります。

・睡眠時無呼吸症候群

・免疫力の低下

・成長ホルモンの分泌量の減少

・扁桃炎のリスク

・虫歯のリスク

・口内炎のリスク

・歯周病のリスク

・口臭の悪化

熟睡感がない

熟睡感がなく、すっきりと起きられないという自覚症状がみられることがあります。十分な睡眠時間を確保しているにもかかわらず、起床後頭がすっきりとしてない場合や、身体が重いと感じる場合は要注意です。

夜間のトイレが多い

無呼吸によって眠りが浅くなるため、夜間のトイレの回数が多くなることがあります。無呼吸発作があるとそれだけ心臓に負担がかかるため、体は循環血液量を減らそうと働きます。その結果利尿ホルモンが増加し、排尿回数が増えるとされています。睡眠時無呼吸症候群が重症であるほど、夜間の排尿回数が多くなる傾向にあるようです。

起床時の頭痛

起きたときに頭痛がしたり、頭が重いといった症状がみられることがあります。多くの場合、起床後30分以内に頭痛は消失します。頭の両側が痛み、1カ月に15日以上頭痛が生じるのが特徴です。

睡眠時に生じる無呼吸発作により、低酸素血症、高炭酸ガス血症をきたし、頭痛が生じるとされています。また、睡眠障害によるストレスも頭痛の発症誘因のひとつです。

集中力や記憶力の低下

集中力が持続しなかったり、記憶力が低下したりといった症状がみられることがあります。夜間十分な睡眠時間があったにもかかわらず、日中に強い眠気を感じたり、身体がだるかったり、常に疲労感を感じているような場合は注意が必要です。

無呼吸症候群になりやすい人

喫煙者

喫煙をしている人は気道周辺に慢性の炎症をきたしていることがあり、気道が通常よりも狭くなっている可能性があります。気道が狭くなると無呼吸を誘発してしまうので、たばこは睡眠時無呼吸症候群の重大な誘因のひとつです。

寝酒の習慣がある

アルコールを摂取すると舌やのどの筋肉がゆるみ、睡眠時に気道を塞ぐ原因となります。また気道の血管が拡張するため、粘膜が腫れることで気道が塞がれやすくなります。お酒を飲んでいてそのまま眠ってしまうような人は、睡眠時無呼吸症候群のリスクが高まるため要注意です。

太り気味

睡眠時無呼吸症候群になる人の多くは、太っている、あるいは太り気味の人です。太っている人はのどの内側にも脂肪がついているため、脂肪によって気道を圧迫してしまうとされています。肥満は無呼吸の大きなリスク要因といえるでしょう。

顎が小さい

顔の骨格も睡眠時無呼吸症候群に大きく影響すると考えられています。欧米人と比較して顎が小さく顔が扁平である日本人は無呼吸症候群になりやすいとされており、痩せていても無呼吸発作を引き起こすことがあります。

舌や舌の付け根が大きい

舌や舌の付け根、また口蓋垂(のどちんこの部分)が大きい人は睡眠時に気道が塞がりやすいため、無呼吸症候群を引き起こしやすいとされています。

高血圧・糖尿病などの既往がある

睡眠時無呼吸症候群を長く放置すると、高血圧や糖尿病などの原因となることが知られています。また心臓病、脳出血などのリスク要因ともなります。

鼻に疾患がある

鼻に副鼻腔炎(蓄膿症)、鼻中隔彎曲症、アレルギーなどの疾患があって鼻閉を生じている場合や、鼻筋が曲がっているような人、鼻の穴が小さい人などは、呼吸の際に空気がスムーズに出入りできないため、無呼吸を引き起こすことがあります。

首が短い

首が短い、二重あごであるといった人は、舌根が落ち込む場所が狭いため、無呼吸を引き起こしやすいとされています。

男性に多い

睡眠時無呼吸症候群は女性よりも男性のほうが2~3倍頻度が高いとされています。男性のほうが多い理由としては、男性の脂肪のつき方や体系に関係しているようです。男性は女性に比べて上半身に脂肪がつきやすく、特に頸部に脂肪がつきやすい傾向にあるため、無呼吸症候群を生じやすいとされています。

無呼吸症候群の治療法は?

生活習慣の改善

睡眠時無呼吸症候群は首周りの脂肪が多い太った人に多くみられるものですから、生活習慣を改善して体重を減らすことは大変重要な治療法といえるでしょう。また、無呼吸症候群の誘因であるアルコールの摂取や喫煙習慣を改善することも大切です。

無呼吸症候群が軽症の場合、生活習慣を見直すだけで症状が改善することがあります。しかしある程度病状が進行した例では昼間の眠気やだるさといった症状がみられることが多く、気力も低下してしまうことからなかなか生活習慣を見直すことに対して積極的に取り組めないかもしれません。

CPAP療法

「CPAP療法」とは、鼻に装着したマスクから一定の圧力で空気を送り込み、のどのスペースを確保することで気道の閉塞を防ぐ治療法です。「持続式陽圧呼吸療法」ともいいます。この治療を行うと、ほとんどの方が使ったその日からいびきをかかなくなり、無呼吸が消失するため日中の眠気やだるさといった症状が軽快します。

CPAP療法は毎日続けることにより効果を維持することができますが、装着することで根治できる治療法ではないので、使用しないときは元のように無呼吸発作を生じます。そのため、CPAP療法を継続しながら無呼吸症候群の直接的な原因(肥満など)を改善することが大切です。CPAP療法をはじめたときは自己判断で中断したりせず、医師の指示のもとで治療を継続するようにしましょう。CPAP療法は、月1回の外来受診が必要となります。

CPAP療法はスクリーニング検査でAHI40以上、または確定診断でAHI20以上で保険診療が適応となります。検査については後述の「検査方法」をご覧ください。

マウスピースの着用

自分に合ったSAS専用のマウスピースを作成し、睡眠時に装着することで無呼吸症候群が改善されることがあります。多くの場合、気道を拡げるために下顎を上顎より前に固定するマウスピースを装着します。2004年より保険が適応されるようになりました。

外科的手術

喉の閉塞する部分によっては、外科的手術によって切り取るという治療法で症状が改善される場合があります。最近ではレーザーによって治療する方法もあり、より侵襲の少ない手術が可能となっています。

無呼吸症候群がどうか病院で診てもらう場合

受診する科

睡眠時無呼吸症候群かな?と思ったら、呼吸器科や耳鼻咽喉科を受診しましょう。睡眠外来を設けている病院では、より専門的な治療を行なうことができます。

検査方法

睡眠時無呼吸症候群を疑って受診した場合、まずは「ESS眠気テスト」や生活習慣病に関する問診、診察をおこない、必要に応じて簡易PSG(スクリーニング)という検査を行います。これは簡易型の検査装置を使い、鼻や口から空気が出入りする状態や気管の音、SpO2(血中酸素濃度)などを記録するものです。同時に、呼吸運動や睡眠中の体動、心電図などを測定することもあります。

簡易型検査装置で睡眠時無呼吸症候群の疑いがあると判断された場合は、さらに詳しい検査が行われます。「ポリソムノグラフィー(Polysomnography:PSG)」という検査で、これは医療機関に泊まって行う必要があります。この検査では脳波や呼吸の状態、眼球や筋肉の動きなどを記録し、より詳しく睡眠の状態について調べるもので、確定診断に使用されます。

費用

睡眠時無呼吸症候群の検査は保険適応です。検査費用は簡易検査で3,000円程度、PSGは10,000円程度かかります。これに初診料や入院費、その他の諸経費が加わりますので、費用は医療機関によって差があります。検査の全費用がどれくらいかかるのかは、あらかじめ受診する医療機関に問い合わせておくとよいでしょう。

無呼吸症候群にならないための対策

体重管理

太っている人は、痩せることが最も重要です。肥満を解消するためには、食事制限と運動が必要不可欠となります。1日の摂取エネルギーは標準体重×20kg程度に抑え、日常的な運動習慣をつけましょう。

生活の中で運動する時間を確保できないという人は、ひと駅手前で降りて歩くなど、無理のない範囲でウォーキングを取り入れていくのがお勧めです。急に運動量を増やしたりせず、身体が慣れてきたら少しずつ歩く距離を延ばしていくとよいでしょう。

寝酒を控える

アルコールの飲み過ぎや、酔い潰れるまで飲むようは飲酒習慣は改めましょう。アルコールは適量をこころがけ、飲酒したあとは2~3時間以内に眠ることは避けるのが望ましいです。

喫煙を控える

喫煙は睡眠時の無呼吸と深く関連しているといわれています。睡眠時無呼吸症候群と診断された人は、できるだけ禁煙に努めましょう。

鼻疾患の改善

アレルギー性鼻炎、副鼻腔炎などが睡眠時無呼吸症候群の原因となっている場合、その鼻疾患を改善することで無呼吸は改善します。小児の場合は、アデノイドや扁桃腺肥大を治すことで症状が改善するケースが多いです。

睡眠薬服用の注意

睡眠時無呼吸症候群の患者さんの約半数に不眠の症状がみられるといわれています。そのため睡眠薬を服用している人も多いのですが、睡眠薬の服用によって無呼吸が悪化する可能性もあるため注意が必要です。

睡眠時無呼吸症候群が軽度~中等度の場合は、睡眠薬は睡眠中の呼吸状態に悪影響を及ぼさないとする研究報告がなされています。しかし重症例では睡眠中の呼吸状態が悪化する危険性があるとしており、服用に際しては十分注意する必要があります。

睡眠時無呼吸症候群の重症度については自身では判断できませんので、必ず主治医と相談の上、睡眠薬を服用する際は処方されたものを使用するようにしましょう。

寝方の工夫をする

無呼吸を起こしにくくするためには、枕の選択が重要となります。仰向けに寝ることが多い人はやや低めのものを、横を向いて寝る人はやや高めの枕を選ぶと、気道が塞がりにくくなります。

眠りが浅いときのほうが無呼吸を引き起こしやすいので、部屋の明るさや温度、湿度、掛け布団などの寝具を調整し、深い眠りが得られるように就寝環境を整えましょう。

無呼吸症候群の危険性

交通事故

睡眠時無呼吸症候群による日中の眠気が運転中に現れた場合、重大な交通事故に繋がる恐れがあります。また居眠り運転をしなくても、判断力や集中力、注意力が低下した状態で運転することは危険極まりないといえます。

睡眠時無呼吸症候群の人では、運転中に眠気を感じたことがあるという人の割合は健康な人の約4倍にのぼっています。また実際に居眠り運転をしたことがあると答えた人の割合は、5倍にのぼるとの報告もあります。

睡眠時無呼吸症候群が比較的広く知れ渡るようになった現在でも、この疾患が関与しているとされる交通事故は後を絶ちません。これは睡眠時無呼吸症候群を自覚することなく、検査や治療を受けていない人が多いためと思われます。少しでも心当たりがある場合は、必ず医療機関を受診してください。交通事故は、自分だけでなく相手の人生も狂わせてしまいます。中には死亡事故に繋がってしまったケースもあります。事故を起こしてしまってからでは遅いのです。

不眠症

睡眠時無呼吸症候群の患者さんの半数に不眠がみられるように、無呼吸症候群で不眠症となる頻度は高いことがわかります。無呼吸によって脳が低酸素状態に陥り、日中頭がすっきりとしなかったり、注意力や集中力が散漫になるほか、強い眠気によって日常生活にも支障が出ることがあります。

糖尿病

糖尿病とは、インスリンの作用不足によって血糖値が上昇し、高血糖状態になる疾患です。糖尿病自体は自覚症状の乏しい疾患ですが、高血糖状態が持続すると腎症、神経障害、網膜症などの合併症を生じることがあります。

睡眠時無呼吸症候群の人は、そうでない人と比較して糖尿病の発症リスクが1.5倍になるとう研究結果があります。また糖尿病の人は肥満を伴っていなくても、睡眠時無呼吸症候群を合併している人の割合が高いとする研究報告があるようです。

高血圧

睡眠時無呼吸症候群の人は、そうでない人と比較して高血圧の発症リスクが2倍になるという研究結果があります。睡眠時無呼吸症候群の人の半数が、高血圧を合併するともいわれています。また、高血圧の人は4割近くが睡眠時無呼吸症候群などの睡眠呼吸障害を合併しているというデータがあります。

心筋梗塞

睡眠時無呼吸症候群の人が未治療でいた場合、健康な人と比較して心疾患の発症リスクが3倍になるという研究結果があります。

通常は夜間になると日中よりも血圧が下がりますが、睡眠時無呼吸症候群の人は睡眠中も血圧が下がらなかったり、逆に上がってしまうことがあります。血圧が上がるのは交感神経の作用によるものですが、本来であれば夜間は副交感神経が優位であるため血圧は下がります。しかし無呼吸が起こるたびに呼吸を再開させようと交感神経が働くことで、血圧が上がってしまうのです。

つまり夜間高血圧があると眠っていても体が休めていない状態となり、心臓にかかる負担も増加します。このように睡眠時無呼吸症候群に伴う夜間高血圧がある人では、狭心症や心筋梗塞などのリスクが約6倍にもなるとされています。

脳血管疾患

通常は夜間になると日中よりも血圧が下がりますが、睡眠時無呼吸症候群の人は睡眠中も血圧が下がらなかったり、逆に上がってしまうことがあります。血圧が上がるのは交感神経の作用によるものですが、本来であれば夜間は副交感神経が優位であるため血圧は下がります。しかし無呼吸が起こるたびに呼吸を再開させようと交感神経が働くことで、血圧が上がってしまうのです。

つまり夜間高血圧があると眠っていても体が休めていない状態となり、心臓にかかる負担も増加します。このように睡眠時無呼吸症候群に伴う夜間高血圧がある人では、狭心症や心筋梗塞などのリスクが約6倍にもなるとされています。

脳血管疾患

睡眠時無呼吸症候群の人は、そうでない人と比較して脳梗塞や脳内出血などの脳血管疾患の発症リスクが4倍になるという研究結果があります。10倍になるとの報告もありますから、リスクは確実に高まるといえるでしょう。

睡眠時無呼吸症候群と診断された人の夜間の脳血流量は、健康な人の約半分であるとするデータがあり、それだけ脳血管に障害をきたす可能性が高くなるとされています。

乳幼児突然死症候群

それまで元気にしていた赤ちゃんが突然亡くなってしまう「乳幼児突然死症候群」というものがあります。

生後6カ月以内の赤ちゃんはまだ呼吸中枢機能が未熟であるため、睡眠時一時的に呼吸が止まってしまうことがあります。しかし通常であれば無呼吸によって血中の二酸化炭素濃度が上がるため、赤ちゃんは息苦しくなって睡眠が浅くなり、呼吸を再開するようになります。

しかしまれに、無呼吸からの回復が遅れてしまうことがあります。回復が遅れると酸素不足によって、さらに呼吸中枢が鈍くなってしまい、呼吸が抑制される悪循環に陥ってしまうのです。乳幼児突然死症候群の原因として、この中枢性の睡眠時無呼吸発作が大きく関わっているとされています。

乳幼児突然死症候群は2000~3000人に1人という頻度で起こっているとされていますが、危険因子を除外することで発症リスクは抑えられるとされています。厚生省の研究班が発表している注意点は以下の3つです。

・うつぶせ寝をさせない

・赤ちゃんの周囲で喫煙しない

・母乳育児が望ましい

うつぶせ寝は赤ちゃんの眠りが深くなり、覚醒しにくくなるとされています。タバコの煙に含まれるニコチンは赤ちゃんの呼吸中枢を鈍らせる作用があり、無呼吸を起こした際に呼吸の再開を妨げてしまうとされています。母乳育児では赤ちゃんの口腔や顎の発達が促進されるため、無呼吸を生じにくくなるとしています。

更に最近では新たに、眠っている赤ちゃんを温め過ぎると睡眠時の無呼吸発作のリスクが高くなるということがわかってきました。赤ちゃんは眠ると、手足の末梢血管が拡張することで熱を発散させ、体温が下がっていきます。眠りがけの赤ちゃんの手足が温かいのはこのためです。体温が下がった赤ちゃんは寒さを感じると、末梢血管を収縮させて体温が外に逃げるのを防ぎます。この時は、眠りが浅くなっています。赤ちゃんはこうしたサイクルを繰り返しながら体温を調節しています。

しかし眠っている赤ちゃんを温め過ぎると、赤ちゃんの体温が下降しません。その結果、交感神経系の応答が低下して、無呼吸からの回復が起こりにくくなってしまうのです。赤ちゃんが風邪をひかないようにと衣服を着せ過ぎたり布団を掛け過ぎたりすると、睡眠時の無呼吸による乳幼児突然死症候群のリスクが高まってしまうということです。

まとめ

睡眠時無呼吸症候群は、自分ではそうと気がついていないケースも多いものです。最も多くみられる症状はいびきの大きさや音の変化なので指摘してくれる家族がいればよいのですが、そうでなければ何らかの自覚症状が現れるまで気づくことはできないでしょう。

十分な睡眠時間を確保しているにもかかわらず、日中に異様な眠気を感じたり、注意力や集中力が続かないといった症状がある場合は注意が必要です。太った体系の人に多いものではありますが、中には鼻の疾患や骨格の影響により痩せていても無呼吸症候群となる人もいますので、安心はできません。

睡眠時無呼吸症候群の予防、治療に最も大切なのは日常における生活習慣です。健康的な食事や運動を心がけ、無呼吸症候群に関わりの深い肥満や生活習慣病を予防、改善しましょう。軽度であれば日常生活の見直しだけで症状が改善する場合もあります。しかし医学的な治療が必要となる場合もありますので、主治医の指示に従って治療を継続するようにしてください。

睡眠時無呼吸症候群は高血圧や心疾患、脳血管疾患などのリスクが高まるばかりでなく、交通事故の引き金となるなど重大なリスクがあることを忘れてはいけません。少しでも疑わしい場合は速やかに医療機関を受診し、適切な検査や治療を受けるようにしましょう。