TOP > 部位から探す > 頭・顔 > > 鼻が大きいのは生活習慣が原因?NG習慣と鼻を小さくする方法やエクササイズ|鼻が大きい人の性格や特徴などまとめて紹介!

鼻が大きいのは生活習慣が原因?NG習慣と鼻を小さくする方法やエクササイズ|鼻が大きい人の性格や特徴などまとめて紹介!

鼻が大きい、低い。高くしたい!という方に必見です。まだ遅くないですよ。お金をかける前にあなたのコンプレックス解消できるかもしれません。生活からの改善やマッサージ法など紹介してます。そこのあなた!あきらめないで!



鼻の大きさ、気にしていませんか?

多くの悩みを持っている顔のパーツの中でも真ん中にある鼻ですが、真ん中にある鼻で顔の印象が決まりますよね。鼻が大きいとコンプレックスを持っている人はやっぱりすらっとした「鼻」手に入れたいですね。そんなあなた!生活習慣から見ていきましょう。

鼻を大きくしてしまうNG習慣とは?

鼻の穴を指でほじる

大人はあまり見かけないですが、子供がよく鼻をほじっていますよね。実はこの行為鼻の穴を大きくする可能性があります。やはり鼻も皮膚なので継続的にひっぱる、伸ばすなどの行為を行うことで伸びます。

指だって鼻の穴より太かったら皮膚は引っ張られるので無理に指でほじったり、頻繁に行ってると伸びるので鼻が大きくなっちゃいます。それに爪などが引っかかると鼻の粘膜に傷がつくので鼻血がでたりということもあります。それに周りからみてもいい行為ではないですよね?男女共に引かれる行動の1つですね。

鼻の穴にティッシュをつめる

これよく目にしますよね。車に乗ってて横を見たら鼻にティッシュをつめている人よく見かけます。男の人ならあまり気にしませんが、女の人がしているとちょっと引いてしまいますよね。

たとえば、鼻血がでたとき。これは止血をしないといけないので仕方ありませんが、普段の生活で、鼻炎や花粉症で鼻水がでてくるからティッシュを詰めたり、とこの行為はNGです。

やはりティッシュを詰めるだけでも鼻の粘膜は傷がつきます。それにいくらティッシュだからといって鼻の穴より小さいティッシュなんか詰めませんよね?落ちますから。そう考えると多少大きめのティッシュを入れることになるんです。当然皮膚は引っ張られます。

口呼吸をしている

ちゃんと鼻呼吸をしていますか?気づかずに口呼吸をしてしまっている人もいますよね。例えばいつも口を開いているひとや唇がよく乾燥する人は口呼吸の人が多いと言えます。

口呼吸をすると口臭の原因になったり、よく風邪をひいたり、美容にも悪いんですよ。シワや顔のたるみ、そのせいで鼻も皮膚なのでたるんだりと、口呼吸が1つの原因になってきます。

口を閉じ鼻呼吸をすることで筋肉がキュッっと引き締まる為鼻だけではなく顔全体の小顔効果も期待されます。鼻呼吸に変えると「鼻筋が通った!」という声も聞かれます。

整形や化粧以外で鼻を小さくする方法

マッサージをする

お金をかけずに簡単にできるマッサージ方法紹介しちゃいます。

小鼻の脂肪を取るマッサージ

1.ティッシュで鼻をかむときのイメージみたいに両手の人差し指と中指で小鼻を挟みます。

2.少し強めに円を書くようにクルクルとマッサージをします。

コレだけです。簡単ですよね?それともうひとつ紹介です。

鼻のむくみをとって高くする‹マッサージ

1.先ほどと同様に少し強めにクルクルとマッサージをします。

2.両手の指で、小鼻の鼻骨から眉間までじっくりシワを伸ばすように押しあげていきます。

3.ツボ押しのように眉間のくぼみを押します。

4.手で小鼻の鼻背部分をつまみ上げて少しの間固定します。(鼻が高くなるイメージをしてください。)

一緒にすると効果的かもしれませんね。注意点ですが、鼻のためとはいえ肌なので、クリームや夜クレンジングをするときなどにマッサージをしするようにしましょう。あまり強くしすぎて肌を傷つけないようにしてください。

鼻体操をする

マッサージだけではなく鼻体操もあります。

鼻を小さく引き締める体操です。

1.鼻水をすする時に鼻がキュッっと引き締まりますよね?このように小鼻をキュッと引き締めます。

2.その後小鼻をゆるめてください。

たった2つの動作だけです。この動作は1日100回が目安です。

鼻をキュッと引き締めるときに、空気を強く吸いこむと耳が悪くなってしまいます。空気は吸い込まずに、吸い込むイメージでキュッキュッと引き締めてください。

鼻を矯正する有名なエクササイズ

山田洋子の小顔法

皆さん山田洋子さんって知ってますか?ダイエット本を多く出版している人で、このエクササイズもこの人が考案したんですよ。

それではトレーニング方法です。

小鼻の広がりを改善、鼻筋を整える効果があります。

1.顔を伸ばすイメージで鼻の下を伸ばします。

2.両手の親指で鼻をすくうように持ち上げます。

3.鼻をつまみあげて5秒間キープです。5秒たったらゆっくり離します。 これを10回繰り返しましょう。

鼻縮小トレーニング

小鼻を小さくする効果がある鼻縮小トレーニングです。

1.まず唇の両端の内側の肉を吸い込み、歯で軽く肉を挟むように固定します。唇をすぼめるイメージです。強く噛み過ぎないように注意してくだい。

2.そのまま唇を開け閉めします。

こちらを朝晩50回位ずつ繰り返します。

子供のときによくやっていたかもしれませんね(笑)

フェイスビルダー法

鼻にハリを持たせる。形を整える効果があるフェイスビルダー法の紹介です。ちなみにボディービルダーは体の形を整えるのでボディーならぬフェイスビルダーです。

1.人差し指で、鼻先を上向きに押し上げながら(豚鼻にするように)、鼻の下を伸ばす感じで上唇を思いっきり引き下げます。

2.その状態を4~5秒キープし、鼻の下を伸ばすのをやめます。この二つを35回目安にがんばってください。

1日2セットくらいが目安です。

前下がりや横広がりの鼻先を筋トレで改善できます。

鼻こすり

鼻を高くしたいからといって洗濯ばさみでつまんだりとかしてませんか?そんなことしなくても鼻をほっそり高くする効果がある鼻こすり法です。

1.両人指し指を鼻の根本に当てて上下に軽くこすります。

※無意識のうちに鼻の下のあたりばかりをこすってしまうので気を付けてください。

こちらはお風呂など入ってるときがいいかもしれませんね。

クレンジングをしてるときなど滑らすように肌を傷つけないようにしましょう。

クリニックで鼻を小さくする方法

鼻翼(小鼻)縮小術

この鼻翼縮小術ですが、こんな方にオススメです。

・鼻の穴を小さくしたい

・正面から見て、鼻の穴が目立つのがイヤ

・鼻を小さくしたい

・半永久的な効果を望んでいる

鼻の穴の内側から小鼻の溝にかけての傷が目立たない部分を数ミリ切除して、横に広がった小鼻を鼻全体とのバランスを調整しながら丁寧に縫い縮めていきます。施術時間は、わずか30分ほどです。

鼻翼縮小には内側法と外側法の二つの手術方法があります。一人ひとりの鼻の形やバランスに合わせて、最適な術式を選択します。いずれの方法でも傷跡はほとんど目立ちません。

内側法は鼻の穴の中の余分な皮膚と組織を切除して縫合する、小鼻の外側まで切らない施術です。鼻の穴が小さくなるので、「鼻の穴は大きいが、小鼻は外側に張り出していない、わずかに張り出している」という方にオススメの手術法です。

外側法は、小鼻の外側の余分な皮膚と組織を切除して縫合する施術です。小鼻の外側の溝に沿って切開するので、「小鼻が大きく外側に張り出している」という方にオススメの手術法です。

お値段のほうですが、だいたい¥300,000~ぐらいです。

鼻尖形成術

鼻尖とはいわゆる「だんご鼻」のことです。こんな方にオススメです。

・団子鼻を改善したい

・鼻先を小さくしたい

・鼻が大きいという印象を解消したい

だんご鼻の原因は皮下脂肪の厚さや軟骨の発達など、人によって様々です。 特に軟骨が発達している場合に適しているのが、この「鼻尖形成術」です。 余分な軟骨を切り取ることで、すっきりと細い鼻先に生まれ変わります。

手術は、鼻の穴の内側を2cmほど切開し、余分な余分な脂肪や軟骨を切除して縫合。その後、1週間ほどギブスで固定して、軟骨の状態を安定させます。強い痛みや後遺症の心配はなく、効果は半永久的に続くのが特徴です。また、切開や縫合は鼻の内側から行うので、傷跡も目立ちません。

こちらも30分ほどで手術が終わります。お値段のほうが約¥270,000~ぐらいです。

鼻骨骨切り

鼻骨骨切り術はこんな方にオススメです。

・鼻が大きいことを気にしている

・鼻筋が太い

・シャープな鼻筋にしたい

鼻筋が太く横に広いと、どっしりと重たい印象の鼻になってしまう事があります。そんな場合は、鼻筋の余分な骨を削って寄せる「骨切幅寄せ」手術です。すっきりとした美しいノーズラインを半永久的に手に入れることができます。

手術は、鼻の内部に部分麻酔をして内側を2cmほど切開し、余分な骨を削るといいうもの。その後1週間ほどギブスで固定し、鼻筋を寄せて安定させます。鼻の内側から行う手術なので、傷跡は目立ちません。

30分~60分で手術は終了します。お値段のほうですが、約¥500,000~と少々お高めのようです。

鼻の大きい人の性格・特徴とは?

成功するタイプ

大きい鼻はデメリットばかりではないんですよ。鼻が大きいひとは成功するタイプといわれています。

大きな鼻は強運や、財運で成功を引き寄せるので、起業しても成功するタイプです。

鼻は人相学において中年期を表しているといわれています。鼻は顔の中心にあるのでその人のイメージを決めるのに大事なパーツなのです。鼻でその人の性格や特徴を見てしまえます。

例えば大御所芸能人だと

・木村拓哉さん・香取慎吾さん・堤真一さん・舘ひろしさん・小出恵介さん・照英さん・西城

秀樹さん

・山本裕輔さん・織田裕二さん

などと軽くあげても結構多いんですよ。

確かに人気ある人ってよくみると鼻が大きいかもしれません。今後テレビでどんな人が成功しているかチェックしてみるのもいいですね。

それでは大きな鼻がどんな性格・特徴を持っているか自分のと当てはめて見ていくと面白いですよ。

誠実

誠実とは人や物事に対する姿勢から真心を感じられる事、真面目で偽りがない事です。

「誠」は「偽りのない心」というような意味になります。「実」は「本当の」「中身」というような意味の感じで、全てが偽りのない心、という意味になります。

誠実な人の特徴を5つ挙げてみました。

・嘘をつかない

誠実な人の特徴は嘘をつきません。嘘つきは誠実な人とは言えません。他人に対してもまた自分に対しても嘘をつかない正直な人は誠実な人と言えます。

・公平さを大切にする

誠実な人の特徴は公平です。ひいきをせず、誰に対しても公平に接することができます。上にも下にも常に一定のマナーを守った付き合いが出来る事が公平に接する出来る人と見られ同時に誠実な人だといえます。

・仕事に対して真面目に取り組む

誠実な人の特徴は仕事に対して真面目に取り組みます。どんな仕事でも、与えられた事に対して全力で取り組み結果を出す事が出来ます。

・他人の心情を察した行動が出来る

誠実な人の特徴は、他人の心情を察した行動が出来ます。誠実な人は自分ばかりの事を考えるのではなく、他人の気持ちも考えて行動する事が出来るのです。

・物を大切にする

誠実な人の特徴は物を大切にします。誠実だなと、感じる人の身の回りの物を見るとわかります。時計、財布、携帯何でもいいです。丁寧に扱っていればその人は本当に誠実なのでしょう。

献身的

献身的とは、大まかに言うと自分を犠牲にしてでも相手を助けるということです。自分が損をしてでも相手を助ける。そういった意味合いですね。

女性は献身的な男性を望みます。女性として生まれてきた人が持つ理想像です。

トラブルが起こっても機嫌が悪くても、体が病気で弱っているときでも、絶対に牙をむき出して歯向かってくることはなくストレスに遭遇したときでさえも、顔色一つ変えず、やさしくおもいやりを持って接してくれる人を望みます。女性にも男性にも好かれるタイプです。

高貴

高貴とは

1.身分や家柄などが高く、近寄りがたいさま。

2.何処となく上品な感じ。

3.貴重で値段が高いこと

です。凛々しく見える、人の価値がとても高く見えるなど、いい意味ですね。

メリットとしては第一印象がとてもよくみられると思います。お偉いさんみたいな立派な人。

そんな人といると自慢できますよね。

デメリットは近寄りにくい、価値観が違ったりと見方によってわよくない見られ方をするときもあります。

情け深い

情け深いとはおもいやりがあるひとのことです。漢字のとおり情に深いという意味です。

例えば、あなたが困っているとき相談すれば、うわべだけの付き合いではなく、親身になって考えてくれるでしょう。

パートナーとして最高の性格です。女性も男性も好むタイプだといえます。

完璧主義

完璧主義な人は結果よりもっともっと上を目指します。完璧主義者は職人さんなどに多いようです。

例えば、土器を作ります。皆さんが見てとても芸術的な作品であっても完璧主義の人はそれが気にくわなかったり、「これ以上の物を!」と考えてしまうのです。

仕事では、職人系などの仕事が合うと思います。ひとつのものを完璧に仕上げていくので集中力がすごいんです。ですが、うまくできなかったりしたときに気持ちが落ちてしまったりすることがあるので完璧を求めるのもいいですが、気楽にすることも必要ですね。

活動的

活動的とはいきいきしている、元気よく動く、といった意味です。

例えば外で運動している人がだるそうにダラダラとウォーキングをしているのをみてもあの人やる気がないのかな?と思ってしまいますよね。

活動的な人であると、いきいきと元気よくウォーキングしています。周りの見る目も変わってきますよね。楽しそうに運動をするわけですから。

仕事の面でもてきぱきと動いてくれます。

あなたのパートナーになったとき、家事を楽しそうに、しているとこちらからしてもとてもうれしい気持ちになりますよね。

そういったポジティブな感じと考えていいですね。

まとめ

いかがでしたか?今の大きい鼻が嫌だといっても手術費用も結構たかいのでそんなすぐに大金は払えませんよね。だからといってあきらめず、まずは、普段の生活から気をつけて、簡単にできるマッサージやトレーニングから始めてはいかがですが?