TOP > 部位から探す > 頭・顔 > のど > 喉が臭い!痰や口呼吸が原因なの?膿栓はうがいで取れるの?5つの原因や対処法を徹底的に説明!

喉が臭い!痰や口呼吸が原因なの?膿栓はうがいで取れるの?5つの原因や対処法を徹底的に説明!

自分で自分の臭いって自覚できないことが多いのですが、喉の臭いに関してもやはりそうです。また、その臭いが口臭なのか、喉からきているのか、はたまた胃が悪いからなのか、素人には分かりづらいですよね。
もし喉が臭いっているのならどんな原因があるのでしょうか。今回は喉の匂いの原因と対処法についてみていきたいと思います。



喉が臭いと感じたことはありませんか?

自分の喉が臭いと感じたことはありませんか?喉の奥に異物感があって、唾を飲み込んでも変な匂いが広がったり、そのせいで口臭までしている感覚があると思います。朝起きたら、喉から臭い気がするなんてこともあると思います。

喉が臭いと、息をしていても匂いが自分でも感じられて、とても気持ちが悪いですよね。匂いも、腐ったような、なんとも言えない変な匂いがすると思います。その状態が続くのは、とても辛いことですよね。

喉が臭い場合に考えられる原因は?

膿栓が原因の場合

のどの奥には咽喉内に扁桃腺などの、扁桃があります。そこでウイルスや細菌などが体に入ってこないようにそのウイルスや細菌を殺しているのです。扁桃の表面には小さな穴があるのですが、そこにリンパ球や白血球や脂肪酸、コレステリンや食べ物のカスなどが溜まってしまい、膿栓ができてしまうそうです。

特に冬などでは、空気が乾燥してしまっているので、ほこりなどが舞いやすくなってしまっています。そのため、比較的大きな膿栓ができやすくなっているそうです。膿栓はおもに薄い黄緑のような色や、白っぽい色をしていて、大きいものだと3ミリから5ミリにもなるそうです。

この膿栓、実は誰にでも存在するそうで、膿栓自体はとても強い匂いをしています。

蓄膿症が原因の場合

頭蓋骨の中に空間のところに、粘膜がありその部分のことを副鼻腔といいます。その副鼻腔に炎症が起こってしまい、膿が溜まってしまうことで蓄膿症になるそうです。その膿もとても強烈なに匂いなのだそうで、臭いと感じてしまう原因になるようです。

鼻炎や風邪によって炎症が起きてしまうこともあるので、鼻炎や風邪を引いた後に蓄膿症になってしまうこともあるそうです。軽度の蓄膿症だと薬を服用することで治すことができますが、重度のものになるとポリープになってしまって、手術までしなければいけなくなる場合もあるそうです。

黄色ブドウ球菌によって黄色い鼻水、緑膿菌によって緑色っぽい色の鼻水が出てしまうそうで、それで見分けられるようです。蓄膿症になってしまうと、口呼吸になりやすいので、喉だけでなく、口臭も出てきやすくなるそうです。

後鼻漏の場合

鼻水は本来、菌を外に出すためにあるのですが、その鼻水が口の奥や喉にずっと付いてしまって、菌をたくさん含んだ鼻水のせいで匂いが出てくるのが後鼻漏なのだそうです。口の奥や喉にできてしまうので、菌を含んだ鼻水が呼吸によって空気に触れやすくなって、さらに匂いの原因になるようです。

そこに食べ物のカスが途中で付着してしまうと、さらに食べカスの匂いも相乗されてしまうという悪循環になってしまいます。鼻水をきちんと取り除かなければ、臭い匂いの原因につながってしまうそうです。

痰の場合

【第2類医薬品】フストールシロップA 120mL

後鼻漏が鼻水によって起こるものに対して、痰は気管や肺などの呼吸器から分泌されている粘膜によって起こるそうです。後鼻漏と見分けにくいこともあるようです。痰は呼吸器から分泌されている粘液なので、菌が入ることで膿が混じっていってしまうそうです。

膿が混じってしまうと、粘り気も強くなっていき、匂いも臭くなっていくそうです。気管や肺の調子が良くなかったり、病気にかかったりしていたら、痰の色が少し黄色くなってしまうようです。なので、痰の色が黄色い場合は、病院に行くなどの処置をしたほうがよさそうです。痰は、咳をすることで外に出されていくので、咳を我慢してしまうことも、痰が溜まってしまう原因にもなるようです。

口呼吸による乾燥の場合

副鼻腔でもあったように、口呼吸をしてしまっても、菌などがきちんと洗い流されずに、匂いが発生してしまう原因になるようです。唾液には殺菌効果があり、口呼吸をしていて口が乾燥していると、菌が繁殖して臭い匂いになってしまうそうです。

朝起きたときに息が臭いのは、寝ている間に唾液があまり分泌されないのと、本人が口呼吸をしているか可能性があるためだそうです。このことからも分かるように、口呼吸をしていたら匂いが臭くなるので、口や喉を常に潤してあげることが大切だということが分かります。

鼻がつまってしまっていたら口呼吸になりがちですが、できるだけ鼻水などはしっかり出して、それでもきつかったらマスクをするといいようです。また、水分をたくさんとったり、唾液をたくさん出すようにして、潤していきましょう。

蓄膿症、後鼻漏が原因の場合は?

耳鼻咽喉科を受診

耳鼻咽喉科では、鼻の中の粘膜やむくみを診たりして蓄膿症かどうかなどを診断するそうです。内視鏡検査をして、鼻鼻腔の状態をさらに詳しく診ることができるそうです。もし必要な場合は、レントゲンやCT、MRIなどをとり、副鼻腔の中の粘膜の様子や骨が変化していないかを診ていくそうです。

治療は、蓄膿症も重度でなければ手術はしないようです。手術には、ポリープや鼻の曲がり方や通り方が良くないと、そこにレーザーを使ったりして良くするする手術などがあるそうです。薬も、抗アレルギー剤や抗生物質や漢方などをもらえるそうです。

後鼻漏の場合も、適した薬をもらって、経過を診ていくそうです。このように、蓄膿症や後鼻漏などになってしまった場合は、専門である耳鼻咽喉科を受診することで、適正な処置をしてもらうことができます。我慢せずに、診てもらうことが回復への近道といえそうですね。

口呼吸による乾燥が原因の場合は?

鼻呼吸で改善

鼻呼吸は、匂いの他にも、口呼吸よりも多くの酸素を体に送り込むことができるそうです。一方、口呼吸は喉や口が乾燥したり、最悪病気につながってしまうケースもあるようです。そのためにも、口呼吸の人は鼻呼吸に改善していきましょう。

鼻呼吸することを、よく意識しましょう。忘れてしまうと、口呼吸を普段している人は慣れている口呼吸を無意識にしてしまいがちです。まずは意識して、鼻呼吸をするように心がけてみてはいかがでしょうか。

鼻呼吸をするときは、口を閉じて鼻で息を吸ったり吐いたりするのですが、このとき口をしっかり閉じすぎてしまうと舌が上についたりして、唾液が行きにくくなったりします。また、歯を食いしばるのはよくないので、口を閉じるときはやさしくしましょう。

口を閉じるときに違和感がある人は、顎の筋肉が弱くなっていることがあります。顎の筋肉を強くするためには、食べ物を食べるときによく噛んで、顎の筋肉をよく使ってあげることが大切です。しっかり食べ物を噛んで食べることは、唾液が出ることにもつながるので、より口の中が乾燥することを防ぐことにつながります。

以上のことで、鼻呼吸で呼吸することに慣れていきましょう。また、マスクをすることで潤すこともできるので、鼻呼吸に慣れるまではマスクをしたり、寝るときにマスクをしたりすることもいいでしょう。鼻呼吸に改善するためのグッズを売ってあるところもあるので、それをつかってもいいと思います。

病院に行った際に、医師にアドバイスをもらうのもとてもいいことだと思います。このようにして、鼻呼吸にかえることで、口呼吸により乾燥してしまうことを改善していきましょう。

膿栓が原因の場合は?

耳鼻咽喉科を受診

膿栓の場合でも専門は耳鼻咽喉科です。吸引したりして、きれいに洗浄したりして除去してくれるそうです。自分でやってしまうと、傷つけてしまうことがあるそうなので、下手にやるよりは専門の先生にとってもらったほうがよさそうです。

ただ、除去してもそれは一時的な処置で、除去してもまたしばらくしたらできてしまうというケースがあります。そのときは、その都度専門の先生から診断を受け、除去してもらうことが必要になるようです。

日々の口腔ケアを大切に

膿栓ができてしまって、それを自分で除去することは傷ついたりしてしまう可能性があって危険ともいえますが、日頃から歯磨きやうがいをきちんとすることによっても膿栓が溜まってしまうことを少なからず予防することができるそうです。

病院で膿栓を除去しなければいけませんが、日頃から歯磨きやうがいをすることで予防にもなりますし、とても大切なことです。是非日常で歯磨きやうがいをしっかり取り入れてみてください。また、たくさん水を飲むことで、しっかり洗い流されて、予防につながるそうです。

膿栓の取り方は?

なるべく自分で取らない

自分で膿栓を取ろうとすると、膿栓のできている扁桃腺が傷付いてしまい、炎症を起こしてしまって逆に悪化の原因となってしまうことがあります。最悪の場合は、病気につながってしまうこともあります。自分で膿栓を取ろうとするのは少々リスクがあるようです。

シャワーや口腔洗浄機で取る

鼻をいっぱいすすって、ある程度溜まったらシャワーを流して一気に流す方法があるそうです。シャワー当て流すので、たくさん水を飲んでしまう可能性があります。口腔洗浄機は、水の力で膿栓をとってくれるそうです。

息を吐きながら、初めは勢いを一番弱いものから初めて、徐々に強くしていくといいようです。口腔洗浄機は、結構膿栓がとれるそうです。

うがいで取る

水を喉の奥まで行き渡らせて、それから膿栓をとる勢いでしっかり奥のほうでうがいするそうです。吐き出すときも、奥の膿栓を意識的に出すように吐き出すといいようです。喉の奥のほうまで水がいくので、飲み込んでしまわないように注意が必要ですね。

喉の奥のものを出す感じなので、少し気持ち悪いと感じるかもしれません。

耳鼻咽喉科で吸引してもらう

前にもありましたが、やはり病院に行って取ってもらうのが、専門的な知識もあり、最も安全です。病院だと、膿栓を吸引して、洗浄して除去してくれます。専門の先生ですので、除去することで傷つくこともないので、やはり安全です。

膿栓があることで、その膿栓を放置していても大丈夫なので、医師によっては取ってくれない場合もあるそうです。しかしどうしても気になるなら、自分で取るくらいなら違う病院で取ってもらうほうがいいでしょう。

まとめ

喉の奥が臭いなと思うことが時々あるときは、様々な原因があることが分かりました。そんなときは、鼻がつまっていたらきちんとかんだりして、菌は外に出してしまいましょう。どうしても気になる場合は、我慢せずに病院に行ったほうがいいようですね。

歯磨きやうがい、鼻呼吸を日常的にすることで予防することができるので、是非今からでも試してみてはいかがでしょうか。鼻水はきちんと出したり、乾燥を抑えたりして、快適な生活をしていきましょう。