TOP > 部位から探す > 頭・顔 > 口・あご > 口呼吸が死を真似す?今すぐ鼻呼吸に!改善すべき5つの理由と便利なグッズなどを紹介

口呼吸が死を真似す?今すぐ鼻呼吸に!改善すべき5つの理由と便利なグッズなどを紹介

習慣的に口呼吸をしていると起こる身体のトラブルをご紹介します。気がつくといつも口がポカーンと開いているあなた、感染症やアレルギーになりやすかったり、口腔内トラブルやいびき…身に覚えがありませんか?このまま口呼吸を続けていると命にかかわることもあります。出来るだけ早く改善して鼻呼吸の習慣をつけましょう。



みなさんは口呼吸?鼻呼吸?

生まれてすぐの赤ちゃんだって、お母さんのおっぱいを飲みながら鼻呼吸をしています。それが成長するにつれ口呼吸になってしまったのです。では、どうして口呼吸になってしまったのか、どうして口呼吸だといけないのか、口呼吸を改善するにはどうしたら良いのでしょう。口呼吸が及ぼす体への影響をご紹介しつつ、これらの疑問にお答えしていきます。

1、感染症に罹りやすい

くしゃみや咳によって感染する『飛沫感染』『空気感染』による感染症は、鼻呼吸に比べて口呼吸の方が罹りやすくなります。鼻呼吸であれば鼻毛や、鼻の奥の粘膜にある線毛と呼ばれるものが細菌やウィルスを絡め取ってくれ、喉から奥への侵入を防いでくれるのです。一方、口呼吸だと、吸い込まれた細菌やウィルスは直に喉の粘膜に付着、増殖してしまうので、感染しやすくなってしまうのです。

また、鼻腔には吸った空気を加温、加湿してくれる機能があるため、鼻から吸った空気は喉や気管、肺に刺激のないものとなります。口呼吸で取り込む空気は加温や加湿されることがないため、最初に通過する喉の粘膜は刺激を受けて荒れやすくなってしまうのです。

特に免疫力が低い小さな子供やお年寄りでは重症化しやすく、風邪やインフルエンザから肺炎になってしまうことも珍しくありません。また、飛沫感染で起こる重篤なものとしては上気道炎や副鼻腔炎などよくある風邪の一種ですが、ここから髄膜炎、さらには脳炎といったこともありますので侮れません。いつもの風邪でもなかなか良くならずに長引いたり、なんとなくいつもと症状の感じが違う場合は医療機関の受診をおすすめします。

2、アレルギー体質は口呼吸のせい?

花粉やハウスダストに対してアレルギーをお持ちの方は多いと思いますが、これも口呼吸をしている人のほうがアレルギー反応が出やすいようです。これも前項でお話したように、鼻毛や鼻腔粘膜にある線毛の働きのおかげでアレルゲン(アレルギーを起こす物質)が体内に入るのを阻止してくれるのです。口呼吸だとアレルゲンが体内にダイレクトに入ってしまうので、アレルゲン量が多くなり反応も大きくなるため、アレルギー症状も強くなってしまうのです。

アレルギー反応には個人差があるので、少量のアレルゲンにも反応してしまう体質の方もいると思います。しかし、体内に入るアレルゲンを少しでも減らせれば、アレルギー反応が少し軽くなるかもしれません。マスクやメガネといった対策も大事ですが、やはり口呼吸をしている方は鼻呼吸への改善が得策ではないでしょうか。

3、唾液分泌低下で口腔内トラブル多発!

口腔内の乾燥することで、虫歯や歯周病になりやすくなる

口呼吸で口腔内が乾燥してしまうと唾液腺が機能を果たせず、唾液の分泌量が減ってしまう→口腔内の乾燥…と悪循環に陥ってしまいます。唾液には殺菌作用があるので、それがなくなってしまうことで虫歯や歯周病が起こりやすい環境となってしまうのです。

一生懸命ブラッシングをしても唾液が少ない口腔内では虫歯や歯周病を予防することは難しくなってしまいます。

口呼吸によって一番乾燥してしまうのは、最前線で外気に晒される前歯の部分です。口呼吸が原因でなる虫歯は前歯に多いといわれています。虫歯や歯周病の原因菌は放置すると血管に入り込み、全身に回って敗血症や脳血管疾患、心疾患を引き起こすことも知られています。

最悪の場合、命を落とすことになってしまうかもしれません。虫歯や歯周病の治療は歯科や口腔外科に受診することも大切ですが、口呼吸の改善も急務となるでしょう。

口臭や味覚障害を引き起こすこともある

口腔内トラブルで忘れてはいけないのが口臭です。

口臭の原因には虫歯や歯周病によるものも多いのですが、喫煙などの生活習慣やストレス、病気によるものなど多岐に亘ります。あまり知られていませんが、長い時間しゃべり続けることで起こる口腔内乾燥状態も口臭原因になるのです。仕事での会議、女子会のおしゃべり…時々はお水を飲んで口腔内の乾燥に気をつけましょう。

この時、カフェインを含んだものを飲むと唾液の分泌が抑制されてしまうので、あまり意味がありません。また、糖分を含んだものは口腔内で糖が分解されて酸が作られると、それもまた口臭の原因になってしまうので、お水を飲むのが一番良いと考えられています。

口腔内乾燥による影響はまだあります。舌には味を感じる味蕾(みらい)という器官があるのですが、これが乾燥により機能を果たせないことで味覚障害が起こります。口呼吸で鼻を使わなくなることで嗅覚障害も起こるといわれています。

4、いびきをかく人は睡眠時無呼吸症候群にも要注意!

口呼吸の人はいびきをかきやすい

普段、鼻呼吸の人が寝ているときだけ口が開くということはあまりありません。枕の高さが合わなかったり、椅子に座ったまま天を仰いで寝るなど、首が大きく反る状態の場合は口が開いてしまい、時にはいびきをかくことがあるかも知れません。しかし、普通にベッドで寝るときは鼻呼吸の人がいびきをかくということは少ないといわれています。

…ということは、いびきをかく人のほとんどは口呼吸ということになります。いびきとは、口を開けて寝ているために舌根が喉の方に落ちてしまい、気道が狭くなったところに空気の出入りがあるので音が出てしまうのです。

気道が狭いだけならいびきで済みますが、完全に気道を塞いでしまうと呼吸が止まってしまいます。これが『睡眠時無呼吸症候群』と呼ばれるものです。睡眠時無呼吸症候群は突然死を引き起こすこともあるのです。

いびきに対しては、睡眠時に舌根が気道に落ち込まないようにマウスピースが市販されています。一般的な形状ではフィットせず、効果を実感できない場合があるので、矯正歯科、または口腔外科で相談すると良いでしょう。

睡眠時無呼吸症候群になる可能性もある

いびきは一緒に寝ている人の睡眠を妨げるだけでなく、気道が狭くなっていることで体内に取り込む酸素の量が減ってしまい、心臓や肺に負担がかかってしまいます。いびきをかいていた本人は寝たにもかかわらず、体が疲れているように感じるのです。

朝起きたときに唇の乾燥、口腔内のネバネバ感、喉が痛いなど症状がある人はいびきをかいている可能性が高いです。また、朝起きたときから疲れてる、寝た気がしない、だるい、日中の強い眠気、集中力の低下など、こんな症状に心当たりのある人は睡眠時無呼吸症候群のおそれがあります。

前述したように睡眠時無呼吸症候群は突然死の原因にもなるものですので、心当たりのある人は専門機関で診てもらったほうが良いでしょう。

5、口呼吸によって顔が変わる?老け顔へまっしぐら

口呼吸をしていると口輪筋が弛んでしまう

口呼吸をしている=口がいつでも開いている状態だと『ボケッとした顔』『締まりのない顔』と思われてしまいます。その上、頬のたるみやほうれい線が目立ったり、二重顎になったり…と老け顔まっしぐらです。また顔が長くなったり、口を閉じると口角が下がるのも特徴です。

高級なスキンケア用品でアンチエイジングに勤しんでいても、口呼吸をしているばっかりに水の泡です。

ではどうすればよいのでしょう。一言でいえば、口呼吸を改善すれば良いのです。

そのために、まずは口輪筋を鍛えましょう。

口輪筋とは、唇を囲むようにある筋肉で、表情を作る表情筋のひとつです。口呼吸だと口輪筋が使われることなく常に弛緩させている状態になります。そうすることで口輪筋が衰えてしまい、口を閉めていられない、気がつくと口がポカーンと開いてしまうのです。

お腹がたるんだと思えば、腹筋を鍛えて引き締めようと思いますよね。それと同じです。口周りも筋肉を引き締めて『脱・ボケッと顔』を目指しましょう!そして実りのあるアンチエイジングケアをしていきましょう。

口の周りの筋肉を鍛えるには

口周りを鍛えるには、まず『普段から意識して口を閉める』です。口を閉めているだけでも筋肉は使われている状態なので、これだけでも効果が出てきます。

次は『食事中は口を閉じて良く噛む』ことです。咀嚼中、口が開いていることで「クチャクチャ」と音がします。一緒に食事をしていて気持ちのいいものではありませんね。家族の団欒としての時間は楽しい方が良いのですが、食事中のマナーとしても口を閉じて嚥下までは口を開けないようにしましょう。

咀嚼回数は一般的に5~10回とあまり咀嚼できていないようです。目標は一口につき30回といわれますが、できるだけこれに近付けるよう頑張ってみましょう。

そして、もうちょっとトレーニング的なことをしてみたいという人には、割り箸を使った方法をご紹介します。割り箸を横にして口にくわえます。この割り箸より口角が上がるようにして5秒キープします。その後、割り箸を抜いて先ほどのように口角を上げてまた5秒キープします。口角をゆっくり戻して終わりです。

簡単ですが口まわりの引き締めに効果的です。ぜひお試しください。

鼻呼吸は苦しい…は気のせい?

口呼吸が体に及ぼす影響については理解できたけど、鼻で呼吸するとなんだか息苦しいし…という方、最初はなんとなく苦しいような気がしますが仕方がありません。生命維持に重要な『呼吸』をなれない方法でしているのですから。でも、慣れてくると気にならなくなってくると思います。ゆっくり落ち着いて鼻から呼吸してみましょう。

いつまで経っても苦しい感じがある場合は耳鼻科で鼻腔に下記のような原因によって鼻腔が狭くなっているのかもしれません。鼻腔が狭くなる原因は、風邪やアレルギーによる鼻炎によるもの、腫瘍や異物によるもの、または鼻腔の構造上の問題であることがほとんどです。思い当たる人は耳鼻科を受診してみましょう。

一時的に鼻が詰まってしまった場合は、鼻を温めて血行をよくすることで鼻の通りが良くなることがあります。メンソール配合の軟膏を胸に塗っても良いでしょう。睡眠時に鼻が詰まる場合は上半身を高くして寝ると鼻の浮腫が解消され、楽に寝られるかもしれません。

口呼吸の改善にテープもおためしあれ!

薬局やドラッグストアでは鼻の通りを良くする絆創膏タイプのグッズや口呼吸を改善する口に貼るテープが市販されています。

絆創膏タイプのものは鼻の軟骨部分の下を実際に指でつまんでみて、息がしづらいと感じたところに貼ると鼻孔がよく広がって鼻からの呼吸がしやすくなるというものです。

口呼吸改善貼るテープは唇の真ん中にI字に貼るものや左右の口角に逆八の字に貼るものがあります。貼り方に違いはありますが、睡眠時に脱力した状態で口が自然に開いてしまわないように貼るという点については同じです。

注意点は、唇全部をテープで止めてしまわないことです。睡眠中に何らかの事情で鼻が詰まってしまった場合に窒息を起こしてしまうからです。また、口呼吸改善のためのテープは専用のものでなくても、他のテープで代用可能です。しかし、テープなら何でも良いわけではありません。

工作用テープなどは皮膚に貼ることを想定して作られていないので、かぶれたりただれたりしてしまう可能性があります。代用するなら、医療用のテープを使う方が安全でしょう。

健康と美容のため、口呼吸は改善しよう!

たった口呼吸ひとつでも身体には多大な影響があることを知っていただけたと思います。老け顔になったり、命にも関わることになるなんて驚きましたね。今すぐにでも鼻呼吸へのシフトチェンジをした方が良いと思いませんか?

なかなか鼻呼吸にシフトチェンジできないという人は、薬局やドラッグストアで自分に合ったグッズを見つけたり、専門医に相談してみたりして、色々な力を借りながら少しでも早く口呼吸から離脱したいところですね。