TOP > 薬を探す > 漢方 > 麦門冬湯は咳やのどに効果?6つの生薬が症状を楽にする!4つの作用と効果的な飲み方や注意点を紹介!

麦門冬湯は咳やのどに効果?6つの生薬が症状を楽にする!4つの作用と効果的な飲み方や注意点を紹介!

「麦門冬湯」ってどのような症状に効果のある薬かご存じですか?風邪薬だと言われて病院や薬局で処方されたのだけど具体的に何に効くのかわからない方が多いでしょう。そのくらい麦門冬湯はあまり知名度のない風邪薬です。ですが、この薬、咳やのどなどにとても効果のある漢方薬なのです。今回はそんな麦門冬湯についてのお話です。



麦門冬湯(ばくもんどうとう)で咳を鎮めのどを潤そう!

Embed from Getty Images

様々な風邪の症状の分だけ、風邪に効く漢方薬にも多くの種類があります。

風邪の引き初めに効くもの、鼻水を抑えるもの、咳を抑えるもの、のどの痛みを緩和させるもの、熱を下げるもの、体のだるさを回復させるものなど、その症状ごとに漢方薬も変わってきます。

中でも今回お話しする「麦門冬湯」は、主に乾いた咳を鎮める漢方薬で、中国の古くからある医書「金匱要略」にも記載されている薬です。

「麦門冬湯」という名前を初めて聞いたという方もいらっしゃるかと思います。この薬は葛根湯ほどの知名度はありませんので、知らなくて当たり前かと思います。

皆さんがよく耳にする「葛根湯」は風邪の初期症状の段階で服用するものです。この為、使用頻度が高く、テレビCMなどでも宣伝されるような一般的な風邪薬です。

ですが、麦門冬湯は一定の症状がある時にのみ服用する薬、つまり一部の人のみが使用する薬なので、大きく宣伝されることはありません。

麦門冬湯を使用する場合は、風邪をこじらせてしまい、乾いた咳がなかなか治らなかったり、痰が絡んで切りにくい症状がある場合に効果的と言われています。

そして、麦門冬湯には西洋の薬にはない「体を潤す」作用があります。風邪をひくとのどがイガイガしたり、声がかれてしまったりします。こういった風邪の症状でのどが渇いた時に麦門冬湯はとてもおすすめの薬です。

それでは、その作用から服用方法、購入場所などを詳しくお話していきます。あまり知られていない「麦門冬湯」ですが、様々な効果効能があります。どんな薬なのかをしっかりと知った上で服用し、辛い症状を回復させていきましょう。

こんな症状には麦門冬湯が有効です!

粘りのある痰が出る

Embed from Getty Images

風邪をひくと咳が出やすくなりますが、これは体内の乾燥などが原因で起こります。

のどや気道が乾いていたりすると咳が出たり、喉が痛くなったりと、咳や喉のトラブルが起こりますが、普段は喉も気道も粘膜で覆われており、この粘膜が表面を保護し守っています。しかし空気が乾いていたり、体が脱水状態でいると粘膜をうまく排出することが出来なくなるそうです。

粘膜をうまく排出すことができなくなると、気道や喉は傷つきやすくなり、喉を傷めたり、咳や痰が出やすくなるそうです。また、体が水分不足や空気が乾いているときは、喉や気道が乾燥しているため、痰も水分が少ない粘りっぽい状態になり、喉に引っかかりやすくなってしまうといわれています。

普通の状態ならば痰は透明または白い色をしていますが、乾燥により喉や気道が炎症していると、黄色い色になってしまうこともあるそうです。そのようなときは、こまめに水分補給をしたり、のど飴をなめたりと、喉を潤すようにした方がよいそうです。

なかなか痰を切ることができないと咳が出たりして、息がしずらかったりと苦しくなります。麦門冬湯は体の潤いを補う作用があるので、渇いたのどを潤し、切れにくい痰と咳に有効的だと言われています。

なお、さらさらしていて水っぽい痰の場合には効果はありませんので、他の漢方薬を服用するようにしてください。

空咳が出る

Embed from Getty Images

10月頃から外の気温は低くなり、空気はドライになります。空気中の湿気がなくなってくると、喉も乾燥しやすくなり、空咳が出やすくなってしまいます。風邪などの病気でなくても、咳が出やすくなりますので、喘息などの持病を持っている人は十分注意する必要があるでしょう。

麦門冬湯は咳を止める作用がある漢方薬だということは先述しましたが、喉が乾いているときは潤いを与えてくれます。また麦門冬湯はドライマウスにも効果的だといわれています。冬などの乾燥するシーズンは咳が出やすくなることにより、痰も絡みやすくなりますので、喉を潤し咳を止める麦門冬湯が有効です。

年齢を重ねると多くなりますが、気道がドライになり咳が出ることがあります。これは年をとるにつれ、粘膜の働きが鈍くなることに関係しており、気道の粘膜の分泌力が低下するためです。こような高齢者の気道の乾燥による咳にも、麦門冬湯は効果的だといわれています。

また、癌の放射線治療などの副作用のために生じるの口の乾燥など、治療によって起こるドライマウスにも麦門冬湯が用いられるそうです。

のどが熱く乾いた感じがする

Embed from Getty Images

風邪による発熱でのどが乾燥したり、痛みや異物感がある場合も、麦門冬湯は効果的です。

のどの痛みは乾燥によって引き起こされ、乾燥することで起こった咳でのどの奥が炎症を起こしていることもあります。のどが痛い時に自分でできる対策として、うがいやこまめな水分補給をしたり、のど飴を舐めたり、マスクをしたりするかと思います。これはのどを保湿するための行動です。

麦門冬湯には体を潤す効果がありますので、のどの粘膜も潤してくれます。のどが潤うことでのどの痛みや違和感は緩和していきます。また、風邪ではなくても、単純に口腔・咽喉内の乾燥を防ぐのに使用されることもあります。

咳だけ残ったしつこい風邪

Embed from Getty Images

風邪をこじらせると、咳だけが治らずに長引いてしまうことがあります。咳が治らないのはとても辛いですね。そんな時にも麦門冬湯は効果があるそうです。

麦門冬湯は気管支の炎症を抑え、のどを潤してくれるので、咳を鎮めてくれます。

咳が長く続くときは、病院で処方してもらう薬や市販で売られている薬では効かなくなるといわれており、麦門冬湯は医師も認めているほど、咳を止める力があるそうです。驚くことに、医師も咳が止まらないときは麦門冬湯を服用するそうです。

麦門冬湯が処方される病気

風邪

Embed from Getty Images

風邪には諸症状ありますが、麦門冬湯は主に咳とのどの風邪に効果があります。

初期症状の風邪に処方されることはなく、風邪をこじらせて咳だけが治らない場合や乾いた咳が出る場合、咳がこみ上げてくる場合、顔が真っ赤になるほど咳き込んだり、咳をしても痰がうまく出せないせいで咳が止まらないなどの咳の症状に処方されます。

また、のどがカサカサ乾燥する、イガイガする、声がかれるなどののどの症状がある場合にも処方されます。そして、体力は中程度以下の方に処方されます。これは麦門冬湯の成分に滋養強壮の効果がある為です。麦門冬湯を服用することで咳などの症状を鎮め、弱った体力も回復することができると考えられています。

慢性気管支炎

Embed from Getty Images

慢性気管支炎とは、特に肺や気管支の病気はないのに慢性的に咳や痰が続くものです。この慢性気管支炎には、西洋医学では決め手となる治療法がなく、漢方薬での治療がよく行われています。麦門冬湯もこの気管支炎の治療に使用されることがあります。

慢性気管支炎にはさまざまな症状がありますので、慢性気管支炎の方すべてに麦門冬湯が処方されることはありません。痰などの状態を見てどの薬を処方するのかを決めています。

麦門冬湯には滋養強壮と身体を潤す作用がある為、「体力のない人で、激しい咳、粘り気があって切れにくい痰」のある気管支炎の患者さんに処方されています。

喘息

Embed from Getty Images

麦門冬湯は発作的な咳、喘息や百日咳などに使用することができます。子供のコンコンという止まらない咳に、麦門冬湯は効くといわれており、特に発作で起こる喘息などには効果を発揮します。もちろん大人が喘息になった時にも麦門冬湯は有効です。

漢方では「気」が滞るという考えがありますが、体調が悪かったりすると気が廻らなくなり、「気逆」という状態になるといわれています。突然咳が止まらなくなり咳き込んでいると、頭に気逆してしまい、嘔吐や吐き気を催すことがあります。

麦門冬湯はこの気逆によく効くといわれており、体内の気を抑える作用で喘息の咳を止めてくれます。そして麦門冬湯には半夏という生薬も含まれており、咳、痰、吐き気などを治すといわれています。半夏は喘息のぜーぜーという胸が湿っている状態も改善してくれるそうです。ただ一つだけ気をつけなくてはいけないのは、喉が乾燥してるときは服薬できないそうなので、気を付けましょう。麦門冬湯は子供の喘息の治療に有効だといわれており、子供でも服用を続けて大丈夫だそうです。

麦門冬湯はどんな作用がある?

のどを湿らせる作用

Embed from Getty Images

麦門冬湯を飲むと、気管支や唾液などの水分調節を行っている器官が必要な分だけ水分を送り込むようになるため、のどや気管支などの乾燥が改善されるそうです。これは、麦門冬湯の中に含まれる麦門冬・粳米・人参に、乾いた体に潤いを持たせる効果がある為です。

体内の潤いを補うので、のどが渇いてガラガラと声が枯れていたり、気管支が渇いて咳が止まらないような症状、粘り気のある痰を切るのに効果があると考えられています。

また、体の潤いとは内部だけではなく皮膚にも効果があります。ドライアイにも効果があるので、眼科で処方されることもあるそうです。

咳を鎮める作用

Embed from Getty Images

麦門冬湯の中に含まれる麦門冬と半夏には、咳をとめる作用があります。痰の少ない空咳、切れにくい粘度の高い痰を伴う咳などに効果があります。また、夏風邪をこじらせて咳だけがなかなか治らなかったり、冬などの乾燥する時期にのどが渇いて咳が出やすくなる方にも効果があります。

吐き気を鎮める作用

Embed from Getty Images

麦門冬湯には半夏が含まれていますが、この半夏には吐き気や嘔吐を抑える効果があります。また半夏には咳をした反動で起こる吐き気も抑えるといわれています。半夏は他にげっぷや胸やけ、消化不良、胃弱、二日酔い、神経症、口内炎などに効果があります。

呼吸を楽にする作用

Embed from Getty Images

喘息などの発作が出ると、気管支がギュッと狭くなり体の中に入ってくる酸素の量が減ります。そしてその狭くなった気管支に空気を通そうと呼吸をするので、どんどん苦しくなっていきます。

麦門冬湯は、気管支拡張作用もある為、そういった喘息症状にも効果があると考えられています。

服用時の注意点

食前・食間に飲む

Embed from Getty Images

麦門冬湯は漢方薬ですので、食前・食間に飲みましょう。

ここで注意していただきたいのが、この食前・食間というタイミングについてです。勘違いしている方が多いのですが、食前とは「食事をする直前」ではなく「食事の30分前」のことです。そして食間とは「食事の最中」ではなく「食事の2時間後」のことです。

漢方薬は複数の生薬から成り立っている薬です。その効果を十分発揮させるために、胃の中に何も入っていない状態で服用する方が良いとされています。ですが、食前・食間の服用は忘れやすいものです。どうしても飲み忘れてしまうのであれば、食事の直前や食後でもかまいませんので飲んでください。漢方薬は続けて飲むことで効果が発揮されますので、継続して服用するようにしましょう。

なお、どうしても食後に服用する場合は、併用薬に注意してください。間違っても、飲み忘れたからと言って一度に二回分を服用するようなことはしないでください。

お湯に溶かして飲む

Embed from Getty Images

顆粒の麦門冬湯を飲む時は、可能であればお湯に溶いてゆっくりのどに当てるようにして飲むと良いそうです。そうすることで吸収率が上がり、効果も高まるのだそうです。

なお、通常の粉薬の様に服用しても問題はありません。錠剤やドリンク剤の場合はそのまま飲んでください。その場合は、コップ一杯の水や白湯で飲むようにしましょう。牛乳やお茶で飲むと効果が弱くなることがありますので注意してください。

子供・妊婦・授乳中もOK

Embed from Getty Images

麦門冬湯はお子さんでも服用することができます。特にお子さんの喘息で乾いた咳によく効くとされています。服用できるのは早くて生後4カ月からです。生後間もない3ヵ月未満の赤ちゃんは身体が未発達ですので、漢方薬でも服用はさせないでください。

麦門冬湯は産婦人科で処方されることがありますので、妊娠中でも飲むことは可能です。しかし、妊娠中は体がデリケートになっているため何が起こるかわかりません。漢方薬は副作用や体への影響が少ないものではありますが、医師と相談の上服用が望ましいです。

くれぐれも自己判断でドラッグストアや薬局などで購入して服用することは避けて、医師に風邪の症状をきちんと診察してもらった上で服用してください。麦門冬湯は授乳中も服用は可能です。ですが、全く母乳に影響が出ないわけではありません。こちらもできれば医師や薬剤師に相談をしてから服用するようにしましょう。

なお、どの場合でも用法・用量を守り、正しく服用するようにしてください。

麦門冬湯の生薬6種の働き

甘草(カンゾウ)

Embed from Getty Images

甘草とはマメ科カンゾウ属植物の根や根茎を乾燥したものです。日本には分布しておらず、中国やオーストラリアなどから輸入されたものが使用されているそうです。

甘草には諸々の窮迫症状を緩和し、鎮痛、鎮痙、解毒、そして咳を鎮める効果などがあります。のどの痛みに効果がある生薬です。有効成分のグリチルリチンには、痰を薄めて排除する作用がありますが、この成分をあまり長く服用しすぎると副作用が現れることがありますので注意が必要です。

麦門冬湯では主に症状を緩和し乾いた体に潤いを持たせる効果が期待されます。

半夏(ハンゲ)

【第2類医薬品】ツムラ漢方半夏厚朴湯エキス顆粒 24包

半夏とは、サトイモ科カラスビシャクの球茎の外皮を除いて乾燥したものです。中国、朝鮮半島および日本に分布する植物です。

半夏は、体を温め、停滞しているものを動かし発散させる作用があります。

味はえぐみが強いため、単体で使用されることはほとんどありません。

水分の停滞や代謝障害の改善、吐き気止め、鎮咳、去痰、のどの痛みなどに効果があります。

つわりの処方などに使用されることもあります。

麦門冬湯における効果としては、主にこみあげる咳止めと吐き気止め、去痰が期待されます。

粳米(コウベイ)

Embed from Getty Images

粳米とはイネ科のイネの果実または種子です。つまりが玄米の事です。

梗米の大部分はでんぷんです。また、栄養としては、ビタミンA・B1・B2、B6、B12、E、ニコチン酸、パントテン酸、葉酸、ガンマーオリザノール、イノシトール、フイチン酸などを含んでいます。胃腸の働きを整え内臓の働きを活発にし、補気、健脾などの効能があります。また、のどの渇きを止めたり、下痢止めにも使用されます。

麦門冬湯では主に炎症を冷まし、乾いた体に潤いを持たせる働きが期待されます。

人参(ニンジン)

Embed from Getty Images

人参はウコギ科チョウセンニンジンの根を乾燥したものです。中国や朝鮮半島、日本などで栽培されています。漢方治療においてもっともよく使用される生薬の一つで、古くから万能薬として使用されてきました。

人参は身体を温め新陳代謝を促すことで、胃の衰弱を改善します。また、整腸作用や胃を強くする健胃作用、食欲不振、腹痛、糖尿、疲労、胃や腸に溜まったガスを除く作用などがあります。麦門冬湯では乾いた体に潤いを持たせ元気にする効果が期待されます。

麦門冬(バクモンドウ)

【第2類医薬品】ツムラ漢方麦門冬湯エキス顆粒 24包

麦門冬はユリ科ジャノヒゲまたは同属植物のの肥大根です。日本を含む東アジアに広く分布している植物で、リュウノヒゲとも呼ばれています。根は所々太く紡錘形になっており、その部分が麦門冬です。

糖質・ステロイドサポニン・ホモイソフラボノイドなどの成分が含まれています。

麦門冬は体の熱を抑える作用のある生薬ですので、服用すると体を冷やします。味は甘みがあり、その甘味は脾に作用する性質を持っています。脾は、胃と共に消化吸収に関する働きを担うもののことです。

麦門冬は、滋養強壮、消炎、解熱、抗菌、強心、利尿などの作用があります。他にも胃や心臓の虚弱によるきついのぼせを下げたり、肺を潤して咳を鎮めたり、痰をとるなど喉の疾患にも使用されています。不眠や不安の解消、便通を良くする効果もあるそうです。

麦門冬湯における効果としては、主に咳止めと去痰、乾いた体に潤いを持たせる働きが期待されます。

大棗(タイソウ)

ナツメ(大棗 タイソウ) 500g

大棗はクロウメモドキ科ナツメの果実を乾燥したものです。南欧からアジア東南部にかけて分布しています。精神安定作用、身体を温め緊張を緩和させる作用があります。

胃腸機能が低下している人に向いており、強壮、利尿などに効果があります。そして下痢で傷ついた消化管を補修したり、腸の動きを抑制することで腹痛を緩和させる働きもあります。

麦門冬湯では乾いた体に潤いを持たせる効果が期待されます。

麦門冬湯の副作用

基本的に副作用は少ない

Embed from Getty Images

漢方薬には基本的には副作用は少ないと言われています。これは、生薬が草や木の根などを乾燥させたものが原料となっているためで、効き目も穏やかなものが多いためです。しかし、漢方薬もれっきとした薬ですので薬効があるのと同時に副作用もあります。

食べ物でもじんましんや吐き気などのアレルギーがあるように、漢方薬も人によっては体に合わない人もいます。漢方薬の副作用はみんな一緒ではなく、人によって違うように出るといわれています。

主な副作用の症状は、熱や高血圧、動悸、じんましん、むくみ、食欲不振などですが、人によっては間質性肺炎などの副作用が出る場合があるということです。

もし何かの症状が出たらすぐに服用を止めて病院に行き、医師に相談するようにしましょう。

偽アルドステロン症

Embed from Getty Images

めったにないそうですが、漢方薬の副作用によって、「偽アルドステロン症」になる場合があります。体の中には、血圧上昇や血中などナトリウム濃度に関係するホルモン物質「アルドステロン」があります。

このアルドステロンは、カリウムを体外に排出し、血圧を上昇させる作用があります。「アルドステロン症」は、ホルモン物質アルドステロンが分泌し過ぎると、むくみや血圧の向上、低カリウム血症などの症状になるといわれています。

「偽アルドステロン症」とは、アルドステロンが分泌し過ぎていないのに、「アルドステロン症」の副作用の症状が出てきます。これは甘草に含まれているグリチルリチンが関係していると考えられており、甘草が成分に含まれいる漢方の風邪薬や胃腸薬などを飲むと副作用が出るといわれています。

「偽アルドステロン症」の主な副作用の症状は、つっぱり、こわばり、しびれ、低カリウム症、足・体のだるさ、顔・手・足のむくみ、足がつる、筋肉痛、力がうまく入らないなどです。

甘草の副作用は年配の女性に多いといわれていますので、このような症状が出たら、すぐに服用をやめ、医師に相談するようにしましょう。

また、この甘草の副作用「偽アルドステロン症」は、服用を始めてからすぐに症状が出る人もいれば、しばらく服用してても全く大丈夫だったのに、突然副作用が出る人もいるそうです。また、2種類以上の薬を一緒に飲んだら副作用の症状が出たという人もいるといわれています。

なお、この偽アルドステロン症になった場合、ただちに甘草を含有している漢方の服用をやめてください。

ミオパチー

Embed from Getty Images

甘草を過剰に摂取すると、カリウム濃度が減り、低カリウム血症が引き起こされます。すると偽アルドステロン症にかかり、ミオパシーなどの重大な障害を引き起こす可能性もあります。

ミオパチーとは、筋肉の委縮によって急に力が入らなくなり、座ったり立てなかったり手足が動かなくなる麻痺症状のことを言います。階段が登れなくなったり、足の屈伸が不自由になっり、歩行障害など、特に足の筋力が低下する症状が起こることが多いようです。

蕁麻疹などの発疹

Embed from Getty Images

湿疹・じんましん・かゆみ・むくみなどの皮膚疾患の副作用が出ることもあります。これは、体を温める漢方薬に多い副作用です。麦門冬湯という名前ですが、麦は使用されていません。ですが、特にアレルギー体質の方が出やすいと言われています。

以前に薬を使用してアレルギー症状が出たことがある方や、麦アレルギーで重い症状が出る人は注意してください。

麦門冬湯はどこで入手できる?

病院で処方してもらう

Embed from Getty Images

麦門冬湯は病院で処方してもらうことができます。病院での処方は健康保険が適応されるので経済的です。一般的な病院で処方される麦門冬湯は、煎じる必要のない「乾燥エキス剤」と呼ばれるものです。

袋に大きく「29」と書かれています。これは製薬会社が異なる場合でも同様です。「ツムラ29番」と呼ばれる「ツムラ麦門冬湯エキス顆粒」や「コタロー麦門冬湯エキス細粒」が処方されることが多いようです。このツムラ29番は、痰の切れにくい咳や気管支炎、気管支ぜんそくに効果があるとされています。

コタロー麦門冬湯エキス細粒はこみ上げてくるような咳や少量の粘り気のある痰、のぼせてのどが渇いたりのどに違和感がある時に効果があるとされています。他にもよく処方される漢方薬に「JPS麦門冬湯エキス顆粒〔調剤用〕」「ジュンコウ麦門冬湯FCエキス細粒医療用」などがあります。

漢方専門の病院や漢方薬局で処方してもらう

Embed from Getty Images

漢方専門の病院、または漢方薬局で処方してもらうことも出来ます。漢方専門の病院とは、漢方外来などと呼ばれる病院の事です。東洋医学を専門に勉強している医師や店主などは一般病院の医師よりも漢方薬についての専門知識を持っているため、体に合わせた漢方を処方してもらえます。また、使える漢方薬や生薬の種類は漢方専門薬局の方が多いそうです。

お近くに漢方外来の病院があったり信頼できる漢方薬局の先生がいる場合は、利用してみると良いでしょう。病院・薬局によっては、市販の漢方薬以外にも生薬を使用した煎じ薬や伝統的な丸剤や粉薬などを処方してもらえるところもあるそうです。

なお、漢方薬局の場合は健康保険は適応しません。その分一人一人丁寧に専門的な相談やアドバイスを貰える上で購入することができますが、どうしても金銭的に気になるのであれば、一般の病院や漢方専門の病院に行ってください。

ドラッグストアや通販で購入する

Embed from Getty Images

漢方薬はドラッグストアや通販で購入することも出来ます。病院に行く時間がない時などはそういったお店で購入してもよいでしょう。ただし、持病を持っていたり現在服用中の薬がある場合は、飲み合わせの問題が出ることがあります。購入する前に主治医や薬剤師に相談してください。

漢方薬は薬ですので、体や体調、体質に合わない場合は症状が悪化する場合があります。自己判断の服用はなるべく避け、何かあれば速やかに医療機関を受診するようにしてください。

麦門冬湯は各社から販売されていますので、いくつかご紹介します。顆粒・細粒・錠剤・液体・トローチなどがありますので、ご自分の服用しやすいものを選ぶと良いでしょう。メーカーによってはの8種の生薬以外に、飲みやすいように他のものが含まれている場合があります。

なお、amazonで購入する場合、薬剤師や登録販売者に電話相談することが可能です。何か心配事があれば相談してみてください。

麦門冬湯のまとめ

Embed from Getty Images

「麦門冬湯」は、乾いた粘膜に潤いを与え、乾いた咳や切れにくい痰などの症状を改善してくれる漢方薬です。子供から大人まで服用することができるので、年齢問わず咳の時に重宝する薬です。

空咳の治療のために服用する場合は1週間を目安に、その他の症状の治療は1ヶ月を目途に服用してください。そして、服用しても症状が改善しない場合は薬が体の状態に合ってない可能性があるので、医師や薬剤師、販売店に相談するようにしましょう。

漢方薬はその症状によって飲むべきものが変わってきます。その人の体調に合ったものを飲むと効果テキメンですが、合わないものを飲んでも効果はありません。単純に風邪だから飲むのではなく、この症状が出ているからこの麦門冬湯を飲む、というような使い方をしてください。

「乾いた咳」「切れにくい痰」「のどの乾燥」「気管支炎・気管支ぜんそく」などの症状の時は、麦門冬湯を服用して、早く体調を回復できるようにしていきましょう。