TOP > 部位から探す > 頭・顔 > 頭・脳 > 偏頭痛は食べ物で緩和できる!?抑制する「4つ」の食べ物とオススメのサプリや注意すべきことなどを紹介します!

偏頭痛は食べ物で緩和できる!?抑制する「4つ」の食べ物とオススメのサプリや注意すべきことなどを紹介します!

偏頭痛のつらい症状を食べ物で予防できるとしたら、とても嬉しいですよね。偏頭痛を助長する成分の多い食べ物や、逆に偏頭痛を抑制する効果があると言われている食べ物について、その理由を交えながらわかりやすくお伝えします!



偏頭痛は食べ物で緩和できる?

ズキズキと痛み、ひどい時には光の刺激や音の刺激でも症状が悪化する偏頭痛。このつらい症状の原因は、脳の血管が様々な理由で拡張し、神経を刺激することで痛みを引き起こしていると言われています。

近年は偏頭痛に対する良いお薬もたくさんありますが、そのほとんどは頭痛発作が起こってから内服するタイプのものになっています。できれば、頭痛発作そのものをなるべく起こさずに過ごしたいと思いませんか?

もしかすると、あなたが普段何気なく口にしている食べ物を少し変えるだけで、それは叶うかもしれません。偏頭痛にお悩みの方はぜひ参考にしてみてくださいね。

これに注意!偏頭痛を助長する食べ物4つ

1.チラミンを含む食べ物

チラミンという成分は、偏頭痛を悪化させると言われています。

このチラミンが多く含まれている食べ物は、チョコレート・チーズ・バター・赤ワイン・レバー類・キムチなど多岐にわたります。全てを排除することは難しいかと思いますが、あえて好んで食べるのは避けた方が良いでしょう。

特にチーズの場合は、熟成の進んだものほどチラミンが増えると言われていますので、どうしても食べたい時にはフレッシュチーズなど熟成させていないものを選ぶと良いかもしれません。

チラミンは頭痛や吐き気を誘発する

では、なぜチラミンは偏頭痛に良くない成分と言われているのでしょうか?

まずひとつに、チラミンは大量に摂取し身体に蓄積することで、血圧の上昇を招きその結果として頭痛や吐き気を起こしやすいとされています。

また、チラミンには血管の収縮作用があります。「収縮させるなら偏頭痛にはむしろ良いのでは?」と思われる方もいると思いますが、逆なのです。

一時的に強い収縮作用が働くと、チラミンの作用が弱まった時にその反動で一気に血管が拡張すると言われています。チラミンの多い食べ物を摂取した直後はよくても、その数時間後に偏頭痛に襲われる可能性があるのです。

2.アルコール類

アルコール類も偏頭痛には良くないとされています。特に、赤ワインは上でお伝えしたチラミンの含有量も多く、避けた方が良いでしょう。

また、お酒のおつまみにチーズを組み合わせることも多いと思いますが、これも偏頭痛を予防する観点からは良くない組み合わせですね。

アルコールの血管拡張作用が偏頭痛を助長する

お酒を飲むと、体全体が暖かくなり、顔が赤くなりますね。

これはアルコールの持つ血管拡張作用が働いた結果です。血管を拡張させるわけですから、偏頭痛にとっては大敵であると言えるでしょう。

また、アルコールにはヒスタミンという物質が含まれており、このヒスタミンは強い血管拡張作用を持つとされています。

3.亜硝酸を含む食べ物

亜硝酸とは、食品添加物の一種で主に「発色剤」、つまり加工食品の色をよく見せるために使われていることが多い物質です。

この亜硝酸が多く使われている食べ物は、ハム・ソーセージ・サラミなどの肉類加工食品、タラコ・イクラなどの魚卵が挙げられます。

亜硝酸は血管を拡張させる

亜硝酸は強い血管拡張作用を持つと言われており、これが偏頭痛を悪化させる原因になります。

また、もともと偏頭痛やそれに類する頭痛を持っている人では、この亜硝酸に対して敏感であるという研究結果もあるそうです。

また、ハムやソーセージなどの食肉加工品には塩分も多く含まれています。

塩分は血圧を上昇させるため、体はそれに対抗して血圧を下げようとします。その過程で血管が拡張するため、そういった意味でもできれば避けた方が良いといえるでしょう。

4.グルタミン酸ナトリウムを含む食べ物

多くの加工食品に「うまみ調味料」として添加されていることが多いグルタミン酸ナトリウム。

これも偏頭痛を助長する成分であると言われています。

かなり幅の広い食べ物に含まれていますが、特に多いのはカップラーメンやスナック菓子などです。

グルタミン酸ナトリウムは血管収縮作用がある

グルタミン酸ナトリウムには、血管収縮作用があると言われています。強い収縮作用の結果、反動で偏頭痛を招くのは上でお伝えした通りです。

グルタミン酸ナトリウムを完全に避けることは難しいですが、上で挙げたような特に多い食べ物はできるだけ避けた方が良いかもしれません。

つらい偏頭痛を抑える!偏頭痛を抑制する食べ物4つ

1.水分やミネラルの豊富な食べ物

水分が多く、ミネラルが豊富に含まれている野菜類やフルーツは偏頭痛対策にオススメです。中でも、トマト・きゅうり・スイカなどはミネラル分が多く、特に偏頭痛を抑制する効果が期待出来るでしょう。

偏頭痛は、脱水で助長されると言われています。ある研究では、偏頭痛患者に多くの水分をある程度の期間摂取させた結果、偏頭痛が改善したという結果が得られたこともあるそうです。

しかし、水分だけを大量に摂取するだけでは体内のミネラルバランスが崩れ、これは頭痛の原因となります。そういった意味でも、水分とミネラルが同時に摂取でき、脱水症状を改善する食べ物は偏頭痛対策に向いていると言えますね。

2.ビタミンB2の豊富な食べ物

ビタミンB2を含むビタミンB群を多く含む食べ物も、偏頭痛対策には有効です。

ヨーグルト・牛乳・豚肉・ほうれん草・レバー・うなぎ等の食べ物にビタミンB群は多く含まれています。

偏頭痛にビタミンB2である事の発見は、もともとべつの疾患の研究過程で分かった事だそうです。

ビタミンB2には、ミトコンドリアの働きを助ける効果があると言われており、このミトコンドリアの働きを改善する事が偏頭痛の改善をもたらしているとされています。

また、ビタミンB2には血圧を下げる効果もあると言われており、これも偏頭痛予防の助けになるかもしれません。

3.オメガ3Sの豊富な食べ物

魚に多く含まれるオメガ3S=オメガ3脂肪酸も偏頭痛の予防に効果があると言われています。オメガ3Sは魚の中でも、鮭・イワシ・サバ・マグロなどに特に多く含まれているそうです。オメガ3Sは、強い抗炎症作用があり、偏頭痛のような炎症由来の頭痛に効果的とされています。

また、高血圧の予防効果もあり偏頭痛予防には有用な成分であるといえるでしょう。

4.マグネシウムの豊富な食べ物

骨や歯の健康に欠かせないマグネシウムも、偏頭痛に効果があるとされています。マグネシウムは、アーモンド・豆腐・納豆・ひじき・黒豆などの食べ物に多く含まれています。

マグネシウムは神経の緊張を和らげ、血管を緩める効果があると言われています。

また、セロトニンなどの神経伝達物質のはたらきを助ける役割もあり、強いストレスや緊張が引き金の一つであると言われている偏頭痛には嬉しい成分といえるでしょう。

偏頭痛を予防する・抑える飲み物は?

1.コーヒー

コーヒーに多く含まれるカフェインには、血管を収縮させる効果があります。血管の拡張が偏頭痛の直接的な引き金ですので、既に頭痛が起こり「今痛くて仕方がない」ような状況では、コーヒーを飲むことで緩和効果が得られるかもしれません。

しかし、常日頃からカフェインを多量に摂取することは逆効果になる恐れもあります。

ここぞという時に上手に取り入れてみてくださいね。

2.水

上でお伝えした通り、脱水は偏頭痛を助長するとされています。

「痛くなってきたな」と思ったら、水を飲むことも有効かもしれません。

ミネラル類と一緒に摂取できるのが理想的ではありますが、外出中などなかなか難しい場合もあります。

そういう時には水のみでも良いので摂取してみては?注意点として、あまり冷たすぎないもの、できれば白湯のように温かいものの方が体に負担をかけず、より良いと言われています。

3.豆乳

豆類には多くマグネシウムが含まれていると上でお伝えしましたが、たくさん食べるのはなかなか難しいものですよね。

そこでおすすめなのが豆乳です。

豆乳には、マグネシウムを含めたくさんの栄養成分が含まれており、豆類を直接摂取するよりも効率的に栄養素を摂取できると言われています。

4.生姜湯

生姜には、血管の収縮や拡張を防ぐ効果があると言われています。

しかし、多量に摂取するのは難しいですよね。そこでオススメなのが生姜湯です。

体を温める効果や、リラックス効果もあるため、神経のはたらきやストレスが関与している偏頭痛にはある程度の予防効果があると言えるでしょう。

5.飲むヨーグルト

ヨーグルトなどに多く含まれるビタミンB2に、偏頭痛を予防する効果があることは上でお伝えした通りですが、これもたくさん「食べる」となるとなかなか大変ですよね。

飲むヨーグルトなら、手軽に取り入れやすくオススメです。

また、腸内環境の乱れが偏頭痛に影響しているという説もあり、乳酸菌が腸内環境を整える効果が期待できるヨーグルトは試してみる価値があるでしょう。

6.リンゴジュース

「1日1個のリンゴは医者を遠ざける」ということわざもあるリンゴ。

偏頭痛に限らず、健康に役立つたくさんの成分が含まれている食べ物のひとつですね。

これも、リンゴジュースの形で摂取することで、より効率良く、手軽に取り入れることができます。

また、整腸作用や血液の浄化作用が偏頭痛の抑制に効果があるとの説もあるそうです。

偏頭痛を予防する!オススメのサプリ4つ

1.フィーバーフュー

フィーバーフューは「夏白菊」という植物で、古くから痛み、特に頭痛に対するハーブとして利用されてきました。

そのままでは苦味が強いため、サプリメントの形で摂取するのがオススメです。

2.マグネシウム

偏頭痛に対するマグネシウムの有効性については既にお伝えしましたね。食べ物から摂取できるのが良いですが、どうしても偏りがちな食生活では難しい時もあるかと思います。

そんな時にはサプリメントを取り入れてみてはどうでしょうか。マグネシウムのサプリメントは、ドラッグストアなどで手軽に手に入れられるのも嬉しいですね。

3.大豆イソフラボン

豆類、特に豆乳の摂取を上でオススメしましたが、苦手な方も多いのではないでしょうか。

そんな方には大豆イソフラボンをサプリメントとして摂取するのがオススメです。特有の風味がなく、苦手な方でも抵抗なく摂取できるでしょう。

4.ビタミンE

ビタミンEには、血管を緩め血行をよくする働きがあるため、肩こりなどが影響している頭痛に効果があると言われています。

しかし、このビタミンEですが、野菜類や魚卵、油脂類に含まれてはいるものの、いずれも含有量が少なく日頃の食事から補うのには限界がある成分なのです。こういう成分こそ、サプリメントで効率良く摂取するのがオススメです。

まとめ

いかがでしたか?

偏頭痛の直接の原因は血管の拡張ですが、そこに至るまでの過程には多くの原因が隠されています。お伝えした食べ物やサプリメントを上手に取り入れることに加えて、ストレスを溜めないことや規則正しい生活を送ることも重要だと言われています。

食べ物はもちろん、日頃の生活を見直し偏頭痛に悩まされない生活を送れるよう心がけましょう!